星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

田中恒成の戦績と出身中学高校などプロフィールをチェック!

更新日:

プロボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦。

わずかプロ5戦目で世界チャンピオン!

という日本国内最速の選手が現れました。

その選手の名は、田中恒成(たなかこうせい)。

筆者は失礼ながら、

「そんなに世の中甘くないだろう」

と思いながら、当時試合の様子を見ていましたが、良い意味で予想を大きく裏切り、判定ながらも勝利を手に入れてくれました。

しかも昨年末には、一階級上のWBO世界ライトフライ級王座決定戦で、第1位のモイセス・フエンテス(メキシコ)選手をKOに破っています。

これにより、あの

モンスター・井上尚弥選手(大橋)と並ぶ、日本最速の2階級制覇

を田中恒成選手は成し遂げたのです。

さて、そんな国内最速チャンピオンです。

過去の戦績や出身中学・高校などを含めた田中恒成選手のプロフィールが気になる方もいると思いますので、本記事でも紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

田中恒成が国内5戦で最速世界チャンピオン!

プロボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦で、ある奇跡が起こりました。

田中恒成選手が、日本人最速の5戦目で、判定ながらも世界王者の座を奪ったのです。

全くボクシングを知らない人は、プロ5戦目が本当に最速なのかどうか全くイメージできないと思います。

この凄さは、高山勝成選手と比較すれば一目瞭然です。

高山選手は、ボクシングの主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)の全てのミニマム級で世界王者の座を奪った日本初の人物。

現在も彼以外に4団体全てを制覇した人は現れていないそうです。

そんな高山選手が、WBC世界ミニマム級タイトルマッチで初めて世界王者の座を奪ったのが、プロ16戦目。

それだけに田中恒成選手のプロ5戦目と言うのは本当に凄いことなのです。

一般的には国内で何試合かを試合しながら、実力・自信も身につけ、その上で所属ジムの働きかけが功を奏して、初めてタイトルマッチが組めるもの。

常識的にわずか5戦でタイトルマッチは考えられないことです。

かつて井上尚弥選手も2014年4月に、プロ6戦目で主要4団体のタイトルマッチにて、世界王者になっています。

しかし、頻繁にこういうことが起こるわけではありません。

実力・人気も非常に高い井岡一翔選手も、主要4団体の世界戦で初王者になったのはプロ7戦目。

もちろん田中恒成選手が、それだけ実力の高い選手であるのだと思いますが、それ以上に所属ジムの営業努力というべきか、マッチメイキングの凄さ。

そして運も味方につき、たった5戦でタイトルマッチができることが田中恒成選手にとっては、まさに大チャンスでした。

しかも、判定ながらもそのチャンスをものにして奇跡を起こしてくれたというわけです。

まさに世界に羽ばたく新たなヒーローの誕生です。

さらに、2016年12月31日に行われた、WBO世界ライトフライ級王座決定戦では、第2位の田中恒成選手は第1位のモイセス・フエンテス(メキシコ)選手に、5回KO勝ちを収めました。

この試合は、序盤から田中恒成選手がスピードでフエンテス選手を翻弄。

速い左ジャブとボディプローをヒットさせていきます。

フエンテス選手も時折強打を放ちますが、田中恒成選手は全てかわしていましたね。

5回に入ると、フエンテス選手は不利な状況を打開しようと、前に出て圧力をかけてきますが、田中恒成選手はロープ際に追い詰めて連打また連打、たまらずフエンテス選手はダウン。

ここでレフェリーはストップをかけ、田中恒成選手のTKO勝ちとなったのです。

こちらがその動画です。

試合終了後の両者のコメントです。

試合終了後の両者のコメント

田中恒成のコメント

ありがとうございます。

今日は出来過ぎですけど、ともかく2階級王者になれました!

2階級制覇というよりも、フエンテスのような強い相手に勝つことを目標にしてきたので、よかったと思っています。

5階級制覇は形の上での目標ですが、これから先も面白いボクシングをして、皆さんを楽しませたいと思っています!

フエンテスのコメント

今日は何もできなかった。

何も話したくない

ここまでの試合で、田中選手は

8勝5KO無敗

という戦績となりました。

こうして、田中恒成選手は、井上尚弥選手とならぶ日本最速の2階級制覇となったわけですが、テレビ局の(あまり良からぬ)煽りでは、

井上尚弥選手と田中恒成選手はどちらが強いのか?

という話があります。

二人は実際に対戦することがあるのでしょうか?

結論から書きますと、それは

かなり難しい

です。

その最大の理由は、

体重

です。

田中恒成選手もミニマムでは減量にだいぶ苦しんだようですが、井上尚弥選手は既にスーパーフライ級に体重を上げています。

現状で井上尚弥選手が、フライ級またはライトフライ級に落としてくるということは、

まず考えられません。

むしろ、ローマン・ゴンザレス選手との一戦が終われば(もし試合があればの話ですが)、恐らくはバンタム級に上がるでしょう。

そのようなわけで、この二人のドリームマッチは、

まず実現しない

と思っています。

なお、田中恒成選手は、井上尚弥選手の弟の拓真選手とはライバル関係で、高校時代には3勝2敗と、5回も戦っています。

 

田中恒成のプロフィール!出身中学高校は?

さて、素晴らしい戦績を挙げている田中恒成選手の出身中学・高校や、その他詳しいプロフィールを知りたいと、ネット検索される方も現れ始めているようです。

気になる田中恒成選手のプロフィールですが、彼は

岐阜県多治見の出身

1995年6月15日生まれの21歳。

ボクシングを本格的にはじめたのは、岐阜県多治見市にある市之倉小6年生の頃。

田中恒成選手の出身中学は、

多治見市立南ケ丘中学校

出身高校は、

中京高等学校

現在は

中京大学経済学部

に進学されています。

なお、田中恒成選手は、高校時代にライトフライ級で

国体2連覇

4冠

を獲る大活躍で『中京の怪物』という異名を持っているそうです。

田中恒成選手は、プロ最短で世界王者になっているだけのこともあり、それまでのプロ5戦でいずれも勝利しています。

その内容も、

  • オスカー・レクナファ(インドネシア)
  • ロネル・フェレーラス(フィリピン)
  • フリアン・イエドラス(メキシコ)

の3人には、3-0の判定勝ち

クリソン・オヤマオ(フィリピン)には、KO勝ち

原隆二(日本)には、TKO

と、ほぼ圧勝と言っていいでしょう。

ちなみに田中恒成選手の家族構成は、両親・兄・田中恒成選手・妹の5人家族。

これからも『中京の怪物』という異名のごとく、世界の名だたる相手を倒していってほしいと期待しています!

 

まとめ

小学校6年生の頃から本格的にボクシングを始め、高校時代には『中京の怪物』と呼ばれていたプロボクサー:田中恒成選手。

日本人史上最速のプロ5戦目でWBO世界ミニマム級王者の座を奪いました。

その後、2016年の大晦日には、WBO世界ライトフライ級王座決定戦で、第2位の田中恒成選手は第1位のモイセス・フエンテス(メキシコ)選手に、5回KO勝ち。

田中恒成選手が、はたして今後どれだけ偉大なボクサーになっていくのか期待したいものですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.