星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

桃太郎電鉄の作者さくまあきらとコナミの関係が最悪である理由原因

更新日:


原作者のさくまあきら氏とコナミの確執により、『新シリーズは二度と発売されない』と思われていた、桃鉄こと『桃太郎電鉄』。

しかし、2016年12月22日に、待望の新作となる『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』が発売されましたよね。

発売されないと思われた桃鉄シリーズですが、なぜ最新作の『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』は発売に至ったのでしょうか?

当記事では、これまでの、さくまあきら氏とコナミの確執にも触れながら、『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』が発売された理由を推察したいと思います。

スポンサーリンク

さくまあきらとコナミの微妙な関係

『桃太郎電鉄』が終了するという話が、一時期流れていましたよね。

というのも、原作者のさくまあきら氏が、

コナミから何の連絡もない。

こんな調子でずっとほったらかされた。

ここに桃太郎電鉄は、正式に終了します。

すべてコナミの石川が握り潰しました。

と、自身のTwitterアカウントでツイートしたことが発端です。

では、なぜ『桃太郎電鉄』は終了してしまうのでしょうか?

その原因はというと、

コナミと、さくまあきら氏の確執

にあることと言われています。

では、そもそもコナミと、さくまあきら氏の関係は、一体どれくらい冷え切ってしまっているのでしょうか?

このコナミと、さくまあきら氏の関係についてお話するには、実は、ハドソン時代まで遡らなければなりません。

というのも、『桃太郎電鉄』は、

もともとハドソンが開発していたゲーム

だからです。

しかし、ハドソンの経営不振によりコナミが吸収合併し、ハドソンがコナミの子会社となる事態に陥りました。

これにより、当時のハドソン側スタッフのほとんどが、コナミと合わずに辞職に追い込まれてしまいます。


次のページへ >

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.