星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

神田うのの子育て方法で批判集中の理由!育児はベビーシッター?

投稿日

先日、とある事件の判決が言い渡されました。

60歳の女性ベビーシッターが、ベビーシッターとしての立場を利用して派遣先の家庭から多くの金品を盗んだとして懲役2年4ヶ月の刑に。

そして、このベビーシッターは、なんとタレントの神田うのさんの元ベビーシッターだったということが判明しました。

神田うのさんも被害にあった一人で、立件できなかったものを含めると高級ブランドバッグなど70点、時価にして3000万円にのぼるとのこと。

そんな被害者である神田うのさん。

なんと世間では神田うのさんに対する批判が高まっているというのです。被害者である神田うのさんが、なぜ批判の的となっているのか?

当記事では、神田うのさんがベビーシッター事件をきっかけに批判されている理由などについて探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

神田うのの元ベビーシッターの起こした事件とは?

神田うの

神田うの

それでは、今回神田うのさんに批判の声が寄せられるようになった発端の事件についておさらいしてみます。

神田うのさんは、2007年に大手パチンコチェーンを経営する西村拓郎さんと結婚。

2011年に長女を出産すると、神田うのさんは育児環境の充実に力を入れるため、ベビーシッターを雇うことにしました。

雇ったベビーシッターの人数は、なんと4人だそうです。

その中でも、今回逮捕された被告は、ベビーシッターとしては、一番の古株であり、経験も豊富であることから、神田うのさんはとても被告を信頼していたそうです。

しかし2013年に事件は起きました。

神田うのさんが旅行に持っていこうとしていた高級ブランドバッグであるエルメスのバーキンが自宅からなくなっていたのです。

この時は、

「きっとどこかにあるだろう」

と思い、特に気にしなかったとのこと。

筆者としては、高級品がなくなっているにも関わらず気にしない、その感覚が既に一般人とはズレているように思います。

その後、神田うのさんは、改めて失くなってしまった高級バックを探してみたそうですが、結局バッグは見つからず、さらにこの時に他にもルイ・ヴィトンやシャネルのバッグもなくなっていることが判明します。

神田うのさんは、バッグがなくなったことを信頼している被告に相談すると、彼女は、

「あの外国人シッターが怪しい」

などと平気でうそぶいていたそうです。

動揺もせず平然と答えたあたり、普段から盗みを働く常習犯だったことが伺えます。

実際に、70点以上の金品がなくなっていたので相当に手癖が悪いことは確実です。

そして、ついには警察が動き出す事態に発展し、現場を検証した警察は内部の犯行と断定。

被告は、任意の取調べを受けようとした他のベビーシッターに対し、

「そんなものは受けなくていい!」

と激怒したそうです。

さらには、警察の捜査の手が被告自身に及びそうになると、

「仕事を辞めます」

と、神田うのさんに伝えたのだとか。

最終的には、被告の犯行が明るみになり、逮捕されて判決が言い渡されるまでに至ったので何よりですが…。

それにしても、自分の子供を預ける信頼するべきベビーシッターだからといっても、所詮は他人という、なんとも後味の悪い印象ばかりが残る事件です。

 

神田うのの子育てに対する批判とは?

今回、手癖の悪い元ベビーシッターに高級品を盗まれる被害に遭った神田うのさん。

神田うのさんには、被害に対する世間のからの同情コメントが寄せられる中で、同情コメントの数と変わらないほど多くの批判コメントも同時に挙がっているようなのです。

その批判コメントというのが、

「他人を家に入れるのだから貴重品のある場所には入れないとか、そういう工夫はしないのか」

「さすがに無用心すぎる」

という神田うのさんの考えの甘さに対する批判から、

「4人もベビーシッターを雇うって、それはもう母親がいる意味ないのでは?」

「育児を4人のベビーシッターに任せているくせにママタレ代表みたいな面をしないでほしい」

という、『ママタレ』としてふさわしい資質であるかどうかなどに疑問を抱くコメントまで様々な批判の声が挙がっています。

神田うのさんは、年商100億円とも言われる実業家でもあるので、実際に仕事が忙しく、なかなか育児にまで手が回せないのでしょう。

幸いお金もあることですし、ベビーシッターを雇うこと自体は、特に問題ないと思います。

しかし、そういった育児環境でありながらも、あたかも自分自身の手だけで育児をしているような発言をしていることは、筆者としても違和感を覚えました。

『ママタレ』として、育児に関する多くの発言をしていながら、自身の子供の育児を他人任せ…。

確かに、これでは神田うのさんに批判が起こっても仕方のないことかもしれませんね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

高級バックを盗まれる被害に遭い、さらには被害者であるはずなのに批判される…

神田うのさんにとっては、『泣きっ面に蜂』な事態だったと思います。

ただ、今回の批判は神田うのさんの『ママタレ』としてふさわしいかどうかへの疑問だけでなく、それに乗じて

「神田うのが嫌いだから」

というだけで批判している人も多いように感じました。

過去に庶民感覚からズレた発言をしたことが何度もある神田うのさん。

そのことから、多くの人から反感を買っていたことが、ここにきて表に出てきてしまった形となったように見えました。

しかし、今回の事件に関して言えば、最終的に悪いのは、間違いなくぬすみを働いた元ベビーシッターです。

これにより明らかになった、神田うのさんの育児環境で、『ママタレ』としての疑問を投げかけるのはともかく、

「窃盗されたのも神田うのが悪い」

という批判はやめた方がいいと思います。

良心につけこんで、神田うのさんの信頼を裏切った犯人が悪いのであり、神田うのさんは何も悪くありません。

まあ、全ての人が善人というわけではないのは、もはや間違いないので、性善説をもとに人を判断するのもどうかとは思いますが…事件に関して神田うのさんを責め立てるのは、ちょっと違うと思います。

今後、神田うのさん、そしてお子さんである娘さんの心の傷が、残らないことを願います。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人