星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

AKB48第7回総選挙のHKT48の最終結果順位!指原莉乃が1位を奪取!

更新日

近年のAKB48選抜総選挙では、毎年何かと旋風を巻き起こすAKB48の姉妹グループの一つである『HKT48』。

HKT48へ移籍した指原莉乃を筆頭に、宮脇咲良、兒玉遥、朝長美桜など、これからのHKT48の新世代が大きく成長し、AKB48グループの中で最も勢いを感じるグループと言っても過言ではないと筆者は思っています。

速報順位でも兒玉遥が8位にランクインし、さらなる旋風が巻き起こるかもしれないと、かなり期待に胸が膨らみました。

はたして、第7回選抜総選挙で、彼女たちHKT48メンバーたちはどの最終結果順位を手にすることが出来たのか?

また、今年もHKT48旋風は大きく巻き起こっていくのでしょうか?

その模様や最終結果順位を本記事でまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

総選挙1位!やはり強かったHKT48指原莉乃!

指原莉乃

第4回選抜総選挙で初の神7(当時4位)に入り、AKB48メンバーとして今後の活躍が期待された中、何故か恋愛スキャンダルを起こしてしまい、HKT48へ移籍してしまった指原莉乃。

正直この時点で、指原莉乃の時代は幕開けすることなく終わってしまったと思ったファンも多かったことでしょう。

しかし、自虐ネタを含め、大きく開き直り指原莉乃ワールド全開で、HKT48を大きく盛り立て、当時ほとんど目立たなかった、宮脇咲良や兒玉遥たちをHKT48だけでなくAKB48の中心メンバーに押し上げる貢献を、彼女はもたらしました。

そして第5回選抜総選挙でまさかのセンター奪取!

指原莉乃・渡辺麻友・柏木由紀の3強時代の幕開けまで築いた指原莉乃のプロデュース力と言うか牽引力は、やり方そのものは全く異なるものの、高橋みなみの牽引力に匹敵する凄さだと、筆者は感じています。

第6回選抜総選挙では、渡辺麻友にセンターの座を奪われ、指原莉乃は連覇こそは逃しましたが、2015年の第7回総選挙では、他を圧倒する約19万票を超える得票数で、センターの座を奪い返す結果を手中におさめたのです。

筆者としては、速報1位から転落することが指原莉乃らしいと思い、2015年は柏木由紀の1位を予想していたのですが、その予想は外れ、指原莉乃の強さは本物と証明した結果となりましたね。

バイタリティ溢れる指原莉乃だからこそHKT48のメンバーでありながら、劇場支配人まで兼任することが出来るのでしょう。

今後も間違いなくHKT48旋風の立役者として、再び新たなメンバーたちを押し上げてくれることでしょう。

きっと『指原莉乃がセンター獲れるなら自分にも可能性がある』と、自信を持つメンバーが増えることでしょう。

指原莉乃本人が言っていることですが、

「どんなにブサイクでも魅力なくても、自分の様にセンターが獲れる」

と、今回の第7回選抜総選挙でそれを証明し、あまり自分に自信を持つことが出来ないメンバーや人々にも大きな勇気を与えてくれました。

今後、AKB48だけでなく未来の日本を、明るく照らし続ける存在になるかもしれないと、指原莉乃のなりの最強の開き直り精神に期待していきたいものですね。

 

総選挙でNMB48と序列を変えつつあるHKT48!

HKT48vsNMB48

HKT48は、結成してしばらくの間シングルを出すことが出来ず、AKB48の小さな姉妹グループの一つという見方しかされていませんでしたよね。

別に序列がはっきり定められているわけではありませんが、総選挙での結果は、ある意味序列に大きく影響をもたらしている様な印象もあります。

前田敦子や大島優子がセンター争いをしていた頃は、NMB48 を含め姉妹グループのほとんどが影の薄い存在という印象すら残っていました。

それが、徐々に姉妹グループが奮闘するようになり、山本彩、渡辺美優紀の2トップを要したNMB48、指原莉乃が移籍し、宮脇咲良、兒玉遥、朝長美桜など若手が奮闘し始めたHKT48と、AKB48の姉妹グループが大きく盛り上がりを見せています。

中でも近年その勢いが凄いのがHKT48です。

彼女たちの奮闘は、HKT48旋風という新たな流行語を生むほど、ファンを魅了し、今回の総選挙でも第3党とも言えるNMB48と序列を入れ替わるほどの勢いを見せてくれました。

選抜入りだけを見れば、その数はHKT・NMB共に2人ずつの同数ですが、HKT48メンバーの二人(指原莉乃・宮脇咲良)は共に神7入りし、NMB48の2トップの内一人(渡辺美優紀)は神7には入れませんでした。

また、アンダーメンバーを見ても、NMB48は誰一人入っていないのに対して、HKT48は兒玉遥(17位)、朝長美桜(21位)、渕上舞(31位)、田島芽瑠(32位)と4人もランクインしています。

最終的な人数こそはほとんど差は無いものの、ある意味、序列が変わったとも言っていいのかもしれませんね。

 

2015年AKB48選抜総選挙のHKT48の最終順位!

2015年の第7回AKB48選抜総選挙の最終結果として、HKTメンバーの最終順位(圏内入りメンバー)をご紹介します。

今回は、HKT48のシンデレラ・ガール渕上舞を始め、圏外からランクインしたメンバーが増えました。

以下が主なメンバーの最終順位です。

最終順位 名前 チーム 獲得票数
1 指原莉乃 Team H 194,049
7 宮脇咲良 Team KIVAKB48 Team A兼任 81,422
17 兒玉遥 Team HAKB48 Team K兼任 43,985
21 朝長美桜 Team KIVAKB48 Team 4兼任 28,197
31 渕上舞 Team KIV 22,487
32 田島芽瑠 Team H 22,191
33 穴井千尋 Team H 22,146
37 坂口理子 Team H 20,936
41 多田愛佳 Team KIV 19,921
42 岡田栞奈 Team KIV 19,739
43 森保まどか Team KIV 19,401
46 神志那結衣 Team H 18,085
51 松岡菜摘 Team H 17,387
72 植木南央 Team KIV 13,961
80 本村碧唯 Team KIV 13,116

 

以上が、HKT48メンバーたちの最終順位です。

特筆するメンバーとしては、先程も少し触れましたが、渕上舞が圏外から一気に31位に順位を伸ばしたしたほか、坂口理子、岡田栞奈、神志那結衣などフレッシュなメンバーが続々とランクインしていることです。

確かにHKT48を牽引し続けてきたメンバーの一人である、森保まどかが大きく順位を落としてしてしまったことには驚かされましたが、HKT48のかなでも確実に下克上が起こっているということの現れだと思います。

どうしてもAKB48ファンとしては、指原莉乃、宮脇咲良、兒玉遥、朝長美桜の上位メンバーばかり注目されがちですが、新たなメンバーたちが今後HKT48旋風を巻き起こしてくれるのではと、来年以降の選抜総選挙にも期待したいものですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

HKT48指原莉乃のセンター再奪取で盛り上がりを見せた、2015年の第7回AKB48選抜総選挙でしたが、HKT48旋風の勢いは若干弱まりながらも、アンダー以下のメンバーの中で、旋風は確実に起こっています。

そして、完全とは言えないものの、アンダーより上を見る限りは、NMB48が2人しかいないのに対して、HKT48は6人入っているわけです。

これは、姉妹グループ内での序列に傾きが出始めているということの現れなのかもしれません。

まだまだこのHKT旋風は止まらないでしょうし、渕上舞が速報8位に入り、坂口理子が速報17位に入ったことで一気に若手が注目されているだけに、来年以降も良い意味での裏切りを期待したいものですね!

選抜総選挙の記事はコチラもよく読まれています!

AKB48総選挙が放送事故の理由!高視聴率でも内容が最悪と評判?

AKB48第7回総選挙!2015年の神7最終結果順位!7位に宮脇咲良!

NMB48の2015年総選挙最終結果順位!渡辺美優紀が12位で選抜復帰

SKE48の総選挙2015の最終結果順位!松井珠理奈や柴田阿弥は?

AKB48第8回選抜総選挙!2016年の順位と開催場所・開催日を予想!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB