星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの裏技!大盛増量無料サービスの注文方法とは?

更新日

みなさんは、マクドナルドのバーガーに入っている具材を増量できることを知っていますか?

実は、流行りのワガママオーダーのように、お客様の要望に応えて具材を

『大盛り・増量・マシマシ』

してくれるサービスをマクドナルドが開始しているというのです。

これまで、バーガー1個では物足りなかった人達も、これなら満足できるのではないでしょうか?

本記事では、マクドナルドでトッピング・ソースを大盛りしてもらうサービスの開始や、バーガーの大盛りの注文方法などの詳細を紹介していきます。

ぜひ、みなさんも、この無料で行えるトッピング・ソース大盛りサービスを活用して、マクドナルドのバーガーを堪能してみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

マクドナルドの大盛り・増量メニュー!

ハンバーガー

近年は、お客の要望に応えて、様々な注文に応えてくれる裏メニュー・ワガママオーダーが流行していますよね。

過去に遡ってみると、『カツカレー』のルーツも、このワガママオーダーによるものでした。

「トンカツとカレーライスを同時に食べたい」

というお客様の要望に応えて作ったのが、カツカレーの始まりだったとか…

当時では考えられなかったメニューも、このワガママオーダーによって開発されたと思うと、何か感慨深いものがあります。

 

今では具材を抜いたり、トッピングを増やしたりと、お客様の要望にできる限り応えてくれるお店がかなり増えてきました。

もちろん内容によっては、価格も変わりますが、このようにしっかりサービスしてくれるお店側の心意気は、非常に嬉しいものがありますよね。

そして、このワガママオーダーに近い新サービスが、マクドナルドで展開されていたことが判明しました。

なんと、マクドナルドのバーガーに使われている

  • ピクルス・オニオンなどの具材
  • オリジナルソース

これを無料で大盛りにしてくれるサービス

が展開されているのです。

このサービスは、マクドナルドが積極的にPRしているわけではないので、知らない人は、そのままスルーしているサービスといえるでしょう。

筆者も半ば冗談だろうと捉えていたのですが、マクドナルドの全てのバーガー(一部例外なものもあるらしいですが…)で、この大盛りサービスに応じてくれるそうです。

なので、本当にびっくりしてしまった話です。

実際に、ものは試しとハンバーガーで、この大盛りサービスを活用すると、なんとピクルスが1枚から2枚に増量されているのです。

まぁたかがピクルス1枚と言われればそれまでなんですが…。

全く知らずにきた人達からしてみれば、驚きのサービス展開です。

もちろん、このサービスは、マクドナルド側からお客様に推奨されるサービスではありません。

自主的に活用しなければ、サービスを使うことなくスルーしていくだけです。

注文方法は後ほどご紹介しますが、実に簡単なので、気になる人はぜひこの機会に、画期的なマクドナルドのサービスを活用してくださいね。

追記

マクドナルドの大盛りサービスをお話しましたが、すべての具材の増量に応じてくれるわけではありません。

考えれば分かることですが、パティ(ハンバーグ)の量はもちろんのこと、意外にもレタスの量も増量してくれないそうです。

また、この増量サービス自体が裏メニューなので、店員が知らずにサービスしてくれないこともあります。

まずは、どこまで増量サービスをしてもらえるのか確認してから注文するようにしましょう。

 

それにしても、ピクルスとオリジナルソース・マスタードのみしか増量してくれないというのであれば、まだ理解できるのですが、オニオンの増量は認めてくれているのに、なぜレタスの増量には応じてくれないのでしょうか?

この他にも、トマト・キャベツの増量もNGという話です。

そこで、その理由を探ってみると、面白い話が見えてきました。

そもそもマクドナルドでは、増量サービスは

頑なに断っていた

みたいです。

何より、具材のコストがより多くかかってしまいますし、ワガママを聞いていたらキリがなく、店員さんの対応も、複雑なものになってしまい混乱が発生しがちです。

そういった事態に陥らないためにも、マクドナルドは、ワガママオーダーを断り続けてきたのです。

では何故、ワガママオーダーを受け入れるようになったのかというと、そこには

マクドナルドの業績不振

が大きく関係していたのです。

皆さんも知っていると思いますが、

2014年の異物混入事件

以来、残念ながら、マクドナルドの業績は低迷するばかりで、明るいニュースは何一つ訪れませんでした。

メニューの刷新や、200円マック、新作メニューの発売など、あの手この手で業績回復に務めてきたマクドナルドでしたが、信頼を回復させるには至りません。

世間でも、マクドナルドよりも他のバーガーチェーンのバーガーを購入した方がマシと敬遠され始めたのです。

それで、苦肉の策として、マクドナルドは、少しでも明るい話題を提供し、業績回復のための最終手段として、お客様の要望に応えるワガママオーダーを受け入れるようになったそうです。

とはいえ、なんでかんでも受け入れてしまうと、コストの問題や、現場が混乱して対応しきれないという事態に陥りかねません。

そこで、ピクルス・オニオンなどの簡単に増量サービスできるもの、あるいはオリジナルソースやマスタードなどのように多少増量したところで、そこまでコストに影響がないもののみ。

それらを希望に応じて、増量サービスを行うことにしたのです。

とくにピクルスなんて、数枚プラスして乗せるだけなので、それほど対応が難しくなるわけでもありません。

しかし、レタスやトマトなどの具材を増量するとなると、バーガー自体のバランスを考えた際に、妙に水っぽくなってしまうなどの問題も考えられます。

そういった事情から、マクドナルドでは、レタス・トマト・キャベツ、ハンバーグ、チーズなどの一部の具材のトッピングサービスを受け付けていないのです。

それらを踏まえた上で、ちゃんと裏メニューのことを把握しながら裏メニューを注文するようにしましょう。

 

マクドナルドの大盛り増量サービスはいつから?

おそらくほとんどの人が知らなかったと思われるマクドナルドのトッピング・ソース大盛り増量の無料サービス。

一体いつから、この『大盛り増量無料サービス』が始まったというのでしょうか?

いろいろ調べてみると、どうやらマクドナルドでは、

2016年4月から『大盛り増量無料サービス』

が開始していたようです。

ただ、大々的に宣伝していたわけでもなく、たまたまマクドナルドでダメもとで注文してみて分かった、という人が大半だったみたいですね。

そのため、『大盛り増量無料サービス』を知らない人には、全く気づかれることなく今日まできていました。

マクドナルドにとってみれば、利益にはならない無料のサービスですから、あまり知られていない方がいいのかもしれません。

しかし、消費者にとって素晴らしいサービスを展開するのであれば、大々的に発表し、多くのお客様に来店してもらった方がいいかとも思うのですが…

マクドナルドの将来のことを考えると、やめてしまった方が良いのか、継続して多くのお客様に来店してもらって、この『大盛り増量無料サービス』を活用してもらった方が良いのか、なんとも微妙なところです。

 

マクドナルドの大盛り・増量の注文方法は?

マクドナルドは、このトッピング・ソースなどの『大盛り増量無料サービス』によって、経営的に多少苦しくなるかもしれません。

しかし、消費者としては、そんなことを気にしても仕方ありません。

せっかく提供されているサービスなので、ここはマクドナルドに感謝しつつ、サービスを活用したいものです。

さて、この『大盛り増量無料サービス』は、マクドナルドでの注文時に、どのようにお願いをすれば受けられるのでしょうか?

このサービスを全く知らなかった人にとっては、疑問に思うかもしれませんが、一度わかってしまえば、超簡単です。

マクドナルドでバーガーを注文する際に、

「トッピング・ソース多めで」

と、付け加えて注文するだけでOKなのです。

もちろん注文したバーガーに、元々存在しない具材まで増やしてくれるわけではありません。

とくに『クォーターパウンダー』で、このトッピング・ソース『大盛り増量無料サービス』を使って注文した人は、かなりのお得感を感じられるようです。

みなさんも、マクドナルドでバーガーを購入する際には、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

多くの人が知らなかったと思われるマクドナルドのトッピング・ソース『大盛り増量無料サービス』。

これが2016年4月から密かに始まっていたマクドナルドの裏メニュー的サービスでした。

注文方法も実に簡単。

バーガーを注文する際に、

『トッピング・ソース多めで!』

と付け加えて注文するだけで、サービスを受けることができます。

レシートにもちゃんと"多め"と表記されます。

バーガー1つでは物足りないという人達には、なんとも嬉しい裏メニュー的サービスです。

しかし、全店舗で必ず実施してくれるとは限らず、増量してくれる具材も限られているので、はじめての店舗では注文する前に一度店員に確認してみてくださいね。

マクドナルドの記事はコチラもよく読まれています!

マクドナルドの食品偽装後の売上低迷の理由・原因まとめ!課題は?

マクドナルドの200円マック新メニューの内容とカロリー数を紹介

マクドナルドの裏メニューとは?レシピ・味・評判をチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-マクドナルド