星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

海猿続編?作者の佐藤秀峰とフジテレビの和解と過去の確執を紹介

投稿日

海猿

海上保安官である主人公「仙崎大輔」を中心に、海難救助など海上保安官の活躍を描いた漫画『海猿』。

2002年にはテレビドラマ化され、2004年には映画化されるなど、大人気の作品となっています。

しかし、『海猿』の実写映像化作品を制作したフジテレビと、『海猿』作者の佐藤秀峰先生が、あるトラブルにより絶縁状態になっていきます。

一時は「『海猿』の続編は絶望的か?」と思われていました。

しかし先日、『海猿』作者の佐藤秀峰さんと、フジテレビが和解したということが『海猿』作者の佐藤秀峰先生から世間に対して報告がありました。

この知らせを聞いたファンは早速、

「(海猿の)続編が作られることもあるのでは?」

と期待しているようです。

そこで、当記事では、『海猿』の続編の可能性と、フジテレビと『海猿』作者の佐藤秀峰先生の和解までの経緯など、『海猿』関する一連の動きをまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

『海猿』作者の佐藤秀峰とフジテレビの確執!

確執のありそうな男たち

そもそも『海猿』の作者である佐藤秀峰先生は、何故フジテレビとトラブル状態にあったのでしょうか?

事の始まりは2012年の10月26日、ツイッターで佐藤秀峰先生が、

「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」

「本当に怒っている。もう関わる気もない」

「例えば映画『海猿』の続編などは絶対にありません」

と絶縁宣言を発表しました。

その理由として、

・アポイントメント無しで事務所にまで突撃取材で押し寄せた

・『海猿』関連書籍を契約書なしで勝手に販売していた

など、複数の理由があるようです。

元々あまり良くない評判を、一般人である筆者も日頃から耳にするフジテレビです。

当時、この佐藤秀峰先生の絶縁宣言に対し、当然『海猿』ファンは落胆するのですが、落胆するだけでなくフジテレビに否定的な方々からは、佐藤秀峰先生を支持する声も多く上がっていました。

確かに、過去にフジテレビは撮影許可のないイベントで無断撮影を行い報道、生中継禁止の規約を違反し中継、不適切なインタビューなど上層部からレポーターまで、全てにおいてモラル欠如が著しく表面化してきているように筆者も感じます。

これまでに、そういったフジテレビの不祥事が多かっただけに、佐藤秀峰先生とのトラブルが発覚した際に筆者は、

「またフジテレビか…」

と、ひどく呆れていた記憶があります。

そして、この絶縁宣言が佐藤秀峰先生から発表された後には、何者かによるフジテレビとの和解工作が加速していったと言われています。

その内容はというと…

・『海猿』の次回作のシナリオの断片らしき文章のコピーが送られてくる

・フジテレビとの仲介を申し出る人物が現れる

・佐藤秀峰先生の知り合いの編集者の会社の顧問弁護士が「どうやったら佐藤秀峰を落とせるか」と相談された

などなど、何者かがフジテレビと佐藤秀峰先生との間の確執を取り除き、和解をさせようと画策していたのは確実と言えそうです。

しかし、佐藤秀峰先生は、

「フジテレビとは二度と仕事をしない」

と、強い決意を固めており、佐藤秀峰先生とフジテレビの間に生まれてしまった亀裂はもう修復不可能かと思われました…。

 

『海猿』作者の佐藤秀峰とフジテレビが和解!

仲直りする男性

長らく絶縁状態にあった『海猿』作者の佐藤秀峰先生とフジテレビですが、つい先日、フジテレビと和解に至ったと、佐藤秀峰先生が自らの公式サイトで報告しました。

確執の原因となった、フジテレビのニュース番組『スーパーニュース』の当時のディレクターが、『アポイントメントなし』で佐藤秀峰先生に取材した件については、フジテレビの西渕憲司報道局長により謝罪文が送られたそうです。

さらにフジテレビは、

「佐藤秀峰先生の許諾なくして『海猿』関連本を出版した件につきましてのご報告」

とする文書を公式サイトに掲載し、その中で無許可で『海猿』関連書籍を販売したことについて、

「弊社こそが他社の著作権を侵害することのないよう全社を挙げて態勢の見直しを図り、二度とこのようなことのないようにする所存であります」

と謝罪しています。

フジテレビは、佐藤秀峰先生に対し、はじめは強気の姿勢を貫いていたものの、最近の制作ドラマなどが振るわず、視聴率も低迷してしまっていることから、人気シリーズである『海猿』の復活も視野に入れたいがため、今回の謝罪に至ったことが透けてみえるような気がします。

実際にフジテレビが無断販売の件について、今回の非を認めるまでに3年もかかっており、佐藤秀峰先生も、

「(フジテレビに)事実を認めていただくまで3年という月日を要してしまったことが残念です。しかし、最終的には過ちを認め、謝罪をいただけたことに心から感謝しております」

とコメントされています。

3年という長い月日の間、フジテレビから謝罪のひとつもなかったことに関しては、まだ若干不満が残っているようにも思えますね。

何にせよ、ひとまずは佐藤秀峰先生と、フジテレビの問題も解決を迎えることができたので、これについては喜ぶべきことでしょうか。

 

気になる『海猿』続編の可能性は?

期待する女性

さて、『海猿』作者である佐藤秀峰先生と、フジテレビが和解したということで、『海猿』の続編を期待している視聴者の方も多いかと思います。

佐藤秀峰先生も今回の和解についての報告の中で、

「例えば今後、フジテレビから『海猿』の続編製作の希望などをいただいた場合には、交渉を拒否することはございません」

と、交渉があれば受け入れる方針であるとしています。

これに関して、一部報道では

「(海猿の)続編に前向き」

と取り上げられていました。

そのため、「『海猿』続編が早くも登場か?」と思う方も多いかもしれませんが、それは大きな誤解です。

この『海猿』続編に前向き報道に関しては、『海猿』作者の佐藤秀峰先生が反論しており、自身のツイッターで

「フジテレビの件、さっそく各所で記事になっておりますが、取材はどこからも受けていません。なぜ『続編にも前向き』と書けるのか、理解に苦しみます」

と、コメントされていました。

取材を一度も受けていないということなので、『海猿』の続編に前向きであるというのはマスコミの憶測に過ぎないようです。

佐藤秀峰先生のコメントを見ても、「もし交渉があれば拒否はしない」と言っているだけなので、企画内容によっては交渉が決裂することも十分にありえます。

そのため、今回の報道内容を鵜呑みにして、『海猿』続編を期待しすぎないようにしたほうが良いかもしれませんね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

絶縁宣言から始まった『海猿』作者の佐藤秀峰先生と、フジテレビとの確執は、3年という長い時を経て、ようやく丸く収まりました。

これによって『海猿』の続編は未来永劫作られない…という状態からは脱することができました。

しかし、和解したからといって、すぐ『海猿』の続編が制作されるわけではありません。

状況的には、スタートラインに立つことをやっと許されたというところであり、まだ企画も持ち上がっていないでしょう。

また、問題が長引いたことによって視聴者が『海猿』、そしてフジテレビへの興味が薄れているかもしれません。

仮に『海猿』の続編を制作しても、前作ほどの人気作品となるか…これは微妙なところだと思わざるをえません。

ただ、『海猿』のテレビドラマや映画が大人気だったことは確かなので、ここ最近視聴率が低迷しているフジテレビが、起死回生の一手として、『海猿』続編に向けて、その企画・制作に着手する可能性は十分にあります。

はたして映像作品としての『海猿』は、これからどのような進展があるでしょうか?

まだまだ今後の動向が楽しみですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ