星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

日焼けしたお肌の治し方はよく冷やす!おすすめ最新治療方法を紹介

更新日:

紫外線対策として、事前に肌の保護していても、いつの間にか日に焼けてしまうということがあります。

レジャーなどに行った時は、ついついお肌のケアのことなど時間も忘れて、遊びに没頭してしまうでしょう。

それに一日に何度もケアし直すということもできず、日に焼けてしまうことも…。

そこで当記事では、日焼けをしてしまった場合のお肌の対処方法などをお届けしていこうと思います。

場合によって中々治らないことや、日焼けがひどい場合にはヒリヒリと痛みます。

つい日焼けしてしまった場合も、諦めずにお肌の日焼け後の対策をしっかりしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日焼けのおすすめの治し方1 すぐ冷やす!

日焼けをしてしまった後の対処療法としては、何といってもまずは

冷やすこと

が大切です。

一般的に、日焼けは肌に炎症が起きていて、

やけどのような状態

と言われています。

やけどをした時にも、まず真っ先に患部を冷やしますよね。

原理はそれと同じというわけです。

炎症が起きた部分を冷やすことで、炎症の進行を抑え、さらに痛みも緩和させることができます。

基本的には、

『水で洗う』

『氷を患部に当てる』

などですね。

海辺やプールなどで水着となり、全身が日焼けしてしまった場合には、

水風呂に浸かる

のも効果的です。

ただし、あまり長い間、水風呂に入浴していると身体が冷えきってしまい、身体にはよくありません。

水風呂に浸かる際は、水の温度や入浴時間には注意を払いましょう。

患部に直接氷を当てる対処療法には、ドラッグストアなどで販売されている

氷のう

が便利です。

家族など複数人が日焼けしそうなシチュエーションの場合は、複数の氷のうを事前に準備し、冷凍庫に入れておくとよいでしょう。

氷のうがない場合には、ビニール袋に冷凍庫の氷を入れるだけでも立派な氷嚢となるので、それで代用してください。

ビニールの氷

ビニールの場合は、タオルなどで覆っておき、直接ではなく、お肌との間にワンクッション挟む形を取ってくださいね。

ちなみに、肌を冷やすことも大切ですが、日焼けの度合いによっては病院へ行った方がいいケースもあります。

  • 吐き気がする
  • 頭痛がする
  • 水ぶくれがひどい状態

このような状態になっている場合は、すぐに病院へ直行しましょう!

放っておくとかなり危険です!

 

日焼けのおすすめの治し方2 保湿!

日焼けによるヒリヒリした痛みが引いてきたら、次は

保湿

を行いましょう!

なぜかというと、

日焼け後の肌は水分を失ってしまっていて、乾燥している状態

だからです。

この状態では、いくら水分を補給してもすぐに蒸発してしまうため、肌を保湿をしておかなければ水分補給の意味がありません。

それで、保湿が大切になってくるわけですね。

では、どのようにして保湿をすれば良いのでしょうか?

基本的に有効と言われているのは、

患部にワセリンを塗り、ラップで包んでしばらく置いておく

という方法。

ワセリン自体に保湿効果があり、さらに外からの刺激を遮断してくれるので、保湿手段としては最適なのです。

ラップは家庭にあるサランラップで構いません。

ワセリンもドラッグストアなどで簡単に手に入るものですから、誰でも手軽に行える治療法ですね!

ただし、ワセリンにはあくまで保湿効果しかないので、

日焼け部分を冷やし終わってから使用すること

これを心がけてください。

消炎効果などはないため、日焼けした直後にワセリンを使用することはおすすめできません。

また、

「ワセリンなんて家にない!」

となった場合は、

化粧水やクリーム、軟膏を使用する

ことになります。

ただし、この時使用する化粧水やクリームに注意点があります。

それは…

美白効果のあるものを使わない!

ことです。

なぜかというと、美白効果のあるものは、日焼けをした後の肌には刺激が強すぎるのです。

さらに日焼けの症状が悪化してしまう

おそれがあるのです。

そのため、化粧水やクリームなどを使う場合は、

敏感肌でも使える低刺激のもの

を使うようにしましょう。

同じように、シートパックを使うのも注意が必要です。

先ほど触れた美白効果と同じように、美容成分も弱った肌には刺激が強すぎ、逆効果となってしまいます。

注意点としてはもう1つ、保湿のためとはいえ、念入りにコットンパッティングをしすぎるのもNGです。

弱っている肌にコットンパッティングをしすぎると、逆に皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

日焼け後に保湿をする場合は、

『日焼け後の肌はかなり弱っている』

ことを忘れないようにしたいものですね。

 

日焼けのおすすめの治し方3 水分補給をしっかり!

患部を冷やし、保湿する準備が整ったら、次は

水分補給

をしっかり行いましょう。

先ほども触れましたが、日焼け後の肌は水分を失ってしまっていて、乾燥している状態です。

つまり、水分を与えてあげないといけません。

水分が少ない肌は、さらに日焼けしやすくなってしまい、症状が悪化するおそれがあります。

さらなる日焼けの防止という意味でも、水分補給は大切なわけですね。

日焼けをするような猛暑の場合、脱水症状にも陥りやすく、水分補給はこの予防にも役立ちます。

患部を冷やす、クリームを塗るなどの外からのケアだけではなく、身体の内側からの日焼けケアもしっかりと行いましょう!

 

日焼けのおすすめの治し方4 しっかり睡眠

病気などにかかった時でも、一番大切な治療法だと言われる行為に、

しっかり睡眠をとる

ということがありますよね。

しかし、日焼けに睡眠は効果があるのでしょうか?

 

実は、日焼けもその例外ではありません。

睡眠は、お肌を日焼けから回復させる重要なケア方法の1つになっています。

しっかりと睡眠をとることは、肌のターンオーバーを促進させてくれるため、日焼けの回復を早くしてくれるのです。

実際に、アメリカのとある研究結果では、

睡眠不足の女性は、日焼けダメージからの皮膚の回復が遅かった

と発表されています。

つまり、睡眠を怠っていると、なかなか日焼けが治らなくなってしまうわけですね…。

まぁもともと睡眠不足は美容の大敵と言われていますし、本当に肌のケアをしたい人であれば、睡眠もしっかりとっているはず。

ここで、あえて言う必要はなかったかもしれません。

それにしても、睡眠をしっかりとることが病気に効果的であるのはわかっていましたが、外傷でも同じなのですね。

困った時は睡眠!

どんな症状においても、最終的には、ここに行きつくようです。

睡眠はやはり偉大です!

 

まとめ

今回は、日焼けを治すためのおすすめの対策方法を紹介しました。

基本的には、

  • 冷やす
  • 保湿
  • 水分補給

この3つが日焼けの治し方です。

また、これらのケアを済ませたら、夜更かしせずに早く寝ることも大切ですよ。

外傷も、結局は病気と同じです。

いくら薬を飲んでも、不規則な生活をしていたら、治る病気もなかなか治りません。

日焼け後はしっかりお肌のケアをして、ゆっくりと睡眠をとることで、早めに治してしまいましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.