星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

日焼けの治し方はよく冷やす!おすすめ最新治療方法を紹介!

更新日

日焼け後の対症療法の紹介!

紫外線対策として、事前にお肌を保護していても、ついうっかりしていると、いつの間にか日に焼けてしまいますよね。

特に長時間野外で日光を浴びている時には、頻繁に日焼け止めを塗り直す、またはなるべく日陰で休憩を挟む、といった行動を取ることができれば良いのですが、これからの季節、レジャーなどに行った時は、ついついお肌のケアのことなど時間も忘れて、遊びに没頭してしまいます。

そこで当記事では、日焼けをしてしまった場合の対処方法などをお届けしていこうと思います。

日焼けは、場合によって中々治らないことや、ひどい場合にはヒリヒリと痛んできます。

つい日焼けしてしまった場合も諦めずにお肌の日焼け後の対策をしっかりしていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

日焼け後はすぐ冷やす!

日焼けをしてしまった後の対処療法としては、何といってもまずは冷やすことが大事です。

『水で洗う』『氷を患部に当てる』などが基本となりますが、海辺やプールなどで水着となり、全身が日焼けしてしまった場合は水風呂に浸かるのも効果的です。

但し、あまり長時間も水風呂に入浴していると、身体が冷えきってしまい、身体には良くありませんので、水の温度や入浴時間には注意を払いましょう。

ここでは少なくともヒリヒリとした痛みを感じなくなったら、お風呂から上がります。

患部に直接氷を当てる対処療法には、ドラッグストアなどで販売されている氷嚢が便利です。

家族など複数の方が、同時に日焼けをした場合や、中々お肌から熱さが引かない場合に備えて、複数個の氷嚢を事前に準備し、冷凍庫に入れておくとよいでしょう。

氷嚢がない場合には、ビニール袋に冷凍庫の氷を入れるだけでも立派な氷嚢となりますので、それで代用してください。

ビニールの氷

ビニールの場合は、タオルなどで覆っておき、直接ではなく、お肌との間にワンクッション挟む形を取ってくださいね。

 

日焼けは化粧水でケア!

化粧水

日焼けによるヒリヒリした痛みが引いてきたら、次は保湿を行いましょう!

日焼け後の対処療法では、お肌に直接水を付けたり、水風呂に入浴したりもしますが、きちんとお肌に水分を摂取させるには化粧水が良いです。

日焼けした肌は、いわゆる敏感肌と同じですから、低刺激の化粧水を選びましょう。

保湿効果やビタミンCの摂取ができるもの、あるいはお子さん向けにアルコールフリーの化粧水が望ましいですね。

化粧水を手にとって優しく日焼けしたお肌に塗布するだけでも良いですが、コットンなどに化粧水を浸透させ、日焼けした患部に貼り付けるとしっかり浸透しますよ。

特に保湿効果やビタミンの摂取を求めるのなら、化粧水だけではなく美容液や乳液などを塗布することもオススメです!

日焼けには『やけど』の治療法も効果的!

ワセリン

高温の熱によって、お肌がダメージを受ける日焼けは、症状の重さの違いこそあれ、基本的には『やけど』と同じです。

その為、やけどの応急処置も日焼けした肌にはとても効果があるのです!

上述した要領でお肌を冷やしたら、患部にワセリンを塗り、ラップで包んでしばらく置きます。

ワセリン自体に保湿効果があるため、ワセリンを化粧水の代わりに使用することで、肌の炎症を抑えてくれるのです。

ラップは家庭にあるサランラップで構いませんし、ワセリンもドラッグストアなどで手に入るものなので、誰でも手軽に行える治療法ですね!

 

日焼けした肌に薬を塗るなら非ステロイド軟膏!

ワセリンや化粧水を施しても、日焼けが『治っていない!』と感じる方の場合は、軟膏を塗ることをおすすめします。

軟膏に含まれるステロイドの有無は、日焼け後の対策にはどちらでも構いませんが、ステロイドを含んでいる軟膏は、免疫力低下の副作用が発生することもあるので、体内にあまり浸透することは良くありません。

日焼けしたお肌の表面がジュクジュクとしている場合などには、あえてステロイド系の軟膏を使う必要性はないと思います。

また当然ですが、軟膏の『効果や効能の説明欄』にやけどの表記がある製品を選んでくださいね。

副作用など、詳細が気になる場合は、ドラッグストアなどの店舗で薬剤師さんに尋ねてみましょう!

 

おわりに

いかがでしたか?

日焼けを治すための一連の流れについて述べてきましたが、ここまで『消毒』についての話がなかったことにお気づきでしょうか?

せいぜい『水で洗う』という程度ですね。

実は日焼けや、やけどに対しては、お肌そのものがもつ『再生力』に頼った治療法が望ましいとされています。

これは消毒不要の『湿潤療法』という治療方法です。

特に、日焼けした患部にジュクジュクする液体がでているような症状は良い例です。

この液体は、お肌の再生を助ける効果を含んでおり、実は洗い流したり拭き取ってしまうよりも治療のためになります。

ステロイド軟膏の免疫力低下の副作用に『注意!』と述べたのもこれが理由です。

厳密には消毒をしないというのではなく、体が勝手に治療を行ってくれるので、外から余計なことはしないことなのです。

筆者も「そういえばやけどは殺菌消毒しないな」とぼんやり思うことはありましたが、患部に消毒液がしみて痛いからなのかな?という程度の認識でしたね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学