星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの大量閉店の理由・原因とは?フランチャイズが悲鳴!

更新日

『マックスマイルの日』の制定や、新メニューの登場など、新たな試みを繰り返しながら、過去に失った信頼を取り戻そうと、もがいているマクドナルド。

しかし、エッグチーズバーガー、バーベキューポーク、ハムレタスバーガーをメインに据えた『おてごろマック』などは不発。

2015年は、ことごとく施策が裏目に出て、業績赤字が膨らみ、

131店舗のフランチャイズ店が閉店

に追い込まれる噂も流れました。

それにしても、マクドナルドに何が起こっているのか?

本記事では、フランチャイズ撤退の理由や、今後の対策、現在の動向など、マクドナルド内部で何が起こっているのか、その真相を探ってみます。

スポンサーリンク

アドセンス

状況を一変できないマクドナルドの現状

マクドナルド

スマイル0円を復活させ、新メニューの登場やバリューセットメニューのリニューアル。

そして、おてごろマックの登場など、とにかく刷新された印象の強いマクドナルド。

なんとか異物混入騒動による経営不振を食い止めようと画策している様子が伺えます。

しかし、2015年1月~9月の業績を見ると、

最終損益が292億円の赤字

となったらしく、12月の業績予想も380億円の赤字となる模様。

危機的状況が続くばかりなのです。

そして、このマクドナルドの経営不振に輪を掛けて、裏でとんでもないことが起こりつつありました。

これは、ニュースでも発表された話ですが、マクドナルドは、2016年中に成果が見込めない

131店舗を閉店

させると発表。

その後、続々と閉店するマクドナルドの店舗が続出してしまっているというのです。

このマクドナルドの閉店理由は、

改装資金を確保するため

ということらしく、これはすでに以前から決まっていた話だったそうです。

要は、たとえ業績不振でなかったとしても、131店舗に関しての閉店は、変更することなく敢行していくということなのでしょう。

 

異物混入騒動により一気にお客の数が激減。

様々な施策を練り、ここから盛り返していくという時ではあるのですが、そこに温情もなく、予定通り閉店というのは、フランチャイズ契約しているオーナーたちには大打撃に見えます。

しかし、事態はもっと深刻なことになっていて、マクドナルド閉店を前に、

『一斉にフランチャイズから撤退してしまおう!!』

という噂まで流れていたのです。

この噂は、2015年6月のこと。

(ただ結論から言えば、フランチャイズ一斉撤退はありませんでした)

結局のところ、続々と閉店するマクドナルドの店舗が増えているのは事実です。

ますますマクドナルドから消費者離れが進んでいるからこそ、380億円の赤字という業績予想も報告されてしまうのだと思いますよ。

せっかくメニューを刷新し、大々的な改革を進めようとしていても、誰にも喜ばれない独りよがりな改革なら意味がありません。

このままではマクドナルド終焉も時間の問題と思うと、なんともやりきれない気分ですね。

追記

この記事を掲載していた当時(2015年6月頃)は、あくまで噂として、マクドナルドのフランチャイズ店の閉店がささやかれていました。

結局、この噂は本当だったみたいです。

一気に閉店とはならなかったものの、予定されていた

131店舗すべて閉店

してしまったそうです。

当時、フランチャイズ契約をしていたオーナー達は、困惑しながら、別の人生を歩むことになったようです。

まぁマクドナルドを残すためとはいえ、犠牲を生んでしまったことは事実で、実にショッキングなニュースと言えるでしょう。

 

マクドナルドのフランチャイズ撤退の理由

マクドナルドが街から一斉に消えてしまう…

そんな恐ろしい噂が、2015年6月にネットに流れ、一つの騒動となりました。

その理由として、当時囁かれていたのは、

マクドナルド自身が招いた異物混入騒動によって、売り上げが落ちたにも関わらず、店舗の改装を止めることなく、改装費用確保のために末端であるフランチャイズのオーナーたちを切りにいく

という経営陣の考えがあったため…

そして、そういった背景が、マクドナルド内部で起こっていたために、フランチャイズのオーナーたちが、愛想をつかし一斉撤退しようと、さらに噂されたのです。

幸い一斉撤退が実行され、街からマクドナルドが消えることはありませんでした。

しかし、相変わらずマクドナルドの危機的状況は継続されているようです。

また、マクドナルドのロイヤリティの高さや、契約年数の長さに関しても、フランチャイズのオーナー達は不満を爆発させているとか…

他のバーガーチェーンは、フランチャイズ契約年数は、5年となっているそうですが、マクドナルドは

10年毎の更新

ロイヤリティに関しても、平均1店舗辺り

1億円

が必要と言われています。

この1億円のうち、2,500万円は自己資金として用意しなければいけないらしく、残りの7,500万円もマクドナルド経由で融資してもらうので、結局お金を返さなくてはいけないということらしいのです。

マクドナルドのフランチャイズオーナーたちは、ここに人件費や材料費などのコストを差し引いて、マクドナルドに対してのローンを支払っていくわけです。

仮に売上が上がり、儲かったとしても、それは雀の涙のようなものだと言われ、悲鳴を上げているフランチャイズ店が続出しているとか。

そんな温情の欠片すら見えない契約なら、不満を爆発させ、もうマクドナルドとの契約を打ち切って撤退したい、と考えるオーナーが続出してもおかしくありません。

結局は、経営陣が『マクドナルド』というブランド力にかこつけて、権力を振りかざしているようなことが度々起こっているわけです。

 

マクドナルドの異物混入騒動は、自業自得の話でしかありません。

経費を下げるために、ユニフォームのクリーニングまでをバイト任せにしていました。

そこで適当に洗濯されたものを、身にまとい作業し、挙句の果てには、そのユニフォームのほつれた糸が、バーガーに入って異物混入騒動が起こりました。

これでは、ますます消費者離れは避けられないでしょう。

 

これは、あくまで一部のフランチャイズオーナーの話にすぎませんが、あるバーガーチェーンは開業資金として必要な金額が3,000万円(店舗費用全て)と言われています。

そこと比較して考えると、約1億円という額は、あまりにも桁違いな額です。

ここまでロイヤリティを取らなければならないマクドナルドの姿勢は、確実に末端であるフランチャイズオーナーや、バイト・従業員を苦しめていると言わざるを得ません。

本来なら、即座にロイヤリティ等、契約態勢の見直しを図らなければならないのに、閉店を促すようなことをしているだけで、その姿勢は相変わらず…

幸いフランチャイズの一斉撤退はないものの、予定通りに閉店ラッシュが続いていくようです。

ここまで来ると、やはりマクドナルドの終焉は、時間の問題かもしれず、バーガーチェーン店の時代が一つの終わりを告げているように見えます。

追記

後日、ある経済学者がマクドナルドに関して、改めてフランチャイズ店が続々と閉店をたどる羽目に陥った理由を検証していたことが分りました。

その話を要約すると、マクドナルドの怠慢な経営もさることながら、アメリカと異なり日本ではヘリシー志向の人が多いために、カロリーの高いバーガーに手を出さず、売上が上がりにくいそうです。

それで見境なくチェーン展開した割には、売上に結びついていないのだと言うのです。

まぁ店舗を近場で増やそうものなら、その分、売上の奪い合いをしてしまうことになります。

 

昨今の生活習慣病を気にする多くの人が、パンは大敵と考え、味の濃いバーガーは敬遠しています。

まさにマクドナルドのバーガーは、味が濃いものが多く、そこが魅力でもあるのですが、あっさりしたものを好む人は手を出しづらい商品です。

そこでモスバーガーなど他のバーガーチェーン店の商品を購入するか、バーガー自体を食べないなんて人も少なくないはず…

そういった諸々の事情が、マクドナルドを窮地に立たせてしまい、そのしわ寄せを、フランチャイズ店のオーナーたちが受けてしまっているわけです。

『蜥蜴の尻尾切り』といえば聞こえが悪いのですが、実際に痛手を負っているのはオーナーたちです。

その犠牲により、マクドナルドは倒産せずに済んでいるわけですから、このような表現をされても、それは仕方のない話です。

今後、同様の犠牲を払うオーナーたちを生まないように、しっかり地に足を付けた経営をマクドナルドにはしてほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

マクドナルドの今後

マクドナルドは、一気にフランチャイズ店が消えるかもしれないと噂されたことで、危機感を感じ、現状を打開するために、2015年4月中旬に再建策『ビジネスリカバリープラン』を打ち出しました。

しかし、実際のところは具体的なロイヤリティの引き下げなど、フランチャイズ店にとってプラスになるような改革が行われませんでした。

計画通り、131店舗を閉店に追い込むだけのプランと化してしまっているようです。

地域に根ざして、本部を3つに増やしたという話ですが、結局は本部そのものの言いなりになっていることに変わりはなく、大して変化もないというのです。

それどころか『ますますきつくなっていくだけ』と言うオーナーも多いようですね。

 

さらにマクドナルドは『ママズ・アイ・プロジェクト』を実施し、公募によって選ばれた母親たちを工場に招き入れて、

マクドナルドの食の安全を母親たちの目で確認してもらおう

という試みも打ち出し始めたそうです。

しかし、結局は消費者たちから

『何がしたいのか分からない』

『こんなことで信頼が回復するわけがない』

と吐き捨てられ、逆に逆鱗に触れてしまう始末。

マクドナルドのフランチャイズオーナーたちも、これには苦言を呈しているらしく、一応、二度ほどミーティングは開催されたみたいですが、結果は何一つ付いていないようですね。

簡潔に言えば、ただの見掛け倒しで、真剣に改革する気などなかったことが改めて分かりました。

その上、マクドナルド100店舗を閉店。

ずれ込んだ残りの31店舗も2016年に確実に閉店させると、閉店させることばかりに目が言っているように見えます。

よくこれで"改革"と言えたものだと言いたくなるばかりです。

これではフランチャイズ店の撤退及び、マクドナルド本体が倒れるのも時間の問題ではないでしょうか。

少なくともフランチャイズ店のオーナーたちは、できる限り与えられた条件内で、何とか経営を軌道に乗せようと努力しています。

コストカットや人件費削減など、できる限りの対策を講じています。

それでも限界はありますし、会社(マクドナルド本部)そのものが、しっかり地域に根づいた改革をしなければ、いくら末端のフランチャイズが頑張っても何の意味もありません。

ただの1店舗だけの努力だけでは、どうにもならない問題なのです。

マクドナルド本部が、その事を深刻に受け止めていなければ、もうどうにもならないところまで、事態は最悪の方向に突き進んでいます。

それなのに、ロイヤリティ引き下げの話すら聞かれない…

筆者もコンビニ経営者と、実際に話す機会があったので、サービス業の裏側を多少なりとも知っていますが、正直な話、この不景気な時代に経営陣の無茶な要求は、ますますエスカレートしているように感じます。

そして、その要求を実現するために、フランチャイズオーナーたちは、さらには末端のアルバイト従業員達に無理難題を押し付けてしまっています。

全てとは言いませんが、"大手"と言われるところほど、このような悪循環は顕著に見られ、肝心のお客様への心遣い・サービスが欠けていく傾向にあるようなのです。

本当に本末転倒な話ですが、これは実際にあることです。

 

筆者もあるコンビニで、店員が忙しさのあまり、店内を走り回ってしまい、そのために怪我を負わされたために、一人の客として、本部にクレームを入れたことがあります。

その時の言い訳は、『本人に言って聞かせる』の一点張りで、『仕事をたった一人でやらせることがまずいのでは?』というと、経営的な問題で難しいと言い訳するばかり…

実際に他のコンビニチェーン店では、それほど儲かっていないにも関わらず、二人でしっかりシフトに組み込むか、オーナー自らがサポートについて、店内を走り回る事のないようにフォロー態勢を引いています。

もちろんバイトに払う給料は、それほど多くはないでしょう。

ただ、そのコンビニ店では、事前に面接で

『安全にみんなで楽しく働くため』

と説明し、了承してもらっているとのこと。

たとえ売り上げが少ないコンビニ店であっても、やろうと思えばできることなのだと思います。

結局は、筆者が被害にあったコンビニ店は、その努力を怠ってしまい、お客様へのサービスが劣化してしまっているとしか思えません。

おそらく、マクドナルドでも同じような現象が起こっているのだと思います。

いつも苦しむのは末端の人間ばかりで、経営陣達が苦しむことはほとんど聞いたことがありません。

だからこそ、マクドナルドのフランチャイズ一斉撤退という話まで流れてしまうのでしょう。

すでにマクドナルドの末端であるフランチャイズは、悲鳴を上げています。

消費者でも、その事に気づいていて、マクドナルドが倒れるカウントダウンが始まった、と見ている人もいるそうです。

当然、このままでは、とても『スマイル0円』なんてできません。

マクドナルドには、もう少し本来のサービスがどこにあるべきか真剣に考えてほしいですね。

追記

マクドナルドは、2015年度の営業利益は242億円の赤字ということで、これまで以上にない大幅赤字を叩き出してしまいました。

これにより一気に窮地に追い込まれてしまいましたが、131店舗のフランチャイズ店の犠牲もあり、一方で、マクドナルド総選挙などの、お客様参加企画などを打ち出すことで、ようやく黒字へと回復させることができました。

2016年は50億円の黒字

しかし、筆者個人の見解としては、まだスタートラインに立ったとは言えません。

形は違えど、失った131店舗分の従業員を増やせるくらいの営業利益を上げてこそ、初めてスタートラインに立ったと言えるのではないかと思うのです。

異物混入事件を引き起こしてしまい、完全に信用を失墜したマクドナルドが、やっとその信頼を取り戻し始めただけに、今後のマクドナルドにさらに期待したいものですね。

 

まとめ

以前、噂されていたマクドナルドのフランチャイズ店131店舗の閉店の噂。

結局、2016年中には、これが全店舗閉店となり、最悪の状況を招いてしまいました。

しかし、この犠牲のおかげもあったのか、242億円もあった2015年の業績赤字からなんとか脱却し、マクドナルドは2016年末に50億の黒字を達成!

ただし、まだスタートラインに立ったと言うには早く、今後、野菜の価格高騰や高額なロイヤリティ(さらに10年契約)なども加味され、フランチャイズ店が再び圧迫してしまうなんてこともあるかもしれません。

そうならないように、怠慢な経営から脱却し、しっかり信頼を回復させるような経営努力と業績黒字を、今後のマクドナルドに期待したいものですね。

マクドナルドの記事はこちらもよく読まれています!

マクドナルドの200円マック新メニューの内容とカロリー数を紹介

マクドナルドの大盛増量無料サービスの注文方法!バーガー系のみ!

マクドナルドの裏メニューとは?レシピ・味・評判をチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-マクドナルド