星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの大量閉店の理由・原因とは?フランチャイズが悲鳴!

更新日:


要は、たとえ業績不振でなかったとしても、131店舗に関しての閉店は、変更することなく敢行していくということなのでしょう。

 

異物混入騒動により一気にお客の数が激減。

様々な施策を練り、ここから盛り返していくという時ではあるのですが、そこに温情もなく、予定通り閉店というのは、フランチャイズ契約しているオーナーたちには大打撃に見えます。

しかし、事態はもっと深刻なことになっていて、マクドナルド閉店を前に、

『一斉にフランチャイズから撤退してしまおう!!』

という噂まで流れていたのです。

この噂は、2015年6月のこと。

(ただ結論から言えば、フランチャイズ一斉撤退はありませんでした)

結局のところ、続々と閉店するマクドナルドの店舗が増えているのは事実です。

ますますマクドナルドから消費者離れが進んでいるからこそ、380億円の赤字という業績予想も報告されてしまうのだと思いますよ。

せっかくメニューを刷新し、大々的な改革を進めようとしていても、誰にも喜ばれない独りよがりな改革なら意味がありません。

このままではマクドナルド終焉も時間の問題と思うと、なんともやりきれない気分ですね。

追記

この記事を掲載していた当時(2015年6月頃)は、あくまで噂として、マクドナルドのフランチャイズ店の閉店がささやかれていました。

結局、この噂は本当だったみたいです。

一気に閉店とはならなかったものの、予定されていた

131店舗すべて閉店

してしまったそうです。

当時、フランチャイズ契約をしていたオーナー達は、困惑しながら、別の人生を歩むことになったようです。

まぁマクドナルドを残すためとはいえ、犠牲を生んでしまったことは事実で、実にショッキングなニュースと言えるでしょう。


次のページへ >

-マクドナルド

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.