星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

夏メイクのおすすめ汗対策!化粧崩れの3つの原因と防ぐ方法とは!

更新日

夏といえば気温が高くなり、暑い!そして、たくさんの汗が身体から吹き出してきて困ったものです。

皆さん、かいてしまった汗はきちんと拭いていますか?もちろん拭いていますよね。

メイクをしてる状態でかいてしまった汗の処置はどうしていますか?

汗を流しっぱなしにしていてはメイクが汗と一緒に流れてしまいそう。でも、しっかり拭ってしまってはメイクも一緒に落ちてしまいますよね。

汗で崩れてしまっては、メイクをどこかで直さなくてはなりません!

さらに、汗を拭ったタオルやハンカチはファンデーションがついてしまいますから、後々の洗濯も厄介になるというオマケ付きでガッカリ続きです。。。

夏のメイクには、こんな厄介なことがつきまとうものですが、世の女性のほとんどは承知のうえで、それでもメイクをして出かけるわけなのです。

夏には、メイク→化粧崩れ→メイク直し…、と悲しきループ状態を続けている方も多いのではないでしょうか?

そんな夏場のメイクに毎年参っている女性のため、当記事では汗にも負けず、メイク崩れしない方法や対策をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

汗は化粧崩れの主な原因の一つ!

「夏場のメイク崩れ」

その大きな原因は、

・汗

・乾燥

・皮脂の過剰分泌

以上の3つだと言われています。俗には『化粧崩れ三大要因』などとも呼ばれています。

これは、肌が乾燥してくると、肌水分を保護しようとして、身体から皮脂が通常よりも多く分泌され、分泌された皮脂とメイクとが混ざり合い崩れやすい状態になるという流れです。

オイルクレンジングを例にとると分かりやすいかもしれません。肌にオイルを乗せるとメイクが剥がれるように落ちるのです。

「メイクが浮く」とも表現することが有りますが、そんなユルユルな肌状態のところに、汗が流れてくれば、それはメイクが崩れるのも当然というわけです。

化粧崩れ

メイクをする前にやっておくこととは?

まずは夏の暑い時期、皮脂の分泌を抑えるのに効果的なメイク方法をご紹介していきましょう。

季節が『夏』以外であれば、おそらく汗は一時的なものとなり、崩れたときだけ化粧直しをするという手段も使えますが、夏になると、屋外に居続けるなどで、場合によっては汗が止まらない状況も有るでしょう。

ですから、汗が吹き出さないようにする方法や、仮に汗が吹き出してしまっても、予めメイクが崩れにくくなるようなメイクをすることが重要となります。

それでは順を追って、夏場のメイク方法を説明していきましょう。

まず朝のメイク前には、寝ている間に分泌した皮脂を洗い流すのために洗顔をします。

続いて、顔のスキンケアをしていきますが、その前に冷やしタオルで顔をひんやりさせましょう。

これは、身体(特に顔)が暑い状態では、顔から汗が吹き出しやすい状態であるため、せっかくのスキンケアやメイクを施しても、汗が吹き出してきて、メイクしている最中から既に崩れてしまうものです!

また、扇風機で風を当てたり、できるだけ涼しい場所(エアコンの効いている部屋)で、メイクをする場所の環境を出来る限り涼しく整えましょう。

要は、『身体が暑い状態でスキンケアをしない』ということです。


 

化粧水をたっぷりとコットンにとりなじませること。肌に水分を染み込ませるよう意識して、ここでは水分不足にならないようにしっかりと行いましょう。

先にも述べましたが、『乾燥肌』が化粧崩れの大きな原因の一つです。

普段の使っているスキンケア製品でも、効果を最大限に活かすようをしっかりと顔に塗ってあげてください。

夏場用に多く発売される、収れん化粧水を使って「毛穴」引き締める効果の高いパッティング(コットンでたたくようになじませる)をすると、皮脂が出にくくなります。

ひと手間になりますが、しっかりとスキンケアを行うことで崩れのないメイクを作れるのです。

 

化粧崩れを防ぐメイクをする時に注意すること!

スキンケアを終えた後には、続いてメイクを顔に施していきます。

崩れないメイクをするためには、汗や皮脂にも強い、特別な化粧品を選べばよいと思われるかも知れません。

それは『化粧崩れを防ぐ』という観点では、間違いではないのですが『汗でメイクが崩れない化粧品』も多様は禁物です。

その理由として、化粧崩れがしにくいように作られている化粧品は、肌にかかる負担が大きいと考えられるからです。

この様な化粧品を毎日使い続けていると、化粧崩れは防げるかもしれませんが、そのかわりに肌そのものが荒れてしまう可能性を秘めています。

やめたほうが良いとまでは言いませんが、使う場合には、

海に行く、BBQをするなど屋外で活動する時間の長い日や、デートで化粧直しをする時間が取れそうにない、そんな特別な日に使うようにしましょう。

 

メイクをする際には、まず化粧下地から塗っていきますが、ここでのコツは、ファンデーションも含めて薄めに塗ることが肝心です。厚塗りは崩れを招きます。

肌の様子を自身で認識して、乾燥気味である場合は保湿成分のある下地を、オイリー肌の場合は油分の調整が可能な下地を選ぶと、より化粧が崩れにくくなります。

更に大事なポイントとして、顔の部位ごとに化粧下地を使い分けるのもおすすめします。

顔の部位すべてが同じ質感である方は、そう多くないでしょう。

例えば、頬は乾燥しているのに、おでこや鼻のT字部分は油分が多いなど。

その場合、その部位に適した化粧下地で保湿かマットか使い分けましょう。使い分けでカバーしていくと、時間がたってもメイク崩れを防げます。

ファンデーションは、パウダリータイプとリキッドタイプが主なですが、メイクが崩れるのを防ぐならリキッドの方がおすすめです。

リキッドは、水分が含まれているので、肌が乾燥しにくく、皮脂が余分に出たり汗を留めてしまう心配がありません。

 

メイクの後の夏汗対策とは?

一旦メイクを施した後は、出来るだけ汗をかかないように工夫することが求められます。

そこで役立つのが、保冷剤です。

保冷剤

アイスなどを購入する際、添付して貰える小さなもので構いません。

タオルに包んでで首筋や脇に当てておくだけで、中の血管を通る血液が冷やされて全身に回り、身体全体を涼しくしてくれます。

汗が引く上に顔に直接触れないので、化粧を崩してしまわないのも大きなメリットですね。

万が一、それでも汗が吹き出してしまったときは、コンシーラーが役立ちます。

本来はシミなどのカバーが目的ですが、メイクが崩れてしまった箇所に叩くように当てて補うと綺麗に直りますよ。

あくまで応急措置ですが、化粧直しの時間がない時のために、バッグに1本入れておくと便利ですね。

 

おわりに

夏場のメイク崩れ対策、いかがでしたか?

化粧崩れ対策を振り返ってみると、スキンケアとメイクで共通しているのは、ポイントによって使い分け、的確に施すことですね。

化粧崩れが起きないようにケアしているにも関わらず、メイクが崩れてしまう方は、汗だけではなく、ケアの方法や、化粧品の使用量にも目を向けてみてください。

薬やサプリメントを多量摂取したところで、病気が早く治るわけではないように、メイクも適量を守ることが何より大切です。

これらをきちんと理解した上で、崩れにくい綺麗なメイクで1日を過ごせるようにしましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学