ハンセン病とは?病気の歴史や症状から現在まで患者差別が続く理由

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンセン


みなさんは、『ハンセン病』と呼ばれる病気を知っていますか?

直接ハンセン病の患者さんを見たことはないかもしれませんが、きっとテレビなどで”ハンセン病”という言葉を聞いたことはあるかと思います。

現代の先進国では確実に治療することができるハンセン病。

しかし実は、ハンセン病の患者や回復者に対する差別が、今も国際問題となっているのです。

ハンセン病とはどのような病気なのか。

そして、どうして社会的な差別が生まれてしまったのか?

当記事では、ハンセン病の歴史や現状について解説していきます。

[adsense]

ハンセン病ってどんな病気?

教える男性

そもそも、ハンセン病とはどのような病気なのでしょうか?

 

さっそくお話していくと、

ハンセン病とは、

らい菌

と呼ばれる細菌が皮膚や末梢神経の細胞に寄生することで発症する感染症のひとつです。

ちなみに、ハンセン病という名前は、この病気を発見した医師の

アルマウェル・ハンセン氏

の名前にちなんでいます。

 

このハンセン病の歴史は非常に古く、

紀元前2400年の文献には、エジプトやインド、中国で似たような症状の病気が記録されていた

との報告もあります。

ハンセン病の主な症状としては、

顔や手足などの皮膚が大きく変形

重症化すると、神経障害によって身体を自由に動かすことができなくなります。

このような症状に陥ってしまうと、体内から細菌を追い出して治療が完了したとしても、

皮膚の変形が後遺症として残ってしまう

おそれがあるのです。

しかし、現在はハンセン病の治療法が確立されており、早期発見・早期治療を施せば、

見た目には全く後遺症を残さず治療することが可能

なのです。

また、ヒトはもともとハンセン病に対する抗体を持っており、ハンセン病は

「もっとも伝染力が低い感染症」

とも言われています。

そのため、現代の日本で生活している限りでは、

ハンセン病に新たに感染する可能性や、その後遺症に悩まされることはほとんどありません。

 

ハンセン病が差別される理由

決して不治の病ではないハンセン病ですが、世界中ではハンセン病やその患者・回復者に対する迫害が、今も続いています。

そもそも、なぜハンセン病患者が差別されなければならないのでしょうか?

ハンセン病の差別の起源は、まだハンセン病に対する治療法が確立されていなかった

1800年代の終わりごろ

と言われています。

そもそも、当時は病気や医療に関する研究が発展していない時代であり、未知の病に対する治療法を確立できる状況ではありませんでした。

それに加え、ハンセン病の症状は、顔や手足の変形といった見た目にも大きな悪影響を与えるため、

  • 宗教的な観点から「穢れを持って生まれた」「前世で悪いことをした」という誤解
  • 性病の1つである梅毒と症状が近く、人間的に問題があるという誤認
  • 当時は治らない病気で身体も動かせないことから社会的に排除されるようになった

という歴史があります。

これらの誤解によって、ハンセン病患者の人たちは強制的に一般社会から隔離され、人里離れた島や僻地へ追いやられてしまったのです。

 

日本でハンセン病患者が差別された理由は法律!

ハンセン病が流行した1800年代は、宗教的な意味合いなど、現在では『くだらない!』としか言いようのない理由による迫害が、ハンセン病に関わらず多く存在していました。

しかし、日本でハンセン病患者が差別されていたのは、1800年代に限った話ではありません。

信じられないかもしれませんが、1931年から、さらに差別がひどくなってしまったのです。

その原因となった法律が、

『らい予防法』

です。

この『らい予防法』によって、ハンセン病患者の人たちは隔離施設へ強制収容されていました。

『らい予防法』は、これまで以上にハンセン病患者の差別を助長してしまい、

患者のみならず、患者の家族も結婚や就職ができなくなってしまった

という、差別と言うより、もはや迫害と呼ばれるほどの事態に発展してしまったのです。

 

この『らい予防法』は、1996年に『らい予防法の廃止に関する法律』が成立したことで廃止されました。

2001年には、裁判所から、国が患者に対して賠償を支払うべきだ、という判決が下っており、当時の小泉純一郎首相も謝罪をしています。

これを機に、少しずつハンセン病の正しい知識を広める活動が日本でも活発になってきました。

しかし、一度根づいてしまった悪い風評をかき消すことは、そう簡単にはできません。

さらに、世界に目を向けてみれば、インドなどの新興国を中心にハンセン病の患者は増え続けています。

現在も、なお迫害や差別が続いている国が存在している

のが現状です。

それにしても、法律がハンセン病患者の差別を助長していたなんて、あまりにもひどい話ですよね。

 

ハンセン病患者の差別をどう変えていく?

国連

これまで触れてきた内容で、ハンセン病を患っている人たち、あるいは後遺症に苦しむ人たちの長期に渡る迫害の歴史がわかったと思います。

しかし、これは決して過去の話ではありません。

ハンセン病の重い障害が原因で、

  • 十分な教育を受けられない
  • 社会に参加して働くことができない
  • 一家揃って差別されてしまう

といった社会問題が、現在も世界で起こっているのです。

これは、

ハンセン病から回復した人は、普通の人と同じように暮らせる立場にある

ということが十分に認識されず、漠然とした誤解が蔓延しているのです。

また、重度のハンセン病後遺症で手足が多少不自由なだけであっても、

「この人はハンセン病だから」

という理由で不当な扱いを受けてしまう…

そんなケースも起こっているのです。

世界的な問題になっていることから、現在、日本やフィリピンが中心となって、

「ハンセン病患者に対する差別を国際的な人権問題にするべきだ」

と働きかけを続けています。

ハンセン病そのものに対する問題は認知されても、治療後も続く差別に対しては、いまだ国際問題として認知されていません。

国連が働きかけることで、きっとハンセン病患者に対する差別も少しづつ減少していくはずです。

はやく国際社会がハンセン病のみならず、治療後も続く差別に対し、

「ハンセン病患者に対する差別をなぜ行うのか?」

と、問題提起をして、ハンセン病患者に対する差別撲滅に取り組んでほしいですね。

 

まとめ

今回は、世界中で差別の続くハンセン病の歴史を紹介しました。

ハンセン病自体を撲滅することももちろんですが、それに伴う社会的な差別意識をなくすことも、世界の重要な課題となります。

そのためには、医療関係者だけが努力するだけでは足りません。

われわれ一般人であっても、ハンセン病に関する正しい知識を身につけ、差別をなくすよう心がける必要があります。

本記事を通して、少しでもみなさんのハンセン病に関する勉強の手助けや、ハンセン病を知るきっかけになれれば幸いです。

ページトップへ