星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

一発屋芸人の現在の年収や評判は?営業とブレイク収入で一生安泰

投稿日

お笑い芸人の世界では、特に耳にする一発屋。

波田陽区・小梅太夫・ダンディ坂野など、いずれも面白い一発ネタを持っているものの、何故か、その後新たなネタがブレイクする事無く、今何をしているのかも分からなかったりします。

おそらく、彼らは営業などで頑張っているのだと思いますが、果たして、彼らは現在どのような暮らしをされているのでしょうか?

ネット上でも、何かと気にされている方もいらっしゃるそうですし、本記事で、彼ら一発屋芸人の現在の活動状況や、彼らに対する評判を探って行きます。

スポンサーリンク

アドセンス

お笑いブームを築き上げてきた一発屋達

(左から)波田陽区・小梅太夫・ムーディ勝山

(左から)波田陽区・小梅太夫・ムーディ勝山

美人女優・アイドルまでもお笑い芸人に好意を抱くほど、今やお笑い文化は定着していますよね。

8.6秒バズーカー、バンビーノ、くまむしなどのリズムネタを得意とするお笑いコンビをはじめ、時代を一世風靡していくお笑いコンビ・芸人はたくさん登場してきましたが、その中の多くが一発屋芸人として、テレビから姿を消す現象が起こっています。

"ギター侍"としてブレイクした波田陽区、独特のハイトーンボイスで歌い舞妓の姿で自虐的ネタを連発する小梅太夫、『なぁに~やっちまったな』でブレイクしたクールポコなど、非常に多くのお笑い芸人たちが一発屋として登場し世間を賑わせてくれましたよね。

しかし、いつの間にか彼らはテレビから姿を消してしまいました。

そんな一発屋芸人達が一斉に集まり、『第1回 一発屋オールスターズ選抜総選挙2015』と称して、人気投票を行うというのですから、一発屋もここまで来たら凄いモノです。

ちなみに現在分かっているだけでも、三瓶、ムーディ勝山、レイザーラモンHG、レギュラー、天津・木村などそうそうたる面々が出場される模様。

久しぶりに『あるある探検隊』『フォー!』など、当時懐かしいネタも見られると思えるだけに、懐かしさ満載のイベントになっていきそうですね。

近年、一発屋にまた関心が集まりだしているだけに、この中から誰が一発屋界のセンターに輝き、再ブレイクしていくのか非常に楽しみです。

 

一発屋たちの現状は?

OKサインの男性

現在のお笑いブームの火付け役という印象も与えた一発屋芸人たち。

お笑いブームが再びやってきたのは『M-1グランプリ』、『R-1グランプリ』、『キングオブコント』、『THE MANZAI』などのショーレースによるものと思われがちですが、意外と一発屋芸人たちも貢献しています。

特に、バラエティ番組『エンタの神様』でブレイクした小梅太夫や波田陽区などの一発屋芸人たちは、今人気の8.6秒バズーカーやバンビーノと同じくらい、当時は人気が高かったですし、正直いつの間に消えたのだろうという印象さえ受けます。

ところで、この一発屋芸人たちは現在どんな活動をされているのでしょうか?

『なんでだろう』の一発ネタでブレイクした『テツandトモ』は、テレビからは姿をほぼ消しているものの、地方営業で稼いでいるらしく、今でも鉄板ネタとして人気があるという話をよく耳にします。

その他の一発屋芸人たちも地方営業を中心に活動している方が大半の模様。

ただし、全ての一発屋芸人が地方営業などをして、今でも芸人としての活動をしているかというとそうではなく、中には、一発屋でブレイクしたことで得られた収入を貯蓄して、それを元手に飲食店をオープンして、経営されている方もいるそうです。

これは、お笑いコンビバナナマンが語っていたことですが、一発屋芸人って私達の想像をはるかに超える収入を短期間で稼いでいるらしく、特に目立った贅沢をしなければ、すでに一生分の生活費を稼がれているというのです。

もちろんこの短期間で得られた収入に対する税金も半端無く、最悪、収入の半分が税金で持っていかれるなんてこともよくある話だとか…

収入も安定しない芸能界であるだけに、客観的にみて一発屋で終わってしまい、かわいそうに見えるものの、実は全くそんなことは無く、その時の収入を元手に違う道を歩むことも可能なので、一発屋でもブレイクすることは、嬉しい事に違いないのでしょうね。

 

一発屋に対するファンの評判は?

今やテレビでほとんど見られなくなった一発屋芸人たちですが、彼らに対するファンの評判は、意外にも考えていた以上に低いわけではなかった模様です。

先程もお話したように、『テツandトモ』のように今でも人気がある一発屋芸人は多くいらっしゃいますし、彼らが地方営業で、オリジナル携帯ストラップなどのグッズ商品を販売すると意外と売れるというのです。

一発屋芸人と言っても、主戦場がテレビの世界から地方営業に移っている方が大半で、今後の活動もそれほど悲観することも無いみたいですね。

ただ、ブレイク時に比べて収入が激減することによって、悲しいことに離婚を経験された一発屋芸人もいらっしゃるようですし、もうすでに芸人を辞めてしまっているという方もいるみたいなので、誰もが今でも人気があるというわけではありません。

あくまで、一部の芸人にのみ当てはまる話で、『ジョイマン』のように「サイン会に誰も集まらなかった」という悲しい例もあるので、悲喜こもごもといったところなのでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

お笑い芸人達の中で、一瞬、大ブレイクしていったものの、いつの間にか消えてしまった一発屋芸人たち。

今年また彼らに注目が集まる様になり、今年『第1回 一発屋芸人オールスター総選挙』まで開催されるというのだから、なんともすごい話ですね。

一発屋のブレイク時の収入も半端なく、当時の収入を元手に飲食店を経営されている人もいるそうです。

また、当時のネタを武器に地方営業で更に稼いでいるなんて方もいるらしく、意外と一部の一発屋芸人たちに対しては人気・評判も高いと言われています。

はたして今回の総選挙では誰が1位になるのでしょうか?また再ブレイクはあるのか…

今後の展開・彼らの動向に期待したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人