星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

メトロイドプライムフェデレーションフォースの評価が悪い理由

更新日

任天堂の人気シリーズのひとつである『メトロイド』。

新作として2016年に発売された『メトロイドプライム フェデレーションフォース』ですが、日本では

初週売上がわずか4000本

の大コケに…。

さらに世界では、発表直後『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の制作中止を求める署名活動まで行われるほどの大炎上状態でした。

一体何なぜ、任天堂の『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が、ここまで評判が悪くなってしまったのでしょうか。

当記事では、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の評判や評価が悪い理由と、炎上してしまった原因について調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が炎上!

日本国内でも軒並み不評で、海外からは大ブーイングで大炎上という事態になってしまった『メトロイドプライム フェデレーションフォース』。

『メトロイドプライム』は、第1作目がゲームキューブで発売され、これまでのメトロイドシリーズのような2Dアクションゲームとは異なり、3DのFPSという内容です。

新たな形での『メトロイド』シリーズということで好評を博し、その後も『2』、『3』、『ハンターズ』と発売され、

『メトロイドプライム』シリーズ

として発展してきました。

その『メトロイドプライム』シリーズとして、2016年8月に発売されたのが、

『メトロイドプライム フェデレーションフォース』

です。

この『メトロイドプライム フェデレーションフォース』、実は…

タイトル発表時から、大批判の嵐だった

という、悲惨な運命を辿っています。

その批判の始まりは、トレーラーがYoutubeにも投稿された時のことです。

その評価欄がなんと、動画公開当時は

低評価の数が高評価の10倍!

となっていて、

「この評価は任天堂の動画では初めてではないか?」

というほどの低評価の嵐だったのです。

コメント欄には、海外ユーザーの激しい怒りの声が並んでいて、

「名前を変更してくれ!これをメトロイドと呼ぶことはできない…とても悲しいよ」

「任天堂さん、残念ながらこれは人々が望んでいるものではない」

「こんなのiPhone向けの100円で買えるゲームレベルじゃないか」

と、もはやブチギレ状態…。

ユーザーの怒りはこれだけに留まらず、なんと『メトロイドプライム』新作の開発中止を求める署名活動にまで発展したほどでした。

これだけを見ても、既に『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が望まれていない作品だったことがわかりますよね。

では、発売後の評価はどうだったのでしょうか?

 

『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が低評価の理由!

さて、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の発売後の評価はどうなっているのでしょうか?

ネット上での反応を調べたところ、とても興味深い傾向が見られました。

というのも、

『メトロイドプライム』として見ると最低だが、シューティングゲームとしてならそれなりの出来である

という評価が多かったのです。

ただ、これはつまり、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』というタイトルとしては低評価と言わざるを得ないのでしょうね。

事実、初週売上4000本というのは、『メトロイド』シリーズの前作『メトロイド アザーエム』から比べると、

10分の1

でしかないのです。

では具体的に『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が低評価な理由はなんだったのでしょうか?

低評価に繋がった批判の中でも、とくに多かった2つの理由を紹介していきましょう。

低評価の理由1 メトロイド要素が薄すぎる

メトロイドプライム

『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が低評価となっている最大の理由はなんといってもこれです。

『メトロイド』とタイトルにつける必要性はあるの?

というレベルで『メトロイド』要素が薄いことです。

確かに、探索型のシューティングゲームという点では、『メトロイドプライム』らしさがあるとは思います。

しかし、

  • 『メトロイド』シリーズの主人公であるサムス・アランはわずかに少し登場するだけ。
  • 『メトロイドプライム』要素はストーリーにわずかに散りばめられているだけ。

例えるならば、

『メトロイドプライム』のストーリーの裏を体験しているようなもの

というゲームであって、

「『メトロイド』シリーズにしたいし、少しだけそれっぽい要素を入れておこう」

と、強引に『メトロイド』シリーズにするために組み込んだとしか思えないのです。

低評価の理由2 グラフィックの酷さ

メトロイドプライム

そして、低評価の2つ目の原因に、

とてもニンテンドー3DSのゲームとは思えない手抜きのようなグラフィック

であることです。

デフォルメされたロボットのようなキャラクターデザインと、ゲーム内のグラフィックが、まるでニンテンドーDS並みに感じるほどひどいのです。

もともと任天堂のゲーム機というのは、他社のゲーム機に比べてグラフィックは劣っている傾向にあるのですが…。

今回のファンの反応では、そういう問題以前のところだと伺えます。

人によっては、

「まだDSの『メトロイドプライムハンターズ』のほうがグラフィックよかったな…」

という厳しい意見すら聞かれるほど。

 

今回の『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の価格が、2,000円程度のゲームだと言うのであれば、ある程度納得してもらえるかもしれませんが…。

その他のニンテンドー3DSソフトと同じフルプライスでこのクオリティだと、

「手を抜きすぎ」

と批判されるのも仕方ないと思います。

 

『メトロイドプライム フェデレーションフォース』に関しては、あまりにも批判が多すぎたので、とくに多かった声だけの紹介に留めました。

それにしても、ここまで『メトロイドプライム フェデレーションフォース』が酷い状況だと、

「これは炎上しても仕方ないかも…ファンがかわいそうだ」

と、『メトロイド』ファンに同情したくなってきます。

 

正直なところ、ゲームシステム自体は、

「操作を覚えるのに時間がかかる!」

という不満こそあれど、

「『メトロイドプライム』じゃなくて、ただのシューティングゲームなら割といい線いってるのに」

「『メトロイド』ブランドにしないほうが絶対売れてたな」

と、一定の評価はされています。

結局のところ、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』最大の失敗は、

『メトロイド』にしてしまったこと

これが、低評価を招くことになったと見てよさそうです。

しかも、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の設定が生まれた経緯が、

プロデューサーの田邊氏がずっとやりたいと思っていたから

という理由らしく、プロデューサーのやりたいことをやった結果がこれ。

せめて、

『外伝』

この2文字があれば、また異なる『メトロイド』シリーズと認識してもらえたかもしれないだけに、今回の任天堂の対応は残念でなりません…。

 

おわりに

久しぶりの『メトロイド』新作となった『メトロイドプライム フェデレーションフォース』。

あまりにも『メトロイド』要素が薄く、大批判の嵐…。

その批判の多くが

「『メトロイド』という名前をこのゲームから外せ」

というものです。

本当に、なぜ任天堂はこのゲームを『メトロイド』にしたのでしょう?

ここまで『メトロイド』要素を薄くするのなら、

「せめて『外伝』の2文字くらい入れればよかったのでは?」

と思えてしまいます。

前作『メトロイド アザーエム』の10分の1にしかならない売上だったわけですし、発売前のみならず、発売後も大コケだったと言っていいでしょう。

任天堂には、この反省をしっかり次に生かしてほしいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム