星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

柏木由紀に尾木ママが激怒で批判の理由とは?ネットの評判も紹介

更新日

AKB48のメンバー:柏木由紀さんが、先日、手越祐也さんとの過去のスキャンダルを週刊文春にスクープされた話は、本ブログでも記事にしているぐらいですし、おそらくご存知の方も多いと思いますが、この話に対してなのか、尾木ママが自身のブログで噛み付いているそうです。

手越祐也がモテる理由は肉食系?過去の彼女・熱愛遍歴をチェック

尾木ママといえば、明石家さんまMCの情報バラエティ番組『ホンマでっかTV』などにも出演し、よく知られる日本の教育評論家で穏やかな方ですが、彼は一体どんな風に柏木由紀さんを批判しているのでしょうか?

そもそも批判の理由も分かりませんし、ネット上での評判も気になりますので、その辺の真相を本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

尾木ママが柏木由紀に噛み付いったって本当?

尾木ママが柏木由紀に噛み付いた!

尾木ママ

尾木ママ

筆者は、尾木ママが柏木由紀さんと情報番組で共演していた過去も知っていますし、噂などで彼が彼女のファンであったという話も耳にしているので、どう考えてもあの温厚な尾木ママが彼女をバッシングするなんて想像が出来ませんでした。

そこで、今回話題になっている尾木ママのブログを見ていると、『柏木由紀』と名指しこそしていないものの、現在のアイドルに対して痛烈に批判していることだけは明らかにわかります。

そもそも尾木ママのブログの記事の冒頭で、『アイドルのトラブル』と大々的に書き綴り、

「アイドルがファンを裏切り熱愛スクープされてしまったことに対して何も説明なく、シラ~っとスルーしてしまう行為はありえない」

というようなことまで語っています。

しかも、わざわざ『カエルの面にしょんべん(水)』という諺まで使って批判したのです。

ちなみに、『カエルの面にしょんべん(水)』という諺の意味は、カエルが水やしょんべんをかけられても特に気にすること無く、全く平気でいる様子から、カエルのようにどんな誹謗中傷を受けたとしても全く気にすること無くスルーしていることを意味します。

つまり、柏木由紀さんが裏でこういう熱愛スキャンダルを起こしておきながら、何も気にすること無く、選抜総選挙後に『来年頑張ります』と言い放っていることに対して、尾木ママが痛烈に怒っていることを物語っているというわけです。

まぁ、恋愛禁止条例という鉄の掟がある中で、手越祐也さんと恋愛していたというのですから、その事に対しては裏切り行為とも受け取られるでしょうし、説明責任はあると筆者も思います。

しかし、アイドルであっても一人の人間ですし、恋愛だってするのが普通です。

何か罪を犯したというのであれば大問題ですが、いくら神対応の柏木由紀とはいえ、そこまで説明責任を押し付けるのが、ファンのあるべき姿として好ましいのかどうかも疑問です。

人間誰だって恋愛もするし結婚もします。

ファンだったらあえて、柏木由紀さんを応援してあげたいと考えてあげるのが、あるべき姿ではないでしょうか?

もちろん、直接柏木由紀さんに説明はして欲しいと思うことに何も間違いはありませんし、それもファン心理として自然な姿です。

ただ、今回は週刊文春によるジャニーズ事務所への報復行為という話もあるだけに、柏木由紀さん単独で下手に行動を取れない部分もあって、かなりややこしいことになっているのだと思います。

ましてや、この柏木由紀さんの熱愛に関する記事は、1年も前の話ですし、それを今更取り上げてあれこれ言われても、どうしていいのかわからないというのが正直なところなのでしょうね。

恋愛禁止条例があるにも関わらず恋愛してしまった柏木由紀さんには、何らかの落ち度があったことに違いないでしょうが、対象が過去の話であるだけに、さらにスルーせざるを得ない部分もあって、なんとも話がややこしくなっているように、筆者としては感じた次第です。

 

尾木ママが柏木由紀を批判した理由は?

柏木由紀

柏木由紀

先程も触れたとおり、あの温厚な尾木ママが、自身のブログを用いて、痛烈にアイドル批判されている異様な光景を目の当たりにして、筆者としても驚きを隠せません。

それも、名指しこそしていないものの、相手が柏木由紀さんのことだと明らかに分かる内容であったわけですから、ただただ驚くばかりです。

ただ、尾木ママも一人の人間であることに違いありません。

尾木ママ自身、柏木由紀さんのファンであっただけに、ファン心理の一つとして、過去に起こっていた熱愛スキャンダルに対する説明がなされていないことと、その事にスルーしている彼女の態度に激怒してしまったのでしょう。

仮にも恋愛禁止条例がある中で、柏木由紀さんはその条例に背いて熱愛してしまったわけですから、ファンへの裏切り行為という風に受け取られても仕方ありません。

ファンとしては、それでも柏木由紀さんを応援するのがあるべき姿ですが、ファン心理としては裏切られたという気持ちが芽生えるのも分かりますし、なんとも複雑です。

普段は、何かと温厚で教育に関して熱く語る尾木ママなのですが、週刊文春がスクープした1年も前の熱愛スキャンダルに関して、この1年間、恋愛禁止条例を破っていたことに何の罪悪感も抱かずに過ごしていたことに対して怒りを覚えていたのでしょう。

そして、未だに柏木由紀さんから何の説明も無いというこの状況が、尾木ママがブログで批判する最大の理由となっていると筆者は思いますよ。

 

ネットユーザーたちの評判

ネットユーザーたちが、今回、尾木ママのブログで、名指しこそしていないものの、明らかに柏木由紀さんに対して批判していると思われる一件に関して、ネットユーザーはどのように感じているのでしょうか?

いろいろ探ってみたところ、やはり賛否両論といったところに落ち着いているようです。

柏木由紀さんの熱烈のファンの人の中には、元祖神対応キャラとしてファンになっているのに、結局は熱愛スキャンダルを巻き起こし、ファンに対する説明も殆ど無く『裏切られた』という意見を言う方もいらっしゃいました。

一方では、こういう話は直接柏木由紀さん本人に言えば良い話で、

「何故、共演経験もある尾木ママが、ブログで一方的に批判しているのか?」

と、尾木ママに対して、批判されている方もいらっしゃいます。

そのため、何かとネット上では盛り上がりを見せている感が高まり、一部で噂されていた週刊文春のジャニーズ事務所への報復行為が、結果的に出来上がりつつあるような印象も受けています。

とはいっても、傷つくのは柏木由紀さんだけで、ジャニーズとしては報復されたとも思っていないどころか、炎上商法の一つとして知名度が上がれば嬉しいくらいにしか思っていないのかもしれませんね。

本当に今回の熱愛スキャンダルで、『一体誰が得したのだろうか?』と考えてしまうような現象が起こっています。

このネットユーザーの反応・評判を見聞きしたことでも、芸能人の過去の熱愛をそのまま流すだけと言うのは、『意味が無い』と改めて痛感したような気がします。

ネットで、ブログなどでこういったスキャンダルの話をする人は多いですが、ひとつの注意として、過去の熱愛を持ち出す際には、あくまで対象人物の今を語る上でのスパイスとして取り上げるようにしたいものですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

柏木由紀さんを名指しで批判しているわけではないものの、尾木ママがブログの中で、明らかに彼女の1年前の熱愛を描いたスクープに対して、批判しているような記事が見受けられました。

どうやら、熱愛に対する説明がなにもなく、なにげにスルーしている態度が気に食わずに批判したみたいですが、そのことに、直接言わないのはちょっと卑怯とまで批判する人、よく言ってくれたと賛辞を贈る人など、まさに賛否両論のネットユーザーの反応でした。

ただ、現在進行形というわけではなく過去の熱愛に対してあれこれ言うのは野暮だと思いますし、ファンとしては、写真週刊誌の情報に躍らされること無く、暖かく見守っていきたいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB