星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

モンスター娘のいる日常のキャラクター設定とアニメ声優をチェック

更新日

オカヤド氏による漫画作品『モンスター娘のいる日常』。

この『モンスター娘のいる日常』は、2015年の夏アニメとしてアニメ化もされたことがあります。

では、アニメ『モンスター娘のいる日常』では、どんな声優陣が個性豊かなキャラクターを演じたのでしょうか?

当記事では、『モンスター娘のいる日常』のストーリーや、アニメのキャラクター声優について調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

2015年夏アニメ『モンスター娘のいる日常』

『モンスター娘のいる日常』は、月刊『COMICリュウ』にて、連載のオカヤド氏による漫画作品です。

元々は、インターネット上の電子掲示板である

PINKちゃんねるに投稿されていた1ページ漫画

だったそうです。

徐々に投稿漫画の人気が上昇していき、アンソロジーコミックス『けもも』の第2巻に読みきり版が掲載されたことで、商業誌へ進出することになりました。

掲示板での投稿作品が漫画化・書籍化となるのは『まおゆう魔王勇者』などに似たケースではないでしょうか。

こうしたインターネット上での漫画投稿が出版関係者の目に留まり、デビューに成功する例が近年では増えてきています。

創作活動をしている人にとっては、プロデビューの新たな入り口として重宝される…。

ということになっているのかもしれませんね。

 

『モンスター娘のいる日常』のストーリー

それでは、『モンスター娘のいる日常』はどのようなストーリーとなっているのか?

その内容を簡単にご紹介します。

物語の舞台は現代日本。

これまで日本政府によって隠され続けていた亜人種の存在が公表され、世間への公表と共に『他種族間交流法』が制定されます。

この『他種族間交流法』によって、日本は多種族との交流が始まることになるのです。

ちなみに、亜人種というのは

人間に近い姿をしたモンスター

のことを指します。

例えば人魚やハーピィ、ドワーフといった種族のことですね。

これまで多種族と全く関わりがなかった主人公・来留主公人(くるす きみひと)は、ある手違いからラミアの少女・ミーアをホームステイさせることに。

それをきっかけに、来留主公人の家には続々と多種族の少女達がやってくることとなり、来留主公人は文化の違いなどに苦悩するものの、ドタバタな同居生活を送っていく…

というストーリーとなっています。

『モンスター娘のいる日常』のストーリー自体は、よくあるハーレム日常ラブコメという感じですが、

ヒロインが人間外種族である

ということが、これまでのハーレムラブコメとの最大の違いでしょうね。

 

『モンスター娘のいる日常』のキャラクター声優を紹介

続いては、『モンスター娘のいる日常』のキャラクターと、キャラクターを演じた声優を紹介します。

来留主公人(CV:間島淳司)

今作の主人公で、最近のラブコメモノに多いごく普通の青年です。

両親が海外に住んでおり、1人暮らしをしている

というありがちな設定も備えています。

人間外の他種族に対して偏見や差別をしていないということから、後述する墨須によって他種族間交流法のホストファミリーにされてしまいます。

モンスター娘達の暴走で散々な目に遭うことが多いのですが、それにも関わらず、激しい怒りや非難することのない好青年。

時には法律によって人間に手を出すことのできないモンスター娘に代わって、他種族に対する差別的言動をする相手に鉄拳制裁をするなど、熱い一面も持っています。

アルバイトをしているようですが、正式な年齢は明かされていません。

公人のCVを担当するのは、声優の間島淳司さん。

『これはゾンビですか?』の相川歩役や、『一週間フレンズ。』の井上潤役などで有名です。

ミーア(CV:雨宮天)

来留主家に最初にホームステイとしてやってきたラミアの少女。

手違いでやってきてしまったため、来留主家は本来のホームステイ先ではなかったのですが、結局ミーアの希望により来留主家でホームステイをすることになります。

ラミアなので下半身が蛇の姿をしており、それが原因で周囲の人間からは敬遠されたりしていました。

そのため、偏見を全く持たずに接してくれた公人に好意を抱き、公人を

「だぁりん」

と呼び、積極的にアタックします。

時に愛情が暴走し、公人に怪我をさせてしまうほどです。

全長は7メートル

ほどあるそうで、そんな少女がホームステイするのですから、

『家を改装しなければ…』

というのも頷ける話です。

ミーアのCVを担当するのは、声優の雨宮天さん。

『一週間フレンズ。』の藤宮香織役や、『七つの大罪』のエリザベス役などで有名です。

パピ(CV:小澤亜李)

パピ

来留主家に2番目にやってくるハーピーの少女で、翼を広げると

全長は4メートル

にもなるそうです。

逃亡の常習犯だったため、ホームステイの引き取り先が見つからなかったところで、来留主家がホームステイを押し付けられる形でやってきます。

天真爛漫な性格で、

3歩歩くと覚えたことを忘れてしまうほどの鳥頭

のため、他種族間交流法についても全く理解していないとのこと。

パピのCVを担当する声優は、小澤亜李さん。

『月刊少女野崎くん』の佐倉千代役で有名ですね。

セントレア・シアヌス(CV:相川奈都姫)

セントレア・シアヌス

セントレアは、ケンタウロス族の少女です。

自らが仕えるべき運命の主を探し求め、街中を走り回っていたところで公人と出会います。

この時、ひったくり犯から自らを庇ってくれた公人に感激し、来留主家の3番目のホームステイメンバーとなります。

騎士の家系に生まれ、騎士としての教育を受けてきたため、モンスター娘の中では常識人。

しかし、種族としての本能が存在しているため、時に本能による暴走をしてしまうこともあるのだとか。

常識人でありながら、純粋な乙女であるという、とても可愛らしい一面を持っているところが筆者的にはお気に入りです。

セントレアを演じるのは、相川奈都姫さん。

このセントレア役で初めてのメインキャストを演じたという若手声優です。

スー(CV:野村真悠華)

スー

密入国してきたと思われるスライムの少女…とはいうものの、どんな形にも変形できるため少女と言っていいのかは微妙なところです。

相手の声を本人そっくりに再現したり、触手で触れた相手の思考を読めるといった特技

を持っています。

他種族間交流法による留学生ではなかったため、本来ならば強制送還されるところを、後述するキャラクターの墨須が

「面倒だ」

という理由で見て見ぬ振り。

そのまま4人目のホームステイメンバーとなりました。

密入国だったので、人間社会の常識などを全く知らない状態ということもあり、最初はほとんど話すこともできませんでした。

パピによって名づけられた『スー』が名前として定着します。

身体が乾燥すると水分を求め、水に濡れた相手に襲い掛かることがあるそう。

水に濡れず、彼女を乾燥させた状態にしないようにする必要がありそうですね。

スーのCVを担当するのは、野村真悠華さん。

野村真悠華さんも、まだあまり出演数の多くない声優ですが、その危ない発言の数々から、

『事故物件』

という呼び名も。

メロウヌ・ローレライ(CV:山崎はるか)

メロ

人魚の少女で、自らのことは『メロ』と呼ばせているようです。

5番目のホームステイメンバーですが…。

これまでのメンバーは手違いやなりゆきによってホームステイする…

ということが多かった中、来留主家でホームステイすることが当初から決まっていたという珍しいケースです。

人魚であるため下半身が魚であり、地上の歩行が困難なため、普段は車椅子で移動しています。

そして、ゴスロリの水着を普段着として着用。

人魚世界のベストセラー『人魚姫』の影響で"悲恋"に憧れており、

『本妻に対する愛人の立場になりたい』

という、ちょっと変わった夢を持っているそうです。

メロのCVを担当するのは、声優の山崎はるかさん。

『ハヤテのごとく!』の水蓮寺ルカ役や、『アイドルマスターミリオンライブ!』の春日未来役などで有名です。

ラクネラ・アラクネラ(CV:中村桜)

ラクネラは暗い過去を持つ、人間に対し懐疑的になってしまったアラクネの女性です。

加瀬木経由で公人について知り、とある事件によって公人のことを気に入ったため、墨須との交渉で来留主家6人目のホームステイメンバーとなります。

クールな現実主義者でありながら、面倒見のよい一面も持っているため、来留主家の姉的存在。

見た目が見た目だけに、確かに敬遠されがちなのも頷けてしまうのが悲しいところです。

しかも、ラクネラ本人は、人間がそういった思考になるのも仕方ないと理解しているところが、心に刺さります…。

そんなラクネラを演じるのは、声優の中村桜さん。

『ハイスクール・フリート』の万里小路楓などが代表作です。

墨須(CV:小林ゆう)

スミス

他種族によって構成される特殊部隊『MON』のリーダーを務める女性で、同時に他種族間交流コーディネーターでもあります。

コーディネーターとしてはとてもいい加減ですが、いざ仕事となるとしっかりこなすため、無能というわけではなさそうです。

そんな墨須のCVを担当するのは、声優の小林ゆうさん。

『進撃の巨人』のサシャ・ブラウス役や、『銀魂』の猿飛あやめ役などで有名ですよね。

しかし、どちらかというと、奇怪な絵を描く『画伯』としてのほうが有名かもしれません。

 

まとめ

元は掲示板に投稿されていた1コマ漫画だったという『モンスター娘のいる日常』。

それが正式に出版漫画となり、そしてアニメ化まで至ったのはすごいことですよね。

アニメでのキャラクター声優は、若手中心なので、あまり豪華とは言えませんが…。

ただ、今後ブレイクが期待される声優が多いのではないでしょうか?

ある意味、この作品を抑えておくと、ブレイクする声優を事前に知っておくことができるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ