星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

マッドマックスのストーリーは?面白く人気の理由は過激な演出!

投稿日

スター・ウォーズ、ハリー・ポッター、007、アベンジャーズなど、海外映画の人気シリーズ作品と呼ばれるものは数多く存在し、その中でもスター・ウォーズや、アベンジャーズなどは、2015年公開予定されている作品もあるため、今再び洋画が何かと注目されているようです。

その海外映画の人気シリーズ作品の一つとして、2015年に最新作が公開された映画作品が『マッドマックス』です。

知っている方の中には、

「今頃名で放映しているの?」

と『マッドマックス』最新作の今更の公開に首をかしげている人もいるみたいですが、いざ封切りしてみると、かなりストーリーが面白いようで、大人気という話です。

一体『マッドマックス』のなにが面白いのでしょうか?

今回は、『マッドマックス』の面白さの理由や、シリーズ最新作のストーリーなど気になる情報を、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

往年の大ヒット映画『マッドマックス』大復活!

マッドマックス

マッドマックス 怒りのデスロード

みなさんは1979年に放映された映画『マッドマックス』をご存知でしょうか?

往年のファンならともかく、今の若い世代の方達は、当時と世代が全く異なるので、かつて『マッドマックス』が映画公開されていたことを、きっとご存じないと思います。

この『マッドマックス』という映画は、近未来の荒廃した世界設定であり、その世界の暴走族に家族や友人を奪われた主人公:「マッドマックス」が、その暴走族たちに復讐するための戦いを繰り広げていくという、オーストラリアのアクション映画です。

一部の『マッドマックス』ファンの間では、北斗の拳をたとえに出して説明されている方もいらっしゃるらしく、まさに暴走族とそれを過激に取り締まる警察とのバトル物と想像すれば、単純で分かりやすいと思います。

海外では、映画『ターミネーター』のようなバトル物・アクション映画は数多く、『マッドマックス』もその中の1作品として、当時非常に注目されていたそうです。

そして、2015年にシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開され、また往年のファンだけでなく、若者のファンも引き連れて、大注目されているというのです。

今回は、主演も、これまで演じてきたメル・ギブソンからトム・ハーディに変わり、また新たな『マッドマックス』として装いも新たに映画公開されているそうなので、往年ファンだけでなく、これまで全く『マッドマックス』を見たことのない若者でも十分楽しめる作品となっています。

最近は、過激なアクション映画は、珍しくなってきましたし、そんな時だからこそ若者たちも壮絶なアクション映画に惹かれているのかもしれませんね。

 

マッドマックスの気になるストーリーは?

さて、何かと気になるマットマックス最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のストーリーを簡単ながらご紹介します。

放射能汚染によって広大な砂漠化となってしまったウェイストランドで、家族や友人を失い失意のどん底に落ちたマックス(役:トム・ハーディ)は、イモータン・ジョーが率いる暴力武装集団『ウォーボーイズ』にとらわれ監禁されてしまいます。

マックスは、核物質のために長く生きることができない『ウォーボーイズ』の面々のために血を提供させられ、マックスの他に監禁させられた人達も、奴隷や家畜の様な扱いを受けてしまい、太った女性たちは、無理やり胸を搾乳器で絞られ、彼らが飲む母乳を搾り取られてしまう始末。

そんな恐ろしく絶望すら感じる生活の中で、一人の裏切り者:インペラトル・フリオサ(役:シャリーズ・セロン)が現れます。

マックスとフリオサ

マックスとフリオサ

イモータン

イモータン

彼女は、イモータンからガソリンを運ぶように命じられていたものの、別のところに運び出し、タンカー・トレイラーに乗り込み、イモータンに監禁されていた5人の美女と共に脱走しようと企てます。

一方、フリオサたちを捕まえようと、イモータンは追っ手を送りますが、その追っ手として名乗り上げたのが、イモータンの支配下にいたニュークス。

彼は、マックスが血を提供していた人物で、マックスを引き連れてフリオサを追跡することになります。

その後、フリオサは、ニュークス達が追跡する車に何度か激突され、接近されながらも何とか逃げ延び、さらにフリオサは、"ニュークスを裏切り敵対関係になったマックス"と手を組み、イモータンに敵対していくことに…

カパブルとニュークス

カパブルとニュークス

そして、ニュークスの2度目の追跡で再びトレイラーに接近した際には、トレイラーの中にいた美女:カパブル(ライリー・キーオ)とニュークスが恋に落ちて、フリオサたちを助けるため、これもまたイモータンと敵対することになります。

マックス、ニュークスと仲間を増やしたフリオサたちは、イモータンからの追撃をかわし、本当の意味で地獄からの脱出を果たすことができるのか…

以上が、簡単な『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のストーリーです。

今回は、完全に装いが新たになった『マッドマックス』完全新作として、ストーリーが展開されていき、これまで以上にアクションシーンも過激になっているということなので、いろんな意味で楽しみな作品になっているといえるでしょうね。

気になる方は、ぜひ劇場に足を運んで、ご自身の目でその過激さ・面白さを体感してみてくださいね。

 

今回のマッドマックスが面白く大人気の理由は?

今回のマッドマックスシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、6月20日に公開されたばかりの映画作品なのに、早くも多くの人達から

「面白くて素晴らしい」

と拍手喝采の評価を得ていると話題になっているようです。

やはり、面白さの最大の要因は、そのアクションシーンの過激さにあるといえるでしょう。

マッドマックス

マッドマックス

車の爆破が絶えず、人が爆風で飛び上がっているシーンなども多彩に見られ、ギターから何故か炎が噴射し、もう何でもアリの世界が盛大に繰り広げられています。

映画『TAXI』シリーズのカーチェイスも、常識では考えられないアクションシーン満載でしたが、恐らくそれ以上の非常識ぶりを発揮し、映画だからこそ楽しめる世界観が描かれていて、いろんな意味で新たな感動を生んでいるのだと思います。

この『マッドマックス』を見ていた多くの方が、

「撮影にCGを使っていなければ間違いなく大事故が起こるだろう」

と感想を述べているらしいのですが、実際にはCGは使っていないそうなので、まさに奇跡的映画ともいえそうですね。

いつの時代も、過激なアクション映画は何かと人気で、観客動員数も、最近の人気アニメ映画『ラブライブ! The School Idol Movie』を抜いて、1位におどりでたという話ですから、その人気ぶりは相当です。

『マッドマックス』ファンとしては、ぜひ、このまま大人気映画として突っ走ってほしいと願います!

 

まとめ

いかがでしたか?

メル・ギブソン主演の往年の人気映画『マッドマックス』が、トム・ハーディに主演が入れ替わり、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』として装いも新たに2015年6月20日にスクリーンに帰ってきました。

暴力武装集団『ウォーボーイズ』と、彼らに対抗するフリオサと、主人公マックス達一部の反乱軍の壮絶なバトルが描かれたストーリーとなっているそうです。

ともかく過激なアクションシーンが満載で、映画観た多くの方が面白いと大絶賛されているそうです。

常識では考えられないアクションシーンの数々に完全に魅了されているらしく、『ラブライブ!』劇場版の観客動員数を抜く快挙を成し遂げているという話もあります。

『マッドマックス』は、現在それだけ人気の作品なので、映画公開中の間に一度は機会を設けて観てみましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画