星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

フジテレビの視聴率が悪い理由や原因!過去のやらせ番組の内容とは

更新日:


フジテレビの番組は、他のキー局と比較して、最近は視聴率が悪いという噂が絶えず流れていますよね。

ただ実際のところ、フジテレビの視聴率が悪いという話は、一部の番組だけだと思います。

ただ、ここ数年はことごとくフジテレビの新番組が失敗に終わり、時にはテレ東以下の数字を叩き出すこともあるわけで…。

完全にフジテレビは凋落したとみても良いのではないでしょうか?

そこで当記事では、フジテレビの番組の視聴率が悪い原因や、過去にやらせが発覚した二つの番組紹介していきましょう。

スポンサーリンク

フジテレビの視聴率が悪い理由

現在のフジテレビは、過去の栄光はどこへやら、常に低視聴率に悩まされ、完全に落ちぶれてしまった印象があります。

では、なぜ現在のフジテレビは、ここまで視聴率が悪いのでしょう。

その理由・原因をいくつか調べると、

現在の問題と、過去の問題

これらが積み重なった結果だとわかりました。

まずは現在の問題。

これは、一番の理由は、

視聴者との距離に隔たりがある

というに尽きるでしょう。

ドラマにしても、

  • 内輪だけで盛り上がる
  • 過去の栄光を引きずりすぎている

など、現在の視聴者層に合わないドラマを制作してしまうため、視聴率が振るっていません。

その他では、情報番組などがいい例ですね。

フジテレビは『笑っていいとも!』を終了させ、『バイキング』という視聴率低迷の謎の情報番組を開始。

さらには『ごきげんよう』を終了させ、昼ドラ枠さえも打ち切って、『バイキング』、『直撃LIVE グッディ!』の枠を伸ばしました。

これにより、平日昼は、

『バイキング』→『グッディ』→『みんなのニュース』

という並びに。

さらに

4時~19時まで似たような情報番組をぶっ続け


次のページへ >

-テレビ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.