星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ディズニーランド&シーは自撮り棒禁止!その理由と対策をチェック

更新日:

カメラ撮影に便利な『自撮り棒』。

日本でも、使っている人がかなり増えた印象がありますね。

しかし、そんな『自撮り棒』ですが、東京ディズニーランドでは使用が禁止されています。

一体、なぜ東京ディズニーランドでは『自撮り棒』が禁止なのでしょうか?

今回は、『自撮り棒』に関するトラブルの原因や、東京ディズニーランドで『自撮り棒』使用禁止の理由について解説していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自撮り棒とは?

自撮り棒

最近、観光地やレジャー施設など、いろいろなところで『自撮り棒』を使っている人を、よく見かけるようになりましたね。

しかし、

「『自撮り棒』ってなんだ?」

という人もいるかもしれませんし、改めて『自撮り棒』についておさらいしましょう。

『自撮り棒』は、

  • 『セルフィースティック』
  • 『セルカ棒』

とも呼ばれています。

ちなみに、

『セルフィー』は英語で自撮りを意味し、『セルカ』はセルフカメラという韓製英語が由来

とのこと。

和製英語の存在は知っていましたが、韓製英語というものもあるのですね。

ちなみに、韓製英語のことは『コングリッシュ』とも言うそうです。

 

さて、そんな『自撮り棒』は、もともと韓国で非常に人気が高かった商品です。

その背景には、

「治安の悪い国で他人に撮影を頼むと、そのままスマホを奪われてしまう!」

といった被害の多さがあったようです。

確かに、よく観光地で

「撮影お願いします」

などと撮影を頼む人がいますが、そのままカメラを盗まれてしまうことを考えたことはないのでしょうか?

このあたりは、人間皆性善説で成り立っているか、性悪説で成り立っているかのどちらの考え方をしているかで意識は変わりそうです。

そういった意味では、『自撮り棒』が生まれたのも頷けますね。

韓国で人気となった『自撮り棒』は、その後に日本でも広がっていくこととなります。

twitterなどのSNSの流行によって、手を伸ばして『自分撮り』をする、という習慣は以前からありましたよね。

そんな手を伸ばす方法に取って代わる手段として、『自撮り棒』が重宝されるのです。

そうして、国内の観光地や人気スポットで、『自撮り棒』を持つ人々を見かける機会が多くなってきた、というわけですね。

 

ディズニーランドで自撮り棒が禁止の理由は安全対策!

自撮りに便利で、使用者も増えてきた『自撮り棒』。

しかし、東京ディズニーランドなどのレジャー施設では、既に

『自撮り棒』の使用を禁止する

場所が多いことを知っていましたか?

東京ディズニーランドといったレジャー施設だけでなく、

新幹線のプラットホームや人が殺到する駅

などでも、『自撮り棒』の使用が禁止されています。

ディズニーランドと言えば、キャラクターや友達、あるいは園内の風景やショーなど、いろいろな写真をたくさん撮りたい場所です。

それだけ、『自撮り棒』を使いたくなるとも言えますよね。

それなのに、どうして東京ディズニーランドは『自撮り棒』を禁止する方針をとっているのでしょうか?

『自撮り棒』が禁止の最大の理由は、やはりと言うべきか、

『自撮り棒』による事故を防止するため

にありました。

普通に考えればわかると思いますが、人混みで1メートルも『自撮り棒』を伸ばしたら、

人に当たって

しまいますよね?

実は、『自撮り棒』が流行しだした頃から既に、

人に当たって怪我などのトラブルが続出している

状況になっているのです。

レジャー施設のみならず、ベルサイユ宮殿などの世界的名所でもこういった事例は起きていて、ベルサイユ宮殿は『自撮り棒』の持ち込みを禁止しているほど。

確かに、人の多いところで『自撮り棒』を使い、自撮りをしようとすると、

とても危険!

というのは筆者でもわかります。

基本的に、自撮りをする人はカメラの方向しか見ていないので、視野が狭まっています。

周りに気が配れていない状態にある人が、長物を持っていたらどうなるか…?

間違いなく、事故の元です。

そして、東京ディズニーランドは、とくにゲストの安全を第一にしている施設。

そんな東京ディズニーランドが、『自撮り棒』を禁止しないはずがありません。

つまり、東京ディズニーランドが『自撮り棒』を禁止している理由は、

『自撮り棒』が事故の元となる要素なので、ゲストの安全確保のため

ということなのです。

こればかりは仕方のない対応でしょう。

 

ディズニーランドの自撮り棒はハンディタイプはOK?

『自撮り棒』が禁止である東京ディズニーリゾートですが、実は、禁止事項を見てみると…。

撮影の際、ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。

と書かれています。

つまり、『自撮り棒』のみならず、一脚や三脚といった撮影機材も禁止されているのです。

その理由は、大きい撮影機材を使うことで他のゲストに迷惑をかけてしまったり、最悪の場合、けがを負わせてしまう恐れがあるからです。

東京ディズニーランドは、時期によっては一日に数万人を超えるゲストが入場し、気をつけて歩かないと、他のゲストに肩を当ててしまうほど混雑します。

ただ、その一方で、

『ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き』

という部分が気になる人も多いのではないでしょうか?

つまり、東京ディズニーランドでは、

ハンディサイズのグリップアタッチメントの使用はOK

になるのです。

では、なぜハンディサイズのグリップアタッチメントはOKなのでしょうか?

これには、おそらくですが、

手の不自由なゲストでも撮影ができるように

という東京ディズニーランド側の配慮があるのでしょう。

ちなみに、ハンディサイズのグリップタイプのものとなると、このようなタイプが該当します。

また、ディズニーのインフォメーションに自撮り棒について問い合わせた人が多かったらしく、そこからの話によると、

伸縮タイプでも、伸ばさない状態がハンドグリップと同じくらい短ければOK

という回答をもらったそうです。

ただ、やはり自撮り棒を持ち込んでから、

「それはダメです」

と言われてしまっては元も子もありません。

できることなら、『自撮り棒』を控えた方がいいとは思いますね。

 

まとめ

今回は、『自撮り棒』を使うことによって起こるトラブルや、東京ディズニーランドで『自撮り棒』の使用が禁止されている理由を紹介しました。

『自撮り棒』は便利な反面、周りの人には迷惑をかけてしまう道具です。

人混みの中で『自撮り棒』を使うことで、それが当たってしまうという人も多く、ネット上では

「こんなところで『自撮り棒』使うなよ!」

「なんで他の人に頼まないの?本当に迷惑」

といった声が溢れています。

大変便利な『自撮り棒』ですが、

他の人に迷惑をかけるかもしれない

ということをしっかり理解し、マナーを守って使うようにしたいですね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.