とんねるず解散&引退の噂!現在のコンビ仲と今後の2人を考察!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とんねるず


石橋貴明さん・木梨憲武さんのコンビとして、これまでに数々のバラエティ番組に出演してきたお笑いコンビ・とんねるず。

今や彼らはダウンタウンや、ウッチャンナンチャンなどと共に、大御所芸人として、その地位を確立しています。

しかし、ここ十年ほど何故か

とんねるず引退説

も囁かれ、その話が本格的に進んでいるのでは?という噂まで出始めているそうです。

しかも冠番組の『みなさんのおかげでした』も番組打ち切り終了…。

ついにとんねるずのレギュラー番組が消滅しましたし、完全に衰退しているのが伺えます。

果たして、今後のとんねるずはどうなっていくのでしょうか?

本記事でその辺りの真相を探っていきます!

[adsense]

とんねるずの解散・引退説が流れた理由

とんねるずが、芸能界から消える…。

そんなまさかの噂が、現実になろうとしています。

前々から、とんねるずが解散し、引退する噂自体は流れていました。

しかし、引退の予兆などは一切なく、なぜ解散・引退という噂が流れるようになったのかすら謎ですよね。

どうやら、これには石橋貴明さんが『とんねるずのみなさんのおかげでした』で語った内容が影響しているみたいです。

2015年5月に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』では、女性芸能人の相談に乗るという企画がありました。

そこで、大久保佳代子さんに

「やる気があっても世間にNOと言われた時が芸能人としての寿命だ」

と語ったのです。

さらに、石橋貴明さんだけでなく、とんねるずは2人ともが、

「レギュラー組が1本もなくなったら引退する」

というようなことも決めていたそうです。

まぁ、この「レギュラー番組が一本もなくなった…」のくだりは、ソースが東スポなので信憑性は皆無なのですが…。

ただ、いずれにしても、石橋貴明さんは世間からの需要がなくなってしまったら、

頭を下げてまで『仕事ください!』というのはできない

というスタンスでいるのは、大久保佳代子さんへの助言からも伺えます。

確かに、とんねるずのお笑いとして、

『生意気』

でやってきたスタイルもあるわけですし、引き際に関しては潔くいきたいのかもしれません。

この話を聞いた人は、石橋貴明さんの引き際の良さに

「かっこいい」

と賛辞を贈ったという話もあり、ネットで話題になっているようです。

そして、そのことがきっかけで、現在、唯一とんねるずがレギュラー出演している『みなさんのおかげでした』が打ち切りになったら、即コンビを解散して引退するだろうと噂が広まっていたのです。

その『とんねるずのみなさんのおかげでした』といえば、ついに2018年3月で打ち切り終了に…。

こうして、

「ついにとんねるず引退か」

と、とんねるず引退説が再燃したかたちになるわけです。

あくまでも、解散や引退説が噂になっているだけなので、これは現時点で引退することが決まったわけではありません。

あくまで一つの噂なのです。

 

ただ、木梨憲武さんを見ていると、最近はピンでやりたいことをやっていると感じるところがあります…。

絵を描いていたり、いろいろ個人的な活動も多いので、彼を見てもとんねるず解散という可能性は否定できません。

それでも、すぐにとんねるずの解散・引退はないと思います。

唯一のレギュラーである『とんねるずのみなさんのおかげでした』が打ち切り終了すると言っても、まだ特番の冠番組である『スポーツ王は俺だ!』がありますからね。

『スポーツ王』は、特番の中では需要がある方だと思うので、『スポーツ王』が続く限りは、まだとんねるずが解散・引退となることはないのではないでしょうか。

逆に、『スポーツ王』の終わりが、とんねるず解散・引退へのカウントダウンの始まりになりそうな予感もする次第です。

 

とんねるずのコンビ仲はいい?悪い?

コンビ解散・引退説が流れると、必ず囁かれるのが、コンビの不仲説です。

とんねるずも、実は以前、不仲説が囁かれたことがありました。

というのも、とんねるずにはギャラ格差があり、

年収換算だと、木梨憲武さんが石橋貴明さんより1億円少ない

ということに木梨憲武さんが不満を抱いている…。

らしいのです。

また、石橋貴明さんが仕事優先、木梨憲武さんがプライベート優先なタイプのため、ここで亀裂が生じているという話です。

しかし、よく考えてみてください。

とんねるずは、お互いを下の名前で呼び合っている仲で、公私どちらを優先するかというのは、あくまでもスタンスの違い。

それで不仲になることがあるでしょうか?

あくまでもお笑いコンビというのは、仕事をする上での同僚みたいなものであり、友達や親友ではないのです。

そのあたりは、お互い長年の付き合いでわかっているでしょうし、コンビだからといって、仲が良くなければいけないこともありません。

そのため、お笑いコンビが必ずプライベートでも一緒にいないとおかしい!と考えるほうが変です。

何かあれば、すぐ不仲と囃し立てるのは浅はかでしかありません。

これらのことから、とんねるずの2人は不仲というわけではないと思いますよ。

 

今後のとんねるずの動向は?

筆者もいろいろ調査してみましたが、実際のところは、とんねるずがコンビ解散することはまだありません。

これからも石橋貴明さんと木梨憲武さんが共にピンで動くこともあれば、コンビとして活動することもあるそうです。

実際、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の打ち切り終了が決まりましたが、決まる前からとんねるずの2人は達観しているみたいで、石橋貴明さんも、木梨憲武さんも、

「打ち切りになったら仕方ない」

程度なのだとか。

先ほども少し触れたように、石橋貴明さんは

「需要がなくなれば事実上引退と同じだから、どんな形でもお話をいただけている間は仕事を続け、話がなくなれば引退する」

というようなことを語っています。

それを信条としている節が見られるので、プライドで見栄を張っているわけでもなさそう…。

とんねるずの2人はもう十分に稼ぎ、資産がたくさんあるからこその余裕があるのかもしれません。

そう考えると、近い時期での引退もありえるのかなと思いますね。

芸能人としては引退し、第2の人生を歩んでいくことも考えられそうです。

木梨憲武さんはアーティストとして絵を描いたりしていますし、趣味に没頭したい気持ちもありそうです。

一方の石橋貴明さんは、裏方となって番組制作をしたいと考えていたり、子供が大好きなので、子供番組のMCをしたいと考えているのだとか…。

石橋貴明さんの場合は、芸能人を引退するというよりは、お笑い芸人としてのバラエティ路線を引退という形ですね。

いずれにしても、これらの未来がやってくる可能性も、ゼロではありません。

ある意味、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終わりは、とんねるずの2人にとっての始まりとも言えるでしょう。

そして『スポーツ王』が終わってしまい、特番でのレギュラーも消滅した時、とんねるずの2人は一体何をしているのか…

年齢的に、もう『スポーツ王』を継続できるのも、あと5~6年でしょう。

となると、もしかしたら、10年後にはとんねるずの存在がテレビから消えている…

ということも、十分ありえそうです。

 

まとめ

とんねるずの解散・引退説は、石橋貴明さんの引退観を語った発言から想像されているだけで、今のところ確定ではありません。

ただし、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が打ち切り終了を迎えることとなり、レギュラー番組が消滅。

石橋貴明さんが、

レギュラー番組が消滅したら引退する

と言っていたわけですから、今後の動向がどうなるか気になる点ではありますね。

石橋貴明さんが過去に語っていたように、本当に引退の時がやってくるのか?

そして、とんねるずの2人はゴシップ誌などで噂されているような、第2の人生を送ることとなるのか?

とんねるずの動向に注目しておきたいですね。

[st-card id=27324]

[st-card id=57563]

ページトップへ