星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

日本エレキテル連合がラッスンゴレライ8.6秒バズーカーを批判?

更新日

『ラッスンゴレライ』という意味不明なフレーズとリズムネタによって大ブレイクした8.6秒バズーカーが、早くもつまらないという批判の声が、ネット上ではチラホラ聞かれるようになっているそうです。

あれだけ爆発的にヒットしたリズムネタが何故つまらないと言われているのでしょうか?

また、一部では『ダメよ~ダメダメ!』の流行語まで生み、昨年ブレイクした日本エレキテル連合も8.6秒バズーカーを批判しているという話もありますので何かと気になります。

そこで、本記事では、8.6秒バズーカーが批判されている理由と日本エレキテル連合の現在を掘り下げてまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

8.6秒バズーカーのネタがつまらない理由とは?

8.6秒バズーカ

8.6秒バズーカー

「8.6秒バズーカーのネタがつまらない」

と、今年ブレイクしているばかりのお笑いコンビ8.6秒バズーカーに、なんとも厳しい批判がネット上で飛び交っているようです。

確かに、8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』ネタは、ぱっと見でオリエンタルラジオの『武勇伝』ネタを真似ているような印象もありますし、見る人が見るとつまらないと感じてしまうのかもしれません。

しかも、それは、ごく一部の人が言っているだけの話ではなく、多くの人が8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』ネタに飽き始めているというのですから非常に心配な話ですよね。

では、何故8.6秒バズーカーのネタ『ラッスンゴレライ』がつまらないと言われているのでしょうか?

実際にその「つまらない」と言われている理由を探っていくと、やはり『ラッスンゴレライ』のネタを多用したために、あまりにワンパターン過ぎて「つまらない」と言われているのです。

もちろん、『ラッスンゴレライ』ネタにも色々なバリエーションは用いていますが、動きそのものはいっさい変わっていません。

けっして、つまらないというわけではないと思うのですが、そこはお笑いにシビアなネットユーザーならではの意見といったところなのでしょう。

そして、8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』ネタが、よりつまらなくなっている理由は他にもあると筆者は考えています。

特に最近は、誰もが8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』を真似するようになっていますよね。

タマホームのテレビCMを見ると、全く見たことも無いようなインド人らしき人物が、オリジナル?にアレンジして真似しているシーンが見られ、『なんのこっちゃ』という印象すら受けてしまっています。

もちろん全てがというわけではないですが、ただ真似をするということではなく、素人感満載のアレンジの仕方で映し出していることも影響して、余計に『ラッスンゴレライ』ネタにつまらなさを感じさせてしまっているのかもしれません。

所詮、お笑い芸人というものは、ひとつのネタだけで、生き残ることが出来ない厳しい職種ですから、『ラッスンゴレライ』以外の別のネタもヒットさせ、一発屋にならない活躍を期待しています。

 

日本エレキテル連合も8.6バズーカー批判

日本エレキテル連合

一発屋芸人という括りの中にいるというわけではありませんが、現在8.6秒バズーカーが「つまらない」と言われているように、昨年のブレイクから陰りを見せているのが、日本エレキテル連合です。

日本エレキテル連合は、リズムネタではなく一つの奇抜的な衣装・メイクを用いながら展開していく『未亡人朱美(あけみ)ちゃん3号』のネタで、昨年ブレイクしていますが、バラエティ番組でのトーク術があまり上手くなく、結果的に売れていないといった印象は強いです。

そのため、時折、バラエティ番組に出演していても、YouTubeなどで面白いネタを連発していたとしても、一発屋として消えていくという風に言われているのが、日本エレキテル連合です。

そんな日本エレキテル連合が、ある番組の中で、

「8.6秒バズーカーに対するアドバイスは?」

と質問されると、即答で

「早く潰れろ」

と答えたのです。

この発言が、日本エレキテル連合が8.6秒バズーカーを批判しているというふうに受け取られ、ネットで話題となっているようです。

別に日本エレキテル連合にとって悪意があるということではないと思いますが、8.6秒バズーカーが売れ続けるということは、その分日本エレキテル連合が売れなくなるというわけですし、少ないお笑い芸人の牌争いの中で、生き残ることを考えれば、ごく普通の反応です。

批判されているというのは、あくまでライバル関係としての発言でしか無く、日本エレキテル連合が8.6秒バズーカーを忌み嫌っているということではないと思いますよ。

 

日本エレキテル連合の現在は?

8.6秒バズーカーのことを、『早く潰れろ』と批判していると話題になっている日本エレキテル連合の現在ですが、一時期のブレイクは衰えたといっても、実は別のネタも披露しながらそれなりに活躍されています。

日本エレキテル連合は、時折バラエティ番組に出演しては、極端なバカップルぶりを見せて笑わせる『浪花シンドローム』というネタのキャラクターで登場することもあります。

また日本エレキテル連合は、『感電パラレル』というYouTube上の独自のチャンネル所持し、その中で無数のネタを披露されています。

目立つ活動は、ブレイク当初から比べると減っているものの、決して一発屋ではなく、まだまだ人気のあるお笑いコンビだと思いますよ。

日本エレキテル連合は、活躍の場をテレビからよりネタに特化したYouTubeのようなネットにシフトしていったというのが、実情と言えるのかもしれませんね。

 

まとめ

8.6秒バズーカーが、早くも『つまらない』と、ネット上で言われ始め、日本エレキテル連合も含めて彼らを批判していると話題になっています。

他の芸人以上に『ラッスンゴレライ』は、いろんなメディアで多用されすぎたため、ワンパターンでつまらないと多くの人たちの印象に残ってしまったのが最大の要因で、日本エレキテル連合に関しては、ただのライバルとしての嫉妬的な発言でしかありませんでした。

芸能界の中では、何かと一発屋として消えていく芸人は多いです。

まだ両者とも活躍されているとはいえ、いつ芸人として消えてしまうような状況に陥ってもおかしくないですから、8.6秒バズーカー、日本エレキテル連合、共にここで更なる奮起を期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人