星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スプラトゥーンの評判と人気の理由を考察!海外の反応もチェック

更新日

ゲームの開発発表時からユーザーの心を掴み、発売が心待ちにされていたWiiUのタイトル『スプラトゥーン』。

『スプラトゥーン』発売前の体験版では、システム面で不評が多かったのです。

しかし、この体験版での不評の声を反映させ、発売後では体験版で問題点とされた箇所を修正するなど、任天堂にとって、『スプラトゥーン』は、かなり力を入れているタイトルだと感じました。

その任天堂の努力が実り、今や世界中で『スプラトゥーン』は大人気!

一時は、『スプラトゥーン』はダウンロード版しか購入できなかったほど。

全世界で200万本の販売を突破し、さらに先日、『ニンテンドースイッチ』で、『スプラトゥーン2』の発売が発表されました。

それにしても、なぜ『スプラトゥーン』は、ここまでの人気ゲーム作品となったのでしょうか?

当記事では、WiiUのゲーム『スプラトゥーン』人気の理由について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

斬新なTPSとして話題性を得た『スプラトゥーン』

スプラトゥーン

任天堂の『スプラトゥーン』は、発売前からいい評判ばかりで、実際に発売してみても、爆発的ヒットタイトルとなりました。

では、なぜここまで『スプラトゥーン』が大ヒットしたのでしょうか?

筆者は『スプラトゥーン』が大ヒットした理由の1つとして、

任天堂の発売前からのマーケティング戦略が実にうまくハマっていたこと

が挙げられると思っています。

今思えば『スプラトゥーン』が、初めて発表されたニンテンドーダイレクト…

あの映像公開時から既に高評価だったことを思い出します。

当時発表された映像内では、『スプラトゥーン』が、TPSであること、陣取りゲームであることなどが公開されました。

とくにゲームユーザーたちの注目を集めたのが、『スプラトゥーン』最大の特徴であるシューティングアクションでありながら、陣取りゲームであるという点。

任天堂が、TPSのゲームを発売すること自体が珍しく、さらにルールも従来のTPSでは考えられないような斬新なルール。

これまでにない斬新なシステムのゲームを任天堂が発売するとあっては、ゲームユーザーが興味を示さないわけがありませんよね?

ここでまず、『スプラトゥーン』に対して、ユーザーの興味を持たせることに成功したのだと思います。

ただ、いくら評判が良いとはいえ、まずは『スプラトゥーン』に触ってもらわないことには、さらなるユーザーからの評価は得られません。

そこで任天堂は、『スプラトゥーン』発売前に、

WiiUを持っている人ならば無料でダウンロードして遊ぶことのできる完成披露試射会を実施

しました。

また、『ニンテンドーダイレクト』などで、他のソフトの新情報に加え、常に『スプラトゥーン』の話題を切り出し、WiiUを持っていないユーザーにもアピールしたのです。

この広告戦略が見事に功を奏し、発売前から『スプラトゥーン』に対して、WiiUを持っている人にも、持っていない人にも『スプラトゥーン』という存在をアピールでき、大ヒットの土台を築くことに成功したのです。

 

『スプラトゥーン』大人気の理由は任天堂らしさ?

任天堂

『スプラトゥーン』大ヒットの理由として、発売前の宣伝が功を奏したということは、おわかりいただけたと思います。

しかし、いくら発売前の前評判で人気だったとはいえ、発売後も評判どおりのヒットになるとは限りません。

ゲームで言えば、2011年に発売された『エルシャダイ』も、同じく発売前のPVがネタ的に大人気となり、話題となりました。

けれども、肝心のゲーム内容があまりにも酷い出来だったために、思ったほど売れなかったのです。

そんな前例がある中、話題先行型ゲームにならず、近年不調だった国産の据え置き型ゲーム。

しかも、新規IPで爆発的ヒットとなった背景には、

『スプラトゥーン』の任天堂らしさ

にあると筆者は感じました。

任天堂といえば、主にライトユーザー層を中心に人気のゲーム企業です。

もともと、やり込み度の高いFPS・TPSというゲームジャンルは、ライトユーザーからは敬遠され、あまり寄り付かないジャンルとなっています。

さらにFPS・TPSは、基本的にオンラインでの対戦が多いため、コアゲーマー向きです。

例えば、初心者などは集中攻撃されたり、いわゆる初心者狩りに遭ってしまったり。

さらには、チーム戦で負けた時などには、味方から暴言などのメールが送られたりするため

「こんなジャンル、もうやりたくない!」

と、とくに敬遠されがちなのです。

そこで任天堂は、任天堂らしいライトユーザーにも受け入れてもらえるような、新しいTPSのシステム作りを行いました。

『派手な色のインクをひたすら塗る』

という『スプラトゥーン』の基本ルールは、敵を倒した数が勝敗に結び付くわけではありません。

これなら初心者でも活躍の機会があり、ゲームの中で少しでも自分が活躍したという達成感・喜びを得ることができます。

また、

オンライン対戦ではゲームパッドのみが使える

というハード的な制限も、初心者にとっては、もともとのTPS熟練者との差が大きく開きにくくなることから嬉しい要素となっています。

一方、TPSに慣れ親しんだ人も敵を倒しながら稼ぐことで、相手の体勢を崩し、自チームに有利な展開をもたらすことができますね。

このように、初心者・経験者ともに活躍の場があるゲームという点が、『スプラトゥーン』の何よりのヒット理由なのでは?

と筆者は考えています。

基本的に、初心者と経験者が同じ場に会した時、両者とも活躍できるというゲームは、あまりありません。

そのため、どうしてもライトユーザー向けゲーム・ヘビーユーザー向けゲームと二手に分かれてしまいがちです。

その両者を取り込むことに成功した『スプラトゥーン』。

これが全世界で200万本の販売という記録につながったのです。

 

『スプラトゥーン』の海外ユーザーからの評判は?

『スプラトゥーン』については、TwitterやFacebookなど、SNSでも多く話題に出ています。

みなさんも国内の評判はある程度ご存知でしょう。

では、海外では『スプラトゥーン』はどういった評価を得ているのでしょうか?

そこで、『スプラトゥーン』における海外の評判を調べてみました。

どうやら、そこで多かった意見をまとめてみると

「ナワバリバトルがいいね!」

「オンラインバトルがユニークで楽しい!」

「風変わりなキャラクターも気に入った」

と、最大の特徴である陣取りゲーム要素が認められ、TPSにおける新しいアプローチを成功させたとの評価を受けているようです。

また、キャラクターに関しても評価されています。

任天堂が『マリオ』や『リンク』といった従来の人気シリーズのキャラクターを使わず、まったく新しいキャラクターで『スプラトゥーン』を作り上げたことも高評価されているようでした。

これまで保守的な印象が強かった任天堂。

現在までに確立していたゲームジャンルに、新しい風を巻き起こしたことは筆者としても驚きで、海外の意見には同調できます。

このように久しぶりにヒット作となった『スプラトゥーン』を見ていると、

「任天堂はまだまだ健在だ…」

と感じさせてくれますね。

 

おわりに

まったく新しいゲームの世界観を作り上げることで成功を収めた『スプラトゥーン』。

ただ欠点も少なからず存在しています。

それは、イベントの単調さ。

何度かフェスが行われましたが、基本は代わり映えしないナワバリバトルのため、フェス期間後半になると

「もう飽きたし早く終わらないかな…」

と感じる方が一定数存在したようです。

また、フェス期間中はガチバトルが行えないため、さらに単調になりがちです

そのため、『スプラトゥーン2』では、イベント限定の要素などを多く盛り込み、もっとオンラインを盛り上げる仕組みを作るべきではないか?

というのが、『スプラトゥーン』における課題の1つだと思います。

「サザエが手に入るからやってるだけ」

という状態になってしまっているイベントをどう変革することができるのか?

『スプラトゥーン2』には、また新しい試みにも注目したいところですね。

スプラトゥーンの記事はコチラもよく読まれています!

スプラトゥーンをテザリングでオンラインするメリットと対戦マナー

スプラトゥーン初心者向け攻略!簡単おすすめブキを動画で紹介!

スプラトゥーンのコントローラー操作方法まとめ!感想と評判も!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム