星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

ガリガリ君アイスの原価はいくら?利益も安くカロリーも低い事実

更新日

大人気アイスキャンディーとして、その名が知られている『ガリガリ君』。

価格も60円とかなり激安で、

「これで商売としてやっていけるのか?」

と心配する気持ちも正直あります。

近年は、1本のアイスで、およそ100円~200円近くの価格で販売されているところで、『ガリガリ君』は、確かに激安ですが、実は裏ではほとんど原価が掛っていないという話もあり、一体いくら儲かっているのか?と気になります。

そこで、実際の『ガリガリ君』の利益がいくらなのか探りながら、一方で話題になっているカロリー数に関しても触れていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ガリガリ君は原価が非常に安い?

ガリガリ君

定番のソーダやぶどう、一風変わったコーンポタージュやナポリタンなど、多種多様のフレーバーアイスキャンディーとして楽しめることでも大人気の『ガリガリ君』。

このガリガリ君に、ネットではボッタクリ疑惑の噂が流れていることを皆さんご存知でしょうか?

正直、筆者もこの話には驚かされていますが、ある理由から、ネット上ではこのような噂が流れているのは事実です。

では、何故、このような変な噂が流れているのでしょうか?

その最大の要因としては、原価がほぼかかっていないということにあるようです。

ネット上では、60円という価格にも関わらず、コスパ的には非常に良くない食べ物であり、ガリガリ君を購入するのは、ボッタクリに引っかかるのと同じようなモノというニュアンスの意見もあるようです。

もちろん、これは2ちゃんねる上での話であり、ごく一部の批判的意見でしか無いと思いますが、それでも、見方一つ変えると、このような噂まで流れてしまうのです。

企業として原価は出来る限り抑えたいモノですが、だからといってあまり商品に原価をかけなかったら、それはそれで変な噂が流れるきっかけになり、メーカーとしては非常に頭の痛い話ですね。

 

ガリガリ君の原価が安い真相とは?

ガリガリ君

ガリガリ君

先程もお話したように原価がほとんど掛かっていないために、ボッタクリとまで噂されている『ガリガリ君』ですが、気になるのは実際に原価がいくら掛かっていたのかという話ですよね。

そこで実際にガリガリ君の原価を調べてみたところ、ある情報サイトに1本11円と掲載されていたことが分かりました。

確かにたったの11円でガリガリ君が出来上がるというのですから、激安原価と言えますし、これだけを聞いたらボッタクリという印象もうまれてしまうかもしれませんね。

しかし、ガリガリ君はそもそも60円で販売されている大ヒット商品です。

1本辺り49円の利益でしかないのに、それをボッタクリと言うのはあまりにも厳しいのではないか?と筆者は考えています。

冒頭でもお話した通り、普通だったら、今の時代に100円以上で発売されてもおかしくないのに、企業努力で60円という激安価格で販売されているのですから、ここはボッタクリとは言わず、その頑張りを素直に評価して賛辞を贈りたい気分です。

今後も、ぜひ赤城乳業には、様々なフレーバーのガリガリ君を開発していただき、私達消費者をいろんな意味でビックリさせながら楽しませて欲しいと期待しています!

 

ガリガリ君のカロリー数はどのくらい?

カロリーは?という女性

ガリガリ君は、原価・価格も激安ですが、なんといってもカロリー数もかなり抑えられていて、その点でも、私達消費者を喜ばせてくれています。

もちろんフレーバーによってカロリー数は異なりますので、厳密に〇〇kcalということは出来ませんが、ガリガリ君の大まかなカロリー数は、だいたい50kcal~70kacal前後といったところです。

『70kcalってそこそこあるよね』と感想をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、他のアイスクリームと比較すると、赤城乳業がかなり頑張っていることに気が付きます。

例えばハーゲンダッツのバニラは267kcalですし、チョコモナカジャンボに至っては301kcalです。

もちろんガリガリ君以外のアイスが全て高カロリーのものばかりではなく、『ピノ』の31kcal、『雪見だいふく』の81kcalと、カロリー数が低いものもあります。

これらはあくまで1つ分のカロリーであり、ピノなら6粒、雪見だいふくなら2つ分のカロリーで計算するのが妥当でしょう。

その事を考えると、あの量で100kcalを切っているわけですから、ガリガリ君に関しては、企業努力してくれていると思います。

もちろん低カロリーだからといって、ガリガリ君を何本も食べていいというわけではありませんので、くれぐれも食べ過ぎには注意して、美味しくガリガリ君を堪能してくださいね。

 

まとめ

大人気アイスキャンディー『ガリガリ君』が、ネット上の一部でボッタクリとも噂され、巷では

『原価はいくら?』

『カロリーはいくら?』

という話題で一つの盛り上がりを見せているようです。

しかし、実際に調べてみると、価格60円に対して、原価が11円掛かっていて、カロリー数も50kcal~70kcal前後に抑えられて提供されていることが分かりました。

単純に原価11円とだけ見ればボッタクリと思えますが、これは製造元の赤城乳業の企業努力が生み出した結果であり、ボッタクリどころか、私達消費者のことを考えてくれているのではないでしょうか?

今後も赤城乳業には、この企業努力で数々のフレーバーアイスを提供し続けてほしいと期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-グルメ