星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

ラーメン二郎の味と評判は?ジロリアンから人気の理由をチェック

更新日

関東地方中心に出店しているラーメン店『ラーメン二郎』。

この『ラーメン二郎』は、ものすごいボリュームのあるラーメンを提供していて、そのラーメンの姿を見て、

「よくこんなの食べるな…」

と思った人もいるのではないでしょうか。

ただ、中には関西や九州・北海道など、遠隔地からわざわざ『ラーメン二郎』のためだけに足を運ぶコアなファンもいるそうですよ。

そして『ラーメン二郎』ファンは、

"ジロリアン"

と呼ばれているそうです。

では、なぜ『ラーメン二郎』には、このような熱狂的ファンが続出しているのでしょうか?

当記事では、『ラーメン二郎』の人気の秘訣や、味の評判を探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

ファンクラブができるほどのラーメン二郎

みなさんは『ラーメン二郎』というラーメン店を知っていますか?

『ラーメン二郎』は関東エリアを中心に出店しているラーメン店なので、全国的には、なじみのない人が多いと思いますが…。

しかし、『ラーメン二郎』はそのボリュームが凄く、関東に住んでいなくても、その名前を知られるほど有名だとは思います。

そんな『ラーメン二郎』には、実は熱狂的なファンが多いというのです。

日本全国で『ラーメン二郎』をこよなく愛する人達を

ジロリアン

と呼び、いまやその名も定着しています。

正直、一般的なラーメンの量しか食べられないのであれば『ラーメン二郎』を完食したいなど正気の沙汰ではないと思うのですが、このジロリアンたちは、

「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物なのだ」

という考えのもと、『ラーメン二郎』に通っているそうです。

きっと、他のラーメンとは別格に違う何かを持っていて、その部分をこよなく愛しているからこそ出てくる言葉なのかもしれません。

このような熱狂的ファンクラブみたいなものまで作られるほどの認知度・人気の高いラーメン店が『ラーメン二郎』なのです。

 

ラーメン二郎の人気の理由

太った男性

正直なところ、筆者としては、『ラーメン二郎』のファンは、全員がボールのように丸い身体をしているのではないか?という印象を抱いています。

なぜかというと、『ラーメン二郎』のラーメンというのは、長生きできないだろうなと思うほど健康に悪そうなラーメンで、脂肪分もたっぷりだからです。

では、そんなラーメンを提供している『ラーメン二郎』は、なぜ人気となったのでしょうか?

『ラーメン二郎』というのは、もともとは主に慶應義塾大学の学生が利用していたお店だったようで、ラーメンも一般的な量を提供していました。

(慶應義塾大学のすぐ近くにお店を構えています)

しかし現在は、お腹をすかせた『大食漢の大学生』をターゲットとして、これでもかというほどのボリューム満点のラーメンを提供するようになったのです。

『ラーメン二郎』最大の魅力は、そのボリュームです。

『ラーメン二郎』の小盛は、他のラーメンの特盛

と言われるほどです。

二郎のラーメン

二郎のラーメン

その大ボリュームが、通常のラーメンと同じ程度の格安価格で食べられるわけですから、学生に人気になるのも頷ける気がします。

しかし、『ラーメン二郎』はあくまでも上級者向けです。

初心者では、

脂ギッシリ、塩分大量という健康への悪影響間違いなしなラーメン…

この時点でまずリタイアしてしまうでしょう。

まずは、

この大ボリュームかつ健康に悪いラーメンが口に合うか?

そこをクリアしなければ、ジロリアンにはなれません。

ちなみに、『ラーメン二郎』のラーメンを毎日のように食べれば、

肥満は当然のこと、高血圧、糖尿病、脂質異常症のリスクが非常に高い

と言われています。

ジロリアンは、まさに命を削って『ラーメン二郎』のラーメンを堪能しているということになるでしょう。

 

ラーメン二郎の気になる味の評判

『ラーメン二郎』が格安かつボリューム満点のラーメンを提供することで、ジロリアンというコアなファンができあがるほどの人気があることは十分に理解しました。

では、実際のところ、『ラーメン二郎』が提供するラーメンは、どんな味なのでしょうか?

いろいろ調べてみたところ、

『ラーメン二郎』を出店している店舗によって提供する味も違っていて、各店舗で個性的

ということがわかりました。

とは言っても、『ラーメン二郎』系列、『ラーメン二郎』インスパイアの店などがあるため、それが本当に『ラーメン二郎』の味かと言われると微妙なところです。

また、各店舗で個性的ということは、

当たり外れが激しい

ということにもなります。

つまり、たまたま足を運んだ『ラーメン二郎』が、自分の口に合わない味付けだということも十分にありえるわけで…。

それもまた、『ラーメン二郎』の味として評価するのが難しくなっている所以です。

 

では、『ジロリアン以外』の一般の人からは、どんな評判になっているのでしょう?

調べてみると、やはり食べ物ですから、

人によって、おいしいかまずいか異なる

という、当たり前の結果が見えてきました。

しかし、ネットの評判を見る限りでは、

『ラーメン二郎』はまずいと思っている人の方が多かった

ように思いましたね。

「このニンニク中毒になりそうな味が癖になる」

といった好意的な意見もあります。

しかし、具体的な内容の評価はあまりなく、否定的な意見としては

「『ラーメン二郎』まずすぎ」

「もはや残飯だろ」

「まずいし健康に悪いしあんなの大量に食べれる人の気が知れない」

「ジャンクフードとしてはまぁマシかもしれないけど、やっぱり無理」

と、具体的な内容が多数見られたからです。

とはいえ、所詮は味覚の問題ですし、人によって好みが違います。

『ラーメン二郎』に足を運ぶかそうでないかは、個人の自由です。

ただ、ラーメン屋に入ったら、『ラーメン二郎』系列、または『ラーメン二郎』インスパイアの店で

「酷い目にあった…」

といった経験をした人も少なくないようです。

なので、誤って二郎系のラーメン店に入らないためには店の前に、

「うちは『ラーメン二郎』系です」

というような案内を書いてもらえるといいですね。

 

まとめ

カルト的人気を誇るラーメン屋『ラーメン二郎』。

普通サイズでも一般的には大盛りと認識できるような、ボリューム満点のラーメンが特徴です。

ジロリアンと呼ばれるコアなファンまでいますし、とあるライターは、彼らを

「『ラーメン二郎』を食べることを修業とし、巡業のように何度も訪れたり各地を回る信者のようだ」

と称したほど。

味の評判は意見が分かれていて、受け入れられない人にとっては、まずいという意見も多いみたいですね…。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-グルメ