星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの200円マック(おてごろマック)の具材とカロリーは?

更新日:

マクドナルドには、200円マックと言われる『おてごろマック』がありますね。

現在の『おてごろマック』は、

『エグチ』、『チキチー』、『ヤッキー』

の3種類です。

昔は『バべポ』や『ハムタス』というものもあったのですが、もうありません。

そこで当記事では、マクドナルドの『おてごろマック』のメニューについて、そして、なぜ『バべポ』、『ハムタス』が販売終了となってしまったのかを探っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

200円マックの具材とカロリー数は?

早速、マクドナルドで200円マックとも言われている、『おてごろマック』について紹介していきます。

現在のラインナップは3種類。

  • 『エグチ』
  • 『チキチー』
  • 『ヤッキー』

です。

さっそく、『エグチ』、『チキチー』、『ヤッキー』について調べてみました。

200円マック・おてごろマック『エグチ』

『エグチ』は、正式には『エッグチーズバーガー』と言います。

キャンペーンをやっていたとはいえ、決してエグチさんではありません。(笑

気になる具材としては、100%ビーフパティと、とろけるチェダーチーズに国産のぷるぷるタマゴをトッピングしています。

これによって、シンプルな味わいを堪能できるとのこと。

そんな『エグチ』のカロリーは、

390Kcal

通常のハンバーガーに近いカロリーといえるでしょう。

200円マック・おてごろマック『チキチー』

『チキチー』は、『チキンチーズバーガー』と言います。

具材として、カリッとスパイシーなチキンパティと、とろりととろけるのが特徴のチェダーチーズが組み合わさっています。

このチキンとチーズの絶妙さが、おいしさの秘訣だそうですよ。

チキンとチーズを使っているというだけあり、カロリーはやや高め。

『チキチー』のカロリーは、

444Kcal

となっています。

しかし、200円という価格からしてみたら、『チキチー』は、かなりお得なボリューム感を得られるのではないでしょうか。

筆者は気になってはいるのですが、いまだに食べられていません。

何とか時間を見つけて、『チキチー』を食べてみたいものです。

200円マック・おてごろマック『ヤッキー』

『ヤッキー』は、2017年2月から登場した新しい『おてごろマック』。

正式名称を『しょうが焼きバーガー』と言います。

しょうが焼きをイメージしたというコクのある醤油味の和風ソースが、ポークパティとマッチし、ジューシーな味わいを楽しめるバーガーとなっています。

筆者もこの『ヤッキー』は、新発売されたときに食べましたが…。

しょうが焼きというよりは、どちらかと言うと『てりやきバーガー』に近いタレの味だったように思いましたね。

また、公式サイトなどで紹介されている見た目に騙されてはいけません。

実際はかなり薄っぺらいので、買ってみると、

「は?薄すぎない!?」

と思ってしまうかもしれないからです。

実際に、『ヤッキー』の包みを開けた時の筆者はそう思いました。

そして、気になる『ヤッキー』のカロリーはと言うと、

401Kcal

ビーフ系にしては割と控えめなカロリーといえるでしょう。

 

以上が、200円で買える『おてごろマック』のバーガーメニュー3種と、そのカロリーです。

この200円の『おてごろマック』が発売された当初のニュースを聞いていた人にとっては、

「あれ?ラインナップ変わってない?」

と思った人もいるのではないでしょうか。

そうなのです。

実は、『エグチ』以外のバーガーは変更されていて、

過去には『ハムタス』、『バべポ』というバーガーがあった

のです。

では、なぜ『ハムタス』、そして『バべポ』はなくなってしまったのでしょうか?

 

200円マックから『ハムタス』と『パべポ』が終了した理由

何度も言いますが、200円で買える『おてごろマック』の初期は、『エグチ』のほかに

『ハムタス』、『バべポ』

というバーガーもありました。

しかし、今では『ハムタス』と『バべポ』はメニューから消えてしまっています。

なぜ『ハムタス』、『バべポ』の2種類はメニューからなくなってしまったのでしょうか。

 

まず最初に200円マックのメニューからなくなったのは、『ハムタス』こと、『ハムレタスバーガー』でした。

『ハムタス』は、とくに販売終了のアナウンスもないまま、いつの間にかメニューから消失。

メニューでは、『チキチー』と入れ替わりになっていました。

一応、メニューから消えた後も、『ハムタス』は公式サイトには長らく残っていたのですが…。

その後、2016年6月頃には完全に消えてしまったみたいですね。

つまり、『ハムタス』に関しては、

何の情報もないままひっそりと消えた

ということになり、謎が謎を呼ぶメニュー消失事件と言えるでしょう。

では、なぜ『ハムタス』が販売終了してしまったのか?

普通に考えれば、『エグチ』が残っているあたり、

  • 単純にコスパが悪くて人気がなかった

という、『ハムタス』が全く売れなかったことが原因でしょう。

『ハムタス』の評判も、

「ボリュームがない」

「これならコンビニのサンドイッチでいい」

と、あっさりしすぎて不評だったみたいです。

これではメニューから消えてしまったのも仕方ないことだったのでしょうね。

そして、人気のなかった『ハムタス』に代わり、『チキチー』が登場したのだと思います。

 

続いては、『バべポ』こと、『バーベキューポークバーガー』についてです。

『バべポ』は、2017年2月に登場した『ヤッキー』と入れ替わりになってメニューから消えました。

ではなぜ、『バべポ』は販売終了になってしまったのでしょう?

おそらくですが、『バべポ』は『ハムタス』と同じように、

単純に人気がなく、全く売れなかった

と考えられます。

なぜかというと、以前行われた『マクドナルド総選挙』で、『バべポ』だけ300万票入らず、

ダントツの最下位だった

という過去があります。

この結果を受け、マクドナルドは『バべポ』の販売を終了したのでしょうね。

こうして、『ハムタス』と『バべポ』の行方を調べた結果、

『ハムタス』は『チキチー』に、『バべポ』は『ヤッキー』に追い出されてしまった

このような悲しい結果が待ち受けていました。

バーガーの世界も熾烈なもので、人気がないとすぐにリストラされてしまうわけですね…。

 

まとめ

マクドナルドで200円マックと呼ばれていたものは、『おてごろマック』になりました。

その『おてごろマック』のメニュー、そしてそれぞれのカロリーを紹介したわけですが…。

筆者としては、

『ハムタス』と『バべポ』を見ないと思ったら、消滅していた

という事実の方がショッキングでしたね。

現在の『おてごろマック』も、いずれは消えてしまうのではないかと思うと、今のうちに食べておきたいところ。

どこかで時間を作って、まだ食べていない『エグチ』、『チキチー』を楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マクドナルド

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.