星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの200円マック新メニューの内容とカロリー数を紹介

更新日

今年になって、メニューの刷新、より消費者たちの要望に応えるようなメニューをとマクドナルドが展開していますね。

そこに新たなメニューとして、マクドナルドが打ち出した『200円マック』が装い新たに発表されるそうです。

そこで気になるのが、この『200円マック』のメニュー内容、カロリー数、発売日ですよね。

一体どのように装い新たにリニューアルされたのか、また、カロリーに影響・変更は無いのでしょうか?

きっと気になる方も多いと思いますので、本記事では、今回、リニューアルされたマクドナルドの『200円マック』のメニュー・カロリー・発売日に焦点を当てて、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

マクドナルド新メニュー『200円マック』とは?

200円マック

2015年7月に実験的に導入された200円マックを、皆さん覚えていらっしゃるでしょうか?

いつの間にか、マクドナルドの公式サイトからも立ち消え、『何処に行ってしまったのか?』と首をかしげていたのですが、つい先日装いが新たになり200円マックとしてレギュラー販売されると発表されました。

しかも、これまで好評だった昼マックを廃止し、200円マックのバーガーと、一部のサイドメニューをプラスして販売する、おてごろマックにリニューアルして発売されるというのですから本当にびっくりですよね。

確かに、マクドナルドの商品は、バリューセットだとそれなりに価格が高く、一部は手が出しにくいという印象も受けていますし、100円マックのバーガーや、マックシェイクだけでは、常連客からすれば、かなり物足りなさを感じてしまいます。

しかし、そんな消費者だからこそウケが良かった昼マックを廃止してまで、この新たな200円マック及び、おてごろマックを本格導入することに意味があるのでしょうか?

一応200円マックもネーミングを変えて発売(次の項目で詳しく解説します)するそうですが、消費者たちは、

『昼マック廃止なら購入しない』

という厳しい意見をおっしゃっている方もいらっしゃるそうで、マクドナルドの迷走ぶりは手に取るように分かりますね。

果たして、この200円マック及び、おてごろマックが、昼マックを廃止してまで打ち出して成功となるのでしょうか。

マクドナルドの動向に注目していきたいものです。

 

200円マックのメニュー内容とカロリー数は?

期待する女性

先日発表された200円マック及び、おてごろマックのメニュー内容ですが、基本的にはそれほど変わっていないような気もします。

ただ、大幅にネーミングが一新され、大々的にレギュラー販売されていくことは分かりました。

では、早速そのメニュー内容の変更点や、カロリーについてご紹介していきます。

まず、『トマトレタスバーガー』として発売されていた200円マックですが、トマトレタスを大きく打ち出したものではなく、フレッシュレタスにトマトが追加されたというヘルシー志向のバーガーとしてリニューアル。

その名前も、『ハムレタスバーガー(ハムタス)』として生まれ変わります。

実際の中身についてですが、トマトレタスバーガーからベーコンが抜かれ、かわりにロースハムとチーズがトッピングされ、大々的にハムレタスをメインに組まれたシンプルかつヘルシーなバーガーに変更されています。

正直、トマトは入っているわけですし、「トマトレタスで良いのでは?」と思うのですが、どうやら、トマトをスライスして管理することが結構大変らしく、200円では採算が取れないみたいです。

そのため今回のバーガーでは、トマトが若干フェードアウトし、ハムレタスを大々的に打ち出そうとした結果のリニューアルとなっているようですね。

カロリーに関しては、298kcalと、トマトレタスバーガーとそれほど変化は無く、大きく変わったのはネーミングだけと言った印象が強いですね。

 

次に、バーベキューポークバーガーは、シャキシャキのレタスはそのままに、風味豊かなチーズが低カロリーでマイルドなチーズに変更、さらにオニオン・ピクルスをトッピングして若干ヘルシー志向に変わっています。

バーベキューソースの味わいは変わっていませんので、マイナーチェンジといったところでしょうか。

なお、ネーミングは、バーベキューポークバーガーと、そのままですが略称(バベポ)が追加され、親しみやすいネーミングになっているようです。

さて、カロリー数ですが、457kcalということなので、以前のバーベキューポークバーガー(500kcal前後)と比較すると、若干抑え気味になっている印象はありますが、こちらもマイナーチェンジといったところでしょうね。

 

最後に、エッグチーズバーガーは、本当に月見チーズバーガーの改良版という、シンプル志向に変更となってしまいました。

これまでの、エッグチーズバーガーは、ベーコン・ソースをベジタブルパティに変更し、チーズを若干豪華にしているような印象のバーガーでした。

しかし、今回リニューアルされたエッグチーズバーガーは、パティも牛肉パティに戻し、月見に見立てた目玉焼きと、チーズとチェダーチーズ・オニオン・ピクルスをトッピングしただけの実にシンプルな装いです。

つまり簡単に言えば、チーズバーガーに月見をトッピングしただけのバーガーになってしまったというわけ。

せっかくベジタブルパティなど斬新な装いを見せていたのに、こんなにシンプルにしてしまって良いのでしょうか?

ネーミングも、エッグチーズバーガーと、正式名称こそそのままですが略称を(エグチ)と打ち出し、まるで江口洋介さんの名前を拝借したかのような略称名で本当に大丈夫なのでしょうか?

その評価は、後日明らかになっていくことでしょうね。

なお、新エッグチーズバーガー(エグチ)のカロリー数は、シンプルな分、かなり抑え目になっていて、389kcalまで落としています。

元のエッグチーズバーガーが、450kcalくらいまでいっていたわけですから、新エッグチーズバーガーは、かなりの低カロリーを実現した女性におすすめのバーガーと言えそうですね。

※2015.12末 追記

200円マックとして販売してきた、エッグチーズバーガー(エグチ)、バーベキューポーク(バベポ)、ハムレタス(ハムタス)の3種のバーガーですが、売れ行きがあまりよろしくないらしく、テコ入れするために、チキンチーズバーガー(通称:チキチー)を4種目のバーガーとして投入するそうです。

主な内容としては、鶏肉とチェダーチーズ、レタスを挟み、レモンの酸味を聞かせたマヨネーズソースを加えバンズで挟んだバーガーとなっているらしく、鶏肉好きな人には、おすすめのバーガーみたいです。

カロリーは、468kcalとのことで、ダブルチーズバーガーの463kcalとさほど変わらないカロリー数となっています。

果たしてチキチー投入がマクドナルドにとっての起爆剤となるのでしょうか。

以上が、今回マクドナルドでリニューアルされた『200円マック』の主なバーガーのメニュー内容と、カロリー数です。

ちなみに、今回のリニューアルに際して、マクドナルドでは期間限定で、10月25日の10時~17時まで、200円マックのそれぞれの略称(ハムタス、バベポ、エグチ)と同じ名前(苗字)の人に、その名のつくバーガーを無料提供してくれるキャンペーンが開始されるそうです。

しかも、名前が同じ人が一人でもいれば、その友人も4名まで無料というので、おそらくエグチさんしかいないとは思いますが、エッグチーズバーガーを無料でもらうチャンスはありそうです。

周りに『エグチさん』がいないか、ぜひ探してみてくださいね。

そして、今回の導入によって、昼マックが廃止され、500円で購入できるという、おてごろマックが導入されます。

このおてごろマックは、先程ご紹介した新200円マックに、サイドメニューとドリンクをプラスしたものですが、早速割高という消費者の意見も飛び交い、迷走ぶりが伺えます。

果たして、このリニューアルが、どのような影響をマクドナルドに与えていくことになるのか、今後の展開に注目していきたいものですね。

 

マクドナルドの200円マックの発売日は?

マクドナルド

ネーミングを中心にリニューアルを敢行する200円マック及び、おてごろマックですが、その発売開始はいつなのでしょうか?

これは、マクドナルドの公式サイトでも発表されているように、2015年10月26日から、発売が開始されています。

しかし、この200円マック発売によって、同時にこれまで支持され続けてきた昼マックが廃止されてしまい、結果売れ行きが厳しいという悲しい現実をつきつけられることとなりました。

そして、2016年1月5日からは、チキンチーズバーガーを新たに投入して巻き返しを図るとのことですが、果たしてこのチキンチーズバーガーがマクドナルドを救ってくれるでしょうか?

いろいろ疑問が残る今回の新メニュー投入が、いい意味で、私達消費者の期待を裏切り、少しでもマクドナルドが信頼回復していくことを願っています。

 

まとめ

マクドナルドが、2015年10月に、これまでの200円マックをおてごろマックとしてリニューアルした、トマトレタスバーガー、バーベキューポークバーガー、エッグチーズバーガーの3種が、ことごとく売れ行き不信。

そこで新たにチキンチーズバーガーを2016年1月5日から投入することになりましたが、果たしてそれでマクドナルドが信頼を取り戻し、売れ行き回復となるのでしょうか?

既に昼マックをも廃止していますし、ますます混沌と化していますが、一応、カロリー数は、ダブルチーズバーガーやバーベキューポークバーガーとさほど変わらず、うまく行けば支持されるかもしれませんし今後の動向に注目したいものです。

マクドナルドの記事はこちらもよく読まれています!

マクドナルドのフランチャイズ撤退の理由と原因!今後の展開は?

マクドナルドの大盛増量無料サービスの注文方法!バーガー系のみ!

マクドナルドの裏メニューとは?レシピ・味・評判をチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-マクドナルド