星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

西内まりやの演技力の評判や評価とドラマ視聴率をチェック!

更新日

かつて大流行したドラマシリーズの一つである高嶋政伸さん主演ドラマ『HOTEL』。

そして、『HOTEL』を彷彿させた2015年7月期にTBS系列で放送されたドラマ『ホテルコンシェルジュ』。

このドラマに主演したのが西内まりやさん。

当時プライム・タイムでのドラマ初出演だったらしく、西内まりやさんが演じる主人公がホテルの従業員となって奮闘していく姿が描かれ、ドラマの視聴率も期待されていました。

それだけに、どれだけの視聴率を取れていたのか。

また、西内まりやさんの演技力の評判や評価が気になるという方もいるみたいなので、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ホテルコンシェルジュのドラマ視聴率は?

ホテルコンシェルジュ

火曜ドラマ枠の中で、2015年7月期のドラマとして放送されたドラマ『ホテルコンシェルジュ』。

キャストにおいてもドラマのイメージにおいても、当時、苦境に立たされていたTBSの『何かにすがりたい』という心理が見えたドラマでした。

冒頭でも紹介したように、このドラマは、TBSが生んだ大人気ドラマ『HOTEL』の現代版という印象のドラマです。

現代版に生まれ変わり、どのように進化していくのかと期待するドラマファンの声も多くみられ、その中で主演の西内まりやさんが、プライム・タイムのドラマ初主演。

当時の印象としては、西内まりやさんを含め、放送前の評判は高かったような気すら伺えました。

しかし、蓋を開けてみれば、平均視聴率は7.92%という、残念な結果に甘んじてしまうのです。

後ほど詳しい各話の視聴率はご紹介しますが、『ホテルコンシェルジュ』初回の視聴率を見ると、9.4%

筆者としては10%前後だろうと思っていたのですが、予想以上に賛否が大きく分かれてしまったみたいです。

では、具体的に各話の視聴率を見ていきましょう。

『ホテルコンシェルジュ』視聴率まとめ

1話:9.4%…まずまずですね。

2話:8.5%…このまま二桁を切ったままではマズイですね。

3話:8.9%…前回よりも少し上向きましたが、やはり二桁ないと厳しいでしょうね。

4話:8.2%…これから急上昇する展開は見えないけど、今期のドラマの中では頑張っているほうかも。良くもないけど…

5話:7.9%…やはり厳しいまま。悪くはないと思うので、とくにドラマ冬の時代という感じです。

6話:8.2%…だいたいこんな感じの視聴率で最後まで推移することが視えた!

7話:6.7%…最低視聴率更新。終盤に入ってガクンと下がるとはまさかの展開です。

8話:8.4%…再び浮上?

9話:6.5%…ここにきて最低を記録してしまいました。最終回でどこまで浮上できるのかといったところ。

10話:6.4%…最終話で最低視聴率を記録してしまうのは残念至極ですね。

以上が、TBSドラマ『ホテルコンシェルジュ』の各話視聴率(コメント付)です。

ドラマのスタートはまずまずだったとしても、中盤から終盤に差し掛かったところで批判が高まり、視聴率が落ちていったという印象は拭えません。

最終回が最低視聴率と寂しい結末を迎えてしまいました。

それには理由があり、一つには、

ドラマ『HOTEL』に近い内容(二番煎じ)のドラマなのではないか?

という部分が最後まで拭えなかったのが、大きな原因となっているようですね。

確かに、形は新しくなっているものの、

『HOTELを舞台にしていること』

『必ず1話ずつのゲスト出演者を迎え、何かしらの事件(アクシデント)が起こっている』

『高橋克典さん演じる総支配人の存在は、HOTELで言うところの松方弘樹さんそのもの』

と、オマージュしているところは多いです。

そうはいっても『HOTEL』は、TBSが生んだ大ヒットドラマです。

はじめから、あやかっていることが前提とされているんでしょうから、そこまで問題にすることはないでしょう。

ただ、二番煎じは、どこまでいっても二番煎じで終わってしまいます。

視聴者の目がより一層厳しくなってしまうというのが現実なのかもしれません。

ちなみに、オマージュされたドラマ『HOTEL』は、第3シリーズが最高視聴率20.3%。

いかに当時のTBSドラマ制作班が苦しんでいたか。

そして、大人気ドラマにあやかっても結果を出せなかった彼らの苦境がよく伺えるドラマ『ホテルコンシェルジュ』の視聴率だと思えた次第です。

 

『ホテルコンシェルジュ』での西内まりやの演技力!

西内まりや

ドラマ『ホテルコンシェルジュ』で、主演を務める西内まりやさん。

『ニコラ』『Seventeen』などで専属モデルをされてきた方で、近年では歌手としても活躍されています。

まだ女優という印象は薄いかもしれませんが、しっかり女優としても活躍されています。

映画『レインツリーの国』『CUTIE HONEY -TEARS-』でもヒロインを務めていますし、決して周囲から女優として評価されていないとは思えません。

ただ、実際のところの『女優・西内まりや』としての、演技力の評価や評判は気になります。

そこで、ネットで西内まりやさんの演技力の評価・評判を調べてみると、ずば抜けているという評判や評価は、あまり見られなかったものの、

『キャリアを積むごとに確実に演技力が向上している』

と、その成長を高く評価されている声をよく耳にします。

ちなみに、ドラマ制作関係者は、西内まりやさんの

『常に役に対して色々考えながら演技しているところ』

『思い切りの良さ』

を評価されていました。

あの蜷川幸雄さんも、生前、西内まりやさんを高く評価していたという話も…。

きっと、西内まりやさんは、ドラマ・映画作品に出演するごとに監督・制作スタッフ、共演者達から、いろんなものを吸収。

一人の女優として確実にステップアップしながら演技力を身につけているんだと思います。

そして、その結果が少しずつ見えているからこそ、しっかり評価されているのでしょうね。

それでも経験不足の印象は拭えず、時代劇に関しては、

『演技が下手』

と監督にダメ出しされていたそうです。

それでも、夢の時代劇初起用です。

西内まりやさん自身、一人で演技の猛稽古していたそうです。

女優・西内まりやとしては、これからの逸材ですし、長い目で見て、彼女がスクリーンで活躍する姿を注目していきたいものですね。

 

まとめ

西内まりやさん主演のドラマ『ホテルコンシェルジュ』。

まさに、かつて放送されたドラマ『HOTEL』を今風にアレンジした、

ホテルを舞台とした従業員たちの奮闘記

を描いたドラマです。

そのため、ドラマに対する賛否が大きく分かれ、初回放送9.4%と、まずまずの結果だったものの、最終的には平均視聴率7.92%と惨敗。

それは決して、主演・西内まりやさんの演技力が乏しいという評判・評価だったわけではありません。

ドラマ『HOTEL』の二番煎じが、賛否を分けた大きな原因だったみたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ