星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

天体観測

ブルームーンとは?奇跡的な2018年の日程と方角をチェック!

更新日

ここ数年で、天体ブーム?と言うのでしょうか、天体現象に対する関心が高まっているように感じます。

2014年は3回ものスーパームーンがありましたね。

そして、スーパームーンと同じ満月関連の天体ショーというと、ブルームーンがあります。

このブルームーン、3年に1度しか見られないという現象で、天体ショーの中でもなかなかのレア度です。

しかも、2018年のブルームーンは、かなり珍しいとの情報もあります。

そこで当記事では、2018年のブルームーンの見られる日程、時間などについて、詳しくまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

3年に1度しか見られないブルームーンとは?

天体ショーの1つに、

ブルームーン

という現象があります。

ブルームーンとは、もともとは

二分二至で区切られた3ヶ月間に満月が4回起こるとき、その3回目

を指すものだったようですが、今では

ひと月のうちに満月が2回現れる現象のこと

に定義が変わっています。

ここで疑問なのが、一体なぜ、ブルームーンという呼び名になったのか?

ということですよね。

ブルームーンという呼び名の由来については、一説では、

ダブルムーンの誤訳

によるものという話があるそうですが、正確な出所に関しては不明です。

また、ブルームーンというのですから、『月が青く見えるのだろう?』と思う人も多いのですが、

実際に月が青く見えることはほぼない

という名前負けした悲しい現実が待っています。

しかし、ごく稀に

大気中の塵や火山の噴火による大気への影響で、本当に青く見えることがある

そうですよ。

実際、1883年に起きたインドネシアのクラカタウ火山噴火の際は、2年間に渡って日没の色が緑に、そして月が青色に見えたといわれています。

しかし、このような例外を除き、青い月というのはごく稀にしか観測できないことから、ブルームーンという言葉自体に

「極めて稀なこと」

「決してありえないこと」

という別の意味がつけられ、それが慣用句として使われるようになったそうです。

また、海外ではブルームーンを

不吉なことが起こる前兆

とされていた歴史がありました。

これが近年では、

『ブルームーンを見ることができると幸せになれる』

との言い伝えに変わっていったそうです。

昔は不吉なことが起こる前兆と言われていたのに、全く正反対の意味に変わってしまうとは、何とも不思議な話です。

おそらくは、現在は赤い月が不吉の前兆と言われているので、何かと対比されやすい赤と青にかけて、ブルームーンが幸せの象徴になったのかもしれません。

このように、ブルームーンはあらゆる面で、昔から変化を遂げている存在と言うこともできます。

前述したように

  • 見ることができれば幸せになれるという言い伝え
  • 3年に1度しか見られないという珍しさ

これらのことから、機会があればブルームーンを見てみる価値はあると思います。

ただ、実際に青く見えるのは、

いくつもの条件が重なった上でごく稀に!

ということなので、少し拍子抜け感があるかもしれませんが…。(笑

 

2018年のブルームーンの日程や時間は?

 

ここまで、ブルームーンについて説明してきましたが、やはり肝心なことは

「次の2018年のブルームーンがいつ見られるか?」

ですよね。

ここで、2018年のブルームーンがいつになるかを紹介していくわけですが…。

筆者が冒頭に、2018年のブルームーンが特別だと述べた意味がわかってくることとなります。

なんと、2018年のブルームーンは、

  • 1月31日
  • 3月31日

となっていて、年に2回もあるのです!

しかも、

1月31日のブルームーンは、皆既月食も起きる

というさらに特別な日。

1日に2つの天体ショーを見ることができてしまうわけです。

皆既月食の時は、月が赤くなることがありますし、もしかすると、

赤いブルームーン

という、とても珍しいものを見られる可能性もあるわけです。

なんだかワクワクしてきますよね。

さらに言えば、2018年の

1月最初の満月である1月2日はスーパームーン

という、これまた特別な満月になります。

2018年は、年初めから天体ショーが盛りだくさんです。

ちなみに、ブルームーンが見られるのは、当たり前ですが夜です。

この時、くれぐれも無理に車などの運転中にブルームーンの空を見上げることは、危険なので絶対にしてはいけません!

事故の元になりかねないので、ブルームーンを見たくて焦る気持ちはわかりますが、ブルームーンは逃げませんので、落ち着いたところで見ましょう。

月食などとは異なり、すぐに見えなくなってしまうわけではないので、多少の時間のずれは問題ないはずです。

 

2018年のブルームーンの方角

そして、もうひとつ気になるのは、

『ブルームーンの日に月はどの方角に向かって出ているか?』

ということですよね。

いざ月を見ようとしたら

『家のベランダが月と間逆の方向にあってブルームーンが見えない!』

ということもありがちです。

ということで、東京のみとなりますが、2018年のブルームーンの方角を調べてみることにしました。

すると、

  • 1月31日の夜は東~南東
  • 3月31日の夜は東南東~南東

ということがわかりました。

東南東

基本的には、全国的にこの方角は同じです。

ベランダや普段その時間帯にいる部屋の窓が、南から東の間にないという人は、場所の移動が必須です。

位置をあらかじめ確認しておきましょう。

また、それよりも気がかりなのは、当日の天気です。

こればかりはどうにもならないので、雨が降ってしまったり曇ってしまった場合は、諦めるしかないでしょう。

幸いにも、2018年のブルームーンの見られるチャンスは2回もあるため、1回は雨に降られても大丈夫ですよ。

また、沖縄の夜空は、日本でもとても素晴らしいという評判があります。

ブルームーンを最高の条件で観測したい場合は、2018年1月31日、3月31日に沖縄旅行を計画してみるのも良いですね。

日程ギリギリになると、航空機のチケットやホテル代も高くなるので、予約はできるだけお早めに!

⇒格安航空チケットを徹底に比較するならコチラへ

まとめ

ひと月に2回も満月が現れる神秘的な現象・ブルームーン。

2018年のブルームーンは1年に2回あり、1月31日のほうは皆既月食と重なるという、かなり珍しい年といえます。

3年に1度ほどの間隔でしか見られない現象が、1年に2度もチャンスがあるのは嬉しいですよね。

さらにいえば、2018年1月2日にある1回目の満月はスーパームーン。

こんなに珍しいことは、生きているうちに何回あるかわかりません。

是非見ておきたいですね!

幸運を呼ぶ神秘的な月を見て、ゆっくりと夏のひとときを過ごすというのも、日々の疲れが癒されていいリフレッシュになると思いますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-天体観測