星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

マクドナルド

マクドナルドの食品偽装後の売上低迷から業績回復・復活の理由!

更新日:


たとえば、

古いデザインを一新したり、破損したテーブルなどを直したり、オリジナルの清掃機具を作ったりすること

が『店舗投資の加速』です。

また、設備だけでなく、清掃のオペレーションにも変更を加えたとのこと。

これにより、以前よりもマクドナルド店内に清潔感が生まれていくこととなり、上記の品質チェックの改善とともに、

「これならマックに行ってもいいかな」

と、消費者のマクドナルドに対する意識が、

拒絶から許容

へと変化していったのです。

こうなれば、後はメニューの問題です。

いかに消費者にマクドナルドに興味を持ってもらえるか?

そこで、マクドナルドが取り組んだのが、期間限定メニューでした。

 

マクドナルドの期間限定メニュー・キャンペーンが好評!

マクドナルドの業績回復は、品質管理の改善、そして消費者を大切にする心ももちろんありましたが、何より

期間限定メニューやキャンペーンに力を入れたこと

これが業績回復の理由となったと筆者は思います。

まず、レギュラーメニューとしては、低価格帯である200円の『おてごろマック』を作りましたよね。

しかし、それだけではまだ弱い…。

つまりインパクトに欠けるわけです。

そこで、マクドナルドは、

高価格帯の期間限定メニューを続々と登場させる

ことにしました。

例えば『ロコモコバーガー』や、『グランドビッグマック』などですね。

『グランドビッグマック』に至っては、販売制限されるほどの大人気ぶりとなりました。

意外にも、これまでのマクドナルドの低価格メニューよりも、

高価格の期間限定メニューのほうが売れている

結果も出ているそうです。

確かに、筆者もここ最近マクドナルドに行くことが、それなりに増えたのですが、その理由は

「おいしそうな期間限定メニューを食べたいから」

『ロコモコバーガー』や『チーズ月見』、『ギガベーコンてりたま』など、400~500円台のメニューを食べるためにマクドナルドへ行きました。

実際に食べてみてわかったのですが、期間限定メニューで高価格なだけあって、これまでと違い、ちゃんと価格に見合った品質に仕上がっているのです。

改めて、

「安かろう悪かろうより、品質重視で価格は後から…のほうがおいしいものが作れるじゃないか」

と思わされましたね。

ただ、その分、レギュラーメニューがしょぼく感じてしまうのですが…。(笑

また、マクドナルドはキャンペーンにも積極的になりました。

例えば、『ポケモンGO』との連携や、SNSを利用したキャンペーンなどをたくさん行いました。

『怪盗ナゲッツ』や、新メニュー・期間限定メニューを撮影して投稿するキャンペーンなど…

確かにマクドナルドのメニュー、とくに高価格の期間限定メニューはSNS映えしやすく、撮影して投稿したくなります。

奇しくもマクドナルドは、異物混入問題で追い打ちをかけたSNSという手段を、業績回復のツールとして使用したのです。

 

結局、マクドナルドの業績が回復した最大の要因は、

原点の消費者と向き合う姿勢に戻った

という、原点回帰にあったのだと思います。

幅広い客層に向けた期間限定メニューを続々と販売したり、スマイル0円を復活させたり、店内の改装をしたり…。

また、SNSなどのキャンペーンも行ったこともあり、マクドナルドに多人数で楽しめる賑やかな雰囲気が復活したと言えるでしょう。

一時期は、どん底に沈んだマクドナルドですが、着実に復活への道を歩んでいます。

これからのマクドナルドがどうなるか、見守っていきたいですね。

筆者も、おいしそうな期間限定メニューが出たら、その都度マクドナルドに足を運びたいと思います。

 

まとめ

マクドナルドは、2014年の鶏肉偽装問題をきっかけに、異物混入問題など様々な信用を失墜する出来事が発生…。


次のページへ >

-マクドナルド

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.