星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

セイコーマートの激安商品の価格の理由!評判や今後の店舗拡大は?

更新日:

北海道・埼玉・茨城限定で展開されているコンビニエンスストア『セイコーマート』。

「激安すぎない!?」

とネット上では、かなりの盛り上がりを見せているようです。

中には、

「セイコーマートのあるエリアに移住してきたら?」

と、提案している人もいるほど。

そこまで激安とは、一体『セイコーマート』が、実際にどこまで安いのか気になりますよね。

そこで、本記事で激安コンビニ『セイコーマート』の真相を追いかけてみます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目のコンビニエンスストア『セイコーマート』

セイコーマート

皆さんは、『セイコーマート』を知っていますか?

『セイコーマート』は、北海道を地盤に埼玉・茨城限定で展開されているコンビニエンスストアです。

コンビニの中でも、

酒の販売に強い

という部分を持つ一風変わったコンビニエンスストアとして知られています。

また、『セイコーマート』は、酒の販売に強くなった理由も、なかなか面白いものがありますね。

北海道では現在、24時間営業のコンビニエンスストアなどが全国展開されていくことが大きく影響し、元々あった地元の酒屋などが次々と廃業している傾向にあるとのこと。

その廃業した酒屋を居抜き的に転業させたのが、『セイコーマート』なのです。

そのため、酒販売の免許もそのまま転用されています。

結果的に、酒販売の免許を取るのが厳しくなっている現代で、その条件がかなり有利に働き、『セイコーマート』は、酒販売に強みを持ったコンビニエンスストアとして知られるようになったのです。

しかも、この『セイコーマート』というコンビニ名の由来もユニーク。

単純に"成功"を収めたいという社長の考え

創業者である『西尾社長が光り輝く』という言葉の"西"と"光"を取った省略語

という形で"セイコー"と名づけたのだそうです。

もう、ほとんどダジャレの世界で、思わずツッコミを入れたくなってしまったほどです。

また、セイコーマートは営業時間も今の時代に逆行しているかのように、

6時から24時まで

しか営業しなくなり、24時間営業には対応していないチェーン店が続出しているとのこと。

一応、札幌市など収益が見込める一部のエリアでは、24時間営業に対応しているところがあるそうですが…。

営業時間の点においても独自の展開がされていて、そのために東京や大阪では展開されていないことがよくわかります。

北海道生まれのユニークなコンビニエンスストア『セイコーマート』は、ローカルコンビニだからこそ、こういった個性的な特徴があるのかもしれませんね。

 

セイコーマートの商品は本当に激安?

セイコーマート

ユニークな経営方針というべきなのか、コンビニエンスストア『セイコーマート』では、商品そのものの価格も

激安!

とにかくユニークかつ個性的な展開をしているため、『セイコーマート』が出店していない地域でも注目されています。

 

では、本当に『セイコーマート』がネットで話題になるほど商品の価格が激安なのでしょうか?

実際に『セイコーマート』で販売されている商品を見ていくと、結構な割合で激安であることが頷けます。

例えば、

  • 塩さば
  • 玉子焼き
  • ミートパスタ

95円で販売されていたり、

ミートーボールナポリタンが税込み133円

など、100円前後の惣菜が豊富に販売されているのです。

とくにお金のない学生や、社会人になりたてで独身生活が大変な北海道・札幌・茨城の人にはとても嬉しい価格設定です。

 

一部では、この『セイコーマート』の安さには

「裏がある」

という話も出回っていますが、裏というほど物騒なものではありません。

では、なぜ『セイコーマート』の商品は激安なのか?

その理由は、実に単純なものでした。

そう、『セイコーマート』には、

生鮮品それぞれに契約農家がいる

ということ。

セイコーマートは、農家から直接食材を仕入れることができるため、これだけの激安価格になっているのです。

直接農家と専属の契約をすることで、

客には激安価格で商品を提供

農家と安定的に契約をすることで農家を救う

という、2つの功績を残しているのです。

 

今後のセイコーマートのチェーン展開と評判

ここまで『セイコーマート』に対する評判は、すこぶる順調みたいですね。

全国展開しているあのセブンイレブンですら、

「経営が成り立たない!」

と匙を投げて撤退したコンビニ跡地でも、かなりの割合で『セイコーマート』が進出し、成功を収めているという話もあるほどです。

そして、『セイコーマート』の激安価格も何か怪しい裏があるというわけではなく、農家との専属契約をすることで農家まで救っているわけですから、評判は上がる一方。

実際に、

「1人暮らしするなら『セイコーマート』のある北海道・埼玉・茨城に移り住んだほうがいいよ!」

と、『セイコーマート』のある地域への引っ越しを推奨する人まで現れているくらいです。

どうみても『セイコーマート』の評判が良いとみていいでしょう。

もちろん、大人数向けとしては、それほど価格が安いとは言えないかもしれませんが…。

ただ一人暮らしが多い現代では、一人用のちょうどいいサイズの惣菜が100円前後で購入できることは、すごく魅力的ですよね。

また酒の販売には強みを持っているので、安くて美味しい酒を数多く販売できるという魅力も、高評価の一因となっています。

ただ、ここまで展開してきたのも、かなりの経営努力があるのは事実。

『セイコーマート』は札幌の一部地域は例外として、基本的に深夜営業をせずに地域密着を大切にされているコンビニエンスストアです。

そのため、おそらく

今後も他のエリアでチェーン展開する可能性はほとんどない

ものと思われます。

『セイコーマート』が出店していない地域の人から残念がられているみたいですね。

 

まとめ

主に北海道・埼玉・茨城で地域に根ざしたチェーン展開をしているコンビニエンスストア『セイコーマート』。

『セイコーマート』一番の特徴は、コンビニでありながら

商品の安さ

にあると思います。

そして、とくに怪しい取引をしているわけではなく、

農家と専属契約

をすることで、できるだけ安く商品を提供できていることもわかりました。

さらには味は美味しいので、もう非の打ち所がないコンビニと言えますね。

ただ、『セイコーマート』は、深夜営業をしていないところが多いため、利便性が若干悪いことも…。

このあたりは、一長一短といったところでしょう。

筆者も、もし旅行で北海道などに行くことがあれば、『セイコーマート』に立ち寄ってみたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.