星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

S最後の警官の映画ストーリー結末ネタバレ!キャストと評判も紹介

更新日

向井理さん、綾野剛さん主演のドラマとして、放送された『S最後の警官』が

『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』

というタイトルで2015年に映画化。

この映画は、かなり壮大な事件を描いて話題になりました。

そこには、第4のSも登場し、過激なシーンも観られ、新たな装いとして注目されたことを記憶しています。

ただ、まだこの映画版『S最後の警官』を見ていない人もいるかと思います。

そこで改めて映画版『S最後の警官』のキャストやストーリーから結末まで、さらに評判を本記事でまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

映画『S最後の警官』のストーリー

S 最後の警官

この『S最後の警官』の主人公は、

どんなに極悪犯であっても、必ず無事に生きたまま捕まえる神御蔵一號(役:向井理)

一方で、極悪犯なら生命のあるなし関わらず、打ち倒してしまっても一切構わない考えの蘇我伊織(役:綾野剛)

対極にある、この二人です。

考えや価値観の異なる主人公の二人が、時に協力・時に対立を繰り返しながら展開していくテレビドラマでした。

 

そんな『S最後の警官』が2015年8月29日に、映画として帰ってきたのです。

今度は、シージャック事件を中心に政界をも巻き込み、壮大なスケールで描かれるそうですが、どんなストーリーとなっているのでしょうか?

早速、映画『S 最後の警官』のストーリーを紹介していきますね。

 

『第3のS』

として新設された、

警察庁特殊急襲捜査班『通称:NPS』

NPSは、これまで主に活動していた、SAT・SITとは目的が大きく異なります。

なんと、

生きたまま犯人を確保すること

を目的とした組織です。

それだけに犯人の生命を気にすることなく、制圧のみが目的のするSITたちとは、まるで考え方が違い、対立することも…

NPSの新設後は、数々の事件への対応や捜査の積み上げで、周囲の信頼も得て、現在では、NPSこそが日本の治安を護る新たな砦として注目を集めはじめていました。

そんなある時、彼らは普段と変わらず平和な日常を過ごしていたのですが、その日常を壊すかのように、突然バスジャック事件が発生します。

出動要請を受け、現場に急行する神御蔵一號(役:向井理)らNPSの面々たち。

しかし、犯人たちからは何一つ要求されず、ただ違和感を覚えるばかり…

さらに、太平洋沖で輸送船が、何者かにシージャックされる緊急事態が発生します。

積載した貨物には、日本全土を燃やし尽くすほどの核燃料積まれていて、未曾有の大事件に備えて、日本の首相などにも緊急招集がかかります。

そして、どこかで聞き覚えのある声で首相に電話が入り、

「裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出ていかなければならない。」

と謎のメッセージが…

果たして、聞き覚えのある声の持ち主とは一体誰か?

国の未来が掛かっている最後のSの戦いが幕を開けます。

 

以上が、映画『S最後の警官』のストーリーです。

この映画では、さらに『第4のS』も登場し、さらに白熱したストーリーとして描かれていきます。

なので、単純にシージャック事件を通じた犯人とのやりとりや、SITとの対立を楽しむだけでなく、より深い味わいのある作品です。

追記

ここで映画『S最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』のネタバレとして、

本作で描かれたストーリー・結末

を紹介していきたいと思います。

ちなみに、今回の映画『S最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』の物語を大きく形成しているのは、

2つの事件映画

です。

そして、これらの事件から犯人を確保し、平穏を奪還する

『奪還リカバリー』作戦の行使

が、この映画の根幹にあるといえるでしょう。

そこに国会議員や、4つのSたち

  • 警視庁警備部警備第一課特殊部隊:SAT
  • 警察庁特殊急襲捜査班:NPS
  • 警視庁特殊犯捜査係:SIT
  • 海上保安庁特殊警備隊:SST(第4のSとして今回登場)

が大きく絡んでいくといえば、端的でわかりやすいのかもしれません。

まずストーリーを順を追って説明していきましょう。

 

平穏な日常にバスジャック事件が発生したのは、先程お話したとおりです。

そのバス(スクールバス)には、海上保安庁特殊警備隊:SSTの隊長である

倉田勝一郎の息子

も乗車していました。

一方、海上では第2あかつき丸乗っ取り事件も勃発!

第2あかつき丸は貨物船(タンカー)であり、海上保安庁特殊警備隊:SSTの警護を受けながら、

プルトニウムを含むMOX燃料を載せてフランスに向かう

はずでしたが、反政府過激派に乗っ取られてしまい、東京に進路を変えます。

この2つのジャック事件は、

国際反政府過激派の正木圭吾(役:オダギリジョー)が仕組んだもの

彼の目的は、関東全体をプルトニウム燃料で爆破することにあったのです。

ジャック事件勃発後、すぐさま正木圭吾から犯行声明があり、30分以内に刑務所に入っている

犯罪者の釈放

が要求されます。

もちろんそんな要求を飲めるわけがありません。

時間が過ぎればバスの人質を一人ずつ命を奪っていくと脅されます。

そんな中、NPS隊員・林イルマ(役:新垣結衣)が狙撃準備に入るのです。

結局、イルマがバスジャックの犯人を狙撃し、その直後に乗り込んだ警察によって人質は開放されました。

しかし、倉田勝一郎の息子が被弾してしまい、病院に担ぎ込まれてしまうのです。

イルマは、母親に謝罪しながら後悔するばかり…

 

一方、第2あかつき丸乗っ取り事件に対しては、ヘリコプターで乗り込み、突入する作戦を決行しようとします。

丁度その頃、バスジャックが発生したショッピングモールに正木圭吾の姿があって、

彼の要求を総理大臣が受け入れてしまったため

に、ヘリコプターでの突入作戦が中止されてしまいます。

完全に後手後手に回らせている国家組織に対して、次に要求されたのは、

『閣僚15人全員を『第2あかつき丸』に、身代金(一人頭2億円・計30億円)を持たせて乗船させろ』

というものでした。

結局その要求も飲む形となり、NPS香椎秀樹隊長が、丸腰で閣僚達に同行することになりました。

しかし、閣僚に銃口を突きつける正木圭吾たちの行動に巻き込まれ、銃弾を受けることに…

さらに正木圭吾は閣僚の命を次々に奪っていくのです。

彼の暴走を止めるべく、イルマは上空から威嚇射撃をし、SATの蘇我伊織(綾野剛)は反政府過激派を倒します。

一方、SSTは第2あかつき丸のスクリューを爆破して航行不能にさせ、身動きが取れなくなったところへ、神御蔵一號(役:向井理)達が、が乗り込んでいくのです。

ここで、反政府過激派との直接対決になるかと思いきや、簡単にひき下がる連中ではありません。

今度は、総理大臣を人質に、プルトニウムがある格納庫へ突入しようと動き出します。

第2あかつき丸に装備されている高出力の加熱装置を使い、プルトニウム容器を爆破するつもりなのです。

その後は、なんとか神御蔵一號が肉弾戦の末に、正木圭吾を確保(逮捕)します。

これにて爆破阻止したかに見えましたが、既に加熱装置の起動スイッチが押されたあとで、間もなく爆発がおきる緊急事態に陥ってしまいます。

さらに、正木圭吾が

別の黒幕に命を奪われる

という事態に…

とりあえず加熱装置は、イルマがプルトニウム容器が爆発してしまう前に、なんとか加熱孔を撃ち抜き、停止させたために事なきを得ます。

しかし、本当の黒幕が誰なのかは掴めずじまい…

まぁ、総理大臣達の命が救われたことが、せめてもの救いだったと言えるでしょうね。

事件後、場面は変わり、神御蔵一號が同僚の結婚式の席で、幼馴染の棟方ゆづる(役:吹石一恵)に結婚を申し込まれ、物語は幕を閉じます。

 

以上が、映画『S最後の警官ー奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』のストーリーの結末までとなっています。

映画を観た人たちが声を揃えているように、ストーリー的に

中途半端になってしまった部分も多く

どこかスッキリできない側面が多々見られていることは事実です。

あれだけ、大掛かりなジャック事件を2つも引き起こした割には、

本当の黒幕は出てきませんでした

肝心の正木圭吾も命を奪われてしまいます。

なお、正木圭吾がジャック事件を引き起こした理由は、ある種の復讐・反発によるものであったことには違いないと思われます。

結局、具体的なことは明かされず、ここもまた中途半端なストーリー展開となってしまった、と評価される部分なのです。

ただし、正木圭吾が少年時代に、ある島で父親と産業廃棄物処理場を見ているシーンを、

原発事故による被害を映し出していた

のだとすれば、この一連の事件の背景にあったものが見えてくるかもしれません。

もちろん、これはその事を示唆した一部の視聴者達の意見でしかありません。

筆者自身もとくに意識していなかったので、言われてみてなるほどと思ったくらいなので、その真相ははっきりしておりません。

また、神御蔵一號に結婚を申し込んだ、『ゆづるとの関係』は、ちゃんとハッピーエンドで終えるのか…

その辺りの描かれ方もいまいちはっきりしておらず、こちらも消化不良というのが正直なところではあります。

これも一つの考えとしては、これらの謎の部分は、

続編で明らかにしようと制作サイドが考えている

というようにも受け取ることができます。

まぁ一種の出し惜しみと言うやつですね。

それなら、早く『S最後の警官』の映画次回作を公開し、すべての謎を明らかにしてほしいと言うのが、率直な感想ですね。

それは筆者だけではなく、多くの人が感じていることです。

きっとその要望を受け取り、制作サイドが、近々続編を公開してくれると信じたいところです。

もちろん、そこで正木圭吾が命を奪われた本当の理由や黒幕の正体、神御蔵一號とゆづるが結婚するのかという話など、すべての謎が明らかにされることを期待して…

スポンサーリンク

アドセンス

映画『S最後の警官』の出演者キャストをチェック

映画『S最後の警官』では、ドラマでのメインキャストはもちろん出演しています。

それに映画での新キャストも出演し、装い新たにストーリーが展開されていくので、本当にいろんな意味で楽しめる映画となっています。

さて、映画『S最後の警官』の気になる出演者キャストは、以下のとおりです。

神御蔵一號(向井理)

神御蔵一號

蘇我伊織(綾野剛)

蘇我伊織

林イルマ(新垣結衣)

林イルマ

棟方ゆづる(吹石一恵)

棟方ゆづる

古橋誠二朗(池内博之)

古橋誠二郎

速田仁(平山浩行)

速田仁

梶尾竜一(高橋努)

梶尾竜一

嵐悟(平山祐介)

嵐悟

山中一郎(本宮泰風)

山中一郎

・上野耕司(淵上泰史)

・棟方耕三(本田博太郎)

・神御蔵花(朝加真由美)

・天城光(菅原大吉)

・横川秋(土屋アンナ)

・中丸文夫(髙嶋政宏)

・霧山六郎(近藤正臣(特別出演))

正木圭吾(オダギリジョー)

正木圭吾

香椎秀樹(大森南朋)

香椎秀樹

以上が、ドラマ『S最後の警官』から共通する主な登場人物(キャスト)となっています。

細かいところまで見ていくと、まだまだキャストはたくさんいます。

キリがないので、この辺りにしておきます。

なお、ドラマでは、後半の2話限定で出演していた、新垣結衣さんでしたが、

映画ではほぼ主役級

として出演しています。

新垣結衣さんのクールな演技が観たい人は、一度DVDなどを通じて、本作をご覧になってみてください。

一方、映画の新キャストとして、

倉田勝一郎 (青木崇高)

青木崇高

南郷雅文(辰巳琢郎)

辰巳琢郎

も登場しています。

とくに、青木崇高さんが演じる倉田勝一郎は、映画版で初めて登場する海上保安庁特殊警備隊:SSTの隊長として、重要な役回りを担っているキャラクターです。

もちろん、主人公である神御蔵一號に注目するのは当然でしょう。

しかし、今回の映画『S最後の警官』では、神御蔵一號だけでなく林イルマ、正木圭吾、倉田勝一郎など、本来ならばサブキャラ的な人物にも、かなり焦点が当てられています。

そのあたりも魅力の一つとして観ていくと、きっと映画の世界観にハマり、面白く観れると思います。

まだ映画『S最後の警官』を観ていない人は、新キャストにも注目して観てくださいね。

 

映画『S最後の警官』の評判や評価レビュー

話題の映画『S最後の警官』の評判や評価レビューとしては、ドラマ放送された頃から何かと

主演の二人(向井理さん・綾野剛さん)が格好良く、迫力満点のドラマ

と評価されていたところがあります。

今回の映画でもその期待値は高いと言えるでしょう。

映画『S最後の警官』では、バスジャックとシージャックが同時に起こり、政界をも巻き込むわけです。

どこまでスケールを広げ、迫力ある映画に仕上げてくれるのか楽しみという声が多いように感じました。

ただし、原作ファンの一部には、

「映画化をしないでほしい」

という声もありました。

原作の世界観が変に映画化されることで、世界観が壊されてしまうことを危惧している人もいるそうです。

 

追加

先程も映画『S最後の警官』のストーリー・結末ネタバレのところで触れましたが、やはり原作ファンの心配が的中した形です。

どこか

中途半端な作品

となってしまい、不満の声も多く聞かれています。

もちろん、これで映画『S最後の警官』が完結というわけではありません。

続編への含みをもたせた終わり方

をしているので、単純に次回作に期待できれば、そこまで不満にはならないのかもしれません。

まぁ視聴者としては次回作ありきで観るわけでもないので、どうしても消化不良になってしまうのは否めません。

そこはシリーズ化された映画(例えばアンフェアシリーズ、海猿シリーズなど…)全般に対して抱かれる、共通の不満の部分といえるでしょう。

とにかく映画を観ている人たちは、その作品を観て『スッキリしたい』という気持ちをどこかしらに持っているはずなのです。

その人達の期待に応える作品として、『S最後の警官』次回作映画で、しっかり今作の含みを謎解きして、不満の残る部分を解消させてほしいと願うばかりです。

 

まとめ

2015年8月29日公開された映画『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』。

この映画版『S最後の警官』の中では、近年の過激な事件を彷彿させるような、シージャック事件やバスジャック事件など、政界をも巻き込む壮大な物語が展開されています。

激しい戦闘シーンもありますし、アクションが好きな人にも楽しめる映画となっているのではないでしょうか。

ただし、続編ありきという印象も強く、どこか中途半端で、まだいくつも謎のままにされてしまっているシーンも見受けられました。

それだけに視聴者としては『消化不良』という印象は拭えなかった、というのが正直な気持ちでしょう。

それだけに、ぜひ次回作の『S最後の警官』でしっかり謎を解消させ、ファンをすっきりさせてほしいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画