星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ターミネーターが歳を取る理由は?新起動ジェニシスのネタバレ!

更新日

大人気映画『ターミネーター』シリーズの最新作『ターミネーター新起動(ジェニシス)』が、2015年7月11日に公開されましたね。

これまでのファンはもちろんのこと、まったく『ターミネーター』シリーズを観たことのない初心者でも、十分に楽しめる映画として、評判が良いとも言われています。

そして一部では、時間軸が変わっていて今の時代だからこその面白さもあるという話も…

そこで本記事では、映画『ターミネーター新起動(ジェニシス)』のストーリーの内容や、評判を交えながら、ネタバレなどもご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ターミネーター新起動(ジェニシス)の内容は?

ターミネーター

もう67歳になったハリウッドスターのアーノルド・シュワルツェネッガーが久しぶりにスクリーン帰ってきた、映画『ターミネーター新起動(ジェニシス)』が、2015年7月11日に公開され、早速その話題で、ネット上は盛り上がりを見せているようですね。

67歳になったシュワちゃんが、ターミネーターのあの迫力満載のアクションシーンを、まだ出来るのか…

正直心配していたところもあり、どんな映画になっていくのか非常に興味があったのですが、内容としては、様々なターミネーターが登場し、熱いバトルを展開していくといった見どころ満載の内容で、シュワちゃんの迫真の演技にも期待したいです。

また、若いターミネーターと年老いたターミネーターが登場することで、バトルにさらに奥深さ的なものも演出され、ただ淡々とターミネーターたちのバトルというよりも、ちょっと人間臭さも演出された様な印象もあり、ターミネーターシリーズの映画を初めてみる初心者にもおすすめです。

純粋に往年ファンが、往年通りのターミネーターを期待していると、ちょっと期待はずれとなってしまうかもしれませんが、一種の外伝的要素の映画としてみると、また新たな一面を見ることが出来、これはこれで楽しめると思います。

新起動(ジェニシス)ネタバレ!歳を取る?

ターミネーター

『ターミネーターが、人間同様に歳を取る…』

この話を聞いた瞬間、筆者は正直目が点になってしまうほど驚きました。

あくまでターミネーターとして登場するT-800というアンドロイドは、機械でできた人間そっくりな物体なので、壊れることはあったとしても、表面的な老化現象は起こることなんて、ありえないと思っていたのです。

しかし、主演を務めるアーノルド・シュワルツェネッガーは、自身の年齢的にターミネーターを演じていくのが厳しくなってしまったのか、こんなコメントを語っています。

その彼のコメントとは、

『T-800は、機械の上に皮膚を被せたという設定のキャラクターで、骨格そのものは金属で出来ているものの、その上に乗っかっているものは人間の肉であり、表皮や筋肉などは人間同様、同じ速度ではないとしても衰えていき歳を取る』

というもの。

『えっ!!まじっすか?』

それこそ筆者が思わず声に出してしまった言葉でした。

いくら近未来からやってきた未来型生物だとしても、アンドロイドに年齢や老いがあるなんて、あまり想像していませんでした。

失礼承知で言わせてもらうならば、言い訳せずにやりきってほしいという気持ちと、カルフォルニア州の州知事にまでなり、政治家として忙しくしている部分と、67歳という年齢を重ねていることを考慮して、確かに無理だよなと思う部分があり、なんとも複雑な心境です。

だから、彼のコメントに対して、笑いながらも

『そうなるわな…』

と、いろいろわかった上で了承しているファンも多いように思います。

筆者もその一人で、昔の面白かった時の印象で、今回の作品を見ると、あまりにもつまらなく感じてしまいますが、ターミネーターの違った作品として見ると、これはこれでありとも思えますし、特に初めての方が見るには最高の一作と言えると思います。

『誰でも楽しめる』という言葉の裏には、こういう"からくり"があり、その時代に適した彼流の演出が施されているということなのでしょうね。

年齢を重ね、より人間味溢れる演技を身につけたシュワルツェネッガーの演技に注目しながら、『ターミネーター新起動(ジェネシス)』を観ていければと思う次第です。

 

映画を鑑賞した人達の評判は?

サラ・コナー

サラ・コナー役のエミリア・クラーク

冒頭でもお話したとおり、これまでの『ターミネーターとまったく同じである』という印象で見ると、どことなくつまらなくなってしまう部分があり、これはまた別のターミネーターとして観ることで、初めておもしろい作品となる映画なので、その意味でも賛否は分かれています。

実際に、歳を召されたシュワちゃんが、往年通りの動きとはいかず、メンテナンスされていない感たっぷりでありながらも奮闘してくれていると感動されているファンも多いです。

また違ったターミネーターを観ることができて、

「非常に楽しかった」

という方もいらっしゃいました。

一方で、

「動きが遅くつまらない」

サラ(役:エミリア・クラーク)も、かなり年老いていると酷評されている方もいらっしゃいます。

まぁ、世代を超えた大ヒット映画シリーズの最新作ですから、昔から携わってきた役者達も、当然ながら歳を取られていますし、往年のままと意識してみると、違和感が出てしまうかもしれませんね。

ただ、また違った作品としてみれば、これもひとつの味わいですし、評判も結構良かったりしますので、過去を忘れて割りきって観ることができれば、結構楽しめると思いますよ。

 

まとめ

映画『ターミネーター新起動(ジェネシス)』が公開され、67歳になられたアーノルド・シュワルツェネッガーの演技に、多くのファンが視線を送っているらしく、もはや機敏な動きが出来ていないと批判される方もいれば、年齢以上に奮起されていると評価されているファンもいるようです。

映画の見どころとしては、たくさんの個性豊かなターミネーターが登場することにあり、年老いたターミネーターや若いターミネーターのバトルなども見られ、色んな角度でターミネーターの世界観を堪能することができそうです。

今までのターミネーターとは違った印象の作品となっていますが、また新鮮な気持ちで観ることができるので、往年のファンはもちろん初心者も難しく考えずに、この世界観を体感してみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画