星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

ロンドンハーツの視聴率が悪い理由原因!打ち切りも時間の問題か?

更新日

ロンドンハーツは、ロンドンブーツ1号2号(田村淳・田村亮)の冠番組であり、テレビ番組の中で、このコンビで唯一生き残ったレギュラー番組だったのです。

にも関わらず、気がつけば視聴率が徐々に低迷…。

もはや、

『いつロンドンハーツが打ち切られてもおかしくない』

と噂されるまでに低迷しています。

番組改編期に放送時間枠変更に伴い、日曜枠から火曜日の21時枠に移動し、最高視聴率30.4%(ただし特番として…)を叩き出していた時期もありました。

しかし、現在はついに一桁まで視聴率が低迷しているのです。

はたして『ロンドンハーツ』の視聴率低迷の理由には、どんな理由があるのでしょうか?

また本当に『ロンドンハーツ』は、打ち切りにされてしまうのでしょうか?

本記事でその真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ロンドンハーツの視聴率が低迷!

ロンドンハーツ

ロンドンブーツ1号2号がMCを務める冠番組『ロンドンハーツ』。

放送開始当時は、日曜20時枠ということもあり、苦戦続きだったものの、現在の火曜21時枠に移動してからは、順調に視聴率を上げ続けました。

一部では『ロンドンハーツ』という番組が、社会現象まで巻き起こしていたとも言われています。

とくに『ロンドンハーツ』企画の人気のコーナーは、

  • 男性の浮気を検証するために企画された『The Bl@ck Mail』
  • あるテーマに沿ったランキングを付けて格付けしあう、『格付けしあう女達』

などがその代表です。

とくに『The Bl@ck Mail』では、女性が交際中の男性の愛を確かめるために、わざと企画に参加し、仕掛け人となる人もいたみたいですよ。

まぁ浮気心のある男性達にとっては、一種のドッキリ企画でもあり、仕掛けられた人は、たまったものではありませんが…

当時、筆者もこの番組をよく見て、田村淳さんのなりすましメールの凄さに脱帽した記憶が蘇ります。

しかし、時代は流れ、2015年に至っては視聴率も1桁にまで低迷。

『ロンドンハーツ』の番組打ち切きも示唆されているというのです。

一時期は、特番ながらも視聴率

30.4%

を叩きだした、あの『ロンドンハーツ』が、何故ここまで低迷してしまっているのか…

まさに人気番組の凋落が起こっているようですね。

追記

火曜21時枠で視聴率が取れずに、危機的状況に陥った『ロンドンハーツ』。

そして、金曜21時枠『世界の村で発見!こんなところに日本人』と入れ替わり、金曜21時枠へ『ロンドンハーツ』が引っ越し!

金曜21時枠は、比較的ライバルも少なく、強いてあげれば、

『金曜ロードSHOW!』(ただし、放送する映画のタイトル次第)

くらいしか、視聴率を取れる番組がない枠です。

『ロンドンハーツ』が視聴率回復を狙うなら、これ以上のお膳立てはなく、まさにこれがラストチャンスと言ったところでしょう。

 

しかし、『ロンドンハーツ』は残念なことに金曜21時枠に移ってからも全く視聴率が伸びません。

とうとう

視聴率が6.1%まで落ちてしまった

模様…。

とりあえず、現在のところは『ロンドンハーツ』の番組打ち切りにはなっていないので、2017年春以降も放送が継続になると思われます。

しかし、一部の噂では、『ロンドンハーツ』は

打ち切り秒読み

という話も出ているらしく、完全に崖っぷちに立たされていることは間違いなさそうですね。

その打ち切りの理由に関しても、さらなる原因が挙がっていますので、後ほどお話していきます。

とにかく早急に、このまずい状況をなんとかしないと、『ロンドンハーツ』が完全に消える日が訪れてしまうでしょう。

放送局は違いますが、ロンブーの田村淳さんがMCを務める

TBS『クイズ☆スター名鑑』が放送終了

となってしまいました。

唯一残る、金曜の『ロンドンハーツ』が消えてしまうと、ロンブーレギュラーのバラエティ番組そのものが、消えてしまいかねません。

もはや崖っぷちとも言えるロンブー。

起死回生を果たして、なんとか『ロンドンハーツ』の視聴率回復に繋がっていくことを願うばかりです。

 

ロンドンハーツの視聴率低迷理由はマツコとマンネリ

マツコの体重は?

一時期は、お笑い芸人達をドッキリに嵌める『The Bl@ck Mail』の芸人版『マジックメール』などで、数多くの芸人たちが騙され続けました。

そして、多くの視聴者が『ロンドンハーツ』を楽しんできました。

また、この『ロンドンハーツ』で一気にブレイクしていった、

  • misono
  • 磯山さやか
  • ダレノガレ明美

などにとっては、忘れることのできない番組とも言えるでしょう。

そんな『ロンドンハーツ』が、2015年2月24日の放送を境に、ついに視聴率1桁台に急落していったのです。

現在も、その急落した視聴率は回復することなく、一部では『ロンドンハーツ』の打ち切りも示唆されているわけです。

では、一体なぜここまで『ロンドンハーツ』の視聴率が低迷しているのでしょうか?

この『ロンドンハーツ』視聴率低迷の理由のひとつは、

マツコ・デラックスさんがMCを務める、TBSバラエティ『マツコの知らない世界』が爆発的に支持されていること

が、挙げられます。

有吉弘行さんがブレイクして以来、毒舌タレントが人気を集めています。

その影響もあり、コラムニスト・タレントとして活躍しているマツコ・デラックスさんが、毒舌タレントとして注目されるようになりました。

その結果、マツコ・デラックスさんの出演番組は、いずれも大人気。

『ロンドンハーツ』の裏番組である『マツコの知らない世界(TBS)』も、そのひとつです。

テーマとなるジャンルに精通した一般人(女優:萬田久子さんが出演した回も…)が、マツコさんの毒舌を受けながら、その話題の魅力を解説する

斬新な番組として人気です。

もともとの話題としては、他愛もない話題ばかりですが、その道のマニアによる解説や、マツコさんの歯に衣着せぬ毒舌が、より番組を面白く際立たせているのです。

結果、裏番組の『ロンドンハーツ』は、これまで稼いできた視聴率を、単純に奪われる形になってしまいました。

また、『ロンドンハーツ』そのものも、次第に企画がマンネリ化していきました。

そのために、より一層つまらないと視聴者の目に映るようになってしまった、ということもあるでしょう。

その結果が、『ロンドンハーツ』の視聴率1桁という惨劇を招いているのだそうです。

  • "マツコ・デラックス"という毒舌タレント
  • 『ロンドンハーツ』のマンネリ化

というダブルパンチにより、番組崩壊のピンチを迎えたことの原因みたいですね。

追記

火曜日枠で放送されていた頃の『ロンドンハーツ』にも、マンネリ化による視聴者の飽きは、たしかにありました。

ただ、どうもそれだけではない印象が強まってきました。

とくに金曜日21時枠はライバルもおらず、これまで通りやっていたら、間違いなく視聴率だって回復したはずなのです。

にもかかわらず、どうしても結果が付いてこず、大変な事態を迎えているような印象を受けてしまうのです。

では、そこまで『ロンドンハーツ』が視聴率が悪くて喘いでいる理由は、何だったのかというと…、

『ロンドンハーツ』が金曜日枠に移ったことで、

  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん
  • ミュージックステーション

などのファミリー層に受ける番組の流れを、『ロンドンハーツ』が汲み取るようになりました。

そのため、これまで"とんがっていた番組のスタイル"が、マイルドなものに変化。

それで面白みが欠けてしまったため、『ロンドンハーツ』の視聴率が下がり続けてしまっているのです。

かつての『ロンドンハーツ』は、

子供に見せたくない番組ランキングNo.1

という不名誉な番組でした。

マジックメールにしろドッキリ企画にしろ、修羅場も大歓迎的な企画が多かったのです。

その上、

『格付けしあう女たち』

『毒舌芸人としてブレイクした有吉弘行さんが出演する企画』

などでは、タレント同士の毒舌攻撃が咲き乱れ、教育上あまり良くない一面も持っていました。

ただ、そこが『ロンドンハーツ』の魅力でもあり、そのスタンスを貫いてくれていれば、きっと視聴率回復も見込めたんだと思うんです。

ところが、ただマンネリ化する一方で、さらにファミリー指向へとシフトチェンジしてしまった印象が強まりました。

そのため一部のコアな視聴者層からさえ、『ロンドンハーツ』が飽きられてしまっているのが現状のようです。

金曜日の枠に移動したことそのものが、完全に『ロンドンハーツ』の方針をブレさせてしまい、大ピンチに陥る大きな原因となってしまったような気もしてきました。

果たして、このまま『ロンドンハーツ』は、番組の打ち切りとなってしまうのでしょうか…

いずれにしても、現状のままなら打ち切りも時間の問題と言ったところでしょう。

なんとか、この最大のピンチを乗り越えて、『ロンドンハーツ』が生き残って欲しいと願うばかりです。

 

ロンドンハーツの番組打ち切りの可能性は?

金曜日枠へ『ロンドンハーツ』が移動し、なんとか危機的状況を打破しようともがいていました。

しかし、状況は悪化するばかりで、本当に崖っぷちへと追い詰められている最悪な状況を迎えています。

その理由や原因は、先程からお話しているとおりです。

すでに、多くの関係者が、

『ロンドンハーツ』の打ち切りは時間の問題

で、いつ打ち切られても不思議ではないと言う話が聞かれます。

これが本当だったら、

2017年の春に『ロンドンハーツ』が打ち切りとなっても、何らおかしくなかった

のだと思います。

しかし奇跡的にも『ロンドンハーツ』は、生き残ることができたわけです。

ただ、それでも綱渡り状態であることには変わりない模様…

さすがに、再び放送枠を引越しして、視聴率の改善を図ることなんて処遇は受けられないでしょう。

次に何かあれば、それは打ち切りを示唆する話だと思えるだけに、なんとか一矢報いてほしいですね。

 

客観的に視聴者の声なども聞いた上で判断すると、『ロンドンハーツ』は

9割ぐらいで打ち切り

というのが率直なところだと思います。

それだけに、このままいけば、次の番組改編期には消えてしまうと思えます。

ここは、もう一度原点に戻り、一か八かの大ギャンブルを打つつもりで、

放送コードギリギリの攻撃的な『ロンドンハーツ』

を打ち出し、生き残りを目指してくれることを、ただ期待するばかりです。

 

まとめ

『ロンドンハーツ』の視聴率が、2015年2月24日の放送以来、1桁という、かなり厳しい結果を突きつけられています。

遂に15年間放送し続けてきた火曜21時枠から、金曜21時枠に引越ししたものの、その成果は見られず、さらに視聴率は低迷しています。

その結果、

『もうロンハー打ち切りは時間の問題』

と誰もが声を揃えているらしく、完全に崖っぷち状態にあるといえるでしょう。

子供向けにスタイルを変えてしまったことが、完全に裏目になってしまい、マンネリ化に併せて、視聴者離れしているロンハーです。

今後、原点に帰り、攻撃的な企画を打ち出し、視聴率回復に向けて一矢報いてくれるのか…。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ