星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

須藤凛々花(NMB48)の出身中学高校から両親までプライベートを考察

更新日

2015年7月15日にリリースされたNMB48の12枚目のシングル『ドリアン少年』。

この楽曲で初のセンターとして抜擢された須藤凛々花さんが、

将来のNMB48のエース

として注目されています。

須藤凛々花さんは、最近急激にメディアに露出が増え、AKBドラフトにて、NMB48チームNの1巡目に指名されるような逸材…。

しかし、実はかなりの苦労人でもあり、網膜剥離になったり、時にはリバースしてしまい、あわや放送事故になることも…

そこで本記事では、須藤凜々花さんのアイドルとしての人気や、出身中学・高校、両親のことなど、彼女にまつわる話を調査し、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

NMB48エース候補・須藤凜々花

須藤凛々花

みなさんは、NMB48の須藤凜々花さんというアイドルを知っているでしょうか?

NMB48やAKB48グループのファンにとってみれば、常識と言われてしまうかもしれません。

この須藤凜々花さんは、AKB48ドラフト会議で、NMB48チームNや、SKE48の2チーム(チームKII・チームE)からも1位指名を受けたほど、期待されている逸材です。

NMB48の絶対的エースである山本彩さんが、恋焦がれてくじ引きで引当て、NMB48入りが決まった大注目のメンバー。

加入4年目にして、早くもNMB48の次期エース候補に挙げられた逸材だけあって、

AKB48選抜総選挙では44位!

さらに、NMB48名義のシングル5曲(内1曲センター)でも選抜メンバーに入りました。

また、AKB48名義のシングル曲でも、向井地美音さんがセンターを務めた『翼はいらない』で須藤凛々花さんが選抜入りしています。

カップリングに収録された楽曲とか言うのであれば、たとえ実績がそれほどでなくても選抜入りする可能性もあります。

しかし、シングル曲のみで、これだけの実績を挙げているのですから、須藤凛々花さんがいかに期待され支持されているのか伺えますね。

 

とはいえ、まだ須藤凛々花さんの知名度そのものはそれほど高いわけではありません。

NMB48ファンはもちろん須藤凛々花さんの存在を知っていると思います。

他のグループファンも、AKB48ドラフト会議はテレビ中継されていたわけですから、須藤凛々花さんの名前を記憶していたファンも少なくないでしょう。

まぁなによりもAKB48の楽曲『翼はいらない』で選抜されているわけですから、一部のファンは須藤凛々花さんの名前くらいは知っています。

ただ、あまりAKB48を知らないような人たちは、ほとんど須藤凛々花さんの名前を知らないというのが、実際のところでしょう。

 

AKB48グループのメンバー(NMB48所属)としては、たしかに活躍しています。

しかし、須藤凜々花さん個人としては、

  • バラエティ番組3つ
  • ドラマ2つ(内1つはネット放送)

しかありません。

それも、全国区のメジャー番組(または作品)に出演しているわけでもありません。

これでは須藤凛々花さんの知名度だって上がるわけがありません。

まだ芸能活動4年目の須藤凛々花さんです。

あくまで扱いとしては新人と同じような扱いです。

たしかに、期待されている逸材であることは間違いありませんが、まだまだキャリアは浅いのです。

ただ須藤凜々花さんは、これからの逸材なので、今後どのように大きく成長していくか、楽しみにしたいものです。

須藤凜々花ってどんな性格?

さて、今度は須藤凜々花さんのプライベートな一面にも着目してみましょう。

基本的な須藤凛々花さんの性格は、

  • 打たれ強く
  • 人間好き

であるためか、人を面白く楽しませたいサービス精神旺盛な性格です。

その一方では、熱しやすく冷めやすい一面や、冷静沈着な一面をもち合わせています。

 

これは須藤凛々花さん自身がブログで語ってたことです。

実は、NMB48に加入する前は、この世のすべてに期待せず、

冷めきった人生

を歩んでいたとのことです。

ただ、お金持ちになって、家族を楽にすることだけ考えて、要領よく生きてきたんだそうです。

そんな須藤凛々花さんが初めて心から熱くなれたのが、NMB48(アイドル)だったのです。

NMB48に出会えたからこそ、苦手なダンスも頑張り、努力することを怠らず、色々苦労を伴いながらも、今の実績を得てきたわけです。

 

ファンを少しでも楽しませたいという気持ちは強く、そのために努力を怠らず、ここまで頑張り続けてきた須藤凛々花さん。

彼女は、AKB48グループの魂をしっかり受けいでいるとも言えるメンバーでしょう。

きっと今後、山本彩さんのように、NMB48はもちろんのこと、AKB48内でもグループ全体を大きく牽引していく、中心的存在として活躍していくでしょうね。

性格面から見ても、優れた素質を十二分に感じられる、個性豊かなメンバーだと思いますよ。

須藤凜々花の出身中学・高校

AKB48グループというと、大家志津香さんや川栄李奈さん、小嶋陽菜さんのような、おバカ系のメンバーが多く、才女は少ないという印象が強いです。

もちろん、そういったメンバーばかりではないと思います。

しかし、元総監督である高橋みなみさんですら、番組企画の『めちゃイケテスト』では、相当なおバカぶりを披露していました。

どうしてもユニークなキャラクターという意味合いで、AKB48グループにはお馬鹿ながらファンを楽しませるメンバーが多いように映ってしまうのです。

しかし、AKB48グループにも才女と呼ばれるメンバーは間違いなくいます。

同じく『めちゃイケテスト』で1位をとった入山杏奈さん。

憲法アイドルと呼ばれ、慶應義塾大学経済学部にかよっている内山奈月さんなどです。

そして、NMB48の須藤凜々花さんも才女として、ファンの間では有名だと言われているんだとか…

さて、須藤凜々花さんは

哲学少女

らしく、偏差値67とかなり高いと言われています。

残念ながら、須藤凛々花さんの出身中学はわかりませんでしたが、出身高校は、

東京都立町田高等学校

と言われています。

また、須藤凛々花さんには大学に通うだけの学力は持っていて、

高校時代の学力テストでは1位

を取ったことがあったという話も耳にします。

偏差値の低い学校での1位なら、そんなに驚くことではありませんが、レベルの高い学校での1位は、偏差値67の須藤凜々花さんでも大変なことですね。

彼女は、ただアイドルとして頑張っているだけではなく、学業でもしっかり頑張り、両立していたんですね。

とはいえ現在は、

『大学に行くよりもアイドルに専念したい』

と、NMB48(またはAKB48)一本で頑張っているみたいですよ。

須藤凜々花の両親

須藤凜々花さんの両親は東京都に在住の一般人で、とくに芸能関係とは関係を持っていないようです。

なので、とくに注目するなこともないかと思っていたのですが、いざネットで調べてみると、色々すごい話も見えてきました。

もちろん一般人なので詳細はわかりませんでしたが、話によると須藤凛々花さんが小学校2年生のころまで

社長業

をしていたそうです。

家は大変裕福だったらしく、そのためネット上では、

須藤凜々花さんはお金に困らない社長令嬢だった

と話題になっているようです。

ただし、そんな生活をしていたのは、須藤凛々花さんが小学校2年生の頃までの話です。

おそらく業績不振で廃業となったのだと思いますが、突如、4畳半のおんぼろアパートへ引っ越すこととなり、お金のない生活がスタートしたそうです。

これは須藤凛々花さんのブログに掲載されていた話なので、ほぼ間違いない話と見ていいでしょう。

ただ、この話には続きがあります。

須藤凛々花さんはお金のない生活を結構楽しんでいたらしく、お金がないからこそ、いろんなことが経験できたと、喜んでいたという話も…

この話を聞くと、須藤凛々花さんは実に親孝行な娘だろうと思いますね。

 

一方、須藤凛々花さんのお母さんは癌になってしまい、闘病中という話もありました。

ただですら東京と大阪に離れて暮らしているのに、大好きなお母さんが癌で闘病中というのですから、こんなにつらいことはないでしょう。

須藤凛々花さん自身、大好きなお母さんのいる東京に帰るために、NMB48を卒業しようかと考えていた時期もあったそうです。

しかし、選抜総選挙で44位にランクインし、ファンの後押しの力強さを感じて、自分にはまだ家族がいると考え直して、卒業を取り止めたとか…

ということは、もし選抜総選挙で圏外だったら、現在の須藤凛々花さんの姿を見ることも叶わなかったかもしれませんね。

いずれにしても、大好きなNMB48を辞めてまで東京に帰ろうと考えるほど、須藤凜々花さんにとって、大好きなお母さんには間違いありません。

これらのエピソードが、人の心を胸を打ち、良いエピソードとして、多くのファンがネット上で話題にしていたのです。

そのため、須藤凛々花さんの両親は一般人であるにもかかわらず、注目されてしまっているのです。

須藤凜々花の個性・趣味

須藤凜々花さんのプライベートな話の最後として、個性や趣味の部分にも触れておきたいと思います。

先程もお話したように、須藤凛々花さんは哲学少女で才女というユニークな個性を持っているメンバーです。

ですので、これまでのメンバーとはまた異なるキャラクター性で、NMB48を大いに盛り上げてくれることも期待できます。

さらに、映画にもなった『ちはやふる』の題材に使われている、百人一首をこよなく愛する女性でもあります。

これらの須藤凛々花さんの特徴が、何かしらのコラボ企画として、大いに活かされる時がくるかもしれません。

 

哲学や百人一首というと、一見アイドルからは離れたキャラクター性という印象はあります。

ですが近年、アイドルやお笑い芸人で、クイズ番組などに出演し、知名度をあげている人も少なくありません。

女芸人で言えば、武家の女、高松ななさんなどが、『Qさま!』出演を機に注目されるようになっています。

同じく『Qさま!』をきっかけにして、アイドルグループ仮面女子の桜雪(さくら ゆき)さんも、この番組で知名度を上げて、何かと注目されるようになりました。

その他、『クイズタイムショック』には、欅坂46の長濱ねるさんも出演しています。

これまでは、単純におバカ要員として、クイズバラエティ番組に出演し、知名度を得てきた女性アイドルたちですが、これからは、才女としてクイズ番組で大活躍する女性アイドルも増えていくでしょう。

須藤凜々花さんは、とくに主だったクイズ番組に出演しているわけではありません。

しかし、かなりの才女らしいので、今後、クイズ番組でその知力を最大限に発揮させる日もやってくるかと思いますよ。

また一方では、『AStudio』のようにトーク力が求められる番組に、番組アシスタントとして出演する可能性も考えられるでしょう。

須藤凛々花さんには、色んな番組で、趣味特技を含めた彼女ならではの個性を、最大限に発揮してほしいですね。

そして、少しおとなしい傾向にあるNMB48に対して、山本彩さんの願いどおりに風穴を開ける活躍を見せてほしいと願っています。

スポンサーリンク

アドセンス

須藤凛々花は想像以上の苦労人!人気の理由は?

須藤凛々花

須藤凛々花さんは、可愛らしく且つ知的で、AKB48ドラフト会議でも

ドラフト1位指名

を受けました。

アイドルとして順風満帆でここまで来ている印象すら感じますが、実はかなりの苦労人のようです。

須藤凛々花さんが、これまで選抜にすら入れていなかったのも、その苦労ゆえであることが大きく関係しています。

実は、須藤凛々花さんは、凄い才覚の持ち主というだけではなく、かなりの努力家で、ダンスレッスンでも相当な無理をして、頑張っていたところもあったそうです。

しかし、その無理がたたってしまったのか、ダンスのし過ぎで、なんと

『網膜はく離』

になってしまい、アイドル活動そのものができなくなった時期があったのです。

そのため、1ヶ月間NMB48での活動を休養することになり、手術を受けています。

現在は、手術も無事成功し、元気になっていますが、若い時期の1ヶ月というのは大きなもので、遅れを取り戻すのも大変でしょう。

その頃は、須藤凛々花さんは、かなり苦しい想いもしていたことと思います。

しかし、そこは頑張りやの須藤凛々花さんですから、復帰後もひたむきにNMB48メンバーとして奮闘しました。

NMB11枚目のシングル『Don’t look back!』で、初選抜に起用されると、次作の『ドリアン少年』で

初センターの座を掴んだ

のです。

もちろん努力だけでは、なかなかセンターになることは難しいです。

須藤凛々花さんのアイドルとしてのセンスと、これまでの努力が実った結果だと思います。

まだNMB48での実績しかありませんが、今後は間違いなくAKB48グループの中心メンバーになりうる逸材なので、今後の動向を追い続けたいものですね。

追記

苦労もされてきている須藤凜々花さん。

とくにNMB48のファンたちは、そんな彼女の苦労を間近で見てきているので、その姿に感銘を受け、2推ししているファンがたくさんいるみたいです。

もちろん1推しというわけではないので、人気としてはまだまだと言った印象もあるのでしょう。

次世代のエース候補としては大いに期待できますし、今後の須藤凛々花さんの活躍次第で、ますます人気に拍車がかかっていくのではないでしょうか。

ただ、どんなに人気を博していたアイドルでも、ちょっとしたスキャンダルで一気に芸能界を干されてしまい、気がついたら忘れられていたということもあります。

須藤凜々花さんには、今の人気で天狗にならずに、しっかりアイドルとして成長して、いつまでもファンが支えたくなるアイドルでい続けてほしいですね。

 

須藤凛々花のリバース事件!

須藤凛々花

インターネットで須藤凛々花さんのことを調べていると、関連ワードで『リバース』というワードがよく検索されているようです。

正直言って、

『何がリバースなのだろうか?』

と考えてみたものの、まったく意味がわかりません。

そこで改めて調べてみたところ、実は須藤凛々花さんは、

ある番組でリバース(吐いてしまうこと)事件

をやらかしていたみたいなのです。

そのことで放送事故とネットで盛り上がったために、須藤凛々花さんの関連ワードとして、"リバース"という言葉がひとり歩きしてしまったのです。

 

では、どんな事件だったか紹介していきましょう。

ニコニコ動画のとある企画の中で、NMB48のメンバーたちが出演したところ、

ドリアンサイダー

という、なんとも不味そうなドリンクを飲むことになった須藤凛々花さんが、罰ゲームを受けるかのように、ドリンクを飲んだそうです。

そのあまりの不味さに我慢しきれず、須藤凛々花さんはリバースしてしまった

というのです。

この光景を間近で見ていた山本彩さんは大爆笑!

その一件があったために告知も何もできず、放送がグダグダになってしまったとか。

確かにドリアンは匂いも強烈ですし、サイダーで割っても、なかなか飲めないクセの強いフルーツです。

そんなドリンクを飲ませること自体が間違いだとは思いますが、もしかしたら、12枚目シングル『ドリアン少年』に、ちなんだ企画だったのかもしれません。

それにしても、さすがお笑い精神をもったNMB48。

何でも笑いに変えてしまおうとするあたりはさすがです。

そういったバラエティの試練を受けながら、須藤凛々花さんもまた大きく成長していくでしょう。

これからも暖かく見守ってあげたいものですね。

 

まとめ

NMB48の12枚目のシングルである『ドリアン少年』でセンターに立つなど、ファンから大注目されている逸材・超新星の須藤凛々花さん。

一時期は、

ダンスのし過ぎで網膜剥離になる

など、苦労も多く経験しました。

さらには母の癌を理由に、NMB48卒業も真剣に考えたことがあったようですが、ファンの後押しもあり、卒業は回避!

さらに網膜剥離も完治させ、須藤凛々花さんはバラエティ番組中心に活躍しはじめています。

須藤凛々花さん自身、偏差値も高く哲学少女なので、今後クイズ番組で真価を発揮するかもしれません。

それだけにいろんな意味で、須藤凛々花さんが、今後大きく飛躍していくことを期待したいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB