星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

ドラクエビルダーズの特徴とマインクラフトとの違い!続編はある?

更新日:

『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』というゲーム。

これまでの『ドラクエ』とは内容が大きく異なり、ブロック状の世界で冒険し、素材を集め、

『自分で世界を創ることができる』

ゲームなのですが…。

ブロック状の世界、そして自由度の高い世界を作るゲームと言うと…。

どうしても先に『マインクラフト』が浮かんでしまいますよね。

では、『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』には、一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、『ドラクエビルダーズ』について、『マインクラフト』との違いや、『ドラクエビルダーズ』の続編はあるのかについて、探っていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『ドラゴンクエストビルダーズ』とは?

『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』とは、2016年1月28日に発売された

『ブロックメイクRPG』

と呼ばれるジャンルです。

この『ドラクエビルダーズ』は、『アレフガルドを復活せよ』という名前がついているだけあって

竜王によって荒らされてしまったアレフガルドの大地を救うべく、主人公が冒険する

というストーリーになっています。

実はこのストーリー、いわゆるif世界になっていて、

初代『ドラクエ』で竜王が

「もし わしの みかたになれば せかいの はんぶんを ○○にやろう」

という選択肢で、勇者が『はい』を選んでしまった世界観

になっているのです。

その結果、アレフガルドは荒廃してしまい、それを立て直すべく、『ドラクエビルダーズ』の主人公が活躍していくこととなります。

ちなみに、竜王討伐を目指すストーリーモードだけではなく、自由にものづくりを楽しむフリービルドモードも用意されています。

フリービルドモードは、ストーリーモードのクリア状況でできることが増えたりするので、先にストーリーを終わらせてしまう方が良いですね。

 

それにしても、この『ドラクエビルダーズ』…ブロック状の世界で、自由にものづくりが楽しめるというところに、何か感じませんか?

そうです、あの『マインクラフト』に酷似している印象を受けますよね。

そのため、

「なんだよ『マイクラ』のパクリか?」

「どう見ても『マイクラ』だよね、これ…」

と思った人も多かったとのこと。

『ブロックメイクRPG』とは銘打っているものの、いわゆる『サンドボックス』と呼ばれているジャンルです。

つまり、『マインクラフト』と全く同じゲームシステムとなっているのです。

『マインクラフト』でも、世界が全てブロックで表現されています。

そして、道具を使うことで、ブロックを崩して入手したり、再度設置したり…

といったことが可能です。

さて、このように、『ドラクエビルダーズ』は『マインクラフト』と酷似しているわけですが…。

全く同じでは、本当にパクリと訴えられかねません。

実際のところ、『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』には、どんな違いがあるのでしょう?

 

『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』の違い!

『ドラクエビルダーズ』は『マインクラフト』そっくりだと言われています。

しかし、いくらなんでも『ドラクエビルダーズ』は『マインクラフト』と全く同じゲームだということはありません。

早速、『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』の違いについて解説していきます!

ドラクエビルダーズとマインクラフトの違い1 グラフィック

『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』の違いは、まずはグラフィックです。

『マインクラフト』は、全てがブロックになっているので、グラフィックとしてはとても綺麗というわけではありません。

その一方、『ドラクエビルダーズ』は、地形がブロックなだけです。

主人公やモンスターのグラフィックはブロックではなく、これまでのドラクエシリーズと同じタッチで描かれています

さらに、グラフィックとは少し違いますが、視点も『マインクラフト』とは違っています。

『ドラクエビルダーズ』は三人称視点が採用されているなど、ゲームに慣れていないライトユーザーであっても、親しみやすい作りになっています。

一方、『マインクラフト』は、基本的に一人称視点となっているので、人によっては3D酔いを引き起こしてしまうかもしれませんね。

ドラクエビルダーズとマインクラフトの違い2 ストーリー

『ドラクエビルダーズ』には、RPGというだけあって、ちゃんとしたストーリーがあります。

『竜王を倒す』目的ですね。

しかし、『マインクラフト』には、こういった明確なストーリーはありません。

「目的がないしわかりにくいな…」

ということが『ドラクエビルダーズ』ではないので、初心者向けのゲームと言えそうですね。

ただ、自由度に関していえば、『マインクラフト』の方が高いと言えます。

とくに、PC版は常にアップデートされて要素も増えていきますからね。

どうしてもできることの多さでは、PCゲームに負けてしまうのです。

ドラクエビルダーズとマインクラフトの違い3 NPC

『ドラクエビルダーズ』には、NPCが存在します。

いわゆる村人ですね。

『マインクラフト』にも、一応は集落があり、そこに住人がいるのですが、そのNPCの性質が異なるのです。

『マインクラフト』のNPCと違い、『ドラクエビルダーズ』のNPCは、

パーティーに加えて戦闘に参加させることができる

のです。

『マインクラフト』の場合、あくまでもその集落に住んでいる人たちという扱いなので、プレイヤーの味方になるようなシステムはありません。

まぁそもそも、『マインクラフト』は戦闘が目的ではありませんからね。

『ドラクエビルダーズ』と『マインクラフト』は、こういったNPCの違いでもはっきりと、

全く異なるゲーム

ということがわかるかと思います。

 

ドラクエビルダーズの続編はある?

『ドラクエビルダーズ』ですが、評判としてはなかなか好評なようです。

「『ドラクエヒーローズ』みたいに続編がほしい!」

と考えている人も結構いるようですよ。

しかし、『ドラクエビルダーズ』のようなゲームに続編は、なかなか難しい気がするのも事実。

そこで、『ドラクエビルダーズ』に続編の可能性があるのかどうか調べてみることにしました。

すると…

『ドラクエビルダーズ』の藤本プロデューサーが、以下のようなツイートをしていることが判明しました。

これは、どこかで『ドラクエビルダーズ』が復活する可能性?があることを示唆しているように見えますよね。

また、2016年のイベントでも発言がありました。

『ドラクエヒーローズ』の青海プロデューサーが、『ドラクエビルダーズ』の新納ディレクターとの会話で、

「次回作作って欲しい!っていうような声とかもたくさん頂いておりまして、ドラクエシリーズとしてご期待に添いたいと思ってるんですが、新納さんはどう思いますか?」

「(PSアワードに)とりあえず選んで頂いたということは、良いゲームで恩返ししなければと思っていますので、ご期待にそえるようにひとまず頑張っていきたいと思っております」

とコメントしているのです。

つまり、状況によっては、

『ドラクエビルダーズ』の続編もありうる

と前向きに考えられそうですね。

まぁ順当に考えると、『ニンテンドースイッチ』への移植で終わりそうな気もしますが…。

 

まとめ

『ドラクエビルダーズ』は、情報を聞いたのみだと『マインクラフト』のパクリに思われてしまいそうですが、実際は大きく異なります。

そもそも同じサンドブロック系ゲームとはいえ、ジャンルが違うので、全くの別ゲームになるのも当たり前です。

わかりにくい例えかもしれませんが、同じ焼く料理でも、焼き魚と焼肉くらいの違いがあるのです。

いずれにしても、『ドラクエビルダーズ』は『ドラクエ』の新境地と言ってもいいでしょう。

気になっている人は、ぜひ購入してみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.