星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

スマホが高温だと故障の原因にも!夏場の使い方や対策をチェック!

更新日:


夏場のスマホの扱いには要注意!という話を耳にしますよね。

スマホは非常に精密な機械なので熱さに弱く、気温が上昇する真夏はとくに取扱いに注意しなければなりません。

また、スマホの使い方を間違えると、気温に関係なくスマホの温度が上昇し、故障や発火の原因になるということも知っていますか?

これらのスマホが熱くなる原因には、何としても対策を施したいところです。

今回は、スマホが高温になることの危険性についてや、スマホの高温対策にも触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

高温になったスマホを放置すると危険?

皆さんは、日ごろスマートフォンを触っていて、

「あれ?本体が熱くなってるな~」

と思うことはありますか?

外出中に、かばんやポケットから出して触ってみた時、あるいは、充電直後のスマホでゲームをした時…

思い返してみると、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

とは言え、手で触れても、やけどをしない程度の熱さであれば、

「まぁ、これくらい熱くなることもあるでしょ」

と気にせず、そのまま使っているかもしれませんね。

しかし、よく考えてみてください。

手で触って熱く感じるということは、人間の体温以上、少なくとも40度以上までスマホの表面が熱くなっている証拠です。

さらに、スマホケースなどを使っている場合、内部はさらに

50度~60度以上の高熱状態

になっていると考えていいでしょう。

これだけスマホの温度が高い状態で放置してしまうと、

バッテリーの劣化や、電子部品の不具合といった、悪影響が生じる

恐れがあります。

最悪の場合、スマホ本体が発火したり、バッテリーが破裂したりといった重大な事故につながる危険もあるのです!

しばしば耳にする


次のページへ >

-家電

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.