星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

スマホは高温になると危険?夏場の使い方や注意点をチェック!

更新日

台風が過ぎ去り、あたたかい空気が流れ込んできたことから、東京を中心に猛暑日を記録する暑い日が続いていますね!

みなさん、熱中症などの暑さ対策は万全でしょうか?

人間の熱にも、もちろん注意しなければならないのですが、同じように、真夏の熱にやられてしまう『モノ』があります。

それは、皆さんが普段何気なく使用している…そう、スマートフォンです。

スマホは非常に精密な機械なので、熱さに弱く、気温が上昇する真夏は、とくに取扱いに注意しなければなりません。

また、スマホの使い方を間違えると、気温に関係なくスマホの温度が上昇し、故障や発火の原因になり得る、ということもご存知でしょうか?

今回は、スマホが高温になることについての危険性を解説し、取扱いの注意点や高温の対策についてご説明します!

スポンサーリンク

アドセンス

高温になったスマホを放置すると危険?

スマホを見る女性

皆さんは、日ごろスマートフォンを触っていて、

「あれ?本体が熱くなってるな~」

と思うことはありますか?

外出中に、かばんやポケットから出して触ってみたとき、あるいは、充電直後のスマホでゲームをしたとき……

思い返してみると、心当たりがある方が多いのではないでしょうか。

とは言え、手で触っても、やけどをしない程度の熱さであれば、

「まぁ、これくらい熱くなることもあるでしょ」

と気にせず、そのまま使っているかもしれませんね。

しかし、よく考えてみてください。

手で触って熱く感じるということは、人間の体温以上、少なくとも40度以上まで、スマホの表面が熱くなっているということです。

さらに、スマホケースなどを使っている場合、内部はさらに、50度~60度以上の高熱状態になっていると考えていいでしょう。

これだけ温度が高い状態で放置してしまうと、バッテリーの劣化や、電子部品の不具合といった、悪影響が生じる恐れがあります。

最悪の場合、スマホ本体が発火したり、バッテリーが破裂したりといった、重大な事故につながる危険もあるのです!

しばしば耳にする、『スマートフォンが発火して火傷』といったニュース、もしかしたら他人事ではないかもしれませんよ?

 

スマホが高温になる原因とは?

スマホを手に持った女性

スマホが高温になる原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、外部から加熱されたことによるもので、たとえば

 

・直射日光のあたるところに放置していた

・火の気の近くに置きっぱなしにしていた

 

といったシチュエーションが挙げられます。

もう1つの原因としては、本体内部から加熱される場合で、これはほとんどの場合、バッテリーが高温となることに起因しています。

たとえば、新品のスマホであっても、充電をしている最中は、本体がとても熱くなることがありますよね?

これは、充電中はバッテリーに電気的な負荷がかかり、その負荷が原因で、バッテリー本体が発熱しているのです。

他にも、動作に電力を多く消費するようなスマホの機能やアプリを使うことも、バッテリーの負荷につながり、発熱の原因となります。

 

スマホが高温でもある程度の発熱なら想定内!

驚きの女性

もっとも、このように正しく使っているときの熱だけでは、スマホ本体が危険な温度にまで達することは、まずありません。

そもそも、スマホに限らず、パソコンやゲーム機など、電子機器はある程度の熱を持つものです。

その発熱を想定して、内部の通気性を良くしたり、消費電力をおさえたりすることによって、本体が高温にならないように設計されているわけですね。

ところが、近年のスマホはどんどん厚みが薄くなり、こういった『放熱』をおこなうことが難しくなってきました。

スマホの内部には"所狭し"と電子部品が詰め込まれており、通気性うんぬん以前に、空気が通るスペースすら残されていないのです!

それでは、最近のスマホは放熱性を全く考慮していないのか?と言うと、そういうわけでもありません。

たとえば、iPhone5の背面がアルミ製になったのは、熱が伝わりやすいアルミを使うことで、本体内部の熱をできるだけ外へ排出できるように、という工夫なのです。

そのほかのスマホにも、様々な熱対策が施されていますから、普通に使っている分には、熱による問題が起こらないわけですね。

 

スマホを高温にする間違った使い方とは?

髪がなびく女性

ところが、スマホの使い方次第では、こういった熱対策がうまく機能せず、スマホが異常な高温になってしまうことがあります。

その代表例は、ほとんどの方が使用しているであろう、『スマホケース』です。

スマホを落としてしまった時の保険や、キズの予防にはもちろん、おしゃれで付けている、という方も居るかもしれませんね。

しかし、さきほどのi Phone 5のような、背面から放熱するスマホにケースを付けると、本体の放熱が妨げられ、中に熱が留まった状態になり、非常に危険です!

人間に言い換えると、夏場にコートを着ながらマラソンをしているようなものですね。

また、充電しながらスマホを使い続けている方も、要注意です。

動画の視聴やオンラインゲームといった、電池を大きく消費するアプリを、充電しながら使っていると、バッテリーに非常に大きな負荷をかけることになります。

結果として、バッテリーの発熱に対して、放熱が間に合わなくなり、本体がとても高温になってしまうのです。

 

スマホを高温にしないための注意点とは?

ゾッとする女性

以上のことを踏まえて、スマホを高温にしないための注意点を考えてみましょう。

まず一番注意しなければならないのは、やはり高温になる場所にスマホを放置しないことですね。

直射日光や火の近くはもちろん、夏場であれば、高温になりやすい車の中や、日光によって温度があがりやすい、かばんの外ポケットなども要注意です!

「人間にとって暑いところは、スマホにとっても暑い!」

と覚えておくと良いでしょう。

また、内部からの発熱を防ぐために、できるだけバッテリーに負荷を掛けないようにすることも大切です。

充電中はできるだけスマホにさわらない、電池を多く消費する機能やアプリを多用しない、といったことに注意するだけでも、スマホが高温になるのを防ぐことができます。

さらに、本体の放熱のことを考えると、スマホケースなど、本体を覆うアクセサリーも、できるだけ使わない方がいいですね。

スマホを、普段からケース無しで扱うことに抵抗があるのなら、

 

・手で触って熱いと感じたとき

・誤って高温のところに放置してしまったとき

・家で寝ながら使っているとき

 

など、必要に応じて、こまめにスマホケースを外すようにするだけでも、効果的ですよ!

 

バッテリーの寿命にも要注意!

悩む女性

バッテリーが高温になる原因として、バッテリーの寿命もあげられます。

スマホのバッテリーは、おおよそ1~2年が寿命と言われており、寿命が近づくにつれて、バッテリーの発熱量も大きくなるのです。

本体が異常に熱くなる他にも、

 

・電池が無くなるのがとても早くなった

・急にスマホの電源が落ちる時がある

・電池の残量表示が、増えたり減ったりする

 

といった現象が起こっている場合には、バッテリーの寿命が疑われます。

こうなってしまうと、私たちの手ではどうしようもありませんので、ショップに持って行って、修理や交換の相談をしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、スマホが高温になる現象について、その危険性や注意点についてお話しました。

ガラケーの頃から、バッテリーがとても熱くなる、という現象はよくありましたので、スマホが熱くなるのも、なんとなく

「まあ、こんなもんかな?」

と思いがちかもしれません。

しかし、スマホは皆さんの想像を絶する精密機械ですから、少し高温になるだけでも、スマホの寿命を大きく縮める原因となってしまいます!

これからさらに暑さが本格化し、人間にとっても、スマホにとっても、熱い夏がやって来ます。

お気に入りのスマホを長く使い続けるためにも、『スマホの熱中症』には十分注意するようにしたいですね!

スマホの記事はコチラもよく読まれています!

ガラホ・スマホ・ガラケーの機能の違いとは?価格はガラケーがお得

スマホの水没故障から9割復活させる方法とリバイバフォンの使い方

iPhone6Plusの爆発事故の原因はiPadの充電器?今後の対策は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-家電