星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

スマホが高温だと故障の原因にも!夏場の使い方や対策をチェック!

更新日

夏場のスマホの扱いには要注意!という話を耳にしますよね。

スマホは非常に精密な機械なので熱さに弱く、気温が上昇する真夏はとくに取扱いに注意しなければなりません。

また、スマホの使い方を間違えると、気温に関係なくスマホの温度が上昇し、故障や発火の原因になるということも知っていますか?

これらのスマホが熱くなる原因には、何としても対策を施したいところです。

今回は、スマホが高温になることの危険性についてや、スマホの高温対策にも触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

高温になったスマホを放置すると危険?

皆さんは、日ごろスマートフォンを触っていて、

「あれ?本体が熱くなってるな~」

と思うことはありますか?

外出中に、かばんやポケットから出して触ってみた時、あるいは、充電直後のスマホでゲームをした時…

思い返してみると、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

とは言え、手で触れても、やけどをしない程度の熱さであれば、

「まぁ、これくらい熱くなることもあるでしょ」

と気にせず、そのまま使っているかもしれませんね。

しかし、よく考えてみてください。

手で触って熱く感じるということは、人間の体温以上、少なくとも40度以上までスマホの表面が熱くなっている証拠です。

さらに、スマホケースなどを使っている場合、内部はさらに

50度~60度以上の高熱状態

になっていると考えていいでしょう。

これだけスマホの温度が高い状態で放置してしまうと、

バッテリーの劣化や、電子部品の不具合といった、悪影響が生じる

恐れがあります。

最悪の場合、スマホ本体が発火したり、バッテリーが破裂したりといった重大な事故につながる危険もあるのです!

しばしば耳にする

『スマートフォンが発火して火傷』

といったニュース、もしかしたら他人事ではないかもしれませんよ?

 

スマホが高温になる原因

スマホを手に持った女性

スマホが高温になる原因は、大きく分けて2つあります。

1つは外部から加熱されたことによるもの。

たとえば

    • 直射日光のあたるところに放置していた
    • 火の気の近くに置きっぱなしにしていた

といったシチュエーションが挙げられます。

もう1つの原因としては、本体内部から加熱される場合です。

これはほとんどの場合、バッテリーが高温となることに起因しています。

たとえば、新品のスマホであっても、充電をしている最中は本体がとても熱くなることがありますよね。

これは、充電中はバッテリーに電気的な負荷がかかり、その負荷が原因でバッテリー本体が発熱しているのです。

他にも、動作に電力を多く消費するようなスマホの機能やアプリを使うことも、バッテリーの負荷につながり、発熱の原因となります。

ただ、以上に挙げた正しくスマホを使っている時の熱だけでは、スマホ本体が危険な温度にまで達することはまずありません。

そもそも、スマホに限らず、パソコンやゲーム機など、電子機器はある程度の熱を持つものです。

その発熱を想定して、内部の通気性をよくしたり、消費電力を抑えたりすることによって、本体が高温にならないように設計されているのです。

ところが、近年のスマホはどんどん厚みが薄くなり、こういった放熱を行うことが難しくなってきました。

スマホの内部には、ぎっしりと電子部品が詰め込まれているため、通気性うんぬん以前に、空気が通るスペースすら残されていないのです。

それでは、

「最近のスマホは放熱性を全く考慮していないの?」

と言うと、そういうわけでもありません。

たとえば、iPhone5の背面がアルミ製になったのは、熱が伝わりやすいアルミを使うことで、本体内部の熱をできるだけ外へ排出できるようにする工夫なのです。

そのほかのスマホにも様々な熱対策が施されていますし、最近の薄型のスマホでも普通に使っている分には、熱による問題が起こらないいようになっています。

 

スマホを高温にする間違った使い方とは?

ところが、スマホの使い方次第では、こういった熱対策がうまく機能せず、スマホが異常な高温になってしまうことがあります。

その代表例は、ほとんどの人が使用しているであろう、

『スマホケース』

スマホを落としてしまった時の保険や、キズの防止にはもちろん、ケースをおしゃれでつけている人も多いでしょう。

しかし、さきほどのiPhone5のような背面から放熱するスマホにケースをつけると、

本体の放熱が妨げられ、中に熱が留まった状態になり非常に危険

なのです!

人間に言い換えると、夏場にコートを着ながらマラソンをしているようなものですね。

これでは熱中症の危険性が格段に高まってしまいます。

さて、この例えを用いると、1つ疑問が浮かんできます。

「じゃあ、何をしなくても暑い夏場はどうするの?」

ということです。

夏場に、気づいたらスマホが熱くなっていたということがありますよね。

スマホのバッテリー寿命を縮めることにもつながりますし、何とか対策をしたいところ…。

そこで、夏場にスマホをできるだけ熱くさせない対策方法を紹介していきましょう!

 

夏場のスマホの高温対策!

では、スマホを熱くさせないために、どういった対策をとればいいのでしょうか?

まずスマホを熱くさせないようにするには、

  • 熱くなる原因を抑える
  • 熱くなってしまった後に対策をする

という2パターンがあると思います。

まずは、スマホが熱くなる原因を抑える対策からしてみましょう。

スマホが熱くなる原因は、先ほども解説しましたが、充電中だったり、アプリを使用している時に起きやすいです。

そこで、スマホの節電を行うことにしましょう!

例えば、

  • 充電中は操作しない
  • Bluetoothをオフにする
  • 画面の輝度を下げる
  • スマホケースを夏場だけでも外す

といった対策ですね。

これらの対策で、少しでも熱くなるのを抑え、スマホの寿命を長引かせます。

 

続いては、スマホが熱くなってしまった場合の対策方法です。

この場合は、当たり前ではあるのですが、

スマホを冷やす

この方法しかありません。

では、どんな方法で冷やせばいいのか?

それは、

扇風機や送風機に当てたり、冷却シートを貼る

といった直接的な方法がおすすめです。

しかし、冷却シートはスマホにくっついて跡が残ってしまったり、背面を使用する機能が使えなくなるなど色々と不便。

なので、やはり扇風機や送風機の風をスマホに使うのが良いでしょうね。

また、さすがにこんなことをする人はいないとは思いますが、いくら冷やすと言っても、

冷蔵庫で冷やすのはNG

です。

急速に冷却してしまうと、スマホの内部で結露が発生してしまいます。

すると、バッテリーなどに悪影響を及ぼし、スマホがショートし、使用不能に陥ることもあるのです。

人間も、

「よし、暑いから冷蔵庫に入るか!」

などということはしません。

そんなことをしたら命の危険に関わりますよね。

それと同じです。

要するに、

あまりに極端なことはしない!

これを頭に留めておいてくださいね。

 

まとめ

今回は、スマホが高温になる現象について、その危険性や注意点について解説しました。

ガラケーの頃から、バッテリーがとても熱くなる現象はよくありましたし、スマホが熱くなるのも、なんとなく

「まあ、こんなもんかな?」

と思いがちかもしれません。

しかし、スマホは皆さんの想像を絶する精密機械です。

少し高温になるだけでも、スマホの寿命を大きく縮める原因となってしまうのです!

とくに夏場になると、スマホだけでなく、人間にとっても命の危険に関わるような猛暑がやってきます。

お気に入りのスマホを長く使い続けるためにも、『スマホの熱中症』には十分注意するようにしたいところですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-家電