星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

大久保佳代子の27時間テレビのマラソンやらせ疑惑と批判炎上の真相

更新日

お笑い芸人の大久保佳代子さんによる2015年の『27時間テレビ』マラソン挑戦。

無事に完走したのですが、なんとこの時、

『大久保佳代子はワープした』

という情報が流れたり、番組終盤の一幕で批判されてしまっていたというのです。

一体なぜ、大久保佳代子さんがショートカットをしたという噂が広がってしまったのか?

さらに、なぜ大久保佳代子さんは批判されているのか?

その真相を、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

大久保佳代子のマラソンやらせ疑惑

大久保佳代子

大久保佳代子

『めちゃイケ!』主体で展開された、2015年の『27時間テレビ』。

この中で、お笑い芸人の大久保佳代子さんが27時間マラソンに挑戦しました。

マラソン企画自体、大久保佳代子さんが挑戦した時は、実に3年ぶりの復活だったそうですね。

88kmを走るという企画だそうで、当時は、大久保佳代子さんがレギュラー出演しているCBC情報バラエティ『ゴゴスマ』でも、度々マラソン完走のために行われているトレーニングの話も出ていたほど。

しかし、残念なことに、この大久保佳代子さんのマラソンは、

『途中で車を使ってショートカットした』

という疑惑を持たれてしまうこととなるのです。

では、なぜ大久保佳代子さんの『27時間テレビ』のマラソンは、このような不正疑惑がもたれてしまったのでしょう?

仮に車を使ってショートカットしたとしたら、もはやこれは完全にやらせであり、マラソンなど嘘だったということになります。

フジテレビは信頼が失墜していますし、過去に何度もやらせによって番組打ち切り…。

という事態を招いているため、やらせをしていたとしても不思議ではありません。

 

そこで、この大久保佳代子さんのマラソンやらせ疑惑を調べてみることに…。

すると、その疑惑がもたれることとなった事の発端は、7月25日の夜だったとわかりました。

大久保佳代子さんがマラソンをスタートする前なのですが、ある1人の男性が、フジテレビが不正をしないかチェックしようとしたのです。

その人というのが、ニコ生主であり、『暗黒放送』で有名な横山緑氏。

黒い覆面が特徴的な人ですね。

この横山緑氏は、久保佳代子さんのスタートからゴールまでを追いかけようと企画したのです。

しかし、それを阻止しようとした警備会社『ALSOK』に捕まってしまったことで、口論に発展…。

『ALSOK』に業務妨害だと言われたところで、横山緑氏は大久保佳代子さんの追跡を挫折…。

こうして、横山緑氏の計画は、大久保佳代子さんがマラソンを開始してすぐに頓挫してしまったのです。

さて、ここまでは全くテレビでも放送されなかったため、とくに何事もなく終わって一安心でよかったのですが、問題はこの後でした。

計画が挫折した時、横山緑氏はワゴン車を映しながら

「フジテレビのスタッフと警備員が車に乗って移動していった」

と実況していたのですが、これを視聴者が

「大久保佳代子さんが車に乗っていった」

と誤解して伝わってしまったのです。

そしてその誤解をした『暗黒放送』の視聴者がTwitterに、

「大久保佳代子が車に乗ってワープした!」

と誤解したままツイートし、それが瞬く間に拡散されてしまったのです。

その結果、大久保佳代子さんの88kmマラソンにやらせ疑惑が持たれてしまったわけですね。

つまり、『暗黒放送』の視聴者が横山緑氏の発言を間違って聞き取ってしまい、それを誤解したままTwitterで拡散してしまったがために、やらせ疑惑がもたれてしまったわけです。

全ては誤解であり、大久保佳代子さんは無事に完走したわけですが…。

このやらせ疑惑、流れとしてはTwitterでよくある、コラ画像によるデマが広がっていくのと同じでしょうね。

それにしても、大久保佳代子さんのマラソンは、このやらせ疑惑を除いても、終始グダグダでした。

この横山緑氏の後を継いだ生主・はしもとくん氏が大久保佳代子さんを追いかけ、その様子がテレビで映ってしまったこともありましたし…。

また、このマラソン以外でも、大久保佳代子さんは『27時間テレビ』のとある行動のせいで、批判の的となってしまったのです。

 

大久保佳代子が『27時間テレビ』で批判された理由原因

大久保佳代子さんの88kmマラソンに対するやらせ疑惑は、ニコ生視聴者の勘違いが招いた完全なる誤解でした。

しかし、実はこの他にも、大久保佳代子さんがの考えられない失態をしてしまい、ネット上で批判をされてしまったのです。

その行動というのが、

消防車のサイレンに対し、「うるさいな」と発言したこと

だったのです。

流れとしては、最後に大久保佳代子さんの兄が登場し、手紙を読むのですが、運悪く出動中の消防車のサイレンの音が入ってしまいます。

それに対し、アナウンサーが爆笑、さらには出演者も文句を言うなど、通常では考えられない、常識はずれな言動をするのです。

その中に大久保佳代子さんも含まれていて、先述したように、大久保佳代子さんは

「うるさいなー」

と発言。

これがネット上で、

「救急車両に対してうるさいとかこいつ何様なの?」

「緊急事態に対して笑うとかモラルなさすぎ、やっぱりフジテレビはダメだな」

「どこかで火事になってるのにうるさいなはないだろ」

「出演者もこれなんだから、『27時間テレビ』の低俗さが知れるな」

と痛烈批判されてしまうのです。

大久保佳代子さんだけではなく、最初にサイレンに対して笑ったアナウンサー(おそらく西山喜久恵アナウンサー)にも批判はされていましたね。

岡村隆史さんは何とかフォローを入れていたみたいですが、通常では、フォローを入れるのはアナウンサーの方でしょう。

それなのに、救急車両に対して笑ったり、うるさいと発言するとは…。

これでは、大久保佳代子さんたちが批判されても仕方ないと感じた次第です。

 

まとめ

大久保佳代子さんの『27時間テレビ』のマラソンやらせ疑惑は、横山緑氏の配信視聴者による誤解だっただけで、

ということが判明しました。

しかし、実はそれ以外の部分でも、大久保佳代子さんはネット上で批判されてしまっています。

というのも、大久保佳代子さんがサイレンを鳴らして現場へ向かっている消防車に対し、

「うるさいなー」

と発言してしまったからです。

これは完全なる失言であり、大久保佳代子さんが批判されるのも仕方がない話でしょう。

マラソンの後で余裕がなかったとはいえ、長年テレビに出演しているわけですし、大人なのですから、もう少し落ち着いた対応をしてもらいたかったものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ