星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

専業主婦の利点とデメリットを考察!夫(男性)の年収はいくら必要?

更新日:

みなさんの家庭は共働きですか?それとも夫だけが働いている家庭ですか?

一昔前は、男性がお金を稼ぎ、女性が家を守る家庭が一般的でした。

しかし、時代の流れとともに、夫婦二人でお金を稼ぎ、共に家庭を支える人々が増えてきています。

ただ、それでも専業主婦になりたいと考えている人も一定数はいるようで、

「今は働いているけど、専業主婦になりたい……」

「私が仕事をやめても、経済的に大丈夫なのかな?」

といった、疑問や不安を抱えながら、転身を考えているみたいですね。

そこで今回は、専業主婦になることのメリットやデメリット。

そして、専業主婦になるために必要な男性(夫)の収入に関する情報をまとめました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

専業主婦になるメリット

専業主婦になるということには、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

そこで、いくつかの専業主婦になることのメリットを挙げていきましょう。

 

まずは、

家庭に余裕ができること。

女性であれ男性であれ、派遣社員や正社員で働くとなると、相応の勤務時間や責任を負う必要があります。

そうなると、仕事と家事を夫婦で分担していたとしても、毎日使える時間が非常に限られてしまい、時間的に余裕のない家庭になってしまうのです。

ましてや出産して子供を育てるとなると、仕事と子育ての両方を完璧にすることは時間的にほぼ不可能となります。

育児を他の人に任せるにしても、保育園には待機児童の問題などがあります。

正社員のままで子育てを続けるためには、まだまだ企業以外の日本の社会が追いついていない現状です。

それに、授業参観などの行事で、両親が出席できないとなると、まだ幼い子供にとっては精神的ダメージにもなりかねません。

そういった意味で、

「働かないかわりに、家事や育児は手を抜かず、しっかり家庭を守りたい!」

と考えている女性が多いわけですね。

時間にも気持ちにも余裕ができて、家事や子育てに専念できることが、専業主婦の大きなメリット

と言えるでしょう。

また、

社会保障費の負担が減ること

も専業主婦のメリットの1つと言えます。

妻を夫が扶養していれば、健康保険などの負担が大きく増えるということはありません。

 

専業主婦になるデメリット

では、逆に専業主婦になることのデメリットは、どんなことがあるのでしょうか?

 

専業主婦になるデメリットとしては、やはり1番に挙がってくるのが、

経済的な問題。

専業主婦になることで、

女性一人分の収入がなくなり、家計に悪影響をあたえてしまうことが、専業主婦の最大のデメリット

と言えます。

また、生活費の稼ぎを男性に全面的に任せることも、妻にとってのデメリットに繋がってしまうでしょう。

たとえば、男性が不慮の事故に遭ったり、重い病気を患ってしまったりして、仕事を続けられなくなったら?

考えたくはありませんが、夫婦仲が拗れて離婚になってしまったら?

そんな『万が一』のとき、専業主婦であると、妻は一切の収入が絶たれている状態です。

また、すぐに就職先を探すことも難しいでしょう。

このように、収入源を男性に頼っていることは、大きなデメリットに繋がります。

しかし、共働きの場合だと、収入が増えるだけでなく収入源も増えるため、もしどちらかが失職になっても、もう一方はまだ働けています。

つまり、新しい職を探すまでの期間も家庭に収入があるわけですね。

このように、収入のみならず、収入源が増えることに大きな意味があるのです。

また、共働きとそうでない場合だと、老後の生活にも非常に大きな差ができます。

共働きの女性は厚生年金も払っています。

当然、その分の現役時代の負担は増えますが、老後はしっかりと年金が入る予定になっています。

男性1人分の年金と、夫婦二人の年金が家庭に入るのでは、老後の生活は間違いなく変わるでしょう。

やはり、現在・将来どちらにしても、生活の安定を求めるならば、間違いなく共働きの方が良いのではないでしょうか?

 

妻(女性)の専業主婦に必要な夫(男性)の年収

先ほど述べたように、専業主婦になるのであれば、家庭の経済面を十分に考慮しなければなりません。

実際、妻(女性)が専業主婦として生活するためには、夫(男性)にはどれくらいの年収が求められるのでしょうか?

 

これには、夫婦で

『子供が欲しい、子供が既にいる』

かによって、必要な年収が大きく変わってきます。

たとえば、夫(男性)の年収が平均的な500万円であったとすると、月々に使えるお金は20万~30万円となります。

この金額だと、決して贅沢はできないものの、男女二人がそれなりに生活していく分には、何も問題なさそうです。

ところが、子供を産んで、小学校から大学卒業まできちんと教育を受けさせようとすると、

子供一人あたり1000万~1500万円が必要

となります!

家を購入する費用や、老後のための貯金、生活水準を上げたいのであれば、年収500万円での生活は非常に厳しいでしょう。

したがって、

専業主婦になり、子供を育てたり、それなりの生活水準で家を建てたりしたいのであれば、男性の年収は

最低でも700万円必要

というのが現実のようです。

現在の経済状況で年収700万を1人で、というのはなかなか難しい話でしょうね。

さらに、生活費には地域差も存在します。

東京や大阪などの都会で暮らすとなると、家賃などの生活費がより多くかかりますし、それだけ家計も圧迫されることになります。

(都会の方が、収入が良いこともありますが)

そういった点も考慮すると、専業主婦や子供を男性が一人で余裕を持って養っていくのであれば、やはり年収は700万円以上の稼ぎが求められると言えるでしょう。

 

まとめ

専業主婦になることへのメリットやデメリット、そして、専業主婦として生活するために必要な男性(夫)の年収について紹介してきました。

女性が働くことで得られる経済面の恩恵は大きいところですが、やはり出産や子育てにかかる時間や手間を考えると、子供が産まれた場合には精神的なタフさが求められることには間違いありません。

一方で、専業主婦は家事・育児に集中することはできますが、男性の年収は最低でも700万円程度なければ、生活水準を上げるのが難しいかと思われます。

逆に言えば、『子供は欲しくない』家庭であれば、夫婦共働きの方が、夫婦そろって経済的に困らない余裕のある生活ができそうですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.