星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

リアル鬼ごっこの映画ストーリーネタバレ!原作との違いは?

更新日

女優・モデルとして多方面でひっぱりだこであるトリンドル玲奈さん、元AKB48メンバーとして現在も、女優・モデルとして活躍している篠田麻里子さん、そして、実写映画『パトレイバー』シリーズや、新宿スワンなどに出演し、今大注目の女優:真野恵里菜さん…

そんな3人がトリプル主演を務めるホラー系映画として話題になっている、映画『リアル鬼ごっこ』が現在公開され、早くも、映画のストーリー・ネタバレ紹介や、原作との違いなど情報展開されているそうです。

そこで本サイトでも、映画『リアル鬼ごっこ』の魅力に迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

リアル鬼ごっこの簡単なストーリー紹介

リアル鬼ごっこ

リアル鬼ごっこ

2001年、全国の佐藤さんが鬼に襲われるという、かなり強烈でインパクトの強い小説の問題作が世に登場しました。

当時の中高生を中心にバイブルと言われるまで社会を揺るがした、小説家:山田悠介のホラー小説『リアル鬼ごっこ』。

あまりの過激さから、15歳未満の閲覧禁止という新たな法律まで出来たことでもお馴染みの映画『バトルロワイヤル』の再来のような過激な作品が『リアル鬼ごっこ』です。

『バトルロワイヤル』は、リリース後に、漫画やテレビゲーム化、ドラマ化、映画化までされていますよね。

そんな『バトルロワイヤル』の再来ともいわれる作品を、今度は園子温監督が、新たな脚本でメガホンを取り、映画化したのが、今上映中の映画『リアル鬼ごっこ』です。

なんと、今回のターゲットは女子高生らしく、命がけのノンストップの鬼ごっこが展開されるだけでなく、今旬の女優3名が主演を務めるトリプル主演という斬新な趣向で話題になりました。

中でも注目されているのが、アイドル出身の真野恵里菜で、彼女のどんな配役にも器用に合わせられる演技が、どのような相乗効果をもたらすのか、非常に期待されているみたいです。

さて、何かと注目されている映画『リアル鬼ごっこ』の気になるストーリーを、ここでご紹介します。

 

この映画は、ケイコ・ミツコ・いづみという名前の、全く関わりも無いごく普通の女子高生達が、マシンガンを持つ女教師や、豚の顔をした花婿などに、突如命を狙われ、追い掛け回されてしまいます。

何やら、

『全国のJK(女子高生)の皆さん、あなたたちはちょっとふてぶてしいので、数を減らすことにします。』

という理由で、意味もなく女子高生達をターゲットに無差別で追いかけまわし、襲っていくのです。

彼女らは、その狂気を『ストーム』と呼び、何故襲われるのか、誰が襲っているのかと疑問を持ちながらも必死にその恐怖から逃げまわっていくのですが…


 

以上が、簡単なリアル鬼ごっこのストーリーです。

今回は、ある種ピンポイントで女子高生限定にターゲットを決め、襲いかかっているだけに、その伏線が綿密に用意されているような印象も受け、面白い映画になっているように思います。

もちろん、誤解のないように言っておきますが、決して襲われる姿が面白いわけではなく、何故このようになったのかと考えさせられるところや、襲撃者の本当の狙いが何処にあるのか?と紐解いていくところがおもしろいということです。

もちろん、ホラー映画に変わりはありませんので、ホラーが嫌いな人や、子どもたちには、とてもおすすめできませんし、この映画もバトルロワイヤル同様に15歳未満の閲覧禁止となっています。

筆者も正直ホラー映画は大嫌いです。

その理由は、意味もなく人が命を落としていくさまを見せられ続けたからで、ただ、恐怖を植え付けるだけの映画は、観ていて気持ち悪いだけでしか無いのです。

タイトルまでは言いませんが、結構そういう類の映画は多く、だからこそホラー映画は苦手では無いものの、嫌いでした。

しかし、このリアル鬼ごっこは、バトルロワイヤル同様かなり深いところで、強いメッセージ性があるように感じる映画という印象もあり、実際に見てみたいと衝動に駆られています。

全く何の関係性もない3人の女子高生を軸に、どのような展開がなされていくのか、また最終的にこの映画の内容で、どこでどのようにピリオドを打っていくのか?など、見どころはたくさんありますので、気になる方は劇場に足を運んでみてくださいね。

 

リアル鬼ごっこの驚愕のネタバレ発覚!

女子高生の命を狙い、襲撃するシーンや血が飛び散るシーンが多数見られる問題作として、公開されている映画『リアル鬼ごっこ(女子高生バージョン)』ですが、とにかくこの結末も、想像を絶する驚愕のネタバレが用意されていました。

リアル鬼ごっこ

実は、この映画で登場するミツコという女子高生(役:トリンドル玲奈)は、既に亡くなっていて、ある白髪頭のおじいさんによって、DNAを採取され創られたクローンだったのです。

だから、次々とパラレルワールドを駆け巡るかのように違う世界観へと移動しているわけで、ミツコを通じて、ケイコ(役:篠田麻里子)、いづみ(役:真野恵里菜)達がつながっているわけです。

確かに全く関係性の無い3人が何故トリプル主演として登場し、どこで繋がりを見せているのか全く意味が分かりませんでしたが、これでひとつの答が見てきました。

ただ、ここまでなら、ちょっとした衝撃のネタバレで終わっていた話ですが、話はここで終りではなく、実はミツコが行き交いしていた世界は、すべてこのおじいさんが作り上げたゲームの世界でしか無かったということ。

まるで孫悟空がお釈迦様の手のひらで動かされ遊ばれているかのような結末になっているというのです。

だからパラレルワールドなのか…

筆者が受けた第一印象は、まさにそこにありました。

現実世界に起こりえないような、いきなりのかまいたち現象による一斉襲撃なども、この結末を知れば、すべて納得出来ます。

それにしても、実はゲーム世界だったというオチが待っているとは、想像もしていない仰天の展開で、ただただ唖然とするばかり…

しかも、このおじいさんを演じている人が、あの斎藤工さんで、彼とミツコとのベッドシーンもあるという話もあるのですから、もう何が何やらと言った感じです。

どこまでが本当のことなのか、非常に気になるネタバレですが、その真相も含めて、劇場で確認してみたいものですね。

『リアル鬼ごっこ』原作との違いは何処?

リアル鬼ごっこ

今回の映画版と原作の2つの『リアル鬼ごっこ』の違いを見ていくと、『リアル鬼ごっこ』原作は、全国の『佐藤さん』が命を狙われ、鬼から追い掛け回されてしまうのですが、決して意味不明なことはしておらず、捕まったら極秘で処刑するという流れがあります。

一方で、今回の映画『リアル鬼ごっこ』は、ただ意味もなく女子高生たちを平気で襲撃し、命を落とすシーンが多く存在するらしく、ある種、原作無視の映画と言っても良いでしょう。

そもそも、この作品の監督を手がける園子温監督は、一切原作を読んでいないというのです。

これにはビックリですが、全く『リアル鬼ごっこ』の原作のストーリーを知らない彼だからこそ、手がけられるホラー映画となっているのかもしれませんね。

 

まとめ

現在公開中の映画『リアル鬼ごっこ』は、トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜という3人の女優が主演を務める斬新な趣向を凝らした映画で、原作無視なシーンも多数見られ、衝撃の展開も用意されているようです。

特に驚愕したのは、トリンドル玲奈さん演じるミツコという女子高生は既に亡くなっていて、彼女のDNA細胞を採取した"あるおじいいさん"が、彼女のクローンを創りあげゲーム世界に放り込み、派手に襲わせる鬼ごっこというゲームのプレイヤーに仕立てあげたのです。

隠れキャストとして、斎藤工さんも出演されているそうですし、見所たくさんのホラー映画となっているので、ぜひ劇場に足を運んで観てみたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画