星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

はるかぜちゃんがTwitterをやめた理由・原因は?今後はブログへ!

更新日

元々子役をされており、その後に声優から女優、タレントとして活躍されている春名風花(愛称:はるかぜちゃん)が、なぜかTwitterをやめたらしく、今後はブログに移転されるとのことですが、そうなってしまった理由や原因が、かなり怖いとのこと。

そして、その背景にTwitterでの誤報や、はるかぜちゃん自身の発言をきっかけに起きた炎上騒動などが、かなり影響しているそうですが、一体何故彼女はTwitterをやめることになったのでしょうか。

本記事では、はるかぜちゃんがTwitterをやめてブログに移転した理由や、彼女の誤報、その身に降りかかった怖い炎上騒動などの真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

突如Twitterをやめたはるかぜちゃん!

春名風花

春名風花

『おおかみこどもの雨と雪』や『エウレカセブンAO』などのアニメ作品に出演し、声優として、またタレントとして幅広く活躍されている春名風花さんこと、『はるかぜちゃん』が、突然自身のTwitterをやめたとネットニュースで取り上げられているそうですね。

現在は、アメーバブログ『ふわふわふうか』に情報発信の場を移転されているらしく、その旨のコメントもTwitterでされていたというのですが、それにしても突然Twitterをやめるなんて、一体何かあったのでしょうか?

確かにはるかぜちゃんが、Twitterを辞める前には、ある大きな勘違いから炎上騒ぎになるということもあったそうです。

その勘違いとは、はるかぜちゃんが、声優:大塚周夫さん(ゲゲゲの鬼太郎:ねずみ小僧などでお馴染み…)と、息子で同じく声優をされている大塚明夫さん(名探偵コナン:横溝警部など)を混同してしまい、周夫さんの訃報に触れて、『明夫さんと会っていた』話をしていたのです。

まるで、明夫さんと直前まで会っていたのに、『何故亡くなられたの?』と、信じられないという言い方だったらしいのですが、後でそれは父である周夫さんのことと分かり、はるかぜちゃんはひたすら謝罪していたとか…

当の明夫さん本人は全く気にしていなかったのですが、一部の方々からの総バッシング状態に陥り、はるかぜちゃんのTwitterは炎上状態となって、一時Twitterをやめる事になってしまいました。

しかし、本当の理由はそんなことではありませんでしたし、実際その一件が落ち着いた後に、またはるかぜちゃんは、Twitterを再開されました。

まぁ芸能人にとって、誹謗中傷はよくあることですし、問題の本人たちが納得しているので、特に気にしなくても大丈夫と判断したのでしょうね。

ただ、その結果、更にはるかぜちゃんを追い詰める出来事が起こってしまうのです。

そしてその結果、やむを得ずはるかぜちゃんがTwitterをやめて、ブログに情報発信の場を移転することにしたのです。

 

はるかぜちゃんがTwitterを辞めた本当の理由は?

春名風花

春名風花

はるかぜちゃんは、Twitterでも教育などの社会問題に関して、鋭く切り込んだ意見を発信し、多くのファンから人気も得られていました。

しかし残念なことに、たとえどんなに正しいことを発言していたとしても、はるかぜちゃんとは真逆の意見を持つ方もいらっしゃるわけで、そちらからしてみれば、ただ反感を買うような意見にしか聞こえなかったのでしょう。

結果的に、はるかぜちゃんの真摯な教育などに関する問題定義が、アンチの反感を買うこととなり、かなり誹謗中傷されてしまうのです。

それに関しては、無関心で貫き通せばよかったのかもですが…

そして、この一連の騒動をきっかけに、過激なアンチの誹謗中傷によって、身の危険まで感じたはるかぜちゃんは中学までいけなくなってしまい、『それではまずい』とTwitterをやめることとなってしまったのです。

声優・タレントといっても、はるかぜちゃんはまだ若干14歳。

まだまだ中学生のはるかぜちゃんにとって、学校にも通えない状態になるなんて深刻過ぎると言えるでしょう。

当然、周囲もはるかぜちゃんの身の安全を配慮しなければなりませんし、そうなればTwitterをやめるのは当然のことと言えそうですね。

アンチが出ることは仕方がないとしても、彼等・彼女らのモラルのない身勝手な行動が、ファンが楽しみにしているTwitterでの、はるかぜちゃんとの交流を断ち切らせてしまったと思うと、なんだか悲しい限りです。

 

はるかぜちゃんのTwitter終了にファンの反応は?

悲しい男性

はるかぜちゃんのファンとして応援している方々は、今回のTwitter終了に関して、寂しそうにしながらも、これまで続けてくれたことに、

『今まで怖いことがたくさんあったのに続けてくれて有難う』

『お疲れ様。いろいろ面倒だったねぇ』

などと、はるかぜちゃんの労をねぎらうコメントも…

そして、何よりも

『まずは本人の安全です。これからも応援しますよ』

とはるかぜちゃんの身の安全を危惧されていました。

いくら芸能人と言っても一人の人間です。

ちょっとした事で命を狙われるようなことがあったら、その事に恐怖し、まともな活動など出来るわけがありません。

それどころか、生活そのものに支障が出てしまいます。

ここ数年ストーカー被害は確実に増え、最悪テレビでニュースになるような事件にまで発展している例もたくさんあります。

記憶にあたらしいところでは、フェイスブックで知り合ったことをきっかけに、大きな事件へと発展してしまった、あの三鷹事件もありましたよね。

その他、芸能人が絡んだ大きな事件として、AKB48メンバーも狙われた過去があります。

握手会で、のこぎりを持った男が忍び込み、アイドル(入山杏奈・川栄李奈)と、スタッフの3名に斬りかかった事件として衝撃を与えた、『AKB48握手会襲撃事件』がその事件です。

全国のAKB48ファンを震撼させる大事件となってしまいました。

この後に予定されていたAKB48第6回選抜総選挙及び、大島優子の卒業コンサート中止という話もあったくらいですから、相当にショッキングなニュースといえるでしょう。

もうアイドルが気軽にファンと触れ合える時代は終わっているかもしれません。

まだ中学生である『はるかぜちゃん』が、不特定多数の人達と触れ合うこともできる芸能界という特殊な世界では、SNSなどを通じて、アンチがファンとして紛れ込み、彼女の身に危険が及ぶことも十分考えられますし、それだけに心配ですよね。

だからこそ、安心して中学校に通いながら、声優・タレントとしても活動出来るように、まずは、周囲のスタッフや関係者達が、はるかぜちゃんに振りかかるかもしれない人災から、しっかり彼女を守ってほしいと願っています。

そして、心からの笑顔で、ファンと触れ合いながらも、はるかぜちゃんならではの魅力をたくさんの人たちに伝えられたらと、今後の彼女の声優・タレントとしての活躍に期待していきたいです。

 

まとめ

子役時代から、大きく注目され、声優・タレントとして活動している『はるかぜちゃん』こと、春名風花さんが、自身の教育などの社会問題に関する発言をきっかけに、アンチから一気に目をつけられました。

そして、誹謗中傷を受け続け、中学校にすら怖くて通えなくなり、Twitterをやめることに発展していきます。

今後はブログへと、情報発信の場を移転することが発表され、はるかぜちゃんファンもショックを受けているそうです。

しかし、はるかぜちゃんの身の安全を考えると、アンチの取った行動に怒りを覚えているものの、今回の事態を受け入れるしかなく、これまで続けてくれたことに感謝しているファンが多いようです。

今後何かと大変ですが、声優・タレントとして、はるかぜちゃんが活躍し続けることを願っています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人