星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

正社員と派遣やアルバイトの違いは時給/福利厚生/安定に大きな差

更新日:

一昔前までは、正社員として一つの企業で働き続けることが立派であり、フリーターや派遣社員を

『みっともない』

と考える風潮がありました。

最近では、あえて正社員にならず、フリーターや派遣社員といった、いわゆる『非正規雇用社員』として働くことを選択している人も少なくありません。

とくに、共働きの家庭が増えたことで、女性が派遣社員やアルバイトとして社会に出るようになったことも非正規雇用が拡大した背景にあるようです。

では、実際のところ、アルバイトや派遣社員といった非正規社員と正規社員、どんな部分にどれくらいの違いがあるのでしょうか?

今回は、正社員と派遣社員やアルバイトなどの非正規雇用社員について、給与や福利厚生といったことも含め、それぞれの特徴や違いを解説していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

正社員とはどういう意味?

まず、正社員とは何か?

その言葉の意味を知っておきましょう。

実際のところ、

「正社員って何?」

と言われると、言葉に詰まってしまう人も多いでしょう。

まず、正社員の定義として、どうやら法律で何か決まっている…というわけではないようです。

つまり、業種によって解釈が異なることもありえるわけですね。

ただ、一般的には

  • 雇用期間の定めがない
  • 解雇が厳しく制限されている
  • 原則としてフルタイムで勤務
  • 残業も義務づけられている

というのが正社員の特徴になるそうです。

確かに、正社員と呼ばれる人たちは、基本的に契約期間が設けられていません。

 

ただ、そうなると契約を更新していく芸能人は、正社員という扱いにはならないのでしょうか?

芸能プロダクションと契約している人が大半ですよね。

契約期間満了により契約解除…というニュースも耳にします。

中には、芸能プロダクションの正社員…という扱いの人もいるかもしれませんが…。

 

こう考えると、なかなか正社員の定義というのも興味深いですね。

「あの芸能人は正社員だ!」

「○○さんはどうなんだろう…」

と考察したりもできます。(笑

 

正社員と派遣・アルバイトの違いを紹介!

さて、言葉の意味としては、正社員がどんなものかは理解できました。

では実際は、アルバイト・派遣といった非正規社員と正社員、どんな部分で違いが見られるのでしょうか?

ここでは正社員と、アルバイトや派遣といった非正規社員の違いを紹介していきます。

正社員と派遣・アルバイトの違い1 昇給やキャリアアップ

アルバイトや派遣社員と正社員で大きく異なるのは、

将来昇進する可能性があるかどうか

ということです。

正社員というのは、ひとつの企業で長い間働くことから、企業でそれなりの成果を出すことができれば、将来の昇給やキャリアが約束されています。

たとえば、上場企業の平均年収は約500万円と言われていますが、これを時給換算すると、だいたい2,600円になります。

さすがにアルバイトや派遣社員といった給与体系では、時給2,000円に到達するのはなかなか難しいですよね。

とはいえ、アルバイトから正社員へ昇格ということも業種によってはありますし、この違いが必ず当てはまるとは限りません。

優秀なアルバイトだと、キャリアアップの可能性がある現状です。

正社員と派遣・アルバイトの違い2 仕事の安定性

正社員と非正規雇用の社員とでは、

安定して仕事ができるかどうか

という点も大きく異なります。

派遣社員の場合は、2013年にいわゆる『5年ルール』が制定されたことにより、平均契約期間が2~3年と短めになっています。

企業側が無期雇用をするわけがない、という考え方ですね。

アルバイトも同様で、

経営者の独断や企業の方針によって、比較的容易に解雇へ追い込まれやすい立場

と言えます。

ただ、もともとアルバイトや派遣社員は、ある一定の期間だけで働きたい人が働くケースが多いですし、この辺りは承知の上かと思います。

注意しなければならないのは、正社員の方ではないでしょうか?

正社員も決して、定年までずっとその企業で働けるとは限りません。

近年は、

早期退職者を募集したり、リストラされる

ということも増えてきています。

正社員だから、必ずリストラされないというわけではないのです。

時代が時代ですし、こればかりは仕方のないこと。

ただ、正社員にリストラが実行されるならば、非正規社員であるアルバイトや派遣社員の人たちの立場も相当危うくなっている場合がほとんどでしょう。

なので、

「問題なく長く仕事を続けられる」

という安定性としては、正社員の方が優れていることに間違いありません。

正社員と派遣・アルバイトの違い3 福利厚生の充実度

他にも、正社員とアルバイト・派遣といった非正規社員の違いと言うと、

正社員の福利厚生の充実度

についても、よく話題にあがります。

正社員であれば、厚生年金や社会健康保険といった各種保険料について、

企業に半額肩代わりしてもらえる

ため、将来的な負担を大きく減らすことができます。

また、産休育休や、怪我や病気に対する傷病手当がもらえるのも正社員のみで、アルバイトやパートといった立場では、こういった福利厚生はほとんどありません。

ただし、派遣社員については、最近ではこういった福利厚生の充実をはかる企業が増えてきました。

各種保険料の折半をはじめ、有給休暇を設定していたり、健康診断を無料で実施したり…。

正社員と同じような福利厚生のサービスを、派遣社員であっても受けられるのです。

他にも、派遣社員などで仕事をしている方には女性も多いことから、産休や育休の他にも、

託児所の割引サービス

といった福利厚生も増えてきているようですね。

 

以上のように、派遣社員については、最近では正社員と同じような福利厚生が受けられる、と考えてもいいかもしれません。

また、以前に平均年収ランキングについて紹介した際に触れましたが、非正規社員を正社員なみの待遇にしている…

そんな企業もありますね。

正社員の低年収ランキング上位の会社がブラック企業ではない理由

まとめ

アルバイトや派遣社員といった非正規社員と正社員の違いについて解説してきました。

基本的には、何においても正社員の方が優遇されているとみてよいでしょう。

しかし実際は、その人の描く将来像・ライフスタイルによって、様々な働き方の選択肢があるはずです。

正社員になったことで、より責任感がつきまとうことが嫌で正社員を回避している人もいるでしょう。

ただ、非正規社員やアルバイトになった後に自分の意志で正社員へ進路を変えるのは、今の日本ではなかなか難しいかもしれません。

自分は今後、どのような人生を歩みたいのか?

しっかりとライフプランやキャリアプランを考えて、自分にぴったりの働き方を選ぶようにしたいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.