星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

進撃の巨人(実写映画)の監督が大炎上!批判の理由原因と評判を考察

更新日:


かつて、実写映画『進撃の巨人』が、掲示板『2ちゃんねる』で批判が殺到し、炎上騒動が起こっていたことがありました。

当時を振り返ると、確かに一部で『進撃の巨人』を実写映画化することに無理があるという話もありました。

そういった背景も重なり、映画に批判が殺到している感じもありましたが、そこは2ちゃんねるですし、どこまでが純粋な意見なのか疑問も…

そこで本記事では、改めて実写映画『進撃の巨人』に殺到した批判内容や、その理由、実際の評判などを探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

実写映画『進撃の巨人』炎上の理由や原因は?

進撃の巨人

前評判の段階から、不安・問題視されていた部分も見受けられた実写映画『進撃の巨人』。

映画のスケールが大きく、展開がおもしろそうという人もいれば、1つ1つの動きが鈍く感じられ、予告映像を見た時点でげんなりしたという人もいます。

公開前は、賛否が真っ二つにわかれていた作品といったところでしょう。

さて、そんな実写映画『進撃の巨人』の公開後には批判が殺到しました。

そしてのネット上では、炎上騒ぎまで起こったというのです。

一体何故、このような事態が発生してしまったのでしょうか?

実は、この映画の監督である樋口真嗣監督が、ある映画評論家の酷評を受け、自身のツイッターで、

やったぜ!

大先生に褒められたら、どうしようかと思ったが、これなら安心だ。

というか、誰だよ、こいつに試写状送ったバ●は!

と投稿してしまったのです。

はっきり言って、子供の喧嘩のようなやりとりです。

しかし、丹精込めて映画『進撃の巨人』を創りあげた監督にとっては、意味不明な酷評に映ったのでしょう。

怒り心頭してしまうという心情もわからないではありません。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.