星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

進撃の巨人の実写映画と監督が炎上!批判の理由や原因と評判を紹介

更新日

実写映画『進撃の巨人』が、掲示板「2ちゃんねる」で批判殺到し、炎上騒動が起こっているという、謎の噂がネットニュースなどで話題になっているそうです。

確かに一部では、『進撃の巨人』を実写映画化することに無理があるという話もありましたし、そういった背景も重なり、映画に批判が殺到しているのかという感じもありますが、そこは2ちゃんねるですし、どこまでが純粋な意見なのか疑問も…

そこで、本記事では、実写映画『進撃の巨人』に殺到した批判内容や、その理由、実際の評判などを探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

実写映画『進撃の巨人』炎上の原因・理由は?

進撃の巨人

いろいろ前評判の段階から、不安・問題視されていた部分も見受けられた実写映画『進撃の巨人』。

スケールが大きく展開がおもしろそうという人もいれば、1つ1つの動きが鈍く感じられ、予告映像を見た時点でげんなりしたという人もいて、まさに賛否真っ二つに分かれている作品といったところでしょう。

さて、そんな実写映画『進撃の巨人』ですが、ついこの前に公開されたばかりなのに、早速映画に関する批判が殺到し、ネット上では炎上騒ぎまで起こったというのです。

一体何故このような事態が発生してしまったのでしょうか?

実は、この映画の監督である樋口真嗣監督が、ある映画評論家の酷評を受け、自身のツイッターで、

「やったぜ!大先生に褒められたら、どうしようかと思ったが、これなら安心だ。というか、誰だよ、こいつに試写状送ったバ●は!」

と投稿してしまったのです。

はっきり言って、子供の喧嘩のようなやりとりなのですが、丹精込めて映画『進撃の巨人』を創りあげた監督としては、全く意味不明な酷評をされてしまったら、さすがに怒り心頭してしまうという心情も分からないではありません。

事実、その映画評論家は、ネットでもかなり評判は悪いようで、ネットユーザーとしては、『無視すればよかったのに』という意見も多かったのですが、残念ながら樋口監督がTwitterで、上記の内容を投稿されたために、酷評云々は別にして、場外乱闘のような炎上騒ぎが起こってしまったのです。

元々映画『進撃の巨人』は、賛否の分かれた作品ですし、ひとつの火種があれば、一気に燃え広がるのは目に見えて分かっていたはず…

しかし、樋口監督が冷静な判断を取ることが出来ず、おそらく身内につぶやいただけのつもりでいたのに、それが一気に拡散されてしまったために、大騒動となってしまったようなのです。

実写映画『進撃の巨人』に関しては、確かに純粋に

「リアリティに欠ける」

という批評もありますが、大部分は批評というより、監督と映画評論家のバトルを面白がって、多くのネットユーザーが叩いたというのが真相のようですね。

なんとも人騒がせな話です…

 

『進撃の巨人』炎上原因の評論家の酷評とは

進撃の巨人

正直、こんな言い方をすると批判される方が多くいらっしゃると思いますが、筆者は別に映画評論家でも何でもありませんが、たまに映画コメンテーターの辛辣な意見を見ると、

『本当に映画を見て発言している?』

と思うところが多々見受けられます。

そもそも映画評論家って、映画の魅力をより多くの人に伝える仕事のはずなのに、酷評ばかりしているとは…

正直、

『彼等は何がやりたいのだろうか?』

と首をかしげたくなる時がしばしば見受けられます。

今回の実写映画『進撃の巨人』に対する酷評もまさにそれでした。

筆者自身が、この映画を隅から隅まで見ているわけではないので、そこまで言うべきではないのは百も承知ではありますが、実際にこの映画を批評した映画評論家のコメントには、かなり違和感を覚えて仕方がないのです。

まず、この批評の冒頭から既におかしな話をされています。

『原作漫画より漫画チックになっている点』という酷評に関して…

確かに漫画が原作の映画の場合、よりリアリティを追求する風潮にあることは筆者も重々承知しております。

しかし、『誰がリアリティを必ず追い求めなければならない』と取り決めたのでしょうか?

ストーリーによっては、漫画チックになったとしても全体的なバランスが整えられていれば、それはそれでOKだと筆者は思います。

そもそも、この『進撃の巨人』を現実的にするというのであれば、ありえない"巨人"を出した時点でNGですし、この『進撃の巨人』という作品自体成り立ちません。

つまり、この人は『進撃の巨人』そのものを実写映像化した時点で、NGと言っているようにしか聞こえないのです。

実際にネットでの彼の評判はすこぶる悪く、ただ感情的に批評しているだけと酷評しているところもあるそうなので、おそらく主観的な批判でしか無かったのだと筆者は考えます。

まぁそれはそれで良いとして、この酷評に怒りを露わにしてしまったのか、先ほどお話したように、この映画『進撃の巨人』の監督である樋口真嗣監督が、自身のTwitterで、皮肉たっぷりな投稿をしてしまったことが炎上騒ぎの発端となったわけです。

やはり、主観かどうかは別にしても感想は人それぞれです。

とりあえずプロの評論家としての批評として正しいかどうかは置いといて、そこに皮肉を入れるというのは、視聴者を否定する行為であり、作り手として褒められる行為ではないでしょう。

もちろん樋口監督も、一部の友人に愚痴をこぼすかのようにやってしまっただけで、今回の短絡的な行為が、意図せずに大騒動に発展してしまったのだと思います。

ただ、Twitterで投稿してしまうと、何処からその話が漏れてしまうかもしれないだけに、極秘の話にTwitterを使わない方が良いのは間違いなさそうですね。

あからさまに自身の主観や価値観メインの批評をされた挙句に40点と酷評されては、腹も立つでしょうし、その気持ちもよく分かりますが…

 

実写映画『進撃の巨人』の実際の評価は?

考える男性

ある映画批評サイトで、映画『進撃の巨人』が、100点満点中40点と採点された一件で、筆者もそのサイトの映画評論家のコメントを見てみましたが、とにかく意味が分からないの一言につきます。

要約すると演出的におかしなところや、突っ込みどころが満載で、『いくらスケールのでかい進撃の巨人であってもこれはまずいでしょ!』と言いたいのだと思いますが、自身の憤りと誹謗中傷がグチャグチャになって、特に映画を観ていない人にとっては全くの意味不明に聞こえるでしょう。

一応、映画評論家として活動して、それなりにネットでも有名な方みたいですし、ある意味で一理あるのかも知れないのですが、ここは実際に映画『進撃の巨人』を世間では、どのような評価されているのか気になり、他の意見も調べてみることにしました…

結果、確かに酷評されているネットユーザーも多くいらっしゃいますが、全体的な意見を見た筆者の感想としては、CGなど頑張っている点も多々見受けられるが、テーマ的にも結構無理しているところはあり、ストーリーはいまいちという感じ…

点数として挙げるのであれば、60点~70点といったように感じました。

やはり『進撃の巨人』は、スケールの大きい設定ですし、これを実写映画化していくことそのものが、結局は難しいのだと思います。

それを樋口監督筆頭に、キャストとなんとかコラボして、よく頑張ってここまで持ってきたというのが、筆者の素直な印象です。

ここまで現実離れしたスケールの大きな映画で、リアルな人間たちの生活感や、巨人たちとの戦闘シーンを無理なく展開していくことは、とても難しいと言わざるを得ません。

漫画は、それだけで独特の世界観を展開できるので、なんでもありなところがあるのですが、実写映画化となると、そうもいきません…

視聴者からは、やはり現実的に見て無理があると突っ込まれてしまいます。

漫画を実写映画化することで、対比してショボく見えてしまうというのも、よく見られる漫画・実写のギャップです。

実際に、この映画評論家が批評した、

『人類の行く末を賭けた作戦中にいちゃつき始めた人物がいて、そのスキに巨人に襲われるシーンがあり、何をどう考えたらそういうキ●ガイな筋書きになるのか…』

という話も、漫画・実写ならではギャップから生まれた批判のように思います。

確かにリアリティを求める現実世界で、人類の行く末を賭けるような作戦中に男女がいちゃつくなんて不真面目そのものとしか思えないというのも、よく分かります。

しかし、これが巨人から襲われ、心身疲れているところの唯一の癒やしの場面として、その心理描写の一つとして描かれていたのであれば、非現実的ではあるものの、言おうとしているところはなんとなく分かる気はします。

もちろん、これは漫画的な発想であり、非現実的な世界観としか言えませんが、『進撃の巨人』の原作は漫画であるわけですし、ある程度バランスがとれていれば、決してバ●呼ばわりされるレベルの演出ではないと筆者は考えています。

事実、そこまで批判されるレベルではないという意見が大多数でしたし、そこまで酷くはないだろうというのが率直なところですね。

 

まとめ

実写映画『進撃の巨人』の批判が殺到した理由と言うべきか、事の発端は、映画そのものの批判というより、この映画を酷評した映画評論家と、その彼に噛み付いた樋口監督のTwitter投稿を批判した炎上騒動であったということが分かりました。

確かにテーマがテーマですし、なかなか実写映画化は難しい部分もありますが、酷評された話は的外れな部分も多いようで、ネットユーザーたちもそのことを見抜いているのか、映画そのものに対して、そこまで批判はされていませんでした。

もちろん絶賛というレベルではないのですが、まぁ良く頑張っているという評価が大多数のように見受けられました。

これからも叩かれることはしばしばあると思いますが、監督自身の描く『進撃の巨人』をより多くのファンに届けてほしいと、映画『進撃の巨人』後編も期待してみようと思います!

進撃の巨人の記事はコチラもよく読まれています!

進撃の巨人の実写映画後編ストーリーとキャスト!前編の評価は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画