星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スプラトゥーンをテザリングでオンラインするメリットと対戦マナー

更新日

今や大人気ゲームとなった任天堂の『スプラトゥーン』。

ライトユーザーでも簡単に楽しめることが、大きな魅力のオンライン対戦ゲームとして、現在世界中で賑わいを見せていますね。

しかし、この『ライトユーザー』が多いが故に起きてしまう問題もあるそうです。

現在ネットでは、『スプラトゥーン』に限らず、オンライン対戦をテザリングによるインターネット接続で行っている人が多いということで話題になっています。

これはかつて『大乱闘スマッシュブラザーズ』においても、問題になったことがありますね。

『スマブラ』と『スプラトゥーン』は、プレイユーザー層が近いため、同様の問題が起きても当然のことといえば当然ですが…。

コアなゲームプレイヤーからしたら、テザリングによる接続で、オンライン対戦をするなどということは、とても考えられない行為なのですが、一体なぜこのような行為が起きてしまっているのでしょうか?

また、なぜテザリングの接続が問題になっているのでしょうか?

当記事では、『スプラトゥーン』を例に取って、テザリングでのオンラインゲーム対戦が、マナー違反と言われる理由について説明していこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

スマホ機能のテザリングのメリットとは?

最近では、スマホにテザリング機能というものがあり、これが『便利だ』として、日々使用している方も多いのではないかと思います。

テザリング機能を『ON』にすると、スマホをWifiルーターとして使うことができるようになるのです。

テザリング

簡単に言えば、スマホでパソコンやゲーム機などのインターネット接続を行えるようになるわけです。

外出先でノートパソコンや、タブレット端末を使用したり、ゲーム機をインターネットに接続して利用できることが、大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、スマホのテザリングは、便利な機能ではあるのですが、同時に注意点もあります。

通信料金や通信量による速度制限などが、通常の接続と比べて、余計にかかるということ。

特に動画サイトや、ゲームをプレイするなどといった場合には、すぐ速度制限を掛けられる通信料に到達してしまうでしょう。

また、定額プランに入っていなかったがために

「通信料金が青天井だ…」

となってしまわないように、テザリングを使用する前に、事前の確認も大切です。

 

テザリングはマナー違反!その理由とは?

バツマークをする男性

スマホひとつで、ゲームのオンライン接続も可能になるテザリング機能。

「固定のネット環境はないけど、テザリングでゲームで対戦ができる!」

と安易に考え、オンライン対戦ゲームをテザリングによる接続でプレイしようとしている方がいたら、筆者としては

「ちょっと待った!」

と言わざるを得ません。

最近では『スプラトゥーン』をテザリング接続でプレイしているユーザーが多いと聞きます。

これはテザリングに限らず、モバイルルーターでも問題になっていることで、オンラインゲームをプレイするに当たっては重大なマナー違反です。

「テザリングでプレイしてるよ!」

と、SNSなどで発言をして、大バッシングを受けたとしても、それはもう仕方がないとしか言えないぐらいの問題なのです。

では、なぜテザリングでオンラインゲームをしてはいけないのか?

その一番の理由として、ゲーム中にタイムラグ(遅延時間)や、エラーが発生しやすいことです。

特に対戦格闘ゲームやFPS・TPSといったシューティングゲームでは、ほんの一瞬のタイムラグが命取りとなると言われているので、これらのゲームでネット対戦をする時には、テザリングでのネット接続はNGと言われているほどです。

テザリングでプレイしている側から見た画面では、快適に動いているように見えるのですが、他のプレイヤーから見た画面では、こちらのキャラクターがワープしたり、動きがカクカクしたりと、もはや正常にゲームをプレイできるとは、とても言えないような状況に陥ってしまうのです。

また、テザリングを使っている方の意見で、よくあるパターンとして、

「アップロードとダウンロードが早いから大丈夫だ」

と、通信速度ばかりを気にしている方が、とても多いです。

オンラインゲームで最も重要とされているのは、通信速度ではなくPING値(安定性)です。

ここで、PING値が50以下ならば問題なしと言われており、100を超えるようなPING値である場合、タイムラグが確実に発生する危険域に達していると言ってもよいでしょう。

テザリングによるラグ問題が話題になった『スマブラ』では、『スマブラ』生みの親・桜井政博さんが

「通信環境はなるべく快適なものでお願いできれば…」

と発言するまでに至っています。

テザリングを使ったオンラインゲームへの参加は、

「高速道路にスクーターで来るようなもの」

というイメージの認識を持っていただければ、と思います。

また、人によっては

「病院の一般待合室でタバコを吸うようなものだ」

といった非常識だという例えをする人もいるほどの大問題です。

『スプラトゥーン』をどうしてもオンライン対戦で楽しみたいのであれば、自宅にネット回線を敷くか、止む無く環境がないので諦める…そのどちらかにしてほしいところですね。

 

テザリングプレイヤーに対するネット上の反応は?

驚く男性

テザリングを利用して『スプラトゥーン』をプレイする人が多いという問題について、ネット上ではどのように受け取られているのでしょうか?

多くは

「テザリングでやるくらいならオンラインやらないでほしい…」

「WiiU購入層の小中学生や、その母親たちはネット回線のことをもっと勉強して」

「『ドラクエ10』のようなテザリングでも問題ないゲームならばともかく、TPSである『スプラトゥーン』でテザリングはよろしくない」

と、厳しい意見が多く見られました。

特に勝敗によって、『ウデマエ』が変動するガチマッチをテザリングでやるのは、絶対やめてほしいという意見が多かったですね。

ガチマッチはその名のとおり真剣勝負のことです。

それを回線が弱い人のせいで負けてしまい、さらに自身のウデマエが落ちてしまう…ということになれば、怒りがこみ上げてくることも充分にありえます。

オンラインゲームにおける回線状況というのは、いまやネチケット(ネットでのエチケット)に該当する項目なので、参加するのであれば、もっと意識してほしいと願うばかりです。

 

まとめ

『スプラトゥーン』をテザリングによるインターネット接続でプレイしている人が多いと知り、とても信じられませんでした。

しかし、どうやらこれは本当のことのようで、これがPS3やPS4のように回線状況が色で表示されていたら、どうなっていただろう…と心配せずにはいられません。

PS3やPS4のゲームによっては、通信状況が極めて不安定なユーザーの回線状況は赤色で表示され、赤回線というだけで心無い暴言メールが送られてくるほどなのです。

もし任天堂が『スプラトゥーン』を回線状況を表示するシステムにしていたら、今頃テザリングユーザーの『Miiverse』のメッセージ欄が目も当てられない状況になっていたでしょうね…。

ただ、これだけマナー違反だと言われても、テザリングによるプレイヤーが減らないのも事実。

そのため、頻繁に回線が落ちているプレイヤーがいたら、そのプレイヤーをブロックリストに入れるというのも、ひとつの回避手段かもしれません。

ブロックリストに入れられたユーザーは、ブロックリストに入れたユーザーが入っている部屋に入ることはできなくなります。

こうして、予防策を講じるのも大切なことです。

そして、テザリングを使用しているユーザーは、周りへの迷惑になっているということを自覚して、できるだけテザリングでの接続は控えるようにしましょう。

酷い言葉を投げかけられてしまっても仕方のないことをしている、という認識はどうか忘れないようにしていだければ…と思いました。

スプラトゥーンの記事はコチラもよく読まれています!

スプラトゥーンの評判と人気の理由!今後は無料アップデート次第!

スプラトゥーン初心者向け攻略!簡単おすすめブキを動画で紹介!

スプラトゥーンのコントローラー操作方法まとめ!感想と評判も!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム