星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

木村沙織の身長や天然な性格など経歴プロフィール!美脚でも有名!

更新日

これまで女子バレーボール界を大きく牽引し続けてきた日本代表チーム(火の鳥JAPAN)のキャプテンでエースだった木村沙織選手。

彼女の魅力は、ただエースとしての実績だけではありません。

性格的には天然キャラでありながらも、美脚からくるスタイルの良さや可愛らしさが、大きく影響し、ムードメーカーとしても注目された素晴らしい選手だったのです。

しかし残念ながら、木村沙織選手は、2017年3月をもって現役引退しています。

それでも多くのファンは、今でも木村沙織選手の魅力に惹かれ、スタイルや身長、性格、プロフィールを気にして、ネット検索しているようです。

そこで本記事では、木村沙織さんの身長・性格・プロフィールなどを探りながら、彼女の魅力をお話していきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

バレーボール全日本のエースとなった木村沙織

木村沙織

往年のスター選手をみれば、大林素子さん、中田久美さんなどを輩出。

近年も、宮部藍梨選手、古賀紗理那選手など、続々とニューカマーを輩出しているバレーボール全日本女子(火の鳥ジャパン)。

そんな火の鳥ジャパンで、現在、キャプテンを務め、絶対的エースとして活躍しているのが、木村沙織選手です。

木村沙織選手は、

17歳から全日本

に招集され、新人ながらもユーティリティ性あふれる能力の高さに、周囲も彼女に期待し、起用され続けるようになりました。

 

木村沙織選手は、アテネ以降、北京、ロンドンと、オリンピック3大会連続出場していて、2012年のロンドンオリンピックでは、フル出場。

絶対的エースとして、

28年振りに日本女子の銅メダル獲得

へ大きく貢献しました。

基本的にはアタッカーですが、時にはセッター、時にはリベロ的な役割もこなします。

そのためなのか、名セッターとして活躍し続けていた、かつて全日本女子の主軸であった竹下佳江選手が現役引退後は、新たなキャプテンとして任命を受けています。

背番号『3』は、竹下佳江さんのようなキャプテンになって、チームをしっかりと牽引していきたいという、木村沙織選手なりの決意の現れでしょう。

そして木村沙織選手は、その後の火の鳥ジャパンを牽引していくことになりました。

追記

女子バレーボール代表キャプテン&エースとして、日本代表チームを牽引し続けてきた木村沙織選手。

リオオリンピックにも出場を果たしたものの、リオ五輪ではベスト8で破れ、メダルを手にすることができませんでした。

そして木村沙織選手自身も、シーズン終了後に現役を引退。

2017年3月5日のファイナルステージ・NECレッドロケッツ戦(最終戦)を最後に、ユニフォームを脱ぐこととなったのです。

後日、3月22日に、滋賀県大津市の東レ(木村沙織選手の所属先)アリーナで、引退報告会見も開かれました。

その席で、これまで選手として、バレーボールに携わってきたことへの感謝なども語りました。

最後には

『今後、ゆっくり主婦として過ごしながら、1ファンとして、後輩たちの活躍を見守る』

とコメントしていたそうです。

ちなみに、木村沙織選手が結婚した相手は、元バレーボール選手の日高裕次郎さん。

木村沙織の結婚相手・夫のプロフィールと出会いのきっかけは?

彼は、かつて、NECブルーロケッツに入団し、V・プレミアリーグにも出場経験があります。

後にビーチバレーに転身し、現在はパナソニックの社員として、仕事をしているそうです。

今年、木村沙織選手も引退しましたので、おそらく、お互いアスリートとしてのスポーツから離れ、一般人として平穏な生活を過ごしていくことでしょうね。

 

木村沙織の経歴プロフィールをチェック

木村沙織

全日本女子(火の鳥ジャパン)で絶対的エースとしてだけでなく、キャプテンとしても期待され続けた木村沙織選手。

彼女は世界的にも非常に人気の高い選手であり、彼女のプロフィールを気にする人は多いようです。

やはり、ポリバレントな能力だけでなく、天然キャラの素顔とバレーボール選手としての木村沙織選手とのギャップが、人気に繋がっているのかもしれませんね。

さて早速、木村沙織選手のプロフィールを簡単ながら紹介していきます。

木村沙織選手のプロフィール

名前 木村沙織(きむら さおり)

生年月日 1986年8月19日

出身地 埼玉県八潮市

身長 185センチ

体重 68キロ

血液型 O型

父親の仕事の都合で、幼いころに大阪・東京と何度か引っ越し、学校も何度か転校してきた木村沙織選手です。

両親の影響を受けて、小学校2年の頃にバレーボールに出会うと、どんどん熱中していきます。

一時期、友達と思う存分に遊びたいと、2週間ほどバレーボールの練習から離れることがありました。

しかし木村沙織選手がバレーボールから離れたのは、この時の2週間だけ。

 

木村沙織選手のレシーブ力が向上したのも、絶対的エースとして期待されるような活躍をしているのも、小学校時代の練習が大きな支えになっているようです。

まさに、バレーボールをするために生まれてきた女性と言えるでしょう。

その後、木村沙織選手は、中学・高校と、名門・成徳学園(現・下北沢成徳)に進学します。

ここで、大山加奈さん、荒木絵里香選手、大山未希さんなど、後に木村沙織選手が全日本で同じチームに所属するメンバーたちと、運命の出会いを遂げるのです。

この頃より木村沙織選手のポジションは、センターやライトに入ることが多くなりました。

また、中学時代からぐんぐんと身長が伸び、中学の3年間では15cmも伸び(現在は185cm)ました。

そして、レシーブ・トス・アタックと、あらゆる能力を発揮し、チームの中心メンバーへと成長していくのです。

さらに、17歳の頃には、全日本メンバーに選出され、その年のアジア選手権で、代表デビューも果たします。

中学や高校時代に活躍する選手はたくさんいますが、この時点で、全日本で活躍する選手は、その中でもひと握りにすぎません。

まさにシンデレラ・ガールとして、代表デビューから注目され続けていたのが、木村沙織選手だったというわけです。

当然、木村沙織選手は高校時代に、春高バレーで大車輪の活躍をして、母校の

2連覇

に貢献しています。

3年の時には、決勝で試合中の接触によるアクシデントに見まわれ、1-3と敗れています。

それでも、木村沙織選手は足を引きずりながらも、戦い抜いた精神力には脱帽でした。

きっとこの頃から木村沙織選手には、絶対的エースとしての資質が、芽生え始めていたのかもしれませんね。

木村沙織選手は、高校卒業後、Vリーグの東レ・アローズに入団。

常勝軍団の大黒柱として活躍し続けました。

また、ロンドンオリンピックでは、28年ぶりの銅メダル獲得にも貢献しました。

その後、木村沙織選手は、トルコリーグ『ワクフバンク・スポーツクラブ』に移籍しました。

そこではトルコカップ・欧州チャンピオンズリーグ・トルコリーグの、三冠奪取に大きく尽力しています。

そして、2013年には、リオ五輪でのメダルを目指して、改めてキャプテンに就任しました。

さらにはトルコリーグ『ガラタサライ・ダイキン』への移籍を経て、2014年、再び東レ・アローズに復帰しています。

 

追記

先ほどお話したように、木村沙織さんは、2017年3月に現役を引退しました。

そのため、残念ながら、しばらくはバレーボールに携わる彼女を見ることができないと思います。

引退は誰にでもいつかは訪れることなので、こればかりは仕方のないことですね。

 

木村沙織は天然な性格・発言もかわいい!

木村沙織選手は、絶対的エースとして注目されましたが、バレーボールを離れた場面では、

『かわいい』

と多くの男性ファンが魅了されているそうです。

スラっと伸びた美脚、笑うと見える八重歯が可愛らしく、時折見せるベビーフェイスな表情など、木村沙織選手にはチャームポイントがたくさんありますね。

その上で、1時間と1ヶ月を間違えて発言してしまうなど、非常に『天然ちゃん』気質を覗かせているところなど、世間で人気があるのもわかります。

中でも、2003年の全日本キャプテン・吉原知子さんの印象を聞かれ、思わず

「母さんみたい」

と、答えたというエピソードには、大爆笑を誘いました。

吉原知子さんの表情が、『ムッ』としていたかどうかはわかりません。

何も考えていなかったとはいえ、先輩との垣根を取っ払うようなこの発言は、その場を和ます発言となったでしょう。

 

また、木村沙織選手の場合、バレーの実力や容姿だけでなく、取材に対しても構えることなく、ざっくばらんで気さくに対応してくれます。

さらに取材陣に対する気遣いも忘れない、彼女のフレンドリーな性格も、非常に高い評価を得ているようです。

そして、そんな気さくな性格の木村沙織選手に対して、観客席では、カメラを構えたおじさんが、木村沙織選手の笑顔を撮ろうと続出しているとか…。

本来、カメラでパシャパシャと何度も撮影されたら、あまり良い気はしないでしょう。

それでも、オープンな姿勢を見せる木村沙織選手だからこそ、それも含め、人気の高い理由の一つなのでしょうね。

追記

2017年3月5日の試合を最後に、木村沙織選手が現役を引退したわけです。

ただ、木村沙織選手はバレーボールの実力がずば抜けていたというだけでなく、ルックスも可愛く、

日本バレーボール界のヒロインとして、歩く広告塔的な貢献

もしていました。

それだけにいろんな意味で、木村沙織選手が引退したことの影響は大きいでしょう。

実際に、木村沙織選手のファンもショックを受けている人が多く、

「非常に残念だけど仕方がない」

と言うような意見もたくさん耳にしました。

 

 

まとめ

バレーボール女子全日本(火の鳥ジャパン)の絶対的エースであった木村沙織選手。

レシーブ、アタック、トスのいずれをとっても優秀です。

その実力の高さゆえに、高校時代から全日本メンバーに選出され、後に絶対的エースと呼ばれるようになりました。

また、天然な発言や気さくな性格、さらにはスラっと伸びた美脚など、魅力的な要素をたくさん持っています。

木村沙織選手は多くのファンからも愛され、火の鳥JAPANのキャプテンにも就任。

これまで女子バレーボール界を大きく牽引し続けていました。

残念ながら現役を引退したので、バレーボール選手としての木村沙織選手の姿は、見ることができません。

しかし指導者として、いつの日か、またコートに戻ってきてくれることを楽しみにしたいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ