星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

エンジェルハートの原作漫画のストーリー紹介!放送日はいつ?

更新日

キャッツアイ、シティーハンターなどの大ヒット作品を生んだ日本の漫画家:北条司先生。

彼が現在、月刊コミックゼノンで連載中の漫画『エンジェルハート』が、2015年10月期で、ドラマ化されることが決まったそうです。

主演は、上川隆也さんが「冴羽獠」役を務めるとのことですが、この作品の原作やストーリーはどんなものなのでしょうか。

一部では、シティーハンターをパラレルワールド化し、『エンジェルハート』は、家族愛をテーマに描いた作品という話もありますが、原作ですらイマイチ内容がわかりづらいという話もあるらしく、今回のドラマ化によっては、よりわかりづらくなる不安も…

そこで、今回の『エンジェルハート』のドラマ化で描かれるストーリーや、放送日などの詳細を本記事で迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

エンジェルハートの実写ドラマ化の詳細は?

エンジェル・ハート

エンジェル・ハート

テレビドラマ『遺留捜査』『花咲舞が黙ってない』などに出演し、独特の演技力でドラマを盛り上げ、多くのファンから高い支持を受けている俳優:上川隆也さん。

上川隆也さんが、2015年10月期から放送予定のドラマ『エンジェルハート』に「冴羽獠」役として出演することが決まり、ネットで何かと話題になっているそうですね。

『エンジェルハート』といえば、あのシティーハンターでお馴染みの、漫画家:北条司先生の連載作品で、大人気である冴羽獠も年を召された形で登場します。

一応、主演として上川隆也さんがドラマ出演されますが、この『エンジェルハート』の原作漫画における主人公は、あくまで冴羽獠の養子(娘)となる香瑩(シャンイン)が、ヒロインであり主人公です。

冴羽獠は、そのパートナーであるため、主演といえば主演ですが、上川隆也さんよりも、香瑩(シャンイン)の引き立て役という印象のキャラクターとして出演されるのです。

さて、今回の『エンジェルハート』ドラマ化についてですが、詳細についてはまだ具体的な部分は明かされておらず、キャストも上川隆也さん以外は特に発表されていないそうです。

ドラマ『エンジェルハート』のスタートとしては、獠と香が絶体絶命のピンチに陥るところからスタートするらしく、シティーハンターで、長年パートナーを務めてきた槙村香も、本作の序盤で登場するみたいです。

もちろん、原作漫画『エンジェルハート』では、香は交通事故に遭い亡くなり、彼女の心臓も香瑩(シャンイン)に移植されるという設定があるので、香が登場しても1話の序盤だけで、後は、回想シーンでしか登場しないと思われます。

ただ、獠と同様に、香瑩(シャンイン)の養母として、彼女の中で生き続けていますので、『天の声』みたいに何かと登場はするかもしれませんね。

また、養父である冴羽獠も、シティーハンターとしてのハードボイルドな一面は持ち合わせているので、香瑩(シャンイン)とコンビを組み、激しいアクションシーンが見られるはず…

これは、ネットニュースなどで公表されていた話ですが、ドラマ『エンジェルハート』では、ハードボイルドな仕掛けやサスペンス要素がふんだんに盛り込まれ、その上で人間愛や家族愛を盛り込んでいくそうなので、また違った形でドラマ展開されていくでしょう。

既に上川隆也さんも今回の役作りのために、ジムトレーニングをされているそうです。

きっと身体を鍛えあげられ、また一味異なる上川隆也さんの姿も見られそうですね。

その中で親子として、またパートナーとしての獠と香瑩(シャンイン)の関わり合いが描かれていくと思います。

なお、上川隆也さんを「冴羽獠」役に起用したことで、ネット上ではかなり前評判が高く、期待の声が高まっているようです。

まだ詳細が明かされていない部分は多いですが、10月に近づくにつれて、詳細も明らかにされていくと思いますので、今後の動向に注目していきたいものですね。

 

ドラマ『エンジェルハート』原作漫画とストーリー

エンジェルハート

何かと話題になっているドラマ『エンジェルハート』の原作は、先ほども少しお話したとおり、漫画家:北条司先生の同タイトルの漫画作品が原作になっています。

では早速、原作漫画の『エンジェルハート』の簡単なストーリー紹介をしていきましょう。


 

父の部下の謀反をきっかけに、2歳の頃に両親を亡くし、台湾裏社会の組織『正道会』のボス・『李堅強』(リ・ジィエンチャン)に拾われた李香瑩(リ・シャンイン)は、●し屋として彼に育てられ、ある時、台湾から来日します。

そこで新宿に現れ、感情を全く持たない史上最強の●し屋として、また、コードネーム『グラス・ハート』と呼ばれながら、完璧主義者の香瑩は、指令に従い任務を全うしていきますが、次第に良心の心が芽生え、人の命を奪うという任務に心を痛めてしまいます。

そんな心の病んだ香瑩は、その苦しみから逃れるために、自ら自身の心臓を貫き、命を絶つことを図ろうとします。

しかし、組織の力によって、交通事故で亡くなった冴羽獠のパートナーである槇村香の心臓を移植し、彼女の命は救われます。

この心臓移植をきっかけに、香瑩の完璧主義で無機質だった心に、さらに感情が芽生え、彼女は、暗●から手を引き、組織と対立するようになります。

そして、香の長年のパートナーだった冴羽獠に接触していく中で、スイーパーとして『シティーハンター』の世界に入っていくのですが…


 

ここまでが、簡単なエンジェルハートのストーリーです。

2歳で両親との別離、台湾の裏社会で●し屋として育てられてしまう香瑩は、ほとんど血も涙もないマシーンのような生物と化してしまったわけですが、良心の心が芽生えたことと、香の心臓を移植されたことをきっかけに、変わっていきます。

そこには、暖かな人間愛や、後に親子関係となる冴羽獠との家族愛があり、その暖かさに包まれた香瑩が、どのように変化していくのか、その様子が描かれていくと思いますので、その辺りのストーリーをじっくりと楽しみたいものですね。

また、完全に中年オヤジ化している冴羽獠を、硬派なイメージがある上川隆也さんがどのように演じられるのか、いろんな意味で楽しみにしたいものです。

ドラマ『エンジェルハート』の放送日と時間は?

考える男性

上川隆也さんをキャスティングしたことで、高い評判を得られているドラマ『エンジェルハート』ですが、次に気になるのは放送時間ですよね。

まだ、詳しいドラマ放送の日程までは決まっていませんが、2015年10月の放送スタートで、なおかつ日曜日放送と発表されていますので、おそらく10月4日、11日、18日、25日のいずれかに放送スタートとなるものと思われます。

そして、このドラマの放送枠ですが、現在放送中のドラマ『デスノート』の後枠(日曜の22:30~23:25)で放送する発表されました。

あれだけ漫画作品として人気を集め、なおかつ藤原竜也さん主演映画として、またアニメ作品としても大ヒットしたデスノートが、テレビドラマ化で2話以降視聴率の乱高下を受け、苦戦しているというのに、『エンジェルハート』をその枠に当ててくるとは…

日テレもかなりのチャレンジャーですよね。

せめて話題性も考慮して、水曜22:00枠(現在:花咲舞が黙ってない2放送)で放送して、今期のプライム時間(19:00~23:00)枠で、高視聴率(14.08%)をたたき出した追い風を受けようと考えるものですが、日本テレビは、その選択を取りませんでした。

その理由までは分かりませんが、ハードボイルドであり、またサスペンスの要素をはらんでいるだけに、出来る限り遅い時間帯で、と考えていたのかもしれません。

幸か不幸か、現在、日曜22:30枠の放送ドラマは『デスノート』という、かなり過激な漫画原作ドラマです。

子供が観ることなどを考慮しても、『デスノート』と同じ遅い枠で放送することが良いと判断したのだとしたら、それもわかる気がしますが、危険な賭けだともいえるでしょうね。

漫画原作で、少しでも内容がわかりづらいものは、『デスノート』同様、かなり厳しい現状を突きつけられてしまうこともあります。

少なくとも『エンジェルハート』が、そのような結果にならないことを切に願いながら、高視聴率を叩き出す素晴らしいドラマとして描かれていくことを願っています。

 

まとめ

2015年10月から、日曜22:30枠(現在、デスノートが放送されているドラマ枠)で、新作ドラマ『エンジェルハート』が放送されることとなりました。

このドラマは、北条司先生の漫画が原作となるドラマで、台湾から来日した●し屋:香瑩(シャンイン)が、冴羽獠の長年のパートナーだった槇村香の心臓を移植され、命を救われたことで、彼女の中に新たな感情が芽生え、自身の元いた組織と対峙しながら、愛を育んでいくストーリー。

その愛とは、人間愛だったり家族愛だったりするわけですが、養父となる冴羽獠や心の中で生き続ける養母:槇村香と、香瑩がどのように触れ合っていくのか、『エンジェルハート』の本放送を楽しみにしたいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ