星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

サラリーマンが会社で出世する方法やコツと仕事で成功する違いとは

投稿日

人間誰しも一度は、『億万長者になりたい』と考えたことがあると思います。

特にサラリーマンの方たちなら、会社で出社してバリバリ仕事をして、たくさん給料を貰いたい、金儲けしたい、と考える方がほとんどだと思います。

しかし世の中は、そんなにうまくいくものではなく、一生懸命に仕事をすればするほど空回りして、失敗し、いつの間にかリストラの対象になっているなんてこともよくあります。

では、実際にサラリーマンが、会社の仕事で出世をするにはどうすれば良いのでしょうか?

また、本当の意味での、『出世・成功』をつかむためには何が必要なのでしょうか?

その秘訣を成功者の名言や、筆者が経験したことを交えながら、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

サラリーマンが出世するだけなら難しい話ではない

サラリーマン

サラリーマンの方々が、会社で出世をしたいけれど、難しいと嘆いている話をよく耳にしますが、基本的にサラリーマンが一時的に会社で出世するだけなら、意外と簡単な事で出世ができたりします。

事実、筆者が会社員時代も、その方法で出世した社員を見てきたので、間違いなく『出世できる』と断言できます。

その方法とは、要領よく仕事を他人に押し付けながら、手柄だけを自分のモノにし、後は上司や会社にごますりながら気に入られていくことを行えばいいだけです。

人としてのモラルなどを一切気にすることなく、あくまでも『出世』だけを考えれば、この方法が一番効率的に出世できますし、筆者の後輩も、この方法で出世していきました。

当然、仕事は全くできない人間ですので、ただ肩書だけ上がってゆき出世したものの、仕事中にネットサーフィンしか出来ない体たらくな社員でありましたが、それでもお飾り的としても出世し、筆者含む社員たちをあごでこき使っていたのを、今でも覚えています。

残念ながら、筆者はそういったことを許せない性分だったため、何かと問題視して抗議し、その結果出る杭を打たれるように、会社に叩き潰されてしまいました。

それも極度のパワハラを受けて…

まぁ今となっては苦い思い出ですが、それでも人間としての尊厳を無くすことなく、人として失敗しなくてよかったと、心から言えます。

確かに上記の方法を実践すれば、サラリーマンが一番出世するための近道をたどることは出来ますが、本当の意味での成功からは、どんどん遠ざかっていくことなので、まさに諸刃の剣と自覚しましょう。

 

本当の成功とは会社の出世とは全く別物?

みなさんは、『サラリーマンの出世=本当の出世・成功』と考えていらっしゃいませんか?

確かに世間の多くの方達が、会社に属するサラリーマンとなり、汗水流して働かれているのは事実です。

サラリーマンが出世をすることは、『成功への近道』と考えるのも一般常識としては、ごく普通に考えられることです。

しかし人生において、成功を掴むことは、出世していくこととは全く違います。

あくまでサラリーマンの出世なんてものは、一時的な成功と見間違える錯覚でしかないのです。

今の時代、会社の不祥事ひとつで、簡単に会社は倒産してしまいます

転落した男性

仮に、あなたがどんなにごますりして会社に気に入られ、部長などの重役ポストを得られ、出世したとしても、会社の会長や社長、または別の誰かが不祥事を引き起こし、その責任をあなたに押し付けてトカゲの尻尾きりをしたら、その時点であなたの転落人生が待ち受けているのです。

所詮、どんなにごますりをして会社で出世をしたとしても、そんなのはサラリーマン時代のまやかしの成功でしかあり得ないのです。

そして、本当の成功は、全く別次元のところに存在しているのです。

 

故・松下幸之助さんも語った本当の成功の秘訣

松下幸之助

故・松下幸之助

さて、みなさんは、パナソニックの創業者である故・松下幸之助さんの成功の秘訣が詰まった名言をご存知でしょうか?

彼の語った名言の一つとして

『凡人だから、成功したんや』

という言葉があります。

まさに、彼が自身の成功をもたらした最大の言葉だと筆者も痛感しております。

ただ、先程もお話したとおり、ある意味で凡人的要素は必要であるものの、サラリーマンの出世においては、『凡人』が足かせにもなりかねない部分であるのは紛れも無い事実で、一時的な出世を求めるなら、かえって邪魔になるかもしれません。

実際に、出世で必要なことは、要領の良さと、ごますりをして会社に気に入られることであり、たとえどんなに理想を掲げて正しいことや、凡人感覚を持ち一般人に受け入れられることを成し遂げたとしても、会社の立場として邪魔であれば忌み嫌われるだけ…

結局は、きちんとごますりをして要領よく生きていかなければ、淘汰されてリストラ対象となり、出世どころではなくなります。

事実、筆者が会社員時代、なんだかんだと出世をしていったのは、全く仕事のできないごますり的な人物ばかりでしたし、会社のために真剣に考え、意見するような人物は、奇人扱いを受けて、淘汰されるのがオチでした。

だからこそ凡人ではなく、会社に気に入られる要領の良さが何よりも会社での出世では求められるのです。

しかし、松下幸之助さんの明言である、『凡人だから、成功したんや』という言葉の意味は、そんなちっぽけな出世の道を説いているわけではなく、真の成功者への道を説いている由緒正しい名言です。

その本当の意味を理解していないと、変に足元をすくわれてしまうだけなので、まず注意したいところですね。

彼が語った『凡人だから、成功したんや』の名言の裏に隠れた成功の意味とは、あなたが、仕事としてやりたいことを実現させ、多くの人たちに認めてもらうということにあります。

そして、その成功を得るためには、他の一般人の立場や気持ちをつぶさに感じ取り、一体何を欲しているのか、その中から、あなたが何を提供できるのか考え、発信していくことが必要です。

一部の政治家が、国民の暮らしを全く理解できずに意味不明な政策を打ちたて、国民からそっぽ向かれているのと同じようなことをすれば、たとえ松下幸之助さんという偉大な人であったとしても、成功は成し得なかったでしょう。

彼が成功した大きな要因としては、

『一般人(消費者)の声を素直に聞き入れたこと』

そして、博学ではなかった彼だからこそ、下手なプライドをかなぐり捨てて、

『人を財とみなし、大切に心配りしながら、時に助けを得たこと』

の2点に尽きます。

人は、年齢や学歴、性別ですべてが決まるわけではありません。

よく年功序列だとか、お年寄りのいうことを素直に聞きなさいだとかで、意味不明なお小言を聞かされたりしますが、それって本当に重要なことなのでしょうか?

もちろん、お年寄りを軽視する気持ちなど、さらさらありません。

お年寄りにはお年寄りのいいところがあるでしょうし、若者には若者のいいところがある。

つまり、人間は年齢や人種・性別・学歴で語ることの出来ない、それぞれの魅力が秘められている特殊な生物だと筆者は考えていますし、それを大切にしてこそ、はじめて助け合いと成功へと導かれていくのだと、改めて強く感じています。

サラリーマン男性

どんなに優れた発明をしたとしても、世間に受け入れられなければ、それは紙くず同然です。

ガリレオ・ガリレイが唱えた地動説も、最初は全く世間に受け入れられず、裁判が起こる程、問題視されていました。

現在では地動説が常識のように語られていますが、世間から受け入れられなければ、何も始まらないだけではなく、奇妙なものとして忌み嫌われてしまうだけなのです。

それは、会社経営においても同じことが言えます。

末端の人間なら、ただごますりだけをすればいいのかもしれませんが、社長として成功することを考えれば、末端の人たちに感謝をし、支えてもらいながら上手く動かないと、成功など夢のまた夢なのです。

どんな人物であっても、必ず何処かしら人の役に立っているはずです。

その事を、一人の凡人として大切に捉えるのか、はたまた、プライドだけが高い頑固な人となって、軽視するのかで、その後の成否は大きく変わります。

本当の意味での出世・成功を掴みたいのであれば、いずれは、仕事を自分で創り上げるだけの器量が求められるでしょうし、そうなってくると、多くの人達の心に寄り添えるだけの凡人ならではの物腰の低さが必要なのです。

自信を持つことは大切だと一部でよく耳にしますが、自信=プライドと変に捉えて、おかしな考えを持ってしまうと、足元をすくわれ成功からどんどん遠ざかるだけなので、いっその事プライドを捨てて、『人に助けてもらって今の自分がある』くらいに考えましょう。

そして、感謝の意味を正しく理解し、凡人となって一般人の気持ちに寄り添い、何が求められているのか、あなた自身何が提供できるのかを考えましょう。

松下幸之助さんの『凡人だから、成功したんや』の名言の本当の意味は、まさにここにあります。

その事を感じながら、成功に向かって一歩ずつ、周囲のサポートを受けながら進んでみて下さいね。

 

まとめ

会社員として勤めている以上、出世を志さないサラリーマンなんて何処の世界にもいませんし、みなさんもきっと出世の方法を模索されているはず。

ただ出世だけを願うなら、要領良くごますりして会社に気に入られれば良いだけの話ですが、それは、真の出世・成功ではありません。

大事なのは、故・松下幸之助さんの名言『凡人だから、成功したんや』にもあるように、下手なプライドを捨てて、周囲のサポートを受けながら、あなた自身が何を提供できるのか考えることにあります。

プライドばかりの頑固な人になるか、凡人として周りと協調し合えるかで成否が変わるだけに、その事を肝に銘じて今後の人生を歩んでみてください。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学