星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

サラリーマン(会社員)が出世するための方法やコツを3点チェック

更新日

人間誰しも一度は、『億万長者になりたい』と考えたことがあると思います。

とくにサラリーマンの人は、

「将来出世してやる!」

と考えたこともあるでしょう。

しかし、世の中はそんなにうまくいくものではありません。

一生懸命に仕事をすればするほど空回りして失敗し、いつの間にかリストラの対象になっているということもよくある話です。

では実際にサラリーマンが、会社の仕事で出世をするにはどうすれば良いのでしょうか?

当記事では、サラリーマンの出世するための方法や、コツについてお話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

会社で出世できないサラリーマンはどんな人?

サラリーマンといえば、

「会社で出世をしたいけれど、難しいな…」

「本当に出世なんてできるのだろうか?」

と嘆いている話をよく耳にします。

ただ最近はそうでもなく、実はあまり出世を望んでいない人も増えてきているようですが…。

とはいえ、長年勤めていても全く出世できないと、何とも言えない辛い気持ちが押し寄せてきますよね。

 

では、出世できない人には、どのような特徴があるのでしょうか?

「出世できない!」

と嘆いていても、実は嘆いている本人に原因があることも、なくはないのです。

そこで、日刊SPA!がおこなった、

『上司が判定する出世できない男ランキング』

という結果をもとに、出世できない人の特徴を分析することにしました。

出世できない男ランキング

1位:ミスの報告は言い訳から入る

2位:自分から一切提案をしない

3位:メール、電話のレスが遅い

4位:日々どんな行動をしてるか謎

5位:やたらと正論を押し付けたがる

6位:必要以上に気を使いすぎる

7位:挨拶ができない

8位:苦手意識を本人の前にさらけ出す

9位:よくわからないカタカナ語を多用

10位:飲みの誘いに絶対乗らない

これを見ると、何となくですが、出世できない人の特徴がわかってくるような気がしますね。

まず第一の傾向として、出世できない人の特徴として挙げられるのは、

コミュニケーション能力が全くない

ことでしょう。

連絡が遅い、自分から一切提案をしないなどはまさにそれです。

また、コミュニケーション能力に欠けていると、チームでの作業でも良い結果が残せないでしょう。

その結果、チームの足を引っ張ってしまうこともあります。

それ以外にも、

不誠実な人

も、当然出世できない人の特徴ですね。

何かと言い訳や、正論ばかり言う人というのは、ここに該当すると思います。

一般的観点からの正論は大切なのかもしれませんが、会社にいる以上、その会社の理念で動くことこそが、会社にとっての正論だったりもします。

つまり、

会社の理念に沿って動く人間

こそが会社にとって必要な人材。

極端な話、その会社のことを第一にした行動をとることが、出世のカギを握るでしょう。

変な話ですが、郷に入っては郷に従えというわけですね。

 

サラリーマンが会社で出世するためのコツ

黒板を指差す男性

では、サラリーマンが会社で出世するには、どんな方法があるのでしょう?

コツがあれば、知りたいところですよね。

それでは会社で出世するために必要なスキルをお話していきましょう。

サラリーマンが会社で出世するための方法・コツ1 忍耐力

サラリーマンが会社で出世するために必要な方法の1つとして、

忍耐力

が挙げられます。

これはコツというよりは、完全に努力して手に入れるものですが…。

仕事が辛くても、決して辞めることなく頑張り続ける…。

それが大切です。

これは残業をしろ、ということではなく、

肌に合わないなどという理由で簡単に退職してしまってはいけない!

という意味での頑張り続けるです。

出世するには、ある程度、長く会社に勤め、その会社のことをよく知っておく必要があります。

出世していくにつれ、重要な物事を任されるわけですから、その会社のことを何も知らない人が、いきなり出世することは、ほぼ不可能です。

そのためにも、長く在籍し、その会社のあらゆる事情を頭に入れておく…。

その経験こそが、出世のポイントです。

そして、その経験を積むためにひたすら耐える、つまり忍耐力を鍛える必要があるでしょう。

サラリーマンが会社で出世するための方法・コツ2 聞き上手になる

出世するために必要な方法といえば、やはりこれでしょう。

聞き上手になる

ことです。

出世をする上で何より大切なのは、

上司に気に入られること

そのためには、上司の話を常によく聞くことが大切になります。

たとえば、上司が仕事の話をしていたら、それを熱心に聞きましょう。

聞き上手としてだけでなく、仕事にどん欲な姿勢も見せることができ、これもまたイメージアップにつながります。

そしてこの時のポイントとして、

上司の話を肯定し、聞きに徹する

ということです。

たとえ上司の話が間違っていても、まずは全て聞くことが大切です。

反論してしまうと、これは先ほどのアンケートの結果の1つ、やたらと正論を押し付けたがる人に該当してしまいます。

上司からのイメージダウンとなれば、間違いなく出世に影響が出るので、上司の顔は常に伺うべきでしょうね。

対案を出すなどの場合も、一度全て聞いた後、

「ここについてですが…」

と提案をするといいでしょう。

ただし、上司の話を聞くのは大切ですが、イエスマンになってしまうのもどうかと思うので、さじ加減が難しいところです。

サラリーマンが会社で出世するための方法・コツ3 コミュニケーション能力

最後に、コミュニケーション能力についてです。

これは、2つ目の聞き上手に似ている話ですが…。

要するに、先ほど『出世できない男性』ランキングで紹介したことと、真逆のことができるようになればいいという考え方です。

実践できるかは別にして、考え方自体はとても簡単。

  • 連絡が遅い ⇒ 早めの連絡を心がける
  • 自分から提案しない ⇒ 自分の意見もしっかり提案する
  • 挨拶ができない ⇒ 元気に挨拶をする

など、これくらいなら少し頑張ればできることでしょう。

意見の提案などは、

「本当にこんな提案をしてしまって大丈夫なのかな?」

と不安になることもあると思います。

それでも、自分の意見、提案をするということは、とても大切です。

会社のことを考え、自分なりに何らかの提案をした…。

そのことが評価点に繋がるでしょう。

 

また、さらにワンランク上になると、外部との人脈を持っていたり、自分のポジションを常に把握している部分も評価ポイントとなります。

難しいかもしれませんが、上記で紹介したようなコミュニケーション能力の応用と考え、頑張ってみてください。

みなさんもコミュニケーション能力を磨いて、会社での出世への道を切り開きましょう!

 

まとめ

近年では、『出世しなくていい』という人も増えているみたいですが、やはり、下っ端サラリーマンで終わりたくない人も多いはず。

基本的に、出世できる人の特徴としては、

コミュニケーション能力に長けている

という部分が多いにあります。

とくに、上司との関係が良好にしておくと、それが将来の出世に繋がること間違いなしです。

そして、上司が自分に何を求めているのか?

これらを把握し、みなさんも将来の重役を目指しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学