星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

森本千絵にパクリ盗作疑惑!プロフィールとミスチル画像を比較検証

更新日:

日本で活躍しているアートディレクターである森本千絵さん。

森本千絵さんも佐野研二郎氏の一連のパクリ問題の影響で、デザインのパクリ疑惑をかけられましたね。

さらには、佐野研二郎氏との癒着と言っていいのかはわかりませんが、深いかかわりもあると噂されていました。

本記事では、アートディレクター森本千絵さんのプロフィールを紹介しながら、何故パクリ疑惑が巻き起こったのか。

また、森本千絵さんが佐野研二郎氏を擁護した理由や、パクリ疑惑の対象物との比較検証も行い、真相を探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミスチルのジャケットも手がけた森本千絵

森本千絵

2015年は、佐野研二郎氏を発端とした盗作・偽装や、代行による著作権問題が多発しましたね。

とくに佐野研二郎氏のパクリ問題は佐野研二郎氏のみならず、彼を擁護する人たちにも飛び火。

そう、擁護した人の作品にまでパクリ疑惑が浮上したのです。

そのうちの1人といえるのが、森本千絵さん。

 

では、森本千絵さんとは一体どんな人なのか?

そこで、まずは森本千絵さんのプロフィールを紹介していきましょう。

森本千絵さんは、

1976年4月26日生まれ

で、2017年に41歳となります。

青森県三沢市で生まれ、東京都で育ちました。

経歴としては、

武蔵野美術大学

を卒業後、博報堂に入社。

その後、博報堂クリエイティブ・ヴォックスを経て、

『出逢いを発明し夢を形にしながら人と人をつなげていく』

というコンセプトを掲げ、『goen°(ゴエン)』というアート集団を設立、森本千絵さんが主宰として活動しています。

森本千絵さんの仕事は、

コミュニケーションディレクター及びアートディレクター

というものですが、これは一体どんな仕事なのか。

それは具体的には、

多くの広告物やCDジャケット等のデザインに携わっているデザイナー

の認識でいいと思います。

そんな森本千絵さんの代表的な作品というと、

  • 2003年のJリーグ『A3 MAZDA CHAMPIONS CUP 2003』
  • 2015年の『Canon ミラーレスカメラ EOS M』

といった広告ですね。

また、森本千絵さんはCDジャケットにおいても数々のデザインを手がけています。

  • AKB48の名曲『桜の木になろう』
  • 松任谷由実さんの『POP CLASSICO』
  • ミスターチルドレンの名曲として知られる『HOME』、『GIFT』、『HANABI』

などです。

まさに、森本千絵さんは人と人をつなげる空間のデザイナー・アーティストといえるでしょうね。

 

森本千絵にも盗作・パクリ疑惑の理由

コミュニケーションディレクター及びアートディレクターとして活躍する森本千絵さん。

しかし、その森本千絵さんも、盗作・パクリ疑惑が浮かんでいたことを知っていましたか?

そのきっかけになったのが、森本千絵さんが、

東京オリンピックエンブレム盗作問題で話題となった佐野研二郎氏を擁護したこと

なのです。

この問題が発生した時、森本千絵さんは自身のTwitterで、

「真似する人じゃない」

と、佐野研二郎氏を擁護するコメントを投稿しました。(そのツイートは削除済み)

もともと二人の関係は、日本の広告代理店である博報堂に所属していた頃の先輩後輩の間柄。

佐野研二郎氏が先輩で、森本千絵さんが後輩です。

森本千絵さんの言い分としては、佐野研二郎氏は、逃げも隠れもしない実直な人柄の持ち主で、

「尊敬できる先輩」

とのこと。

そんな佐野研二郎氏が無罪を主張していたため、普段からの佐野研二郎氏の人柄を知っていた森本千絵さんが、

「嘘を主張する人ではないから、彼の主張は真実なんだと思う」

という意味を込め、擁護をしたのです。

ある種、先輩の人柄を信じて擁護している素敵な一面だと映りますが…。

実は、このことをきっかけに、森本千絵さんにも疑惑の目が向けられてしまうことになるのです。

なぜかと言うと、森本千絵さんが擁護していた佐野研二郎氏に対して、

五輪エンブレムのみならず、トートバックのデザイン盗作疑惑が挙がってしまった

ことで、

「なぜそんな人を擁護するの?」

と批判されてしまったことが、事の発端です。

また先述のとおり、森本千絵さんが佐野研二郎氏の後輩であることも大きく影響してしまいました。

当時、佐野研二郎氏の周辺で癒着が横行していたこともあって、森本千絵さんの情報を探る人が増加したのです。

それによって、過去の森本千絵さんの作品も、ネットユーザーたちの手によって、たくさん調べられてしまい、

森本千絵さんの作品も、盗作・パクリ疑惑が浮上してしまった

という事態に発展してしまったのです。

 

森本千絵の盗作・パクリ疑惑は本当?対象を検証!

では、森本千絵さんにかけられた盗作・パクリ疑惑とは一体何なのか?

そこで、1つずつ画像を見比べ検証してみることにしました。

まずは、松任谷由実さんのアルバム『POP CLASSICO』から。

問題となりそうなのは、9文字目の『I』の文字に対するデザインです。

森本千絵

この文字に描かれている女性は、かなり酷似しているように見えます。

女性のドレス姿やポーズだけでなく、螺旋階段もデザイン的に似ていて、仮に盗作ではなかったとしても、間違いなく参考にしている印象を受けますね。

全く同じではありませんが、もしかしたらティム・ウォーカー氏の写真に松任谷由実さんを重ねて、デザインしてしまったのかもしれません。

さらには、森本千絵さんがデザインした『丸山景観』のポスターも、

「デザインをそのまま流用したのでは?」

という部分があります。

そのポスターがこちら。

丸で囲った部分が、該当する箇所で、ここにはシロフクロウと思われる生き物が描かれています。

そして、そのシロフクロウというのが、

ドイツの写真家のtanja-askaniさんの撮影したものをパクったのではないか?

と言われているのです。

その比較がこちらです。

(注:シロフクロウの写真は反転してあります)

どこをどう取っても、これはそっくりとしか言いようがありませんよね。

というより、『このデザインを丸パクリした』と言ったら、最低でも10人中9人は納得するでしょう。

つまり、森本千絵さんは、

tanja-askaniさんの撮影したフクロウを反転させただけ

という、パクリと思われる行為をしていたのです。

さすがにこれは言い逃れができないケースに見えます。

では、最後に、ミスターチルドレンのアルバム『スーパーマーケットファンタジーズ』の盗作・パクリ疑惑の検証です。

森本千絵

下が森本千絵さんのデザインで、上がデニス・ダーザク氏の写真。

確かに、似ているような気もしますが、こちらはパクリかと言われると微妙なところですね…。

パクリと言われればそうかもしれないが、パクリではないと言われてもそうかもしれない

と、判断には困るので、個人的にはグレーゾーンというところでしょう。

 

まとめ

コミュニケーションディレクター及びアートディレクターの森本千絵さんは、佐野研二郎氏を擁護したがために、自身の盗作・パクリ疑惑が浮上してしまいました。

ミスチルの画像についてはグレーゾーンであるものの、松任谷由実さんのアルバムのジャケット、『丸山景観』のポスターに関しては、

ほぼアウトではないか

と言えることも、実際に画像を比較してみて判明。

やはり佐野研二郎氏の周囲の人たちは、こういったパクリ・盗作をしている人が多いのでしょうか…。

だとしたら、残念でなりませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.