星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

森本千絵にパクリ盗作疑惑!プロフィールとミスチル画像を比較検証

更新日

日本で活躍されているアートディレクターで、『Canon ミラーレスカメラ EOS M』などの広告や、AKB48 やミスチルなどのアーティストたちのCDジャケットなども手掛けられている森本千絵さんに、現在デザインのパクリ疑惑が巻き起こっているそうです。

それも、きっかけが東京オリンピックエンブレム盗作疑惑の渦中にある佐野研二郎氏を擁護したことにあるという話が囁かれ、

『またしても大きな問題へと発展するのでは?』

という声もあるみたいです。

そこで、本記事では、アートディレクター森本千絵さんのプロフィールを紹介しながら、何故パクリ疑惑が起こっているのか?

また、佐野研二郎氏を擁護した背景、パクリ疑惑の対象物との比較検証を行い、真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ミスチルのジャケットも手がけた森本千絵

森本千絵

森本千絵

佐村河内守氏のゴーストライター騒動、小保方晴子さんのSTAP細胞論文問題など、何かと話題になっている盗作・偽装や、代行による著作権問題。

現在も東京オリンピックのエンブレムに、デザインの盗作疑惑が持ち上がり何かと話題になっていますが、そんな中、あるアートディレクターに対しても、盗作疑惑が上がり、さらに話が加熱しているようです。

そのアートディレクターとは、森本千絵さんのことらしく、現在何故か彼女のプロフィールがネット上でよく検索されているそうです。

確かに筆者もこれまで、あまり森本千絵さんの名前を聞いたことがありませんでしたし、また盗作偽装疑惑が上がっているとなると、多くの方が彼女のことを気にする気持ちも分かる気がします。

そこで、早速森本千絵さんのプロフィールを調べてみることにしました。

森本千絵さんは、1976年4月26日生まれ青森県三沢市出身、東京都育ちの39歳。

森本千絵さん自身、コミュニケーションディレクター及び、アートディレクターとして活躍し、多くの広告物やCDジャケット等のデザインに携わっておられます。

また、様々な物をデザインしていく中で、

『出逢いを発明し夢を形にしながら人と人をつなげていく』

というコンセプトを掲げ、『goen°(ゴエン)』というアート集団を設立し、主催されているそうです。

CDジャケットなども、アーティストとリスナーをつなげていく一つの媒体ですよね。

特に音楽は、世界の人種の垣根をも超えて、協調し合える素晴らしい媒体です。

人気アーティストの『きゃりーぱみゅぱみゅ』が海外ツアーで、欧米のファンから絶賛されている様に、人種や年齢性別など一切関係なく、音楽は人をつなげる魅力があります。

その事を、CDジャケットや広告物のデザインを手がけることで表現しているのが、森本千絵さんの仕事とのこと。

その過程の中で、森本千絵さんは、2003年のJリーグ『A3 MAZDA CHAMPIONS CUP 2003』や、今年放送されている『Canon ミラーレスカメラ EOS M』の広告など、多数の広告を手掛けられています。

そして、CDジャケットにおいても、森本千絵さんは、AKB48の名曲『桜の木になろう』や、松任谷由実『POP CLASSICO』、ミスチルの名曲として知られる『HOME』、『GIFT』、『HANABI』のCDジャケットのデザインを手掛けられています。

森本千絵

『桜の木になろう』と『POP CLASSICO』

まさに、森本千絵さんは、人と人をつなげる空間のデザイナー・アーティストといえるでしょうね。

 

佐野研二郎を擁護したために森本千絵にも盗作疑惑

コミュニケーションディレクター及びアートディレクターとして活躍するものの、基本的にデザイナーと言う裏方的な立場から、あまりメディアに取り上げられずに目立たない存在であるにも関わらず、最近、森本千絵さんが何かと注目を浴びていますよね。

そのきっかけになったのが、東京オリンピックエンブレム盗作疑惑の渦中にいるデザイナーの佐野研二郎氏を擁護したことにあると言われているそうです。

 

この問題が発生した時、森本千絵さんは自身のTwitterで、

『真似する人じゃない』

と、佐野研二郎氏を擁護するコメントを投稿したそうです。

元々二人の関係は、日本の広告代理店である博報堂に所属していた頃の先輩後輩の間柄。

佐野研二郎氏が先輩で、森本千絵さんが後輩なんだそうです。

森本千絵さんの言い分としては、佐野研二郎氏は、逃げも隠れもしない実直な人柄の持ち主で『尊敬できる先輩』らしく、今の盗作疑惑問題で、彼は逃げも隠れもせず堂々と自身の作品であり盗作などしていないと主張しているから、そこは誤解されたくないと擁護されているのです。

ある種、先輩の人柄を信じ擁護している素敵な一面だと映りますが、実はこのことをきっかけに森本千絵さんのことを偏見な目で見たネットユーザーが増えたのか、次第に盗作疑惑は、別の形で彼女の方へと刃を向けていきます。

それは、佐野研二郎氏に対して、トートバックのデザイン盗作疑惑が挙がってしまったことで、『何故そんな人物を擁護するのだ!』と批判されたことにはじまりました。

その結果、森本千絵さんはTwitterでの発言をすべて削除しますが、一度批判され始めると、徹底的に批判が広まり、ちょっとしたことから、彼女自身にも盗作疑惑が挙がってしまうのです。

一体どういうことかといいますと、実は、森本千絵さんが2013年にデザインを手掛け、リリースされた松任谷由実さんのアルバム『POP CLASSICO』のジャケットデザインに、写真家などの作品と酷似された部分があり、そのことで盗作疑惑が挙がっているのです。

疑惑が持ち上がっているのは、アルバムタイトルの4文字目の『C』の文字と9文字目の『I』の文字に描かれている女性の絵。

もちろんこの絵は、森本千絵さんが手がけたデザインとして公表されているわけですが、実は、イギリスの写真家:ティム・ウォーカー氏の作品である『Lily Takes a Trip』で写されている女生と酷似しているというのです。

そして、盗作疑惑はこれだけでなく、ミスチルのアルバム『SUPERMARKET FANTAS』のCD&DVDのジャケットデザインも、フランスの写真家:デニス・ダーザク氏の作品と構図が酷似していると疑惑が挙がっているのです。

そのことで、デザインの盗作疑惑のある人物が、オリンピックエンブレム盗作疑惑の佐野研二郎氏を擁護しているということから、さらなる大きな火種として問題が拡大化されているのです。

 

森本千絵の盗作疑惑は本当?対象物を検証!

今回の一連のデザイン盗作疑惑として、森本千絵さんが手がけた、松任谷由実さんのアルバム『POP CLASSICO』のデザイン及び、及びミスチルのアルバム『SUPERMARKET FANTAS』のCD&DVDのジャケットデザインに対する盗作疑惑。

そこで、1つずつ画像を見比べ検証してみることに…

まず、ユーミンのアルバムから。

盗作疑惑として挙がっているのは、先ほどお話したとおりで、その対象となる、アルバムタイトルの、デザインの4文字目の『C』と9文字目の『I』の文字に描かれている女性は、一見対象となる、写真家の作品と酷似しています。

ただ、4文字目の『C』の文字は、描かれている衣装も違えば、ポーズも異なります。

座っていることや真珠のネックレスらしきものを首(あるいは肩)にかけているという部分では酷似していますが、あくまで盗作というわけではなさそうです。

一方で問題となりそうなのは、9文字目のIの文字に対するデザイン。

森本千絵

ティム・ウォーカー氏の作品と森本千絵さんの作品

この文字で描かれている女性(これもアルバムの方はユーミンがデザイン)は、かなり酷似しているように見受けられます。

女性のドレス姿やポーズだけでなく、螺旋階段もデザイン的に似ていて、仮に盗作ではなかったとしても、かなり参考にしているような印象を受けます。

全く同じということではありませんが、もしかしたらティム・ウォーカー氏の写真に松任谷由実さんを重ねて、デザインしてしまったのかもしれませんね。

次にミスチルの『SUPERMARKET FANTAS』のCD&DVDのジャケットデザインに対する盗作疑惑も検証してみましょう。

確かに、ミスチルのアルバムジャケットも、デニス・ダーザク氏の対象となる作品も、スーパーマーケットをバックに人間が飛んでいて、食品が散乱しているといった印象の構図であり、酷似しているということは出来ると思います。

森本千絵

しかし、このミスチルのアルバムジャケットを盗作というには厳しすぎる感はあり、飛んでいる人物も男女違いますし、買い物カゴすら押していない…

その事を比較してみても何処かしら参考にしているフシは見受けられるものの、盗作というわけでは無いと思います。

今回、いろいろ検証してみましたが、これで、全ての真相があきらかにされたわけではないので、森本千絵さんのデザインが盗作なのかどうかは、今後の動向に注目しながら、真相を見極めたいところです。

 

まとめ

コミュニケーションディレクター及びアートディレクターとして、数々の広告デザインや、CDジャケット(ミスチル・松任谷由実・AKB48など)のデザインを手掛けられてきた森本千絵さんに、現在盗作疑惑が持ち上がっています。

事の発端は、現在問題視されている東京エンブレム盗作疑惑が懸かっているデザイナー佐野研二郎氏を擁護したことからはじまりました。

そして、森本千絵さんの手がけた松任谷由実のアルバムの一部の文字のデザインや、ミスチルのアルバムジャケットの構図が、ある写真家の作品と酷似し、デザインの盗作疑惑として浮上していますが、今のところは、ただ疑わしいだけのようです。

いずれ真相も明らかにされると信じ、この先の動向を見守りたいものですね。

盗作疑惑の記事はこちらも良く読まれています!

長嶋りかこにもパクリ盗作疑惑!プロフィールと作品画像を比較検証

五輪エンブレム原案(元ネタ)もパクリで盗作確定?遂に取り消しへ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事