星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

視聴率最悪のバイキングをフジテレビが打ち切りにしなかった理由

更新日

長寿番組として、長年放送され続けてきたフジテレビの帯番組、『笑っていいとも』が放送終了。

それにかわって放送開始されたバラエティ番組『バイキング』は、一時期は視聴率低迷で、打ち切りの噂も流れるほどでした。

もともとは曜日MCであった坂上忍さんをメインMCにすえる荒療治を施しても、ますます視聴率が低迷し、『バイキング』は絶体絶命の大ピンチを迎えていたのです。

そこでフジテレビは『バイキング』に、さらなる大刷新を行い、情報番組に変貌させると大復活!

一体、『バイキング』に何が起こったというのでしょうか?

本記事にて、『バイキング』視聴率低迷期から、現在に至るまでの状況を振り返り、なぜ打ち切りにしなかったのか、また今後の動向も探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

視聴率低迷を極めたバラエティ番組『バイキング』

バイキング

2014年4月から、人気長寿番組『笑っていいとも』に代わり、フジテレビの昼の帯番組として放送開始されたバラエティ番組『バイキング』。

放送開始から『バイキング』は、毒舌ブームに乗っかりブレイクしていた

視聴率男の俳優・タレントの坂上忍さん

を筆頭に、豪華ラインナップのMCを取り揃え、様々な企画で放送されてきました。

当時、

  • 坂上忍さんが月曜MC
  • EXILE:NAOTO・TAKAHIROさんが火曜MC(TAKAHIROは隔週)
  • おぎやはぎが水曜MC
  • フットボールアワーが木曜MC
  • 雨上がり決死隊が金曜MC

と、まさに豪華絢爛なMC陣を取り揃えて、日替わりMCとして、大々的に放送します。

当時の彼らの幕末を意識したような衣装で写されたポスターが、今となっては非常に懐かしい気もしますね。

そんな『バイキング』ですが、放送開始直後から何かと問題が勃発し、その視聴率も初回放送は、

6.3%

と、まずまずであったものの、その後は徐々に衰退し、一時は、

3%を切る

ところまで視聴率が失速してしまいました。

 

『バイキング』の視聴率が低迷した原因はいくつも考えられます。

例えば、

  • 坂上忍さんがMCでありながら、酔っぱらい騒動まで引き起こしたこと
  • 明らかに犬猿の仲の、江角マキコさんとビッグダディを共演させてしまったこと

など、お粗末極まりない理由のオンパレードといったところでした。

『こんなにくだらない番組を真剣に見て、何が楽しいのか?』

と言う意見も当時は非常に多かったです。

当初の『バイキング』は、まさに反省しなければいけないことの連続だったようです。

ただ、一方で、

『どこまで酷い番組を創りあげてくれるのか楽しみ!』

という皮肉った意見もあったらしく、ある意味で怖いもの見たさ的な感覚を持っている視聴者も、多かったように思います。

 

その後の『バイキング』は、遂に番組に大鉈を奮い、

月曜MCだった坂上忍さんをメインMC

に据え、新たな月曜MCにブラックマヨネーズの二人を起用することにしました。

また、隔週火曜MCのTAKAHIROさんを降板させて、火曜MCはNAOTOさん一人となります。

(その他の曜日MCは、そのままの形で起用)

さらに、ビッグダディの降板、NMB48山田菜々さん、デヴィ夫人など、一気に出演者の刷新を行いました。

さらには人気コーナーを作り上げたことで、2014年10月には、

6.5%

と最高視聴率も叩き出しました。

ただし、それは坂上忍さんを筆頭とするMC陣の力ではありません。

  • サンドウィッチマンの企画『地引網クッキング』が好評を得ていた
  • E-girlsのAmiさんと鈴木奈々さんの、超天然ぶりが活かされたコーナー

などが、『バイキング』の視聴率が回復した大きな理由と思われます。

極論を言ってしまえば、総合MCである坂上忍さんがいなくても、おそらくは番組が成立する不可思議な状況ができ上がっていたのです。

まぁ坂上忍さんに対する評価が、とても良いとは言えないですし、素晴らしいという意見も、全て善意からくるものではありません。

『どこまで問題行動・毒舌発言をしでかしていくのか観てみたい』

と、その壊れっぷりを楽しんでいる節もありました。

このような番組刷新の影響もあって、『バイキング』の視聴率は一時的に回復したかに見えたのです。

 

しかし、一握りのレギュラーに頼るという情けない状況を視聴者に見抜かれていたのか、すぐさま『バイキング』の視聴率が低迷。

なんと

視聴率が2%を切る

なんてことも、しばしば見られるようなったのです。

 

サンドウィッチマンの芸人としての力を持ってしても、もうどうにもできないところに陥っているかと思いきや、

(夏を過ぎ)気温が下がると、地引網で魚が取れなくなってしまう

という理由で、唯一の救いとも言える大人気コーナーを打ち切ってしまったのです。

まさかそんな意味不明な行動に出るとは…。

おバカタレントの起用、サンドウィッチマンの大人気コーナーを軸に、なんとか回復を見せ始めた矢先です。

そこで、自ら首を絞めるような真似をしているわけですから、もう救いようがないところまで来ていると言わざるをえないでしょう。

いずれにしても、このままでは

『バイキング』の打ち切りも時間の問題

としか言いようのない不人気状態が続いてしまい、ある種、フジテレビのお荷物となってしまったわけです。

追記

一時は平均視聴率も1%を切るのではないかと打ち切りも噂されていた『バイキング』。

ところが、2016年4月から放送時間を拡大し、

『生ホンネトークバラエティ・バイキング』

とタイトルを大きく変え、放送内容もただのバラエティ番組から、完全に

芸能スクープを軸に生討論

を行う番組へと、大刷新したのです。

これが見事に大ヒットし、視聴率が何と7%台にまでV字回復!

既に日テレの『ヒルナンデス』を抜き去り、TBS『ひるおび』も抜き去ろうという勢いを見せているのです。

少々思うところはあるものの、客観的な立場でこの現象を振り返ってみると、たしかに視聴者のニーズに応えられている印象は受けました。

そのことが大きなV字回復に影響しているのではないかとも考えています。

 

『バイキング』が打ち切りにならない理由

視聴率が

1%台に落ちる

こともあり、フジテレビのお荷物とまで言われるようになってしまったバラエティ番組『バイキング』。

それが、放送開始直後から打ち切りが囁かれていたにも関わらず、打ち切りが決定せず、放送が継続されています。

常識的に考えて、打ち切り必至と思うのですが、一体なぜ『バイキング』は打ち切りにならないのでしょうか?

 

どうやらフジテレビも『バイキング』を打ち切りにしたいと考えているようですが、

どうにも打ち切りにできない、深刻な事情を抱えている

というのです。

その打ち切りにできない理由とは、

フジテレビのメンツに関わる部分と、新番組を立ち上げる体力がないことが大きく影響している

とのことでした。

これがどういうことかというと、まず坂上忍さんをメインMCに起用し、大幅リニューアルまでしたのに、たった1年しか番組が持たないとなると、

「フジテレビは何をやっているんだ」

と、赤っ恥をかいてしまうことになるため、メンツに賭けても、簡単に潰すわけにはいかないというのです。

そして、社員の3分の2を異動し、看板アナである安藤裕子さんを、昼の時間帯に異動させてしまいました。

そして、もう一つのお昼の情報番組、『直撃LIVEグッディ!』を立ち上げてしまったのです。

そのため、もうフジテレビには、帯となる新番組を立ち上げる余力はないというのです。

つまり、大鉈を奮って大博打に出たものの、結果が奮わず、もう後戻りすらできない状況にあるため、『バイキング』も打ち切ることができないというのです。

ちなみに、『直撃LIVEグッディ!』の視聴率も

1%前後という大惨敗

となっています。

もうここまで来ると、極端なことを言えば、ジリ貧の末にフジテレビの消滅への道もあるかもしれません。

まぁ坂上忍さんだけの責任というわけではないと思います。

とはいえ、少なくとも坂上忍さん・安藤裕子さんというネームバリューに頼りすぎた結果が、招いた惨劇ということには違いないでしょう。

まさに安易な方法に手を出してしまったフジテレビが、とんでもない窮地に追い込まれてしまったわけです。

追記

番組差し替えの体力すらなくなり、打ち切りすらできなくなってしまったと思われていた『バイキング』。

それが、まさかの視聴率V字回復を見せ、現在、お昼の帯番組の第一位に躍り出る勢いを見せています。

改めて考えてみると、実に上手いやり方だったと思います。

良くも悪くも、近年は社会に対して不満を持つ国民が多いのです。

内々にストレスを抱えている社会であることは、誰もがなんとなく感じている事実だと言えるでしょう。

だからこそ、月に1回、それも深夜にしか放送されない討論番組、

『朝まで生テレビ』

が放送を完全に打ち切られることなく、今なお生き残っている(と言うより人気が高いです)わけです。

その事を踏まえて考えれば、『バイキング』は、

「何かに対してクレームを入れたい(または意見を言いたい)」

というニーズに応えています。

それも生番組で討論していくわけですから、これ以上うってつけの番組はないでしょう。

MCも、坂上忍さんという適任者が務めていますし、よくぞ背水の陣で、この方針を打ち立てたと言えるでしょう。

坂上忍さんといえば、良くも悪くも自分が正しいという意見を主張しがちなタレントです。

意にそぐわない人に対しては、容赦なく切り捨てますよね。

(自分が間違っていたとしても気にすることなく…)

そういう人がMCを務めるからこそ、好き嫌いがはっきりし、悪にも善にもなり視聴者受けしていくのでしょう。

坂上忍さんがMCを務めるなら、これしか手段がなかったのかもしれません。

中途半端にバラエティのMCをさせたとしても、迷走して終わるだけで、それは以前の『バイキング』で証明済みです。

坂上忍さんは、モラル違反だとか、人としてどうだとか、なんと言われようとお構いなしに、自分の哲学を貫き通すわけです。

そこがうまくハマれば、視聴者受けすることも頷けます。

ただ今のスタイルだと、一つ間違えば『バイキング』そのものが大炎上する可能性は残ります。

しかし、それも織り込み済みで、彼らは『バイキング』の大刷新をやり遂げているのです。

この潔さも含めて、『バイキング』が支持を得る大きなきっかけとなったのでしょう。

 

そして次に挙げておきたいのが、『バイキング』が芸能ゴシップに着目した点です。

政治に関しても確かに取り上げてはいますが、あくまで『バイキング』の軸は

芸能スキャンダル

にあります。

とくに近年は、ベッキーさんのゲス騒動や、狩野英孝さんの女性問題など、様々なスキャンダルが話題となりましたよね。

ここで取り上げたのは、まだブログなどで話題としても、それほど大きな問題にならないだろうというものです。

中には違法性のある問題に絡んだ芸能ニュース(あえてその内容は、ここでは伏せておきますが…)も中にはあります。

その件をきっかけに芸能界を引退したニュースなども、『バイキング』で連日取り上げられ、生討論されています。

ここまで徹底的に芸能ニュースに切り込んでいった番組は他にはありません。

政治や社会の時事ニュースを上手く取り入れ、バランスを取りながら放送していくのが、本来あるべき情報番組の姿ではあります。

しかし、『バイキング』に関しては、それをやっても二番煎じになることを心得ていたのでしょう。

完全にそのスタイルを崩し、ときには芸能ニュース1本でやり遂げるときもありました。

同じ時間で放送している『ひるおび!』(TBS)が完全に政治の話題を取り上げているときですら、『バイキング』では芸能一直線だったことも多かったのです。

結果として、他にない視聴者受けするテーマを取り上げることができたことが、『バイキング』の視聴率V字回復の大きな理由となったように思われます。

正直なところ、一つ間違えば、番組の打ち切りだけではなく、名誉毀損で訴えられ、フジテレビだけでなく

『バイキング』に出演しているキャスト自体、芸能活動が追い込まれてしまう恐れ

だってあったはずです。

なのに、それでもやってのけたのは、まさに背水の陣であると覚悟を決めたからなのでしょう。

正直なところ、キャスト全員がここまで覚悟して『バイキング』の大刷新に挑んだかどうかはわかりません。

おそらく、大多数のキャストは、軽い気持ちで、単に芸能スキャンダルなどの情報を取り扱う番組と考え挑んだことでしょう。

ただ、フジテレビの編成と坂上忍さんは別だったのではないか?と筆者は考えています。

芸能人たちは、イメージを大切にしていますから、いざという時は名誉毀損で訴えることだってあるでしょう。

そういうところに切り込む『バイキング』にも、そのリスクは当然あるわけですから、何の覚悟もなしに好き勝手にやれるほど、甘い世界ではないと思います。

  • いつ潰れても構わない。
  • 芸能界を干されても良い。

という覚悟がなければ、ここまでのことはできなかったのではないでしょうか。

玉砕覚悟で、前のめりに自分のフィールドで戦いきったからこそ、現在の視聴率という結果を得られた、というのが筆者個人の見解です。

スポンサーリンク

アドセンス

『バイキング』視聴者の評価と打ち切りの可能性

怒る男性

かつての『バイキング』で評価を得られた部分といえば、

  • サンドウィッチマンの地引網クッキング
  • E-girlsのAmiさん、鈴木奈々さんの超おバカトーク

くらいしかなく、放送開始直後からは『つまらない』の連続でした。

その後は、番組の大幅リニューアルも行われて、しばらく経過しています。

 

はたして『バイキング』は、どのような評価を受けているのでしょうか?

実際に調べてみると、『バイキング』への評価はかなり冷ややかでした。

『番組を立ち上げる力がないのであれば、関西テレビに時間枠を譲渡したほうが良い』

とまで言われてしまう始末。

確かに人気のある日テレ系の報道番組『ミヤネ屋』は読売テレビ制作です。

地方の系列局に任せるのも一案かもしれませんね。

あとひとつ言われているのが、

『バイキングを放送するくらいなら、ドラマの再放送で十分』

『タモリさんを呼び戻そう』

という話も出ています。

筆者の感想としては、

『そこまで地に落ちてしまったか!』

といった印象で、ある意味、今後どのような末路をたどるのか気になるところです。

追記

まさかあの『バイキング』が、ここまで腹を括るとは…。

喧嘩上等と芸能ゴシップや政治ネタをテーマに、生討論スタイルでバッサバサ、対象を斬っていく番組に大刷新していくとは思いませんでした。

これまでにお話しているように、坂上忍さんは毒舌系タレントの一人であり、良くも悪くも、今のスタイルの『バイキング』には、うってつけのタレントと言えるでしょう。

あそこまで自分本位に言えるということは、良くも悪くもそれだけ

主義主張がはっきりしている証

なので、うまくハマりさえすれば、ブレイクするのは間違いありません。

しかし、ここで一つ言っておかなければならないことがあります。

いくら持論をぶつけることが得意な坂上忍さんであったとしても、一人の人間が劇薬に手を出すことは、かなり危険であるということです。

みなさんは、芸能ニュースや政治ニュースにおいて、討論番組がなぜ人気を博しているか、知っていますか?

先程もお話したように、社会に対して多くの人達が不満を抱えています。

でもその人たちは、あからさまにその不満をぶちまけてしまうと、今度は自分が批判の矢面に立たされてしまうことも、知っているのです。

そのため、そのリスクは取れずに、ある程度の我慢できる不満は飲み込んでしまっています。

そんな人達が、『バイキング』のような生討論を通じて、主義主張を代弁してくれることは、凄く嬉しい話です。

この『バイキング』の討論番組を通じて、実際に自分の意見をバトルさせている感覚になるからこそ、人気を博しているのだと、筆者は考えています。

 

でも、ここで改めて言っておきたいのですが、視聴者に代わって主義主張を代弁するということは、

誰かに訴えられるかもしれないリスクを。一手に引き受ける

ことを意味しています。

一人が対象の人に対して、主義主張をぶつけ、そのことが気に入らないと訴えられる程度なら、まだリスクもそれほど大きくなくて済むかもしれません。

ところが、坂上忍さんは不特定多数の人の代表として発言するわけですから、そのリスクは何倍にも膨れ上がります。

当然、リスクが上がるということは、最悪、名誉毀損で訴えられてしまう確率も上がるわけです。

確かに討論スタイルの番組なら、強い言葉を投げる坂上忍さんには打ってつけだと思います。

しかし、その劇薬に手を出してしまうと、批判対象となる相手から訴えられ、自身の芸能生命すら失うリスクも、高まってしまうのです。

それも平日のお昼の時間帯でやってしまうというのですから、そのリスクの大きさは、写真週刊誌が背負うリスクの比ではないでしょう。

 

手に入れるものも大きければ、問題が起きれば失ってしまうモノも計り知れないのです。

本当に崖っぷちに追い詰められ、背水の陣となったからこそ、『バイキング』はここまでのことができたのでしょう。

果たして、いつまで続けることができるのでしょうか。

背水の陣で得たメリットとリスクを天秤に掛けながら、玉砕覚悟で挑み続ける『バイキング』の動向を、今後も注目していきたいですね。

 

まとめ

フジテレビの昼帯バラエティ番組『バイキング』は、一時の視聴率低迷から脱却しています。

今では視聴率7%に上昇し、『ひるおび!』の視聴者層をも奪いかねない、人気を博しているのです。

ですが、その背景には世の人の不満を代表して、主義主張を討論させるという番組への大刷新。

『生ホンネトークバラエティ』として、芸能情報・政治ニュースを討論形式で取り上げるようになりました。

ただし、そんな喧嘩上等の大討論番組を打ち立てたとしても、それは、ある種、

劇薬に手を出しているようなこと

一つ間違えば、急落どころか番組打ち切りに関わる大惨事も考えられます。

それだけに出演者や番組スタッフの決死の覚悟がどこまで続いていくのか。

一視聴者として、その行く末を見届けたいものですね。

フジテレビの記事はこちらも良く読まれています!

フジテレビ三上真奈アナが歌音痴!西野カナも激怒?の評判とは!

明石家さんまがフジテレビに激怒の理由と原因!内容と今後を考察

大久保佳代子のマラソンがやらせ批判される原因はフジテレビ?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ