星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

視聴率最悪のバイキングをフジテレビが打ち切りにしない理由とは?

更新日

長寿番組として長年放送され続けてきたフジテレビの帯番組『笑っていいとも』が放送終了し、それにかわって放送開始された、バラエティ番組『バイキング』。

しかし、『バイキング』は、放送開始直後から視聴率が全く奮わず、何かと視聴率男ともてはやされているタレント・俳優の坂上忍さんをメインMCに据えるという荒療治をしたものの、視聴率は下がるばかりで、時折、視聴率2%を切るなんてこともあり、何度となく『バイキング』打ち切り説も浮上しましたよね。

そんな『バイキング』ですが、あれほど打ち切り説が囁かれた割には、未だに具体的な話まで出ていません。

それにはある理由が幾つか存在しているそうですが、一体どんな理由なのでしょうか?

今回は、それを本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

視聴率低迷を極めたバラエティ番組『バイキング』

バイキング

2014年4月から、人気長寿番組『笑っていいとも』に変わり、昼の帯番組として放送開始されているバラエティ番組『バイキング』。

放送開始直後から、『バイキング』は、毒舌ブームに乗っかりブレイクし、その後も視聴率男ともてはやされ、何かとバラエティ番組に出演されている俳優・タレントの坂上忍さんを筆頭に、豪華ラインナップのMCを取り揃え、様々な企画で放送されてきました。

当時、坂上さんが月曜MC、EXILE:NAOTO・TAKAHIROが火曜MC(TAKAHIROは隔週)、おぎやはぎが水曜MC、フットボールアワーが木曜MC、雨上がり決死隊が金曜MCと、まさに豪華絢爛なMC陣を取り揃えて、日替わりMCとして、大々的に放送。

彼らの"幕末を意識したような衣装"で写されたポスターが、今となっては非常に懐かしい気もします。

そんなバイキングですが、放送開始直後から、何かと問題が勃発し、視聴率も初回放送は、6.3%と、まずまずであったものの、その後は徐々に衰退し、一時は、3%を切るところまで失速してしまいました。

『バイキング』の視聴率が低迷した要因はいくつも考えられ、例えば、坂上忍さんがMCでありながら酔っぱらい騒動まで引き起こしたこと、明らかに犬猿の仲の江角マキコとビッグダディを共演させてしまったことなど、お粗末極まりない理由のオンパレードといったところでした。

『こんなにくだらない番組を真剣に見て、何が楽しいのか?』

と言う意見も、当時は非常に多く、『バイキング』は、まさに反省しなければいけないことの連続だったようです。

ただ、一方で、

『どこまで酷い番組を創りあげてくれるのか楽しみ!』

という意見もあったらしく、ある意味怖いもの見たさ的な感覚を持っている視聴者も多かったように思います。

そんな『バイキング』は、遂に番組に大鉈を奮い、月曜MCだった坂上忍さんをメインMCに据え、新たな月曜MCにブラックマヨネーズの二人を起用することにしました。

また、隔週火曜MCのTAKAHIROさんを降板させ、火曜MCはNAOTOさん一人となり、その他の曜日MCは、そのままの形で起用となったのです。

さらに、ビッグダディの降板、NMB48山田菜々、デヴィ夫人など、一気に出演者の刷新を行い、更には人気コーナーを作り上げたことで、2014年10月には、6.5%と最高視聴率も叩き出しました。

ただし、それは坂上忍さんを筆頭とするMC陣の力ではなく、月曜レギュラーのサンドウィッチマンの企画『地引網クッキング』が好評を得ていたことや、E-girlsのAmiと鈴木奈々の超天然ぶりが活かされたコーナーが確立されたことなどが、大きな要因と思われます。

極論を言ってしまえば、総合MCである坂上忍さんがいなくても、おそらくは成立するという不可思議な状況が出来上がっていたのです。

まぁ、坂上忍さんに対する評価は、とても良いとは言えないですし、素晴らしいという意見も決して善意からくるものではなく、どこまで問題行動・発言をしでかしていくのか観てみたいと、その壊れっぷり楽しんでいるというだけのようです。

番組刷新の影響もあって、視聴率は一時的に回復したかに見えたのですが、一握りのレギュラーに頼るという情けない状況を見抜かれているのか、すぐさま視聴率が低迷し、今年にいたっては、なんと2%を切るなんてこともしばしばあるそうです。

それにしても、サンドウィッチマンの芸人としての力を持ってしても、もうどうにも出来ないところに来ているのかと思いきや、昨年10月末に

『気温が下がると、地引網で魚が取れなくなってしまう』

という理由で、唯一の救いとも言える大人気コーナーを打ち切ってしまったのです。

まさかそんな意味不明な行動に出るとは…

おバカタレントの起用、サンドウィッチマンの大人気コーナーを軸に、なんとか回復を見せ始めた矢先に、自ら首を絞めるような真似をしているわけですから、もう救いようが無いところまで来ていると言わざるをえないでしょう。

いずれにしても、このままでは『バイキング』の打ち切りも時間の問題としか言えない超絶不人気状態が続いてしまい、ある種、フジテレビのお荷物となってしまっているわけです。

 

『バイキング』が打ち切りにならない理由とは

不思議に思う女性

視聴率が1%台に落ちることもあり、フジテレビのお荷物とまで言われるようになってしまった、バラエティ番組『バイキング』が、放送開始直後から打ち切りが囁かれていたにも関わらず、未だに打ち切りが決定せず、放送が継続されていますよね。

常識的に考えて、打ち切り必至と思うのですが、一体なぜ『バイキング』は打ち切りにならないのでしょうか?

どうやらフジテレビも『バイキング』を打ち切りにしたいと考えているようですが、どうにも打ち切りに出来ない深刻な事情を抱えているというのです。

その理由とは、フジテレビのメンツに関わる部分と、新番組を立ち上げる体力がないことに大きく影響しているとのことでした。

どういうことかというと、まず坂上忍さんをメインMCに起用し、大幅リニューアルまでしたのに、たった1年しか持たないとなると、『フジテレビは何をやっているんだ』と赤っ恥を描いてしまうことになるため、メンツに賭けても、簡単に潰すわけにはいかないというのです。

そして、昨年社員の3分の2を異動し、看板アナである安藤裕子さんを昼の時間帯に異動させ、もう一つのお昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』を立ち上げてしまったものだから、もう、フジテレビに帯となる新番組を立ち上げる余力は無いというのです。

つまり、大鉈を奮って大博打に出たものの、結果が奮わず、もう後戻りすら出来ない状況にあるため、『バイキング』も打ち切ることが出来ないというのです。

ちなみに、『直撃LIVEグッディ!』の視聴率も1%前後という大惨敗となっています。

もうここまで来ると、極端なことを言えば、ジリ貧の末にフジテレビの消滅もあるかもしれません。

まぁ、坂上忍さんだけの責任というわけではないと思いますが、少なくとも、坂上忍・安藤裕子というネームバリューに頼りすぎた結果が招いた惨劇ということには違いないでしょう。

まさに安易に手に入る劇薬に手を出してしまったフジテレビが、とんでもない窮地に追い込まれてしまったということなのでしょうね。

一部では、ガセの噂でありながらも、加藤綾子アナがフジ退社という噂まで飛び交っているそうですし、早くなにか手を打たないと、本当に危ないかもしれませんね。

バイキング視聴者の評価は最悪?今後の予定は?

怒る男性

バイキングで評価を得られた部分といえば、サンドウィッチマンの地引網クッキングと、E-girlsのAmi、鈴木奈々の超おバカトークくらいしかなく、放送開始直後から『つまらない』の連続でした。

そして、番組の大幅リニューアルも行われ、放送開始からもうすぐ1年半が経とうとする現在、どのような評価を受けているのでしょうか?

実際に調べてみると、評価はかなり冷ややかで、番組を立ち上げる力が無いのであれば、

『関西テレビに時間枠を譲渡したほうが良い』

とまで言われてしまう始末。

確かに日テレ系の報道番組『ミヤネ屋』は読売テレビ制作ですし、地方の系列局に任せるのも一案かもしれませんね。

あとひとつ言われているのが、

『バイキングを放送するくらいなら、ドラマの再放送で十分』

という話や、

『タモリさんを呼び戻そう』

という話も出ています。

筆者の感想としては、

「そこまで地に落ちてしまったか!」

といった印象で、ある意味、今後どのような末路をたどるのか、非常に興味を持っています。

そこで、気になる今後のバイキングの末路ですが、とりあえず、完全に体力を無くしたフジテレビは、新番組を立ちあげられないため、2%前後をキープしているのであれば、このままバイキングの放送継続を続けていくようです。

このまま視聴率2%前後の状況が良いか悪いか、正直良くわからないところですね。

 

まとめ

フジテレビの昼帯バラエティ番組『バイキング』の視聴率低迷が続き、時には2%を切るという大惨事にも見舞われているにも関わらず、未だに番組打ち切りになりません。

その理由は、大鉈を奮って大幅リニューアルした手前、メンツに賭けて簡単に打ち切ることが出来ないことと、新番組をもう立ち上げる余力がフジテレビに無いためであり、どんなに打ち切りにしたくても、バイキングを打ち切ることが出来ないのです。

もう既に、視聴者からは、完全に飽きられ、関西テレビに時間枠を譲渡したり、ドラマの再放送をという意見も飛び交うほど…

今後、しばらくは継続していくと思いますが、もはや風前の灯火として、今後の動向に注目されるでしょうね。

フジテレビの記事はこちらも良く読まれています!

ヨルタモリ終了理由は視聴率でなくフジテレビへの逆打ち切り?

フジテレビ三上真奈アナが歌音痴!西野カナも激怒?の評判とは!

明石家さんまがフジテレビに激怒の理由と原因!内容と今後を考察

大久保佳代子のマラソンがやらせ批判される原因はフジテレビ?

フジテレビのドラマ以外の番組の視聴率が低い理由・原因はやらせ?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ