星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

24時間テレビに批判!理由は日テレから出演者への高額なギャラ?

更新日:


もう40年近く前の、1978年から毎年行われているチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』。

チャリティーや、障害者支援を謳っていながら、障害者の人からの評判がイマイチ悪かったりしています。

チャリティーなのに、芸能人に

「高額なギャラが出ている」

という話がよく聞かれ、昨今はあまり評判の良くない番組になってしまったのです。

恒例となっているマラソンについても、『やらせ疑惑』があったりと、ネット上では評価が、もはや地の底に落ちつつある『24時間テレビ』。

そこで当記事では、ここまで『24時間テレビ』が批判されている理由や、過去の出演者のギャラ情報などを合わせて、真相を探っていきます!

スポンサーリンク

『24時間テレビ』が批判される理由

お金

チャリティーと銘打ったビジネスで有名な『24時間テレビ』。

一部では、

『地球』ではなく『日本テレビ』を救っている

だけの番組とも皮肉られていますよね。

最近では

  • 「お涙頂戴で、まるで障害者を見世物にしているようだ」
  • 「感動の押し売りで、逆に腹が立つ」

と、番組のコンセプト自体にも批判が噴出するほど。

もはや、

ただ寄付を集める為だけの『お祭り番組』

として、受け取られるのも時間の問題でしょう。

そんな『24時間テレビ』の中でも、とくに批判が多いのが、出演芸能人のギャラ問題。

チャリティー番組を謳っていながら、なんと出演者に高額のギャラが出ているというのです。

寄付金よりも、制作費内における出演者へのギャラのほうが高い

という話もあるのだとか。

さらに批判を加速させているのが、日テレの広告収入です。

週刊誌『FLASH』では、2013年の『24時間テレビ』は、

番組総製作費が、4億2,000万円


次のページへ >

-テレビ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.