星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

24時間テレビに批判!理由は日テレから出演者へのギャラと広告収入

投稿日

もう40年近く前、1978年から毎年行われているチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』。

チャリティーや、障害者支援を謳っていながら、障害者の方からの評判がイマイチ悪かったり、チャリティーなのに、芸能人に『高額なギャラが出ている』という話がよく聞かれ、昨今はあまり評判の良くない番組です。

恒例となっているマラソンについても、"やらせ疑惑"があったりと、ネット上では評価がもはや地の底に落ちつつある『24時間テレビ』。

そこで当記事では、ここまで『24時間テレビ』が批判されている理由や、過去の出演者のギャラ情報などを合わせて、その真相を探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『24時間テレビ』が批判される理由とは?

お金

チャリティーと銘打ったビジネスで有名な『24時間テレビ』。

一部では、『地球』ではなく『日本テレビ』を救っているだけの番組だとも皮肉られていますよね。

最近では

「お涙頂戴でまるで障害者を見世物にしているようだ」

「感動の押し売りで逆に腹が立つ」

と、番組のコンセプト自体にも批判が噴出するほど。

もはや、ただ"寄付を集める為だけ"の『お祭り番組』として、受け取られるのも時間の問題でしょう。

そんな24時間テレビの中でも、特に批判が多いのが、ギャラ問題。

チャリティー番組を謳っていながら、なんと出演者に高額のギャラが出ているというのです。

寄付金よりも制作費内における出演者へのギャラのほうが高いという話もあるのだとか。

さらに批判を加速させているのが、日テレの広告収入です。

週刊誌『FLASH』では、2013年の『24時間テレビ』は、番組総製作費が4億2,000万円で、CM収入の合計が22億2,750万円だと報じました。

深夜でもCM単価が通常の1.5倍、チャリティーを謳っているためスポンサーもつきやすいという背景があり、こういった事情から

「局の増収のための番組だ」

と批判されています。

『広告収入も寄付に回す』、ということであれば多少は批判も収まるのでしょうが、残念なことに日本テレビは『24時間テレビ』での広告収入の使い道を明らかにしていません。

アメリカの有名チャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』は、スポンサー料も寄付に回されているという事実があるだけに、日本テレビの広告収入を懐に入れてしまう姿勢に疑いの目が向けられているようです。

さらに、批判の理由はこれだけに留まらず、番組スタッフが番組のコンセプトを無視した行動をしている点が見られるのです。

お笑いコンビ『アンガールズ』が、24時間マラソンで走っている時、応援しようと、ふたりに触れたおばあさんに対し、スタッフは

「触らないで!」

と怒鳴ったのだそうです。

まあ、確かに触れようとしたおばあさんのほうにも問題があるかとは思います。

しかし、観ている方は、『ここまで酷い口調で言う必要があるのか?』と感じました。

明らかに怒鳴っており、言い方は悪いですが、まるでチンピラが恫喝しているかのような光景でしたね。

さらに、目の不自由な方のための点字ブロックの上に、スタッフが三脚を設置しているという衝撃的な写真が、Twitterにアップされたり、『屋久島の縄文杉を目指す』という撮影を行った際には、なんと立ち入り禁止区域にキャンプを設営

もはや地球を救うどころか環境破壊を行っている始末。

守らなければならない立場の人々や、環境に対する配慮が欠けている行動をしている時点で、チャリティーを謳う資格はないと思います。

このように、コンセプトに反する姿勢ばかりを見せられるため、24時間テレビは年々視聴率が下がり、視聴者の関心が失われているのが現状です。

 

『24時間テレビ』の出演者のギャラはいくら?

お金

さて、問題行動により批判されることの多い『24時間テレビ』ですが、特に批判が集まるのがギャラ問題です。

欧米のチャリティー番組では、あのマドンナやセリーヌ・ディオンですら、『1ドルももらっていない』という例があるだけに、芸能人にギャラの支払いが発生しているのは、"異常事態"だと感じている方も多いそうです。

日本の大型"チャリティー"番組『24時間テレビ』にギャラの支払いが発生していることに対する驚きを見せているのは、外国人記者に多く、

「交通費とかではなく、報酬が出ているの?」

「絶対におかしい!」

「アメリカでジェリー・ルイスがギャラをもらっているとしたら、それはもうスキャンダルだよ」

といったコメントが溢れていました。

そんな『24時間テレビ』における、芸能人へのギャラは、一体いくら払われているのでしょうか?

これも一番有名なのは、暴露された2013年の『24時間テレビ』のギャラだと思われます。

ジャニーズの人気ユニットの嵐が、5,000万、チャリティーマラソンを走った森三中・大島美幸さんが1,000万、パーソナリティの上戸彩さんと総合司会の羽鳥慎一さんが500万円ずつと報じられました。

この報道に対して日本テレビは

「ボランティアで務めていただいております」

と、真っ向から否定していました。

しかし、過去には萩本欽一さんが、2,000万円ものギャラをもらっていたことが判明し、これに自戒の念を示した萩本欽一さんは、自ら番組を降板するという出来事も起きています。

ちなみに、この出来事によって『24時間テレビ』のギャラ問題が世間に広く知られるようになったと言われています。

最近では、チャリティーを謳った日本テレビの増収目的の番組という方向性に嫌悪感を抱く芸能人も増えてきているようで、ダウンタウンの松本人志さんは

「ギャラをもらいましたよ」

と、はっきりと暴露。

先ほどの日本テレビの発言と矛盾していますよね。

日本テレビとジャニーズは、とくに関係が深いと言われています。

ジャニーズ所属であり、さらに大人気グループ『嵐』に対して、日本テレビがギャラを全く支払わないことは、ちょっと考えづらいところですよね。

このギャラ問題については、ビートたけしさんが『ビートたけしのオールナイトニッポン』で

「ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティって言うくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!」

と、痛烈に批判していることでも有名です。

また、明石家さんまさんが『ヤングタウン土曜日』で、24時間テレビにギャラが存在していたことを暴露。

「ギャラをそのまま募金に回してください」

と言ったところ、

「そうはできない」

と返されたことで、それ以来、番組に自らは出演しなくなったのだそうです。

業界の大物たちからも、チャリティー番組に対するギャラ問題の発言がある…という時点で、『24時間テレビ』の出演者に対し、高額のギャラが払われているのは事実である、と捉えてもよさそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

『24時間テレビ』は寄付を集め、障害者支援などに貢献しているのは事実ですが、チャリティーを謳っていながら巨額の広告収入を得ていたり、出演者が高額なギャラをもらっているという、番組のコンセプトとは反する黒い一面が浮き彫りとなっています。

この芸能人へのギャラや、広告の高額収入を寄付に回していれば、今頃本当に地球を救えていたかも…

しかし、現状では30年経っても地球を救えていません。

あくまでも日本テレビにとっては、『地球を救うチャリティー』というのは自社の増収の"ついで"のことなのでしょう。

チャリティーに対する啓蒙と寄付を視聴者に対し促す…という意味で、広義ではチャリティーに貢献しているのかもしれません。

しかし、その裏で巨額収入を得て、ボロ儲けしていると知れば、視聴者のチャリティー意識は逆に失われてしまうのではないでしょうか?

筆者自身も、身近に障害のある人がいるだけに、まさに障害者をダシにしているような日本テレビの姿勢は非常に許せません。

スタッフが点字ブロックの上に三脚を置いたりなどは、まさにチャリティー意識の欠落です。

チャリティーを謳うからには、日本テレビには寄付金だけでなく、スポンサー収入の全額を寄付に回してほしい…そう願うばかりです!

日テレの記事はコチラもよく読まれています!

日テレ上重聡アナのスッキリ降板かアナウンサー生命終了の危機とは

日テレ青木アナはジャニーズのオタク?イントロ勝負で嵐にも勝利!

上重聡アナの俺通信である上重通信の噂とスッキリで暴露された嘘

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ