星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

iPadPro発売日前倒しの理由とは!機能や重さの違いと価格予想!

更新日

『iPad』、『iPad Air』に続く第3世代のiPadとして、何かと注目されている『iPad Pro』ですが、どうやら予定よりも発売を前倒しして、

『2015年9月~10月にかけて発売するのではないか?』

という噂が流れ始めているようです。

『iPad Pro』は、シリーズ最大の12.9インチディスプレイを搭載するとして、何かと話題になっているのですが、果たして本当に前倒しで発売されるのでしょうか?

そもそも『iPad Pro』には、ディスプレイ以外に、どんな新機能が盛り込まれているのでしょうか?

そこで、本記事では、『iPad Pro』の発売日や機能、その重さを探りながら、これまでのiPadとの違いを探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

iPad第3世代『iPad Pro』が登場!

iPadPro

タブレットPCの先駆けとしても何かと注目され続け、これまで『iPad』、『iPad Air』と発売され、多くのタブレットPCユーザーから高い支持を受けているApple社自慢のiPadシリーズ。

これまでにも様々なユーザーに愛用され、現在開催中のワールドカップバレーでも、女子日本代表(火の鳥ジャパン)が、相手のデータ・動向を探り、分析するためによく用いられていますよね。

もはや全くパソコンに縁もゆかりもない人達までも、気軽にiPadを使う時代になったと言えるでしょう。

iPadは、小難しい設定で頭を抱える必要も一切なく、気軽にインターネットの世界を楽しめるようになった立役者。

インターネットの世界を広く普及させたのは、タッチパネルと音声認識によるタブレットPCなどによって、携帯端末の操作を飛躍的に『簡単』としたことだと思います。

その中でもそれを大きく前進させたのが、ほかならぬiPadです。

iPadが登場する以前の世の中では、Windowsを主流としたノートPCを用いることはあっても、さらに小さな携帯端末までに、手軽なネットサーフィンなどを求める動きは、それほどありませんでした。

また、子供からお年寄りまでが、気軽に扱えるというシロモノもなかったと思います。

しかし、Apple社が開発したiPadが登場したことによって、PC操作に全く"ちんぷんかんぷん"であったとしても、それほど気にすることなく画面に向かって検索したい事柄を音声認識させて、あとはタッチひとつで画面操作が出来る携帯端末機として、iPadが一気に普及しはじめていきました。

そして2015年、その最新世代の『iPad Pro』が登場すると言われ、ネット上で何かと注目されているのです。

iPadシリーズの第3世代として登場する、この『iPad Pro』は、単純にディスプレイが12.9インチへとサイズが大きくなり、画質もより細かく精彩になっていると言われ、より見やすく操作も、し易くなっているそうです。

それだけに、この『iPad Pro』の登場には、さらなる携帯端末・タブレット市場の拡大が期待されると思います。

 

『iPad Pro』の発売日の予定が前倒し?

iPadPro

『iPad Pro』の発売日は、以前から何かと噂になっていますが、その発売日の予定が前倒しになり、2015年の9月~10月になったと言われています。

それにしても機能追加や、何かの事情によって発売日が延期になることはよくありますが、前倒しになって発売日が早まることは、これまでにあまり耳にするような話ではありませんよね。

この『iPad Pro』の発売日の前倒しには、一体どんな背景があるのでしょうか?

前倒しの理由の一つは、大型ディスプレイを求めている大勢のビジネスユーザーをターゲットに発売をしたいから、少しでもその要望や、熱が覚めないうちに発売しておきたいと、企業努力で早急な大量生産を可能にして、『iPad Pro』の発売日の前倒しを実現させたという話。

もう一つの前倒しの理由は、何かと話題の『iPhone6S』を2015年9月~10月に発売をすると噂されているらしく、その発売日に合わせて、『iPad Pro』の発売日を前倒しし、2つの新モデルの発売という相乗効果で『iPad Pro』『iPhone6S』の販売数を上げようという狙いがあるためという話。

いずれにしても、より多くの『iPad Pro』を発売したいための、Apple社の戦略であることが伺えますね。

とはいっても、これらはあくまで噂上での話であり、まだ『iPad Pro』の発売日が確定されているわけではないみたいです。

さすがにライバルとなるマイクロソフトのWindows10がリリースされ始めているわけですし、Appleとしても呑気に事を構えているわけにはいかないでしょう。

既にWindows10が搭載されたタブレットPCも発売され始めているみたいですし、このままうかうかしてしまっていたら、せっかく大きく機能を向上させた新世代の『iPad Pro』を発売しても、誰も見向きもせず遅れを取ってしまうだけです。

そのため、たとえ2015年10月に発売が間に合わなかったとしても、2015年中には発売することが予想されます。

『iPad Pro』を待ちわびているユーザーたちには、もうしばらく待たせてしまうかもしれませんが、間違いなく納得できるタブレット機として発売されると思いますので、『iPad Pro』の発売を、ぜひ楽しみに、もうしばらく待ってみましょう。

 

『iPad Pro』とこれまでのiPadの違いは?

iPadPro

やはりiPadユーザーとしては、新しい世代の『iPad Pro』になって、どんな機能が盛り込まれるようになったのか?

見た目の変化や発売日、価格など、何かとこれまでのiPadとの違いが気がかりになっているものと思われます。

その中で、『iPad Pro』の発売日に関しては、先ほどお話したとおりで、少なくとも2015年中、早ければ9月~10月だろうと言われています。

また、もちろん『iPad Pro』の他の要素に関しても調べてみました。

まず見た目の変化(ディスプレイ)から、その違いをご紹介していきます。

これまでのiPadは、『iPad Air2』でも、ディスプレイは9.7インチディスプレイで、LEDディスプレイが主流でしたが、『iPad Pro』は12.9インチディスプレイということだけでなく、デジタルテレビなどで何かと話題になっている4Kディスプレイを採用しています。

これまでのディスプレイの解像度が、一気に4倍にも膨れ上がっているというのですから、目の負担も軽減してくれるような画像の綺麗さに、頻繁にiPadを使うビジネスユーザーにとっては、実に嬉しい機能改善となるでしょう。

次に、『iPad Pro』の機能面においてですが、基本的にOSやCPUなどが最新となり、ビジネスユーザーには何かと融通がきくようマルチタスクを、より使い勝手良く実現してくれています。

これまでは、複数のアプリを立ち上げていると急に処理速度や応答が遅くなり、『なかなか思うように動かない』なんてことも、しばしばありました。

しかし、時間がないビジネスユーザーは、それでは納得してくれません。

同時に幾つものアプリを自在に操ることができてこそ、使い勝手の良いタブレットPCとなるわけですから、そんなビジネスユーザーたちの要望に応えられるようにマルチタスクを可能な限り実現できるように、性能の向上や、その機能を盛り込んでいるのです。

その上で、MacOSXとの互換性もあるそうなので、マックユーザーにも何かと都合が良さそうなタブレット機となりそうですね。

最後に『iPad Pro』の重さ価格ですが、ここはすんなりユーザーの期待に応えるものとはなっていないみたいで、重さは『iPad Air2』の437gと比較して『iPad Pro』は、700gと2倍近くの重さのアップとなってしまっています。

ディスプレイが12.9インチとなり、CPUやOSも最新モデルに代わり、そのためにメモリも4GBに増え、機能も拡大しているわけですから、ある程度の重さのアップは仕方がないのかもしれません。

一方、価格に関しても『iPad Air2』が、5万3,800円で発売されていたのに対し、『iPad Pro』は、9万~10万と、かなり割高になるだろうと言われているそうです。

さすがに9万円もの出費なら、ノートPCを新調するという方が多くなると思いますので、もう少し価格は引き下げて欲しいものです。

しかし一部では、これも甘んじて受けるしかないほどの高スペックであるという話もあるので、ちょっと微妙なところですね。

『iPad Pro』をリリースできていなのも、これらの調整が必要な部分が残されているからなのかもしれません。

時間はかけられませんが、Apple社には、マイクロソフトのWindows10に遅れを取らないためにも、ぜひ素晴らしいさらなる改良を施して、多くのユーザーに受け入れられる『iPad Pro』を完成させてほしいものです。

 

まとめ

Apple社が誇るiPadシリーズの最新世代『iPad Pro』が、2015年9月~10月に発売されるのでは?と噂されています。

『iPad Pro』は、ディスプレイも12.9インチとなり、解像度も4Kが搭載され、さらに画質も向上し、より見やすくなったと言われています。

そして、OSXを搭載し、CPUやメモリの向上もあり、マルチタスク機能の向上もあり、忙しいビジネスユーザーなどが、同時に多数のアプリを使っても耐えることが出来ると注目されています。

しかし、一方では、重さが700gと重くなり、価格も9万~10万になるのでは?という話があり、その辺の調整が今後求められそうですね。

最悪でも2015年中には発売されるそうなので、もう少し調整し、我々ユーザーに喜ばれるタブレット端末として発売して欲しいと願っています!

Appleの記事はこちらも良く読まれています!

AppleWatch(アップルウォッチ)の機能とは!価格は高い?安い?

iPhone6Plusの爆発事故の原因はiPadの充電器?今後の対策は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-家電