星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

エンクミ(遠藤久美子)が芸能界から消えた(干された)理由とは?

更新日

『エンクミ』の愛称で知られている、女優の遠藤久美子さん。

彼女は、『ダウンタウン』の浜田雅功さんがMCを務めていた、バラエティ番組『人気者でいこう!』で、おバカでおっちょこちょいな一面を見出されました。

そして、女優としてだけでなく、バラエティにも一時期はよく出演し、人気を博したのです。

それが、いつの間にかテレビで、エンクミ(遠藤久美子さん)の姿がほとんど観られなくなりました。

一部の情報によると、既に事務所を移籍して、舞台を中心に活躍しているそうです。

一体エンクミ(遠藤久美子さん)に何があったというのでしょうか?

『結婚や彼氏絡みで問題でも起こったのか?』

と気にしている人も多くいるみたい。

なので本記事にて、エンクミ(遠藤久美子さん)が芸能界から消えた(干された?)理由や、彼氏の存在などを探ってみます!

スポンサーリンク

アドセンス

バラエティでもブレイクしていたエンクミ(遠藤久美子)

エンクミ(遠藤久美子さん)は、1995年マクドナルドの証明写真を撮影する少女の姿を映したCMに起用され、そのことがきっかけで人気に火がつきました。

その後は、俳優:萩原健一さん主演のドラマ『冠婚葬祭部長』で、ドラマ初主演。

こうして、女優としてのキャリアを積み重ねていった、女優:遠藤久美子さん。(愛称:エンクミ)

エンクミ(遠藤久美子さん)は、現在でも、実は女優として、活躍しているそうです。

一時期はアイドル並みの扱いを受け、ドラマだけでなくバラエティでも、とても人気のある女優・タレントさんでした。

やはり、あのマクドナルドのCMは、強烈なインパクトがあり、当時、

「誰このかわいい子?」

と、思いながら観ていた記憶があります。

現在は、インターネットですぐに調べることができます。

しかし、当時はまだインターネットもそれほど普及していなかったので、簡単にエンクミ(遠藤久美子さん)のことを調べることもできませんでした。

そのことも影響して、詳しく知らないけれど気になる存在として、世間で注目されたのだと思います。

そして、エンクミ(遠藤久美子さん)がバラエティでも注目されたきっかけは、テレビ朝日のバラエティ番組『人気者で行こう!』への出演でした。

この『人気者でいこう!』という番組は、現在、お正月特番などで見られる、『芸能人格付けチェック』のベースとなった企画『芸能人常識バトル』など、

ダウンタウン浜田雅功さんや、俳優:内藤剛志さんを中心に展開されたバラエティ番組

で、エンクミ(遠藤久美子さん)も、よくこの番組に出演していました。

そんなエンクミ(遠藤久美子さん)のおバカぶりが発揮されたのが、ほかならぬ『芸能人常識バトル』という企画だったのです。

今でいうところの鈴木奈々さんや、スザンヌさんのような、本当にお馬鹿っぷり丸出しの珍回答連発で、筆者も何度腹を抱えて笑ったことか…。

とくに、その中でも一番記憶に残っているのは、

「選択肢の中から、十二支に使われている動物(または架空のいきもの)をすべて選ぶ」

という問題でした。

当然、みなさんはだいたい知っていると思いますが、エンクミ(遠藤久美子さん)は、何を血迷ったのか、

『猫』

を選択…。

どうやら、

巳年(へび)を『ミー年』と間違えて、その鳴き声から、干支に猫が入っていると間違えてしまった

のですが、その時のエンクミ(遠藤久美子さん)もどこか疑心暗鬼で、

「お前(干支に)いたっけぇ~」

と猫のぬいぐるみに語りかけてしまう始末…。

もう10年以上前の話で、エンクミ(遠藤久美子さん)がアイドルとして活躍していた頃の懐かしい話です。

その他、エンクミは、

『九州に存在する県』

を言えなかったり、いろんな珍回答を、この『芸能人常識バトル』の中で展開していました。

そして、今で言う『おバカタレント』として、バラエティでもブレイクしていきます。

エンクミ(遠藤久美子さん)のバラエティの才能を引き出してくれたのは、ダウンタウン浜田雅功さんだったといえるでしょうね。

そんなエンクミ(遠藤久美子さん)は、『人気者でいこう!』の番組放送が終了すると、次第にメディアから露出度が減りはじめました。

そしてテレビからぱったりとエンクミ(遠藤久美子さん)が消え、いつの間にか芸能界を干されてしまっているかのような状態に。

あれだけバラエティの才能があるエンクミ(遠藤久美子さん)が、なぜ急にメディアに露出しなくなったのか…。

まさに、筆者からすれば、当時はそれが大きな謎だったのです。

いずれにしてもエンクミ(遠藤久美子さん)が過去に、多大な活躍をしていた事実は、今後も語り継がれていくことと思います。

 

エンクミ(遠藤久美子)が芸能界から消えた理由

先ほどもお話したように、『エンクミ』という愛称まで付けられ、大ブレイクした遠藤久美子さんが、突如芸能界から姿を消し、

「エンクミ(遠藤久美子さん)に一体何が起こったのか?」

と、心配する声まで挙がってしまっています。

ただ実は、エンクミ(遠藤久美子さん)が芸能界から消えたように見えたことには、理由がありました。

エンクミ(遠藤久美子さん)自身は、女優として、ずっと地道に活動していたようなのです。

当時、活躍していたと言っても、バラエティでの本数が異常に多く、また方向転換として、新たに

音楽活動

をするようになったこともあって、芸能界から突然と姿を消したように見えただけだったみたいです。

エンクミ

女優のエンクミ

実際に、比較的最近のドラマ『警視庁捜査一課9係(テレ朝系)』に出演しています。

その他、単発モノのドラマや、舞台、ラジオ、ナレーションなど幅広く活動しています。

ただ、エンクミ(遠藤久美子さん)が進む道として、月9などの話題性のあるドラマや、バラエティでの出演が少なくなったのです。

そのために、それしか知らない人にとっては、テレビからエンクミ(遠藤久美子さん)が消えたように見えてしまったのです。

しかし、それは2011年までの事。

 

実際にエンクミ(遠藤久美子さん)は、所属事務所を辞めて、一時期はフリーとなって活動していた時期がありました。

その頃は完全に仕事がなくなり、新たに立ち上げた個人事務所も、たった1年でたたんでしまう事態に陥っていたそうです。

その背景には、あの東日本大震災があったそうです。

エンクミ(遠藤久美子さん)自身、それまで多くの人達に支えられて生きてきたと考え、当時のあの衝撃的な災害を目の当たりにし、

「自分の足だけで、歩いていくことができるだろうか?」

と考え、悩んだ末に事務所を辞めることを決意したようなのです。

もちろん、これには賛否が大きく意見が分かれ、

「仕事ができる環境があるのに、わざわざ辞めるなんて贅沢だ」

と、エンクミ(遠藤久美子さん)の行動に対するバッシングもあったそうです。

ただ、正直なところ筆者としては、エンクミ(遠藤久美子さん)の気持ちも痛いほど理解できます。

戦後間もないころからバブル経済期までは、それこそ安定した会社に所属さえすれば、将来を不安に思うことなく、安穏と生活することもできていたのです。

しかし、現在はそれすら叶わなくなるほど不景気を抱えていますよね。

その象徴とも言えるのが、東芝ではないでしょうか。

あの東芝が、原発事業での巨大損失(厳密に言えばアメリカの子会社が負った損失ですが…)を抱えています。

2017年には、第3四半期決算発表を2度延期し、上場廃止されそうになっていたなんて、誰が想像できるでしょうか。

あくまで報道などで知り得る範囲の情報しか筆者も把握しておらず、『かなりピンチに陥ってしまっているんだろうなぁ』程度のイメージしかありません。

東芝のことを考えただけでも、ただ会社に所属し、一生懸命に仕事をしていれば、安穏とした生活を手に入れられた時代は、もう完全に終わったと考えていいでしょう。

2011年の東日本大震災や、2016年の熊本を中心に発生した大震災(熊本地震)も近年発生しているわけです。

これらのことを考えたら、もう明日を安穏と暮らすことは、ままならない時代がやってきていると考えていいのかもしれません。

当たり前のように吸えていた空気も、当たり前のように飲めていた水道水も、いつ何時当たり前でなくなる日がやってくるかもしれません。

『まさか潰れることがないだろう』と考えていた大企業に入社したとしても、リストラや倒産がいつ何時やってくるかもしれない…。

本当に考えたくもないことが、次々予測不能に訪れるこの現代社会です。

それを考えたら、エンクミ(遠藤久美子さん)のように、自分の力でリスクを背負っていかなければ、明日を生きられなくなるかもしれないと思うのも、わかる気がします。

それでも、人間は一人で生きていくことはできませんし、どこかで誰かの助け(支え)を受けることは必要になるでしょう。

ただ、少なくとも収入に関しては、仕事さえ創出する力があれば、なんとか自力で得ることも可能です。

誰にどのようなサービスを提供し、その結果、収益を得られるか考え提供する力があれば、収入に関してはなんとかなるでしょう。

エンクミ(遠藤久美子さん)は、一人の女優として、そのことを考え、苦悩しながらも自分の力でなんとか動こうと、目の前の不安と戦いながらも、フリーの道を選んだと思うのです。

ただ世間は厳しく、改めて芸能界で仕事を貰うことの厳しさを痛感したのでしょう。

エンクミ(遠藤久美子さん)は、今の事務所(東宝芸能)に移籍して、再び女優として活動をはじめたのです。

 

一時期、テレビの世界から消えていたのには、そんな裏事情があったのだと改めて知りました。

なお、後ほど語っていきますが、エンクミ(遠藤久美子さん)は、2016年7月に、映画監督である横尾初喜さんと結婚し、2017年2月には第一子も出産しています。

現在は、しばらく産休ということで、女優業を休んでいるみたいです。

しかし、また育児が落ち着いた頃には、一人の女優として仕事復帰して欲しいと思います。

エンクミ(遠藤久美子さん)ならではの素敵な演技力で、多くのファンに魅力を与えていってほしいと、将来の活躍に期待しています。

スポンサーリンク

アドセンス

エンクミ(遠藤久美子)の彼氏や結婚は?

エンクミ

見た目には想像もつきませんでしたが、波瀾万丈な芸能人生をたどっている、エンクミこと遠藤久美子さんです。

彼女が

『芸能界から干されている』

と言われている間、何かと彼氏の存在や、結婚の噂が流れていたそうです。

とくに相手が誰というわけではないのですが、

『エンクミは既に結婚して一般の家庭に入っている』

という噂も流れました。

 

どうやらエンクミ(遠藤久美子さん)は、『人気者で行こう!』で共演した、ダウンタウン浜田雅功さんが、男性のタイプらしいということはわかりました。

しかし、彼のような人が、エンクミ(遠藤久美子さん)の前に現れないため、なかなか彼氏はできなかったとか…。

まぁダウンタウンの浜田雅功さんは、見るからに特殊なタイプですし、だからこそ人気があるタレントとして売れているわけです。

簡単には、彼のような人物は現れないでしょう。

 

エンクミ(遠藤久美子さん)の現在は、ナレーションや、ドラマ、舞台などでも活躍しています。

何よりも音楽では、バンド『LILY CULTIVAL(リリークウチヴァール)』を結成して、ボーカルを担当していて、充実しています。

そして、エンクミ(遠藤久美子さん)が所属する、その音楽バンドのメンバーが超豪華なのです。

LILY CULTIVALのメンバー

  • 元JUDY AND MARYの恩田快人さん(ベース)
  • 元THE BLUE HEARTSの梶原徹也さん(ドラム)
  • 元ECHOESの伊藤浩樹さん(ギター)
  • エンクミこと遠藤久美子さん(ボーカル)

という豪華メンバーです。

音楽業界の超有名人とコラボできるのは、なんとも羨ましい限り…。

今後のエンクミ(遠藤久美子さん)の音楽での活躍も期待したいですね。

追記

 

エンクミ(遠藤久美子さん)は、2016年7月に、映画監督である横尾初喜さんと結婚し、2017年2月には第一子も出産しています。

夫である横尾初喜さんとは、2015年12月に公開された夏菜さん主演映画『田沼旅館の奇跡』を通じて出会ったらしいのです。

でも、この映画の撮影をしていた頃は、まだお互い意識していなかったんだとか…。

しかし、この映画が公開される12月頃に、出演者・スタッフによる食事会が開かれました。

そこでの再会をきっかけに、二人はお互いを意識しはじめ、交際・結婚へと進展していったんだそうです。

わずか8ヶ月のスピード結婚

といえばそれまでです。

お互いに、いい大人ですし、交際しはじめた頃から結婚を意識していたこともあって、気持ちが急速に前に進んでいったことで結婚が決まったようです。

結婚の報告を誰よりも喜んでくれた両親の笑顔を見た時は、

『涙が溢れた』

とエンクミ(遠藤久美子さん)自身が語っていました。

これまでに波乱万丈な人生を送り、両親にも結婚のことなど心配させていた部分もありました。

それでやっと安心させることができた喜びと、幸せへの嬉しさが、こみ上げた涙なのでしょう。

結婚は、まだスタートしただけに過ぎず、これから先は長いわけです。

この幸せがいつまでも続くように、夫とともに支え合いながら、エンクミ(遠藤久美子さん)には幸せな家庭を築き上げていってほしいと願っています。

 

まとめ

女優・タレントとして、幅広く活動しているエンクミこと遠藤久美子さん。

かつて人気絶頂だったにも関わらず、いつの間にかテレビから姿を消し、一部で干されたと言われ続けていましたよね。

確かに、2011年の東北の大震災をきっかけに、エンクミ(遠藤久美子さん)の中で心境の変化もありました。

また、所属事務所を辞め、フリーとなったために、仕事を貰うことができず、芸能界を干されてしまったこともありました。

ただ、エンクミ(遠藤久美子さん)自身、既に芸能事務所『東宝芸能』に移籍し、その後、結婚・出産して、幸せな家庭を持っています。

波乱万丈な人生を経て得た幸せが、今後も続いていくように、よりエンクミ(遠藤久美子さん)の人生が、公私共に順風満帆になっていくことを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人