星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

柴咲コウが2017年大河ドラマに!おんな城主直虎のプロフィール紹介

更新日

歴史上の人物や事件に焦点を当てたストーリーを1年間通して放送される『大河ドラマ』。

最近は、なぜかやたらと女性をこの大河ドラマの主人公にしたがる風潮がありますよね。

女性で、しかも主人公となりえるキャラクターとなると、なかなか「これだ!」とは見つからず、苦肉の策なのかマイナーな人物を扱った結果か、最近は大河ドラマの視聴率が振るっていないように見受けられます。

2016年の大河ドラマは、かの有名な『真田幸村』を扱うそうですから、ネームバリューからして多少は視聴率にも期待できそうですが…。

そんな中で先日、2017年の大河ドラマのタイトルと主人公、そして主人公を演じるキャストが発表されました。

タイトルは『おんな城主 直虎』。

タイトルからしてわかると思いますが、どうやらまた女性が主人公になりそうで、NHKも懲りないなぁと…。

さて、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』のキャストや、原作ともいうべき元となった人物など、さっそく気になることが多いと思いますので、当記事でまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『おんな城主 直虎』の主人公・井伊直虎とは?

柴咲コウ

2017年の大河ドラマの主人公は、『井伊直虎』に決定しました。

しかし、井伊直虎といえば史実にも全く資料が残されておらず、内政手腕に優れていたことから、女地頭と呼ばれていたということぐらいで、江戸時代の軍記物に名前はありますが、実際に活躍したかどうかが、若干怪しい人物。

近年の大河ドラマでは『風林火山』で、架空の参謀・山本勘助を扱ったこともありましたね。

山本勘助という人物自体は存在していたようですが、参謀格の武将には、そのような人物はいなかったため、黒田官兵衛のように名実共に優れていた…というわけではありません。

話は逸れてしまいましたが、そのような創作物の逸話から有名になった人物を主人公にしたこともあるので、今回の井伊直虎を大河ドラマの主人公にすること自体は何の問題もないのでしょう。

さて、それでは井伊直虎について簡単にご紹介していきますね。

直虎は井伊直盛の子として生まれ、幼名は次郎法師と名づけられました。

ちなみに、生年は不明とのことで、このあたりも資料が本当に全く残ってないことを伺わせます。

直虎、そして井伊家には不幸が続くこととなり、桶狭間の戦いで父・直盛が亡くなると、跡を継いだ井伊直親も今川氏真によって謀反の疑いで罰せられ、命を落とすこととなってしまいます。

粛清の手が一族にまで伸びようとしたところで母の叔父・新野親矩に保護され、直虎は救われます。

しかし、災難はまだまだ続き、今川家に仕えていた井伊家は、井伊家を支えていた武将を失い、後の井伊直政こと直親の子・虎松は、鳳来寺へ移されたこともあり、井伊家にめぼしい男手がいなくなったために、1565年、次郎法師は直虎と名を変えて女性でありながらも井伊家の当主となるのです。

その後は、許嫁であった直親の子・虎松を養子として迎え、後に徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑として名を馳せることとなる、井伊直政を育て上げて一生を終えるのです。

と、このように井伊家の数奇な運命に巻き込まれることとなり、女性でありながら当主として戦国の世を生きた直虎。

しかし、戦場における功績はあまりないためか、これまで直虎の知名度は高くありませんでした。

井伊直虎

戦国BASARAの井伊直虎

ゲームの『戦国無双』や『戦国BASARA』で登場するようになってからは、一部で知名度が上がり、それあって今回の2017年の大河ドラマで主人公として取り上げられることとなったのでしょうね。

ただ、史実の資料がほとんど見つかっていない以上、大河ドラマでもストーリーの大半が架空創作になるため、ここを上手く作り上げられるかどうかは、脚本家の腕が問われるところです。

 

『おんな城主 直虎』の主人公に柴咲コウ!

柴咲コウ

柴咲コウ

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』。

その主人公である「井伊直虎」役を演じるのは、女優の柴咲コウさんに決定したようです。

最近、テレビなどで柴咲コウさんをあまり見ていないため、2017年の大河ドラマの主役という大きな役に抜擢されるのは、筆者としては、かなり意外なキャスティングでした。

NHKが柴咲コウさんを選んだ理由ですが、チーフプロデューサーによると、

「虎の強さと美しさ、しなやかさの両方を併せ持つ希有な女優さん」

と、柴咲コウさんを評価しており、フジテレビのドラマ『ガリレオ』や、柴咲コウさん主演の映画『メゾン・ド・ヒミコ』での演技を見て、惚れ込んだとのことです。

柴咲コウさん自身は、

「一度も大河ドラマに出たことはなく、NHKのドラマにも出たことがないのにいきなりの大役で驚いています。でも、自分の生き方と似てる部分、逆にまねしたい部分があったので光栄です」

と、大河ドラマの主人公「井伊直虎」役のオファーが来てから、わずか一週間で受諾の決断をしたことを告白。

「壮大に作り上げられると思う」

と、これからのドラマ撮影に、意気込んでいるようでした。

柴咲コウさんは、20歳~47歳の井伊直虎を演じるらしく、実際の肖像などが一切残っていないため、衣装などはこれから手探りで作成されていくようです。

井伊直虎の演者の柴咲コウさんのみならず、大河ドラマ『おんな城主 井伊直虎』に関係するスタッフ全員の力が試される現場となるでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

2017年の大河ドラマは、女傑・井伊直虎が主人公となる『おんな城主 直虎』に決まったようです。

しかし、この発表に対する評判は、あまりよろしくないようで、ネット上では

「もう女主人公は朝ドラでやればいいから大河にはいらない」

「なぜ強引に主役を女性にしたがるの?」

と、かつて大ヒットした大河ドラマ『篤姫』以降に増えてきた女主人公に対しての不満が多かったように見受けられました。

また、井伊直虎というマイナーな人物を扱うことにも

「華がなくてつまらなさそう」

という意見もありましたね。

割と有名な人物を取り扱ってきた大河ドラマですが、最近ではネタが尽きたのか女主人公を増やしたいからなのか、新島襄の妻、吉田松陰の妹…と一般的には知らなくても当然の人物を主人公としています。

認知度の低い、よく知らない人物を取り上げれば、ドラマに対して世間の興味を惹けなかったとしても、仕方のないことだと思います。

NHKにとって視聴率は、民放ほどまでに気にしなくてもよい要素なのかもしれませんね。

ただそれでも、さすがに危機感を抱いたのか、2016年は『真田幸村』という、様々な逸話や伝説においては、かなり有名な人物を扱っている辺り、なんだか迷走が見えるようです。

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の前評判はあまりよくない…ということになってしまいましたが、はたしてNHKは、この逆境を切り抜けることができるのでしょうか?

これから出来上がるであろう脚本や、柴咲コウさんの演技で視聴者の心を掴めるのか?

NHKにとっては、再チャレンジの2017年となりそうですね!

『おんな城主・直虎』の記事はこちらもよく読まれています!

井伊直虎の史料や家系図をチェック!本当の性別は男?それとも女?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ